QoS ポリシーを管理します。

適用対象:Windows Server 2016 の Windows Server (半期チャネル)

このトピックを使用すると、QoS ポリシー ウィザードを使用して、作成、編集、または QoS ポリシーを削除する方法について説明します。

注意

このトピックに加え、次の QoS ポリシー管理のドキュメントは使用できます。

Windows オペレーティング システムでは、QoS ポリシーは、グループ ポリシーの管理性と標準ベースの QoS の機能を結合します。 この組み合わせの構成は、グループ ポリシー オブジェクトには、QoS ポリシーの簡単なアプリケーションによりします。 Windows には、次のタスクを実行するための QoS ポリシー ウィザードが含まれています。

QoS ポリシーを作成します。

QoS ポリシーを作成する前に、ネットワーク トラフィックを管理に使用される 2 つのキー QoS コントロールを理解する必要が。

  • DSCP 値

  • スロットル率

DSCP によるトラフィックの優先順位付け

使用して送信ネットワーク トラフィックの優先順位を定義するには前の基幹業務アプリケーションの例を記載の通りDSCP 値を指定特定の DSCP 値で QoS ポリシーを構成します。

RFC 2474 でように、DSCP は 0 ~ 63 および IPv6 では Traffic Class フィールド内の IPv4 パケット TOS フィールドで指定する値にできます。 ネットワーク パケットを分類して、それらを適切にキューに、ネットワーク ルーターは DSCP 値を使用します。

注意

既定では、Windows のトラフィックは、0 の DSCP 値を持っています。

キューの数およびその優先順位付けの動作は、組織の QoS 戦略の一部として設計される必要があります。 たとえば、組織が 5 つのキューに選択可能性があります: レイテンシに敏感なトラフィック、制御トラフィック、ビジネス クリティカル トラフィック、ベスト エフォート トラフィック、および一括データ転送トラフィック。

トラフィックの調整

スロットルは、DSCP 値と共にネットワーク帯域幅を管理するための別のキー コントロールします。 前述のようは、使用、スロットル率を指定送信トラフィック特定のスロットル率で QoS ポリシーを構成するには設定します。 調整を使用して、QoS ポリシーは、指定されたスロットル率を送信ネットワーク トラフィックを制限します。 DSCP のマーキングとスロットルは組み合わせて使用して、トラフィックを効果的に管理できます。

注意

既定では、[スロットル率を指定する] チェック ボックスはオフです。

QoS ポリシーを作成するには、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) からグループ ポリシー管理コンソール (GPMC) ツール内の設定を編集します。 GPMC はグループ ポリシー オブジェクト エディターを開きます。

QoS ポリシーの名前は一意であることが必要です。 サーバーとエンドユーザーにポリシーを適用する方法は、QoS ポリシーのグループ ポリシー オブジェクト エディターでの保存場所によって異なります。

  • コンピューターの構成 \windows Settings\QoS ポリシー内の QoS ポリシーは、現在ログオンしているユーザーに関係なく、コンピューターに適用されます。 通常、サーバー コンピューターにはコンピューター ベースの QoS ポリシーを使用します。

  • ユーザー構成 \windows Settings\QoS ポリシー内の QoS ポリシーは、ユーザーがログインしたら、どのコンピューターにログオンするユーザーに適用されます。

QoS ポリシー ウィザードを使用して新しい QoS ポリシーを作成するには

  • グループ ポリシー オブジェクト エディターのいずれかを右クリックし、 QoS ポリシーノード、およびクリック新しいポリシーを作成です。

ウィザード ページ 1 - ポリシーのプロファイル

QoS ポリシー ウィザードの最初のページでは、ポリシー名を指定し、QoS が送信ネットワーク トラフィックを制御する方法を構成します。

QoS ベースのポリシー ウィザードの [ポリシーのプロファイル] ページを構成するには

  1. [ポリシー名] に、QoS ポリシーの名前を入力します。 名前は、ポリシーを一意に識別する必要があります。

  2. 必要に応じて、使用DSCP 値を指定DSCP のマーキングを有効にし、0 ~ 63 の DSCP 値を構成します。

  3. オプションで [スロットル率を指定する] を使用してトラフィックのスロットル調整を有効にし、スロットル率を設定できます。 スロットル率の値は 1 より大きいである必要があるあり、1 秒あたりのキロバイトの単位を指定する(KBps)または 1 秒あたりのメガバイト(MBps)します。

  4. [次へ] をクリックします。

ウィザード ページ 2 - アプリケーション名

QoS ポリシー ウィザードの 2 ページ目をパスに、実行可能ファイル名およびアプリケーション名、または特定の URL に対する要求を処理する HTTP サーバー アプリケーションが識別される特定のアプリケーションへのすべてのアプリケーションにポリシーを適用できます。

  • すべてのアプリケーションQoS ポリシー ウィザードの最初のページのトラフィック管理設定がすべてのアプリケーションに適用するように指定します。

  • この実行可能ファイル名を持つアプリケーションのみQoS ポリシー ウィザードの最初のページのトラフィック管理設定が特定のアプリケーションのことを指定します。 実行可能ファイルの名前には、末尾にファイル名拡張子 .exe が付いている必要があります。

  • この URL の要求に応答して HTTP サーバー アプリケーションのみQoS ポリシー ウィザードの最初のページのトラフィック管理設定が特定 HTTP のサーバー アプリケーションに対してのみに適用するように指定します。

必要に応じて、アプリケーション パスを入力できます。 アプリケーション パスを指定するには、アプリケーション名をパスに含めます。 パスは、環境変数を含めることができます。 たとえば、%ProgramFiles%\My Application Path\MyApp.exe や、c:\program files\my application path\myapp.exe などです。

注意

アプリケーションのパスは、シンボリック リンクに解決されるパスを含めることはできません。

URL に準拠する必要がありますRFC 1738の形式でhttp[s]://<hostname\>:<port\>/<url-path>します。 ワイルドカードを使用する‘*’<hostname><port>、例: https://training.\*/, https://\*.\*、ワイルドカードの部分文字列を示すことはできませんが、<hostname>または<port>します。

つまり、どちらもhttps://my\*site/https://\*training\*/は有効です。

確認する必要に応じて、サブディレクトリおよびファイルを含める照合すべてのサブディレクトリおよびファイルの次の URL を実行します。 たとえば、このオプションをオンにし、URL https://training、QoS ポリシーは要求を考慮https://training/videoとよく一致します。

QoS ポリシー ウィザードの [アプリケーション名] ページを構成するには

  1. この QoS ポリシーの適用対象、いずれかを選択すべてのアプリケーションまたはこの実行可能ファイル名を持つアプリケーションのみします。

  2. [次の実行可能ファイル名を持つアプリケーションのみ] をクリックする場合、末尾にファイル名拡張子 .exe が付いている実行可能ファイル名を指定します。

  3. [次へ] をクリックします。

ウィザードのページ 3 - IP アドレス

QoS ポリシー ウィザードの 3 ページ目では、QoS ポリシーは、次のように IP アドレスの条件を指定できます。

  • すべての発信元 IPv4 または IPv6 アドレス、または特定の発信元 IPv4 または IPv6 アドレス

  • すべての宛先 IPv4 または IPv6 アドレスまたは特定の宛先 IPv4 または IPv6 アドレス

[次の発信元 IP アドレスのみ] または [次の宛先 IP アドレスのみ] をクリックする場合、次のいずれかを入力する必要があります。

  • IPv4 アドレスなど、 192.168.1.1

  • などのネットワーク プレフィックスの長さ表記を使用して IPv4 アドレス プレフィックス 192.168.1.0/24

  • IPv6 アドレスなど、 3ffe:ffff::1

  • IPv6 アドレス プレフィックスなど 3ffe:ffff::/48

両方を選択した場合の次のソース IP アドレスのみの次の宛先 IP アドレスのみ、両方のアドレスまたはアドレス プレフィックス、IPv4 または IPv6 ベースをする必要があります。

ウィザードの前のページで、HTTP サーバー アプリケーションの URL を指定した場合、このウィザード ページで、QoS ポリシーのソース IP アドレスがグレーになっていることがわかります。

これは、機能は、ソース IP アドレスは、HTTP サーバーのアドレスと、これはここで構成できないため true です。 その一方で、宛先 IP アドレスを指定することで、ポリシーをカスタマイズできます。 これにより、同じ HTTP サーバー アプリケーションを使用して、さまざまなクライアントのさまざまなポリシーを作成することが可能にします。

QoS ポリシー ウィザードの [IP アドレス] ページを構成するには

  1. この QoS ポリシーの適用対象(ソース) を選択すべての発信元 IP アドレスまたはのみ次の IP ソース アドレスします。

  2. 選択した場合次の IP ソース アドレスのみプレフィックスまたは IPv4 または IPv6 アドレスを指定します。

  3. この QoS ポリシーの適用対象(宛先) で選択すべての宛先アドレスまたはは、次の宛先 IP アドレスのみです。

  4. 選択した場合は、次の宛先 IP アドレスのみ、IPv4 または IPv6 アドレスまたはアドレスの種類に対応するプレフィックスまたはソース アドレスの指定されたプレフィックスを指定します。

  5. [次へ] をクリックします。

ウィザードのページ 4 - プロトコルおよびポート

QoS ポリシー ウィザードの 4 番目のページでは、トラフィックと、ウィザードの最初のページの設定によって制御されているポートの種類を指定できます。 次の方法で指定できます。

  • TCP トラフィック、UDP トラフィック、またはその両方

  • すべての発信元ポート、発信元ポートの範囲、または特定の発信元ポート

  • すべての宛先ポート、宛先のポートの範囲または特定の宛先ポート

QoS ポリシー ウィザードの [プロトコルおよびポート] ページを構成するには

  1. [この QoS ポリシーを適用するプロトコルを選択してください] で、[TCP][UDP]、または [TCP および UDP] をクリックします。

  2. [発信元ポート番号を指定してください] で、[任意の発信元ポート] または [次の発信元ポート番号かポートの範囲] をクリックします。

  3. 選択した場合この発信元ポート番号から1 ~ 65535 の間のポート番号を入力します。

    形式でポートの範囲を指定する必要に応じて、":、"ここ下限を表すとポートの上限値の範囲、範囲です。 それぞれ 1 から 65535 までの数値を指定する必要があります。 コロン (:) および数値との間にスペースは入れません。

  4. [宛先ポート番号を指定してください] で、[任意の宛先元ポート] または [次の宛先ポート番号かポートの範] をクリックします。

  5. 前の手順で [次の宛先ポート番号かポートの範] をクリックした場合、1 ~ 65535 のポート番号を入力します。

新しい QoS ポリシーの作成を完了するには、次のようにクリックします。完了上、プロトコルおよびポートQoS ポリシー ウィザードのページ。 完了したら、新しい QoS ポリシーは、グループ ポリシー オブジェクト エディターの詳細ウィンドウに表示されます。

ユーザーまたはコンピューターには、QoS ポリシーの設定を適用するには、QoS ポリシーが、ドメイン、サイト、または組織単位 (OU) など、Active Directory Domain Services コンテナーに配置されている GPO をリンクします。

表示、編集、または QoS ポリシーを削除

ウィザードで説明する QoS ポリシーのページは、以前表示またはポリシーのプロパティを編集するときに表示されるプロパティ ページに対応します。

QoS ポリシーのプロパティを表示するには

  • グループ ポリシー オブジェクト エディターの詳細ウィンドウでポリシー名を右クリックし、をクリックし、プロパティします。

    グループ ポリシー オブジェクト エディターでは、次のタブの [プロパティ] ページが表示されます。

    • [ポリシーのプロファイル]

    • Application Name

    • IP アドレス

    • プロトコルおよびポート

QoS ポリシーを編集するには

  • グループ ポリシー オブジェクト エディターの詳細ウィンドウでポリシー名を右クリックし、をクリックし、既存ポリシーの編集します。

    グループ ポリシー オブジェクト エディターが表示されます、既存の QoS ポリシーの編集 ダイアログ ボックス。

QoS ポリシーを削除するには

  • グループ ポリシー オブジェクト エディターの詳細ウィンドウでポリシー名を右クリックし、をクリックし、ポリシーを削除します。

QoS ポリシーの GPMC のレポート

組織全体でさまざまな QoS ポリシーを適用した後は、有効、または定期的にポリシーを適用する方法を確認する必要があります。 GPMC のレポートを使用して、特定のユーザーまたはコンピューターの QoS ポリシーの概要を表示できます。

QoS ポリシーのレポートのグループ ポリシーの結果ウィザードを実行するには

  • GPMC を右クリックし、グループ ポリシーの結果ノード、し、メニュー オプションを選択グループ ポリシーの結果ウィザード。

グループ ポリシーの結果が生成されると、クリックして、設定タブ。設定 タブで、QoS ポリシーは、「コンピューターの構成 \windows Settings\QoS ポリシー」と"ユーザー構成 \windows Settings\QoS ポリシー ノードの下で見つかんだことができます。

設定 タブで、QoS ポリシーは、DSCP 値をスロットル率をポリシーの条件、QoS ポリシーの名前で一覧表示し、同じ行に表示されている GPO を獲得.

グループ ポリシー結果のビューは、優勢な GPO を一意に識別します。 複数の Gpo には、QoS ポリシーを同じ QoS ポリシーの名前がある、GPO の優先順位が最も高い GPO が適用されます。 これは、優勢な GPO です。 優先順位の低い GPO は適用されませんに関連付けられている QoS ポリシー (ポリシー名で識別される) が競合しています。 QoS ポリシーの展開先のサイト、ドメイン、または OU を適切な GPO の優先順位の定義に注意してください。 ユーザーまたはコンピューター レベルでのデプロイ後に、 QoS ポリシーの優先順位規則トラフィックを許可し、ブロックを決定します。

QoS ポリシーの DSCP 値をスロットル率、およびポリシーの条件もグループ ポリシー オブジェクト エディター (GPOE) で表示されます。

ローミングとリモート ユーザー向けの高度な設定

QoS ポリシーを使用して、目標は、会社のネットワーク上のトラフィックを管理します。 モバイルのシナリオ、エンタープライズ ネットワークの内外のユーザーがのトラフィック送信する可能性があります。 QoS ポリシーが、企業のネットワークのそばにいなくても関連していないため、QoS ポリシーが Windows 8、Windows 7、または Windows Vista の企業に接続されているネットワーク インターフェイスでのみ有効です。

たとえば、ユーザーは、コーヒー ショップから、仮想プライベート ネットワーク (VPN) 経由での自分の企業のネットワークに自分のポータブル コンピューターを接続可能性があります。 Vpn の場合 (ワイヤレス) など、物理ネットワーク インターフェイスを QoS ポリシーを適用する必要はありません。 ただし、VPN インターフェイスには、エンタープライズに接続するため、適用する QoS ポリシーがあります。 場合は、ユーザーは、AD DS の信頼関係がない別の企業のネットワークを後で入力、QoS ポリシーは有効になっていません。

これらのモバイルのシナリオはサーバーのワークロードに適用されないことに注意してください。 たとえば、複数のネットワーク アダプターのサーバーは可能性があります、会社のネットワークの端に配置されています。 IT 部門は、QoS ポリシーのスロットルのトラフィックには、エンタープライズの egresses 選択可能性があります。ただし、このエグレス トラフィックを送信するこのネットワーク アダプターは必ずしも接続しません、エンタープライズ ネットワークに戻る。 このため、QoS ポリシーは常に Windows Server 2012 を実行しているコンピューターのすべてのネットワーク インターフェイスで有効にします。

注意

選択的の有効化は、QoS ポリシーと次に、このドキュメントで説明する QoS の高度な設定にのみ適用されます。

QoS の詳細設定

QoS の詳細設定では、IT 管理者がコンピューターのネットワーク使用量と DSCP マーキングを管理するその他のコントロールを提供します。 QoS の詳細設定は、コンピューターとユーザーの両方のレベルで QoS ポリシーを適用できますが、コンピューター レベルでのみ適用されます。

高度な QoS 設定を構成するには

  1. クリックしてコンピューターの構成、順にクリックしますグループ ポリシーの設定を Windowsします。

  2. 右クリックQoS ポリシー、 をクリックし、 QoS の詳細設定します。

    次の図は、2 つの QoS の設定 タブの詳細を示しています。受信 TCP トラフィックDSCP マーキング上書きします。

注意

QoS の詳細設定は、コンピューター レベルのグループ ポリシーの設定です。

QoS の設定の詳細: 受信 TCP トラフィック

受信 TCP トラフィックQoS ポリシーに影響する TCP および UDP の送信トラフィックは、受信側の側では、TCP 帯域幅の消費を制御します。

レベルで、低いスループットを設定して、受信 TCP トラフィック タブで、TCP が制限されます、サイズの TCP 受信ウィンドウ。 この設定の効果はスループットが増加してより広い帯域幅と待機時間 (帯域幅遅延積) の TCP 接続の使用率をリンクします。 既定では、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、および Windows Vista を実行しているコンピューターは、最大のスループット レベルに設定されます。

TCP 受信ウィンドウが Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、および Windows Vista で Windows の以前のバージョンから変更します。 Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、および Windows Vista に動的に受信側ウィンドウのサイズは、以前のバージョンの Windows 制限を最大 64 キロバイト (KB) の TCP の受信側ウィンドウには最大 16 メガバイト (MB). 受信 TCP トラフィックのコントロールで、TCP 受信ウィンドウを拡張できる最大値を設定して、受信スループット レベルを制御できます。 レベルは、次の最大値に対応します。

受信スループット レベル [最大]
0 64 KB
1 256 KB
2 1 MB
3 16 MB

実際のウィンドウ サイズに等しいまたはネットワークの状態に応じて、最大値より小さい値があります。

TCP の受信側ウィンドウを設定するには
  1. グループ ポリシー オブジェクト エディターで、クリックしてローカル コンピューター ポリシー、 をクリックしてWindows 設定を右クリックしてQoS ポリシー、 をクリックし、 QoS の詳細設定設定します。

  2. TCP の受信スループットを選択しますTCP の受信スループットの構成、したいスループットのレベルを選択します。

  3. GPO を OU にリンクします。

QoS の詳細設定:DSCP マーキングの上書き

DSCP マーキング オーバーライドを指定するアプリケーションの機能を制限:「設定」するか、DSCP 値は QoS ポリシーで指定されているその他。 DSCP 値を設定するアプリケーションが許可されることを指定するには、アプリケーションは、DSCP 値が 0 以外を設定できます。

指定して無視QoS Api を使用するアプリケーションは、DSCP 値を 0 に設定していて、QoS ポリシーのみが DSCP 値を設定できます。

既定では、Windows Server 2016、Windows 10、Windows Server 2012 R2、Windows 8.1、Windows Server 2012、Windows 8、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008、および Windows Vista を実行しているコンピューターは DSCP 値を指定するアプリケーションを許可します。アプリケーションおよび QoS Api を使用していないデバイスは上書きされません。

ワイヤレスのマルチ メディアと DSCP 値

Wi-fi Allianceワイヤレス マルチ メディアの証明書が確立(WMM)アクセスの 4 つのカテゴリを定義する(WMM_AC)のネットワーク トラフィックの優先順位付けWi 送信-Fi ワイヤレス ネットワーク。 アクセス カテゴリには、(最高-最低優先順位の順序で): 音声、ビデオ、最適な労力、およびバック グラウンド; VO、VI、こと、および BK としてそれぞれ省略されます。 WMM 仕様は、どの DSCP を定義します。 値の 4 つのアクセス カテゴリのそれぞれに対応しています。

DSCP 値 WMM へのアクセス カテゴリ
48-63 音声 (VO)
32-47 ビデオ (VI)
24-31, 0-7 ベスト エフォート (BE)
8-23 バック グラウンド (黒)

その移植性を確実にこれらの DSCP 値を使用して QoS ポリシーを作成する Wi を持つコンピューター-Fi Certified™ WMM ワイヤレス アダプターの受信の優先処理 Wi に関連付けられているときに-Fi Certified WMM for ポイントにアクセスします。

QoS ポリシーの優先順位の規則

GPO の優先順位と同様に、QoS ポリシーがあるトラフィック特定のセットに複数の QoS ポリシーを適用する競合を解決するのには優先順位の規則。 送信の TCP または UDP トラフィックの QoS ポリシーなど、スロットル率を合計すると、累積的な効果がないことを意味する時に 1 つだけの QoS ポリシーを適用できます。

一般に、最も一致する条件付きで QoS ポリシーが優先されます。 ルールは、次の 3 つのカテゴリに分類されます、複数の QoS ポリシーを適用する: ユーザー レベルではなくコンピューター レベルアプリケーションとネットワーク クインタプル;ネットワークの間で quintuple します。

によってネットワーク 5 倍、発信元 IP アドレス、宛先 IP アドレス、ソース ポート、接続先ポート、およびプロトコルを言って(TCP または UDP)。

ユーザー レベルの QoS ポリシーがコンピューター レベルの QoS ポリシーを優先します。

このルールでは、特にユーザー ポリシーのグループ ベースの QoS の Gpo のネットワーク管理者の管理が大幅に容易になります。 たとえば、ネットワーク管理者は、ユーザー グループの QoS ポリシーを定義する必要がある場合、だけを作成して配布できます GPO をそのグループに。 そうでなくても心配にどのコンピューターについてそれらのユーザーのログオン、かどうかそれらのコンピューターが競合する QoS ポリシーを定義ため、競合が存在する場合、ユーザー レベル ポリシー常に優先されます。

注意

ユーザー レベルの QoS ポリシーは、そのユーザーによって生成されるトラフィックに適用のみ。 特定のコンピューターとコンピューター自体の他のユーザーは、そのユーザーに対して定義されているすべての QoS ポリシーの対象はできません。

アプリケーションの特異性と優先ネットワーク クインタプル経由で

複数の QoS ポリシーには、特定のトラフィックが一致すると、特定のポリシーが適用されます。 アプリケーションを識別するポリシー、間で送信元アプリケーションのファイル パスを含むポリシーがアプリケーション名 (パスなし) のみを示す別のポリシーよりも具体的と見なされます。 アプリケーションで複数のポリシーは引き続き適用する場合、優先順位の規則は、最適な一致を検索する 5 倍のネットワークを使用します。

または、複数の QoS ポリシーは、重複しない条件を指定することで同じのトラフィックに適用する場合があります。 アプリケーションの条件とネットワーク クインタプル、間、アプリケーションを指定するポリシーより具体的と見なされますされ、適用されます。

たとえば、policy_A は、アプリケーション名 (app.exe) のみを指定します。 し、policy_B が変換先の IP アドレス 192.168.1.0/24 を指定します。 これらの QoS ポリシーの競合とき(app.exe 192.168.4.0/24 の範囲内の IP アドレスにトラフィックを送信する)policy_A が適用されます。

特異性の詳細については、ネットワーク内の優先順位が 5 倍

ネットワーク クインタプル内では、ポリシーの競合は、最も一致する条件を持つポリシーが優先されます。 たとえば、policy_C は、ソース IP アドレスの「すべて」、宛先 IP アドレス 10.0.0.1、ソース ポート"any"、宛先ポートの"any"と"TCP"のプロトコルを指定します。

次に、policy_D は、ソース IP アドレス"any"は、接続先 IP アドレス 10.0.0.1、発信元ポート"any"宛先ポート 80、および"TCP"のプロトコルを指定します。 前提としています。 その policy_C と policy_D 10.0.0.1:80 の宛先への接続と一致します。 QoS ポリシーは、最も一致する条件を持つポリシーを適用するため、policy_D はこの例でも優先されます。

ただし、QoS ポリシーは、条件の数が等しい場合があります。 たとえば、いくつかのポリシーがそれぞれ指定する 1 つだけ (ただし、同じではありません) ネットワーク クインタプルの一部です。 ネットワーク 5 回の間で、次の順序は高い優先順位を低くからです。

  • 発信元 IP アドレス

  • 宛先 IP アドレス

  • 発信元ポート

  • 宛先ポート

  • プロトコル (TCP または UDP)

IP アドレスなどの特定の条件内より特定の IP アドレスは優先順位の高い; 扱われますたとえば、IP アドレス 192.168.4.1 は 192.168.4.0/24 よりも具体的します。

QoS ポリシーを設計できるだけ具体的にどのポリシーが有効で理解する組織の能力を簡略化します。

次のトピックでは、このガイドでは、次を参照してください。 QoS ポリシーのイベントとエラーします。

このガイドの最初のトピックを参照してください。サービスの品質 (QoS) ポリシーします。