サイトの機能Site Functions

適用先:Windows Server 2016 では、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012Applies To: Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012

Windows Server 2008 では、ルーティングレプリケーション、クライアントアフィニティ、システムボリューム (SYSVOL) レプリケーション、分散ファイルシステム名前空間 (DFSN)、サービスの場所など、さまざまな目的でサイト情報を使用します。Windows Server 2008 uses site information for many purposes, including routing replication, client affinity, system volume (SYSVOL) replication, Distributed File System Namespaces (DFSN), and service location.

レプリケーションのルーティングRouting replication

Active Directory Domain Services (AD DS) は、マルチマスター、ストアアンドフォワード方式のレプリケーション方法を使用します。Active Directory Domain Services (AD DS) uses a multimaster, store-and-forward method of replication. ドメインコントローラーは、ディレクトリの変更を2番目のドメインコントローラーに伝達します。このコントローラーは、すべてのドメインコントローラーが変更を受信するまで3番目のドメインコントローラーに通信します。A domain controller communicates directory changes to a second domain controller, which then communicates to a third, and so on, until all domain controllers have received the change. レプリケーションの待機時間の短縮とトラフィックの削減のバランスを最大限に高めるには、サイト間のレプリケーションと、サイト間で発生するレプリケーションを区別して、Active Directory レプリケーションを制御します。To achieve the best balance between reducing replication latency and reducing traffic, site topology controls Active Directory replication by distinguishing between replication that occurs within a site and replication that occurs between sites.

サイト内では、レプリケーションは高速化のために最適化され、データの更新によってレプリケーションがトリガーされます。データは、データ圧縮に必要なオーバーヘッドなしで送信されます。Within sites, replication is optimized for speed, data updates trigger replication, and the data is sent without the overhead required by data compression. 反対に、サイト間のレプリケーションは、ワイドエリアネットワーク (WAN) リンク経由の転送コストを最小限に抑えるために圧縮されます。Conversely, replication between sites is compressed to minimize the cost of transmission over wide area network (WAN) links. サイト間でレプリケーションが実行されると、各サイトのドメインごとに1つのドメインコントローラーが、ディレクトリの変更を収集して保存し、スケジュールされた時刻に別のサイトのドメインコントローラーに通信します。When replication occurs between sites, a single domain controller per domain at each site collects and stores the directory changes and communicates them at a scheduled time to a domain controller in another site.

クライアント アフィニティClient affinity

ドメインコントローラーは、サイト情報を使用して、最も近いサイト内に存在するドメインコントローラーについてクライアントとして Active Directory クライアントに通知します。Domain controllers use site information to inform Active Directory clients about domain controllers present within the closest site as the client. たとえば、シアトルサイトのクライアントがサイトの所属を知らず、アトランタサイトのドメインコントローラーに接続しているとします。For example, consider a client in the Seattle site that does not know its site affiliation and contacts a domain controller from the Atlanta site. クライアントの IP アドレスに基づいて、アトランタのドメインコントローラーは、クライアントが実際にどのサイトからのものであるかを判断し、サイト情報をクライアントに送り返します。Based on the IP address of the client, the domain controller in Atlanta determines which site the client is actually from and sends the site information back to the client. また、ドメインコントローラーは、選択されたドメインコントローラーが最も近いものであるかどうかをクライアントに通知します。The domain controller also informs the client whether the chosen domain controller is the closest one to it. クライアントは、アトランタのドメインコントローラーによって提供されたサイト情報をキャッシュし、サイト固有のサービス (SRV) リソースレコード (AD DS のドメインコントローラーを特定するために使用されるドメインネームシステム (DNS) リソースレコード) を照会して、同じサイト内のドメインコントローラーを検出します。The client caches the site information provided by the domain controller in Atlanta, queries for the site-specific service (SRV) resource record (a Domain Name System (DNS) resource record used to locate domain controllers for AD DS) and thereby finds a domain controller within the same site.

同じサイト内のドメインコントローラを見つけることにより、クライアントは WAN リンク経由の通信を回避します。By finding a domain controller in the same site, the client avoids communications over WAN links. ドメインコントローラがクライアントサイトに存在しない場合は、他の接続されたサイトに対するコスト接続が最も低いドメインコントローラが自己アドバタイズします (DNS にサイト固有のサービス (SRV) リソースレコードを登録します)。If no domain controllers are located at the client site, a domain controller that has the lowest cost connections relative to other connected sites advertises itself (registers a site-specific service (SRV) resource record in DNS) in the site that does not have a domain controller. DNS で公開されているドメインコントローラーは、サイトトポロジによって定義されている最も近いサイトからのものです。The domain controllers that are published in DNS are those from the closest site as defined by the site topology. このプロセスにより、すべてのサイトで認証用の優先ドメインコントローラーが使用されるようになります。This process ensures that every site has a preferred domain controller for authentication.

ドメインコントローラーを検索するプロセスの詳細については、「 Active Directory Collection」を参照してください。For more information about the process of locating a domain controller, see Active Directory Collection.

SYSVOL レプリケーションSYSVOL replication

SYSVOL は、ドメイン内の各ドメインコントローラー上に存在する、ファイルシステム内のフォルダーのコレクションです。SYSVOL is a collection of folders in the file system that exists on each domain controller in a domain. SYSVOL フォルダーは、ドメイン全体にレプリケートする必要があるファイルの既定の Active Directory の場所を提供します。これには、グループポリシーオブジェクト (Gpo)、スタートアップとシャットダウンのスクリプト、およびログオンとログオフのスクリプトが含まれます。The SYSVOL folders provide a default Active Directory location for files that must be replicated throughout a domain, including Group Policy objects (GPOs), startup and shutdown scripts, and logon and logoff scripts. Windows Server 2008 では、ファイルレプリケーションサービス (FRS) または分散ファイルシステムレプリケーション (DFSR) を使用して、SYSVOL フォルダーに加えられた変更を、あるドメインコントローラーから他のドメインコントローラーにレプリケートできます。Windows Server 2008 can use the File Replication Service (FRS) or Distributed File System Replication (DFSR) to replicate changes made to the SYSVOL folders from one domain controller to other domain controllers. FRS および DFSR は、サイトトポロジの設計時に作成したスケジュールに従って、これらの変更をレプリケートします。FRS and DFSR replicate these changes according to the schedule that you create during your site topology design.

DFSNDFSN

DFSN は、サイト情報を使用して、サイト内の要求されたデータをホストしているサーバーにクライアントを送信します。DFSN uses site information to direct a client to the server that is hosting the requested data within the site. DFSN がクライアントと同じサイト内にデータのコピーを見つけられない場合、DFSN は AD DS のサイト情報を使用して、クライアントに最も近い DFSN 共有データを持つファイルサーバーを特定します。If DFSN does not find a copy of the data within the same site as the client, DFSN uses the site information in AD DS to determine which file server that has DFSN shared data is closest to the client.

サービスの場所Service location

AD DS のファイルサービスや印刷サービスなどのサービスを公開することにより、Active Directory クライアントは、同じサイト内または最も近いサイト内で要求されたサービスを見つけることができます。By publishing services such as file and print services in AD DS, you allow Active Directory clients to locate the requested service within the same or nearest site. 印刷サービスでは、AD DS に格納されている場所の属性を使用して、ユーザーが正確な場所を知らなくても場所でプリンターを参照できるようにします。Print services use the location attribute stored in AD DS to let users browse for printers by location without knowing their precise location. プリントサーバーの設計と展開の詳細については、「 プリントサーバーの設計と展開」を参照してください。For more information about designing and deploying print servers, see Designing and Deploying Print Servers.