Windows Server 2016 での Hyper-v ネットワーク仮想化の新機能What's New in Hyper-V Network Virtualization in Windows Server 2016

適用先:Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016

このトピックでは、Windows Server 2016 で新しく追加または変更された Hyper-v ネットワーク仮想化 (HNV) の機能について説明します。This topic describes the Hyper-V Network Virtualization (HNV) functionality that is new or changed in Windows Server 2016.

HNV の更新プログラムUpdates in HNV

HNV は、次の領域で拡張サポートを提供します。HNV offers enhanced support in the following areas:

機能Feature/Functionality 新機能か強化された機能かNew or improved 説明Description
プログラミング可能な Hyper-v スイッチProgrammable Hyper-V switch 新規New HNV ポリシーは、Microsoft ネットワークコントローラーを介してプログラミングできます。HNV policy is programmable through the Microsoft Network Controller.
VXLAN のカプセル化のサポートVXLAN encapsulation support 新規New HNV で VXLAN カプセル化がサポートされるようになりました。HNV now supports VXLAN encapsulation.
ソフトウェア Load Balancer (SLB) の相互運用性Software Load Balancer (SLB) interoperability 新規New HNV は、Microsoft ソフトウェア Load Balancer と完全に統合されています。HNV is fully integrated with the Microsoft Software Load Balancer.
準拠している IEEE イーサネットヘッダーCompliant IEEE Ethernet headers 強化しましたImproved IEEE イーサネット標準に準拠Compliant with IEEE Ethernet standards

プログラミング可能な Hyper-v スイッチProgrammable Hyper-V switch

HNV は、Microsoft が更新したソフトウェアによるネットワーク制御 (SDN) ソリューションの基本的な構成要素であり、SDN スタックに完全に統合されています。HNV is a fundamental building block of Microsoft's updated Software Defined Networking (SDN) solution, and is fully integrated into the SDN stack.

Microsoft の新しいネットワークコントローラーは、SouthBound インターフェイス (SBI) として Open vSwitch Database Management Protocol (Interface) を使用して、各ホストで実行されているホストエージェントに HNV ポリシーをプッシュします。Microsoft's new Network Controller pushes HNV policies down to a Host Agent running on each host using Open vSwitch Database Management Protocol (OVSDB) as the SouthBound Interface (SBI). ホストエージェントは、 Vtep スキーマ のカスタマイズを使用してこのポリシーを保存し、複雑なフロールールを hyper-v スイッチのパフォーマンスの高いフローエンジンにプログラムします。The Host Agent stores this policy using a customization of the VTEP schema and programs complex flow rules into a performant flow engine in the Hyper-V switch.

Hyper-v スイッチ内のフローエンジンは Microsoft Azure で使用されるのと同じエンジンであり、 ™ Microsoft Azure パブリッククラウドのハイパースケールで実証されています。The flow engine inside the Hyper-V switch is the same engine used in Microsoft Azure™, which has been proven at hyper-scale in the Microsoft Azure public cloud. さらに、ネットワークコントローラー全体の SDN スタックとネットワークリソースプロバイダー (近日公開予定) は Microsoft Azure と一貫性があるため、Microsoft Azure パブリッククラウドの能力をエンタープライズおよびホスティングサービスプロバイダーのお客様に提供します。Additionally, the entire SDN stack up through the Network Controller, and Network Resource Provider (details coming soon) is consistent with Microsoft Azure, thus bringing the power of the Microsoft Azure public cloud to our enterprise and hosting service provider customers.

注意

詳細については、「 RFC 7047」を参照してください。For more information about OVSDB, see RFC 7047.

Hyper-v スイッチでは、Microsoft のフローエンジン内の単純な ' match action ' に基づくステートレスおよびステートフルフロールールの両方がサポートされています。The Hyper-V switch supports both stateless and stateful flow rules based on simple 'match action' within Microsoft's flow engine.

Windows Server 2016 Hyper-v スイッチ

VXLAN のカプセル化のサポートVXLAN encapsulation support

仮想拡張可能なローカルエリアネットワーク (VXLAN- RFC 7348) プロトコルは、Cisco、Brocade、DELL、HP などのベンダーからのサポートを通じて、マーケットプレースで広く採用されています。The Virtual eXtensible Local Area Network (VXLAN - RFC 7348) protocol has been widely adopted in the market place, with support from vendors like Cisco, Brocade, Dell, HP and others. また、HNV は、Microsoft ネットワークコントローラーを介した MAC 配布モードを使用したこのカプセル化スキームをサポートし、テナントオーバーレイネットワーク IP アドレス (カスタマーアドレス、または CA) と物理アンダーレイネットワーク IP アドレス (プロバイダーアドレス、または PA) とのマッピングをプログラミングできるようになりました。HNV also now supports this encapsulation scheme using MAC distribution mode through the Microsoft Network Controller to program mappings for tenant overlay network IP addresses (Customer Address, or CA) to the physical underlay network IP addresses (Provider Address, or PA). NVGRE と VXLAN タスクのオフロードは両方とも、サードパーティのドライバーによるパフォーマンスの向上のためにサポートされています。Both NVGRE and VXLAN Task Offloads are supported for improved performance through third-party drivers.

ソフトウェア Load Balancer (SLB) の相互運用性Software Load Balancer (SLB) interoperability

Windows Server 2016 には、仮想ネットワークトラフィックを完全にサポートするソフトウェアロードバランサー (SLB) と HNV とのシームレスな対話機能が含まれています。Windows Server 2016 includes a software load balancer (SLB) with full support for virtual network traffic and seamless interaction with HNV. SLB は、data plane v スイッチのパフォーマンスの高いフローエンジンによって実装され、仮想 IP (VIP)/動的 IP (DIP) のマッピングのためにネットワークコントローラーによって制御されます。The SLB is implemented through the performant flow engine in the data plane v-Switch and controlled by the Network Controller for Virtual IP (VIP) / Dynamic IP (DIP) mappings.

準拠している IEEE イーサネットヘッダーCompliant IEEE Ethernet headers

HNV は、業界標準のプロトコルに依存するサードパーティの仮想および物理アプライアンスとの相互運用性を確保するために、正しい L2 イーサネットヘッダーを実装します。HNV implements correct L2 Ethernet headers to ensure interoperability with third-party virtual and physical appliances that depend on industry-standard protocols. Microsoft では、この相互運用性を確保するために、すべての送信パケットに準拠した値があることを保証します。Microsoft ensures that all transmitted packets have compliant values in all fields to ensure this interoperability. さらに、物理 L2 ネットワークでのジャンボフレーム (MTU > 1780) のサポートは、nVirtual Network NV に接続されているゲスト Virtual Machines が 1514 MTU を維持していることを確認するために、カプセル化プロトコル (NVGRE、VXLAN) によって導入されたパケットオーバーヘッドを考慮する必要があります。In addition, support for Jumbo Frames (MTU > 1780) in the physical L2 network will be required to account for packet overhead introduced by encapsulation protocols (NVGRE, VXLAN) while ensuring guest Virtual Machines attached to an HNV Virtual Network maintain a 1514 MTU.

その他のリファレンスAdditional References