別のサーバーでインポート用の NPS 構成をエクスポートする

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016

NPS 構成全体 (RADIUS クライアントとサーバー、ネットワーク ポリシー、接続要求ポリシー、レジストリ、ログ構成を含む) を、別の NPS にインポートする NPS からエクスポートできます。

NPS 構成をエクスポートするには、次のいずれかのツールを使用します。

  • R2 Windows Server 2016、Windows Server 2012、Windows Server 2012、Netsh を使用するか、または Windows PowerShell を使用できます。
  • [Windows Server 2008 R2 と Windows Server 2008 では、Netsh を使用します。

重要

ソース NPS データベースのバージョン番号が、コピー先の NPS データベースのバージョン番号よりも大きい場合は、この手順を使用してください。 netsh nps show config コマンドの表示から、NPS データベースの バージョン番号を表示 できます。

NPS 構成はエクスポートされた XML ファイルでは暗号化されないので、ネットワークを使用して送信するとセキュリティ上のリスクが生じ、ソース サーバーから移行先サーバーに XML ファイルを移動する際には注意が必要です。 たとえば、ファイルを移動する前に、暗号化されたパスワードで保護されたアーカイブ ファイルにファイルを追加します。 さらに、悪意のあるユーザーがファイルにアクセスするのを防ぐために、ファイルを安全な場所に格納します。

Note

ソース NPS SQL Serverログ記録が構成されている場合、SQL Server設定は XML ファイルにエクスポートされません。 別の NPS にファイルをインポートした後、ログ記録を手動で構成SQL Serverがあります。

次のコマンドを使用して NPS 構成をエクスポートおよびインポートWindows PowerShell

オペレーティング Windows Server 2012以降のバージョンの場合は、 を使用して NPS 構成をエクスポートWindows PowerShell。

NPS 構成をエクスポートするためのコマンド構文は次のとおりです。

Export-NpsConfiguration -Path <filename>

次の表は、 のExport-NpsConfigurationコマンドレットのパラメーターの一覧Windows PowerShell。 太字のパラメーターが必要です。

パラメーター 説明
Path NPS 構成をエクスポートする XML ファイルの名前と場所を指定します。

管理資格情報

この手順を完了するには、Administrators グループのメンバーである必要があります。

エクスポートの例

次の例では、NPS 構成がローカル ドライブにある XML ファイルにエクスポートされます。 このコマンドを実行するには、ソース NPS Windows PowerShell Administrator として実行し、次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

Export-NpsConfiguration –Path c:\config.xml

詳細については 、「Export-NpsConfiguration 」を参照してください

NPS 構成をエクスポートした後、XML ファイルをコピー先サーバーにコピーします。

コピー先サーバーで NPS 構成をインポートするためのコマンド構文は次のとおりです。

Import-NpsConfiguration [-Path] <String> [ <CommonParameters>]

インポートの例

次のコマンドは、 という名前のファイルから設定を NPS C:\Npsconfig.xmlインポートします。 このコマンドを実行するには、Windows PowerShell NPS で管理者として実行し、次のコマンドを入力して Enter キーを押します。

Import-NpsConfiguration -Path "C:\Npsconfig.xml"

詳細については 、「Import-NpsConfiguration 」を参照してください

Netsh を使用して NPS 構成をエクスポートおよびインポートする

Netsh nps exportコマンドを使用して、Network Shell (Netsh) を使用して NPS 構成をエクスポートできます。

netsh nps importコマンドを実行すると、更新された構成設定で NPS が自動的に更新されます。 netsh nps importコマンドを実行するために、コピー先コンピューターで NPS を停止する必要はないが、構成のインポート中に NPS コンソールまたは NPS MMC スナップインが開いている場合、ビューを更新するまでサーバー構成に対する変更は表示されません。

Note

netsh nps export コマンドを使用する場合は、コマンド パラメーター exportPSKに値 YES を指定する必要があります。 このパラメーターと値は、NPS 構成をエクスポートし、エクスポートされた XML ファイルに RADIUS クライアントとリモート RADIUS サーバー グループのメンバーの暗号化されていない共有シークレットが含まれていると理解している、という明示的な状態を示します。

管理資格情報

この手順を完了するには、Administrators グループのメンバーである必要があります。

Netsh コマンドを使用して NPS 構成を別の NPS にコピーするには

  1. ソース NPS で、コマンド プロンプト を 、「netsh」と入力し、Enter キーを押します。

  2. netsh プロンプトで、「nps」と入力し、Enter キーを押します。

  3. netsh npsプロンプトで、「export filename= "path\file.xml" exportPSK=YES」と入力します。ここで、pathは NPS 構成ファイルを保存するフォルダーの場所であり、fileは保存する XML ファイルの名前です。 Enter キーを押します。

    これにより、構成設定 (レジストリ設定を含む) が XML ファイルに格納されます。 パスには相対パスまたは絶対パスを指定できます。または、汎用名前付け規則 (UNC) パスを指定できます。 Enter キーを押すと、ファイルへのエクスポートが成功したかどうかを示すメッセージが表示されます。

  4. 作成したファイルをコピー先の NPS にコピーします。

  5. コピー先の NPS のコマンド プロンプトで、「netsh nps import filename= 」と入力path\file.xml、Enter キーを押します。 XML ファイルからのインポートが成功したかどうかを示すメッセージが表示されます。

その他の参照情報