Netsh コマンドの構文、コンテキスト、形式Netsh Command Syntax, Contexts, and Formatting

適用対象: Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016

このトピックでは、netsh コンテキストとサブコンテキストを入力する方法、netsh 構文とコマンドの書式を理解する方法、およびローカルコンピューターとリモートコンピューターで netsh コマンドを実行する方法について説明します。You can use this topic to learn how to enter netsh contexts and subcontexts, understand netsh syntax and command formatting, and how to run netsh commands on local and remote computers.

Netsh は、現在実行中のコンピューターのネットワーク構成を表示または変更するためのコマンドラインスクリプトユーティリティです。Netsh is a command-line scripting utility that allows you to display or modify the network configuration of a computer that is currently running. Netsh コマンドは、netsh プロンプトでコマンドを入力することで実行でき、バッチファイルまたはスクリプトで使用できます。Netsh commands can be run by typing commands at the netsh prompt and they can be used in batch files or scripts. リモートコンピューターとローカルコンピューターは、netsh コマンドを使用して構成できます。Remote computers and the local computer can be configured by using netsh commands.

また、指定したコンピューターに対して一連のコマンドをバッチ モードで実行できるスクリプト機能も備えています。Netsh also provides a scripting feature that allows you to run a group of commands in batch mode against a specified computer. netsh では、構成スクリプトをテキスト ファイルに保存して、アーカイブとして保管したり、他のコンピューターの構成に利用したりできます。With netsh, you can save a configuration script in a text file for archival purposes or to help you configure other computers.

Netsh コンテキストNetsh contexts

Netsh は、ダイナミック-リンクライブラリ (DLL) ファイルを使用して、他のオペレーティングシステムコンポーネントと対話します。Netsh interacts with other operating system components by using dynamic-link library (DLL) files.

各 netsh helper DLL には、コンテキストと呼ばれる広範な機能セットが用意されています。これは、ネットワークサーバーの役割または機能に固有のコマンドのグループです。Each netsh helper DLL provides an extensive set of features called a context, which is a group of commands specific to a networking server role or feature. これらのコンテキストにより、1つ以上のサービス、ユーティリティ、またはプロトコルの構成と監視のサポートが提供されるため、netsh の機能が拡張されます。These contexts extend the functionality of netsh by providing configuration and monitoring support for one or more services, utilities, or protocols. たとえば、DHCP サーバーを構成および管理するために必要なコンテキストとコマンドのセットを使用して netsh を提供します。For example, Dhcpmon.dll provides netsh with the context and set of commands necessary to configure and manage DHCP servers.

コンテキストの一覧を取得するObtain a list of contexts

Netsh コンテキストの一覧を取得するには、Windows Server 2016 または Windows 10 を実行しているコンピューターでコマンドプロンプトまたは Windows PowerShell を開きます。You can obtain a list of netsh contexts by opening either command prompt or Windows PowerShell on a computer running Windows Server 2016 or Windows 10. コマンドnetshを入力し、enter キーを押します。Type the command netsh and press ENTER. /? 」と入力し、enter キーを押します。Type /?, and then press ENTER.

Windows Server 2016 Datacenter を実行しているコンピューターでのこれらのコマンドの出力例を次に示します。Following is example output for these commands on a computer running Windows Server 2016 Datacenter.

PS C:\Windows\system32> netsh
netsh>/?

The following commands are available:

Commands in this context:
..            - Goes up one context level.
?             - Displays a list of commands.
abort         - Discards changes made while in offline mode.
add           - Adds a configuration entry to a list of entries.
advfirewall   - Changes to the `netsh advfirewall' context.
alias         - Adds an alias.
branchcache   - Changes to the `netsh branchcache' context.
bridge        - Changes to the `netsh bridge' context.
bye           - Exits the program.
commit        - Commits changes made while in offline mode.
delete        - Deletes a configuration entry from a list of entries.
dhcpclient    - Changes to the `netsh dhcpclient' context.
dnsclient     - Changes to the `netsh dnsclient' context.
dump          - Displays a configuration script.
exec          - Runs a script file.
exit          - Exits the program.
firewall      - Changes to the `netsh firewall' context.
help          - Displays a list of commands.
http          - Changes to the `netsh http' context.
interface     - Changes to the `netsh interface' context.
ipsec         - Changes to the `netsh ipsec' context.
ipsecdosprotection - Changes to the `netsh ipsecdosprotection' context.
lan           - Changes to the `netsh lan' context.
namespace     - Changes to the `netsh namespace' context.
netio         - Changes to the `netsh netio' context.
offline       - Sets the current mode to offline.
online        - Sets the current mode to online.
popd          - Pops a context from the stack.
pushd         - Pushes current context on stack.
quit          - Exits the program.
ras           - Changes to the `netsh ras' context.
rpc           - Changes to the `netsh rpc' context.
set           - Updates configuration settings.
show          - Displays information.
trace         - Changes to the `netsh trace' context.
unalias       - Deletes an alias.
wfp           - Changes to the `netsh wfp' context.
winhttp       - Changes to the `netsh winhttp' context.
winsock       - Changes to the `netsh winsock' context.

The following sub-contexts are available:
 advfirewall branchcache bridge dhcpclient dnsclient firewall http interface ipsec ipsecdosprotection lan namespace netio ras rpc trace wfp winhttp winsock

To view help for a command, type the command, followed by a space, and then type ?.

テキストSubcontexts

Netsh コンテキストには、コマンドと、サブコンテキストと呼ばれる追加のコンテキストの両方を含めることができます。Netsh contexts can contain both commands and additional contexts, called subcontexts. たとえば、ルーティングコンテキスト内では、IP および IPv6 サブコンテキストに変更できます。For example, within the Routing context, you can change to the IP and IPv6 subcontexts.

コンテキスト内で使用できるコマンドとサブコンテキストの一覧を表示するには、netsh プロンプトでコンテキスト名を入力し、「/?」と入力します。To display a list of commands and subcontexts that you can use within a context, at the netsh prompt, type the context name, and then type either /? またはヘルプor help. たとえば、ルーティングコンテキストで使用できるサブコンテキストとコマンドの一覧を表示するには、netsh プロンプトで netsh > )を (、次のいずれかを入力します。For example, to display a list of subcontexts and commands that you can use in the Routing context, at the netsh prompt (that is, netsh>), type one of the following:

ルーティング/確認routing /?

ルーティングのヘルプrouting help

現在のコンテキストから変更せずに別のコンテキストでタスクを実行するには、netsh プロンプトで使用するコマンドのコンテキストパスを入力します。To perform tasks in another context without changing from your current context, type the context path of the command you want to use at the netsh prompt. たとえば、igmp コンテキストに最初に変更を加えることなく、IGMP コンテキストに "ローカルエリア接続" という名前のインターフェイスを追加するには、netsh プロンプトで次のように入力します。For example, to add an interface named "Local Area Connection" in the IGMP context without first changing to the IGMP context, at the netsh prompt, type:

ルーティング ip igmp add interface "ローカルエリア接続" startupqueryinterval = 21routing ip igmp add interface "Local Area Connection" startupqueryinterval=21

Netsh コマンドの実行Running netsh commands

Netsh コマンドを実行するには、コマンドプロンプトで「 netsh 」と入力し、enter キーを押して netsh を起動する必要があります。To run a netsh command, you must start netsh from the command prompt by typing netsh and then pressing ENTER. 次に、使用するコマンドが含まれているコンテキストに変更できます。Next, you can change to the context that contains the command you want to use. 使用できるコンテキストは、インストールされているネットワークコンポーネントによって異なります。The contexts that are available depend on the networking components that you have installed. たとえば、netsh プロンプトで「 dhcp 」と入力し、enter キーを押すと、netsh によって dhcp サーバーのコンテキストが変更されます。For example, if you type dhcp at the netsh prompt and press ENTER, netsh changes to the DHCP server context. ただし、DHCP がインストールされていない場合は、次のメッセージが表示されます。If you do not have DHCP installed, however, the following message appears:

次のコマンドが見つかりませんでした: dhcp。The following command was not found: dhcp.

凡例の書式設定Formatting Legend

Netsh プロンプトまたはバッチファイルまたはスクリプトでコマンドを実行するときに、次の書式設定の凡例を使用して、正しい netsh コマンド構文を解釈して使用することができます。You can use the following formatting legend to interpret and use correct netsh command syntax when you run the command at the netsh prompt or in a batch file or script.

  • 斜体のテキストは、コマンドの入力時に指定する必要がある情報です。Text in Italic is information that you must supply while you type the command. たとえば、コマンドに-UserNameという名前のパラメーターがある場合は、実際のユーザー名を入力する必要があります。For example, if a command has a parameter named -UserName, you must type the actual user name.
  • 太字のテキストは、コマンドの入力時に表示されるとおりに正確に入力する必要がある情報です。Text in Bold is information that you must type exactly as shown while you type the command.
  • テキストの後に省略記号 (...) は、コマンドラインで複数回繰り返すことができるパラメーターです。Text followed by an ellipsis (...) is a parameter that can be repeated several times in a command line.
  • 角かっこ [ ] 間のテキストはオプションの項目です。Text that is between brackets [ ] is an optional item.
  • 中かっこ { } の間にあるテキストは、パイプで区切られた選択肢であり、{enable|disable}など、1つだけ選択する必要があります。Text that is between braces { } with choices separated by a pipe provides a set of choices from which you must select only one, such as {enable|disable}.
  • 媒体使用フォントで書式設定されたテキストは、コードまたはプログラムの出力です。Text that is formatted with the Courier font is code or program output.

コマンドプロンプトまたは Windows PowerShell からの Netsh コマンドの実行Running Netsh commands from the command prompt or Windows PowerShell

ネットワークシェルを起動し、コマンドプロンプトまたは Windows PowerShell で netsh を入力するには、次のコマンドを使用します。To start Network Shell and enter netsh at the command prompt or in Windows PowerShell, you can use the following command.

netshnetsh

Netsh は、現在実行中のコンピューターのネットワーク構成をローカルまたはリモートで表示または変更できるコマンドラインスクリプトユーティリティです。Netsh is a command-line scripting utility that allows you to, either locally or remotely, display or modify the network configuration of a currently running computer. Netsh では、パラメーターを指定せずに netsh .exe コマンドプロンプト (netsh> )を開きますUsed without parameters, netsh opens the Netsh.exe command prompt (that is, netsh>).

構文Syntax

netsh[ -a エイリアスファイル] [ -c コンテキスト] [ -r RemoteComputer] [ -u [ DomainName\ ] UserName ] [ -p パスワード | *] [{netshcommand | -f ScriptFile}]netsh[ -a AliasFile] [ -c Context ] [-r RemoteComputer] [ -u [ DomainName\ ] UserName ] [ -p Password | *] [{NetshCommand | -f ScriptFile}]

パラメーターParameters

-a

(省略可能)。Optional. エイリアスファイルを実行した後にnetshプロンプトに戻ることを指定します。Specifies that you are returned to the netsh prompt after running AliasFile.

AliasFile

(省略可能)。Optional. 1つ以上のnetshコマンドを含むテキストファイルの名前を指定します。Specifies the name of the text file that contains one or more netsh commands.

-c

(省略可能)。Optional. Netsh が指定したnetshコンテキストを入力するように指定します。Specifies that netsh enters the specified netsh context.

Context

(省略可能)。Optional. 入力するnetshコンテキストを指定します。Specifies the netsh context that you want to enter.

-r

(省略可能)。Optional. コマンドをリモートコンピューターで実行することを指定します。Specifies that you want the command to run on a remote computer.

重要

Netsh – rパラメーターを使用して別のコンピューターで netsh コマンドをリモートで使用する場合、リモートレジストリサービスがリモートコンピューター上で実行されている必要があります。When you use some netsh commands remotely on another computer with the netsh –r parameter, the Remote Registry service must be running on the remote computer. 実行されていない場合は、"ネットワークパスが見つかりません" というエラーメッセージが表示されます。If it is not running, Windows displays a “Network Path Not Found” error message.

RemoteComputer

(省略可能)。Optional. 構成するリモートコンピューターを指定します。Specifies the remote computer that you want to configure.

-u

(省略可能)。Optional. ユーザーアカウントで netsh コマンドを実行することを指定します。Specifies that you want to run the netsh command under a user account.

DomainName\\

(省略可能)。Optional. ユーザーアカウントが存在するドメインを指定します。Specifies the domain where the user account is located. DomainName\ が指定されていない場合の既定値は、ローカルドメインです。The default is the local domain if DomainName\ is not specified.

UserName

(省略可能)。Optional. ユーザーアカウント名を指定します。Specifies the user account name.

-p

(省略可能)。Optional. ユーザーアカウントのパスワードを指定することを指定します。Specifies that you want to provide a password for the user account.

Password

(省略可能)。Optional. -U UserNameで指定したユーザーアカウントのパスワードを指定します。Specifies the password for the user account that you specified with -u UserName.

NetshCommand

(省略可能)。Optional. 実行するnetshコマンドを指定します。Specifies the netsh command that you want to run.

-f

(省略可能)。Optional. ScriptFileで指定したスクリプトを実行した後、 netshを終了します。Exits netsh after running the script that you designate with ScriptFile.

ScriptFile

(省略可能)。Optional. 実行するスクリプトを指定します。Specifies the script that you want to run.

/?

(省略可能)。Optional. Netsh プロンプトでヘルプを表示します。Displays help at the netsh prompt.

注意

別のコマンドの後に -r を指定すると、 netshによってリモートコンピューターでコマンドが実行され、cmd.exe コマンドプロンプトに戻ります。If you specify -r followed by another command, netsh runs the command on the remote computer and then returns to the Cmd.exe command prompt. 別のコマンドを使用せずに -r を指定すると、 netshがリモートモードで開きます。If you specify -r without another command, netsh opens in remote mode. このプロセスは、Netsh コマンドプロンプトでのset machineの使用に似ています。The process is similar to using set machine at the Netsh command prompt. -r を使用する場合は、 netshの現在のインスタンスに対してのみターゲットコンピューターを設定します。When you use -r, you set the target computer for the current instance of netsh only. を終了して再入力すると、ターゲットコンピュータはローカルコンピュータとしてリセットされます。After you exit and reenter netsh, the target computer is reset as the local computer. WINS に格納されているコンピューター名、UNC 名、DNS サーバーによって解決されるインターネット名、または IP アドレスを指定することにより、リモートコンピューターでnetshコマンドを実行できます。You can run netsh commands on a remote computer by specifying a computer name stored in WINS, a UNC name, an Internet name to be resolved by the DNS server, or an IP address.

Netsh コマンドのパラメーター文字列値の入力Typing parameter string values for netsh commands

Netsh コマンドリファレンス全体で、文字列値が必要なパラメーターを含むコマンドがあります。Throughout the Netsh command reference there are commands that contain parameters for which a string value is required.

文字列値に複数の単語で構成される文字列値など、文字間のスペースが含まれている場合は、文字列値を引用符で囲む必要があります。In the case where a string value contains spaces between characters, such as string values that consist of more than one word, it is required that you enclose the string value in quotation marks. たとえば、文字列値がワイヤレスネットワーク接続インターフェイスという名前のパラメーターの場合は、文字列値を引用符で囲みます。For example, for a parameter named interface with a string value of Wireless Network Connection, use quotation marks around the string value:

interface="Wireless Network Connection"