Windows 管理センターを使用してハイパー集約インフラストラクチャを展開するDeploy hyperconverged infrastructure with Windows Admin Center

適用対象: Windows 管理センター、Windows 管理センタープレビューApplies to: Windows Admin Center, Windows Admin Center Preview

Windows 管理センターバージョン 1910以降を使用して、2つ以上の適切な windows サーバーを使用してハイパー集約インフラストラクチャを展開することができます。You can use Windows Admin Center version 1910 or later to deploy hyperconverged infrastructure using two or more suitable Windows Servers. この新しい機能では、機能のインストール、ネットワークの構成、クラスターの作成、記憶域スペースダイレクトまたはソフトウェアによるネットワーク制御 (SDN) の展開など、選択した場合に役立つマルチステージワークフローの形式を使用します。This new feature takes the form of a multi-stage workflow that guides you through installing features, configuring networking, creating the cluster, and deploying Storage Spaces Direct and/or software-defined networking (SDN) if selected.

クラスター作成ワークフローのスクリーンショット

重要

この機能は、アクティブな開発中です。This feature is under active development. プレビュー版として提供されているので、早い段階で試して、フィードバックを共有できます。It's available in Preview so you can try it early and share your feedback.

ワークフローのプレビューPreview the workflow

1. 前提条件1. Prerequisites

Windows 管理センターのクラスター作成ワークフローでは、ベアメタルオペレーティングシステムのインストールは実行されないため、まず各サーバーに Windows Server をインストールする必要があります。The cluster creation workflow in Windows Admin Center doesn't perform bare-metal operating system installation, so you need to install Windows Server on each server first. サポートされているバージョンは、Windows Server 2016、Windows Server 2019、および Windows Server Insider Preview です。The supported versions are Windows Server 2016, Windows Server 2019, and Windows Server Insider Preview. また、ワークフローを開始する前に、Windows 管理センターが実行されているのと同じ Active Directory ドメインに各サーバーを参加させる必要があります。You also need to join each server to the same Active Directory domain as where Windows Admin Center is running before you start the workflow.

2. Windows 管理センターをインストールする2. Install Windows Admin Center

指示に従って、最新バージョンの Windows 管理センターをダウンロードしてインストールします。Follow the instructions to download and install the latest version of Windows Admin Center.

3. クラスター作成拡張機能をインストールする3. Install the Cluster Creation extension

クラスター作成ワークフローは、Windows 管理センターの拡張機能フィードによって配信および更新されます。The cluster creation workflow is delivered and updated through the Windows Admin Center extension feed. これは、お客様からのフィードバックに対処し、プレビュー段階で迅速に改善を行うことができるようにするためです。This is so we can address your feedback and make improvements more rapidly during the Preview phase.

拡張機能をインストールするには、Windows 管理センターを起動し、次のようにします。To install the extension, launch Windows Admin Center and then:

  1. 右上にある [設定] アイコンを選択します。In the upper right, select the Settings icon
  2. [拡張機能] に移動します。Navigate to Extensions
  3. クラスター作成拡張機能の検索Find the Cluster Creation extension
  4. インストールの選択Select Install

クラスター作成拡張機能をインストールする4つの手順のスクリーンショット

インストールが完了したら、左上のドロップダウンからクラスター作成拡張機能を選択します。Once installed, select the Cluster Creation extension from the dropdown in the upper left:

クラスター作成拡張機能の起動のスクリーンショット

プレビューリリースの制限事項Limitations of the preview release

クラスター作成ワークフローは、アクティブな開発の段階にあります。つまり、完了していません。The cluster creation workflow is under active development – in other words, it's not finished.

現在のプレビューリリースには、次のような制限があります。Here are some limitations of the current Preview release:

  1. ドメインの要件。Domain requirements. 現在、ワークフローでは、追加するすべてのサーバーが、Windows 管理センターが実行されているのと同じ Active Directory ドメインに既に参加している必要があります。The workflow currently requires that every server you add must already be joined to the same Active Directory domain as where Windows Admin Center is running.
  2. スクリプトを表示します。Show script. 現在のプレビューリリースでは、Windows 管理センターの [スクリプトの表示] 機能を使用してワークフローが実行するスクリプトは表示されません。また、最後に発生したすべてのものの完全なレポートをダウンロードすることもできません。With the current Preview release, you can't see the scripts the workflow runs using the Show Script functionality in Windows Admin Center, nor can you download a full report of everything that happened at the end. これは多くのユーザーにとって重要であることがわかっています。We know this is important for many users – stay tuned. それまでの間は、以下のコマンドレットを使用して、何が起こっているかを確認してくださいIn the meantime, use the cmdlets provided below to see what's happening.
  3. 再開するか、やり直す。Resume or start over. ワークフローの途中で終了することはできますが、現在のプレビューリリースでは、中断した箇所での再開や、作業を開始する前に完全なクリーンアップを行うことはできません。Although you can exit partway through the workflow, the current Preview release does not handle resuming where you left off nor can it completely clean up before starting over. テスト用に同じサーバーに繰り返しデプロイする場合は、以下のコマンドレットを使用して元に戻してからやり直してください。If you want to deploy repeatedly on the same servers for testing, use the cmdlets provided below to undo and start over.
  4. リモートダイレクトメモリアクセス (RDMA)。Remote direct memory access (RDMA). 現在のプレビューリリースでは、ハイパー集約インフラストラクチャで一般的に使用される RDMA ネットワークを有効にすることはできません。The current Preview release can't enable RDMA networking, which is commonly used with hyperconverged infrastructure. ここでは、RDMA を有効にせずにワークフローを完了し、他のツールを使用して、他の方法と同様に RDMA を有効にします。For now, complete the workflow without enabling RDMA, and then use other tools to enable RDMA just as you would otherwise do.

これらの制限に対処するだけでなく、Windows 更新プログラムの適用、クラスタークォーラムのミラーリング監視サーバーの構成、仮想マシンのインポートなど、今後のリリースで追加される可能性がある、さまざまな機能があります。Beyond addressing these limitations, there are countless potential features that could be added in future releases: applying Windows updates, configuring a witness for cluster quorum, importing virtual machines, and so on. 必要な機能に優先順位を付けるには、以下に示すようにフィードバックを共有してください。To help us prioritize the features you want, please share feedback as described below.

何が起こっているかを確認するSee what's happening

これらの Windows PowerShell コマンドレットを使用して、ワークフローの実行内容を確認します。Use these Windows PowerShell cmdlets to follow along and see what the workflow is doing.

インストールされている Windows 機能を確認するには、Get-WindowsFeature コマンドレットを使用します。To see which Windows features are installed, use the Get-WindowsFeature cmdlet. 次に、例を示します。For example:

Get-WindowsFeature "Hyper-V", "Failover-Clustering", "Data-Center-Bridging", "BitLocker"

PowerShell の出力のスクリーンショット

注意

インストールされる機能は、選択したクラスターの種類によって異なります。Which features get installed depends on the type of cluster you select.

ネットワークアダプターとそのプロパティ (名前、IPv4 アドレス、VLAN ID など) を表示するには、次のようにします。To see network adapters and their properties such as Name, IPv4 addresses, and VLAN ID:

Get-NetAdapter | Where Status -Eq "Up" | Sort InterfaceAlias | Format-Table Name, InterfaceDescription, Status, LinkSpeed, VLANID, MacAddress
Get-NetAdapter | Where Status -Eq "Up" | Get-NetIPAddress -AddressFamily IPv4 -ErrorAction SilentlyContinue | Sort InterfaceAlias | Format-Table InterfaceAlias, IPAddress, PrefixLength

PowerShell の出力のスクリーンショット

Hyper-v 仮想スイッチと、物理ネットワークアダプターのチーミング方法を確認するには、次の手順を実行します。To see Hyper-V virtual switches and how physical network adapters are teamed:

Get-VMSwitch
Get-VMSwitchTeam

PowerShell の出力のスクリーンショット

ホスト仮想ネットワークアダプターを表示するには、次のように実行します。To see host virtual network adapters, if any, run:

Get-VMNetworkAdapter -ManagementOS | Format-Table Name, IsManagementOS, SwitchName
Get-VMNetworkAdapterTeamMapping -ManagementOS | Format-Table NetAdapterName, ParentAdapter

PowerShell の出力のスクリーンショット

現在のフェールオーバークラスターとそのメンバーノードを表示するには、次のように実行します。To see the current failover cluster and its member nodes, run:

Get-Cluster
Get-ClusterNode

PowerShell の出力のスクリーンショット

記憶域スペースダイレクトが有効になっているかどうか、および既定の記憶域プールが自動的に作成されているかどうかを確認するには:To see whether Storage Spaces Direct is enabled and the default storage pool that's created automatically:

Get-ClusterStorageSpacesDirect
Get-StoragePool -IsPrimordial $False

PowerShell の出力のスクリーンショット

元に戻すとやり直すUndo and start over

これらの Windows PowerShell コマンドレットを使用して、ワークフローによって行われた変更を元に戻し、やり直すことができます。Use these Windows PowerShell cmdlets to undo changes made by the workflow and start over.

仮想マシンまたはその他のクラスター化されたリソースを削除するRemove virtual machines or other clustered resources

ソフトウェアで定義されたネットワーク用のネットワークコントローラーなど、仮想マシンまたはその他のクラスター化されたリソースを作成した場合は、最初にそれらを削除します。If you created any virtual machines or other clustered resources, such as the network controllers for software-defined networking, remove them first.

たとえば、名前によってリソースを削除するには、次のように指定します。For example, to remove resources by name, use:

Get-ClusterResource -Name "<NAME>" | Remove-ClusterResource

ストレージの手順を元に戻すUndo the Storage steps

記憶域スペースダイレクトを有効にした場合は、次のスクリプトを使用して無効にします。If you enabled Storage Spaces Direct, disable it with this script:

警告

これらのコマンドレットは記憶域スペースダイレクトボリューム内のデータを完全に削除します。These cmdlets permanently delete any data in Storage Spaces Direct volumes. これを元に戻すことはできません。This can't be undone.

Get-VirtualDisk | Remove-VirtualDisk
Get-StoragePool -IsPrimordial $False | Remove-StoragePool
Disable-ClusterS2D

クラスタリングの手順を元に戻すUndo the Clustering steps

クラスターを作成した場合は、次のコマンドレットを使用して削除します。If you created a cluster, remove it with this cmdlet:

Remove-Cluster -CleanUpAD

クラスター検証レポートも削除するには、クラスターの一部であったすべてのサーバーで次のコマンドレットを実行します。To also remove cluster validation reports, run this cmdlet on every server that was part of the cluster:

Get-ChildItem C:\Windows\cluster\Reports\ | Remove-Item

ネットワークの手順を元に戻すUndo the Networking steps

クラスターに含まれていたすべてのサーバーでこれらのコマンドレットを実行します。Run these cmdlets on every server that was part of the cluster.

Hyper-v 仮想スイッチを作成した場合は、次のようになります。If you created a Hyper-V virtual switch:

Get-VMSwitch | Remove-VMSwitch

注意

Remove-VMSwitch コマンドレットは、仮想アダプターを自動的に削除し、物理アダプターのスイッチ埋め込みチーミングを元に戻します。The Remove-VMSwitch cmdlet automatically removes any virtual adapters and undoes switch-embedded teaming of physical adapters.

名前、IPv4 アドレス、VLAN ID などのネットワークアダプターのプロパティを変更した場合は、次のようになります。If you modified network adapter properties such as name, IPv4 address, and VLAN ID:

警告

これらのコマンドレットは、ネットワークアダプターの名前と IP アドレスを削除します。These cmdlets remove network adapter names and IP addresses. 次のスクリプトから除外された管理用アダプターなど、後で接続するために必要な情報があることを確認します。Make sure you have the information you need to connect afterward, such as an adapter for management that is excluded from the script below. また、Windows でのアダプターの名前だけでなく、MAC アドレスなどの物理プロパティに関して、サーバーがどのように接続されているかを確認してください。Also make sure that you know how the servers are connected in terms of physical properties like MAC Address, not just the adapter's name in Windows.

Get-NetAdapter | Where Name -Ne "Management" | Rename-NetAdapter -NewName $(Get-Random)
Get-NetAdapter | Where Name -Ne "Management" | Get-NetIPAddress -ErrorAction SilentlyContinue | Where AddressFamily -Eq IPv4 | Remove-NetIPAddress
Get-NetAdapter | Where Name -Ne "Management" | Set-NetAdapter -VlanID 0

これで、ワークフローを開始する準備ができました。You're now ready to start the workflow.

FeedbackFeedback

このプレビューリリースでは、お客様のご意見をお寄せください。This preview release is all about your feedback. チームに連絡を取るための方法をいくつか次に示します。Here are some ways you can reach our team:

問題を報告するReport an issue

上に示したチャネルを使用して、クラスター作成ワークフローの問題を報告します。Use the channels listed above to report an issue with the cluster creation workflow.

可能であれば、問題を迅速に再現して解決するために、次の情報を含めてください。If possible, include the following information to help us quickly reproduce and resolve your issue:

  • 選択したクラスターの種類 (例: "ハイパー収束" )Type of cluster you selected (example: "Hyperconverged")
  • 問題が発生したステップ (例: "3.2 クラスターの作成" )Step where you encountered the issue (example: "3.2 Create cluster")
  • クラスター作成拡張機能のバージョン。Version of the cluster creation extension. 設定 > 拡張機能 > インストールされている拡張機能 にアクセスし、バージョン 列 (例: "1.0.30" ) を参照します。Go to Settings > Extensions > Installed extensions and see the Version column (example: "1.0.30").
  • エラーメッセージ。画面上またはブラウザーコンソールで、 F12キーを押して開くことができます。Error messages, whether on screen or in the browser console, which you can open by pressing F12.
  • 環境に関するその他の関連情報Any other relevant information about your environment

関連項目See also