Microsoft Azure とソフトウェア定義ネットワークMicrosoft Azure and Software Defined Networking

適用先:Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016

Microsoft Azure は、Microsoft のクラウドプラットフォームです。これは、コンピューティング、ストレージ、データ、ネットワーク、アプリといった統合サービスのコレクションであり、より迅速に移行し、より多くの作業を行い、コストを節約するのに役立ちます。Microsoft Azure is Microsoft's cloud platform: a growing collection of integrated services - compute, storage, data, networking, and app - that help you move faster, do more, and save money.

Microsoft によるソフトウェア定義ネットワークのアプローチには、Microsoft Azure などのサービスのためのグローバルなデータセンターネットワークの設計、構築、および運用が含まれます。Microsoft's approach to software defined networking includes designing, building, and operating global-scale datacenter networks for services like Microsoft Azure. Microsoft Azure のグローバル データ センターでは、毎日数万件のネットワーク変更が行われていますが、これはソフトウェア定義ネットワークがなければ実現できないことです。Microsoft Azure global datacenters perform tens of thousands of network changes every day, which is possible only because of software defined networking.

Microsoft Azure は、Windows Server や、Windows Server に含まれている Hyper-V と同じプラットフォーム上で実行されます。Microsoft Azure runs on the same Windows Server and Hyper-V platform that are included in Windows Server. Windows Server と System Center には、Microsoft Azure のようにグローバルなデータセンター ネットワークを運営する Microsoft の経験を活かした機能改善やベスト プラクティスが含まれています。そのためお客様は、ソフトウェアによるネットワーク テクノロジを使用する際に、Microsoft と同じテクノロジをデプロイして優れた柔軟性、自動化機能、および制御機能を実現できます。Windows Server and System Center include improvements and best practices from Microsoft's experience in operating global scale datacenter networks like Microsoft Azure to you so that you can deploy the same technologies for flexibility, automation, and control when using software designed networking technologies.

詳細については、「 Microsoft Azure とは」を参照してください。For more information, see What is Microsoft Azure?.