ロールベースのアクセス制御Role-based Access Control

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016

このトピックでは、IPAM でのロールベースのアクセス制御の使用について説明します。This topic provides information about using role-based access control in IPAM.

注意

このトピックに加えて、次の IPAM アクセス制御ドキュメントを参照してください。In addition to this topic, the following IPAM access control documentation is available in this section.

ロールベースのアクセス制御を使用すると、DNS サーバー、DNS ゾーン、DNS リソースレコードレベルなど、さまざまなレベルでアクセス権限を指定できます。Role-based access control allows you to specify access privileges at various levels, including the DNS server, DNS zone, and DNS resource record levels. ロールベースのアクセス制御を使用すると、さまざまな種類の DNS リソースレコードを作成、編集、および削除する操作をきめ細かく制御できるユーザーを指定できます。By using role based access control, you can specify who has granular control over operations to create, edit, and delete different types of DNS resource records.

アクセス制御を構成して、ユーザーが次のアクセス許可に制限されるようにすることができます。You can configure access control so that users are restricted to the following permissions.

  • ユーザーは、特定の DNS リソースレコードのみを編集できますUsers can edit only specific DNS resource records

  • ユーザーは、PTR や MX など、特定の種類の DNS リソースレコードを編集できます。Users can edit DNS resource records of a specific type, such as PTR or MX

  • ユーザーは、特定のゾーンの DNS リソースレコードを編集できます。Users can edit DNS resource records for specific zones

参照See Also

サーバーマネージャーを使用してロールベースの Access Control を管理 するWindows PowerShell を使用して役割ベースの Access Control を管理 するIPAM の管理Manage Role Based Access Control with Server Manager Manage Role Based Access Control with Windows PowerShell Manage IPAM