AD フォレストの回復-サーバーの完全回復の実行AD Forest Recovery - Performing a full server recovery

適用対象: Windows Server 2016、Windows Server 2012、および 2012 R2、Windows Server 2008 および 2008 R2Applies To: Windows Server 2016, Windows Server 2012 and 2012 R2, Windows Server 2008 and 2008 R2

Windows Server 2016、2012 R2、または2012のサーバーの完全復旧を実行するには、次の手順に従います。Use the following procedure to perform a full server recovery for Windows Server 2016, 2012 R2, or 2012.

サーバーの完全復旧の Active DirectoryActive Directory Full Server Recovery

別のハードウェアまたは別のオペレーティングシステムのインスタンスに復元する場合は、完全なサーバー回復が必要です。A full server recovery is necessary if you are restoring to different hardware or a different operating system instance. 以下の点にご注意ください。Keep in mind the following:

  • 対象サーバー上のドライブの数は、バックアップ内の数値と同じである必要があり、同じサイズ以上である必要があります。The number drives on the target server needs to be equal to the number in the backup and they need to be the same size or greater.
  • 対象サーバーは、[ コンピューターの修復 ] オプションにアクセスするために、オペレーティングシステム DVD から起動する必要があります。The target server needs to be started from the operating system DVD in order to access the Repair your computer option.
  • ターゲット DC が Hyper-v 上の VM で実行されていて、バックアップがネットワーク上の場所に格納されている場合は、レガシネットワークアダプターをインストールする必要があります。If the target DC is running in a VM on Hyper-V and the backup is stored on a network location, you must install a legacy network adapter.
  • サーバーの完全復旧を実行した後、「 AD フォレストの回復-DFSR によってレプリケートされた sysvol の権限のある同期を実行する」の説明に従って、SYSVOL の authoritative restore を個別に実行する必要があります。After you perform a full server recovery, you need to separately perform an authoritative restore of SYSVOL, as described in AD Forest Recovery - Performing an authoritative synchronization of DFSR-replicated SYSVOL.

シナリオによっては、次のいずれかの手順に従って完全な復元を実行します。Depending on your scenario, use one of the following procedures to perform a full restore.

最新のイメージでローカルバックアップを使用してサーバーの完全復元を実行するPerform a full server restore with a local backup with the latest image

  1. Windows セットアップを開始するには、言語、時刻と通貨の形式、およびキーボードのオプションを指定し、[ 次へ] をクリックします。Start Windows Setup, specify the Language, Time and currency format, and keyboard options and click Next.
  2. [コンピューターの修復] をクリックします。Click Repair your computer. [コンピューターの修復] を選択する場所を示すスクリーンショット。Screenshot that shows where to select Repair your computer.
  3. [トラブルシューティング] をクリックします。Click Troubleshoot.
    [トラブルシューティング] オプションを示すスクリーンショット。Screenshot that shows the Troubleshoot option.
  4. [ システムイメージの回復] をクリックします。Click System Image Recovery.
    システムイメージの回復オプションを示すスクリーンショット。Screenshot that shows the System Image Recovery option.
  5. [ Windows Server 2016] をクリックします。Click Windows Server 2016. Windows Server 2016 オプションを示すスクリーンショット。Screenshot that shows the Windows Server 2016 option.
  6. 最新のローカルバックアップを復元する場合は、[使用 可能な最新のシステムイメージを使用する (推奨) ] をクリックし、[ 次へ] をクリックします。If you are restoring the most recent local backup, click Use the latest available system image (recommended) and click Next. [使用可能な最新のシステムイメージを使用する (推奨)] オプションを示すスクリーンショット。Screenshot that shows the Use the latest available system image (recommended) option.
  7. 次のオプションが表示されます。You will now be given an option to:
    • ディスクのフォーマットと再パーティションFormat and repartition disks
    • ドライバーのインストールInstall drivers
    • 自動的に再起動し、ディスクエラーをチェックする 高度な 機能の選択を解除します。De-selecting the Advanced features of automatically restarting and checking for disk errors. これらは既定で有効になります。These are enabled by default. [詳細] を強調表示したスクリーンショット;.Screenshot that highlights the Advanced... button.
  8. [次へ] をクリックします。Click Next.
  9. [完了] をクリックします。Click Finish. 続行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。You will be prompted asking if you are sure you want to continue. [はい] をクリックします。Click Yes. イメージの復元の進行状況を示すスクリーンショット。Screenshot that shows the progress of the image restoration.
  10. これが完了したら、「 AD フォレストの回復-DFSR によってレプリケートされた sysvol の権限のある同期を実行する」の説明に従って、SYSVOL の authoritative restore を実行します。Once this completes perform an authoritative restore of SYSVOL, as described in AD Forest Recovery - Performing an authoritative synchronization of DFSR-replicated SYSVOL.

ローカルまたはリモートで任意のイメージを使用してサーバーの完全復元を実行するPerform a full server restore with any image local or remote

  1. Windows セットアップを開始するには、言語、時刻と通貨の形式、およびキーボードのオプションを指定し、[ 次へ] をクリックします。Start Windows Setup, specify the Language, Time and currency format, and keyboard options and click Next.
  2. [コンピューターの修復] をクリックします。Click Repair your computer.
  3. [ トラブルシューティング] をクリックし、[ システムイメージの回復] をクリックして、[ Windows Server 2016] をクリックします。Click Troubleshoot, click System Image Recovery, and click Windows Server 2016.
  4. 最新のローカルバックアップを復元する場合は、[ システムイメージの選択 ] をクリックし、[ 次へ] をクリックします。If you are restoring the most recent local backup, click Select a system image and click Next.
  5. ここで、復元するバックアップの場所を選択できます。Now you can select the location of the backup that you want to restore. 画像がローカルの場合は、一覧から選択できます。If the image is local you can select it from the list.
  6. イメージがネットワーク共有上にある場合は、[ 詳細設定] を選択します。If the image is on a network share, select Advanced. ドライバーをインストールする必要がある場合は、[ 詳細設定 ] を選択することもできます。You can also select Advanced if you need to install a driver. [コンピューターの再イメージ作成] ダイアログボックスの [詳細設定] ボタンを強調表示したスクリーンショット。Screenshot that highlights the Advanced button in the Re-image your computer dialog box.
  7. [ 詳細設定 ] をクリックした後にネットワークから復元する場合は 、[ネットワーク上のシステムイメージを検索 する] を選択します。If you are restoring from the network after clicking Advanced select Search for a system image on the network. ネットワーク接続を復元するように求めるメッセージが表示される場合があります。You may be prompted to restore network connectivity. [Ok] を選択します。Select Ok.
    ネットワークオプションのシステムイメージの検索を強調表示したスクリーンショット。Screenshot that highlights the Search for a system image on the network option.
  8. バックアップ共有の場所への UNC パス (たとえば、 \ \server1\backups) を入力し、[ OK] をクリックします。Type the UNC path to the backup share location (for example, \\server1\backups) and click OK. \192.168.1.3\backups. など、対象サーバーの IP アドレスを入力することもできます。 \You can also type the IP address of the target server, such as \\192.168.1.3\backups. サーバーの復元Server Restore
  9. 共有にアクセスするために必要な資格情報を入力し、[OK] をクリックします。Type credentials necessary to access the share and click OK.
  10. 復元するシステムイメージの日付と時刻を選択 し、[次へ] をクリックします。Now Select the date and time of system image to restore and click Next.
  11. 次のオプションが表示されます。You will now be given an option to:
    • ディスクのフォーマットと再パーティションFormat and repartition disks
    • ドライバーのインストールInstall drivers
    • 自動的に再起動し、ディスクエラーをチェックする 高度な 機能の選択を解除します。De-selecting the Advanced features of automatically restarting and checking for disk errors. これらは既定で有効になります。These are enabled by default.
  12. [次へ] をクリックします。Click Next.
  13. [完了] をクリックします。Click Finish. 続行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。You will be prompted asking if you are sure you want to continue. [はい] をクリックします。Click Yes.
  14. これが完了したら、「 AD フォレストの回復-DFSR によってレプリケートされた sysvol の権限のある同期を実行する」の説明に従って、SYSVOL の authoritative restore を実行します。Once this completes perform an authoritative restore of SYSVOL, as described in AD Forest Recovery - Performing an authoritative synchronization of DFSR-replicated SYSVOL.

ネットワークバックアップ用にネットワークアダプターを有効にするEnabling the network adapter for a network backup

ネットワーク共有から復元するために、コマンドプロンプトからネットワークアダプターを有効にする必要がある場合は、次の手順を実行します。If you need to enable a network adapter from the command prompt to restore from a network share, use the following steps.

  1. Windows セットアップを開始するには、言語、時刻と通貨の形式、およびキーボードのオプションを指定し、[ 次へ] をクリックします。Start Windows Setup, specify the Language, Time and currency format, and keyboard options and click Next.

  2. [コンピューターの修復] をクリックします。Click Repair your computer. II

  3. [ トラブルシューティング] をクリックし、[ コマンドプロンプト] をクリックします。Click Troubleshoot, click Command Prompt.

  4. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。Type the following command and press ENTER:

    wpeinit
    
  5. ネットワークアダプターの名前を確認するには、次のように入力します。To confirm the name of the network adapter, type:

    show interfaces
    

    次のコマンドを入力し、各コマンドの後に enter キーを押します。Type the following commands and press ENTER after each command:

    netsh
    
    interface
    
    tcp
    
    ipv4
    
    set address "Name of Network Adapter" static IPv4 Address SubnetMask IPv4 Gateway Address 1
    

    次に例を示します。For example:

    set address "Local Area Connection" static 192.168.1.2 255.0.0.0 192.168.1.1 1
    

    コマンドプロンプトに戻るには、「」と入力し quit ます。Type quit to return to a command prompt. 「」と入力して ipconfig /all 、ネットワークアダプターに ip アドレスがあることを確認し、バックアップ共有をホストしているサーバーの ip アドレスに対して ping を実行し、接続を確認します。Type ipconfig /all to verify the network adapter has an IP address and try to ping the IP address of the server that hosts the backup share to confirm connectivity. 完了したら、コマンドプロンプトを閉じます。Close the command prompt when you are done.

  6. ネットワークアダプターが動作しているので、上記の手順を選択して復元を完了します。Now that the network adapter is working, select the steps above to complete the restore.

次の手順Next Steps