QoS ポリシーのシナリオQoS Policy Scenarios

適用対象:Windows Server 2016 の Windows Server (半期チャネル)Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016

このトピックを使用するには、示す架空のシナリオを調査する方法については、QoS ポリシーを使用する、タイミングと理由。You can use this topic to review hypothetical scenarios that demonstrate how, when, and why to use QoS Policy.

このトピックでは、2 つのシナリオは次のとおりです。The two scenarios in this topic are:

  1. 基幹業務アプリケーションのネットワーク トラフィックを優先順位を付けるPrioritize Network Traffic for a Line-of-Business Application
  2. HTTP サーバー アプリケーションのネットワーク トラフィックを優先順位を付けるPrioritize Network Traffic for an HTTP Server Application

注意

このトピックのいくつかのセクションには、定義されたアクションを実行するための一般的な手順が含まれます。Some sections of this topic contain general steps you can take to perform the described actions. QoS ポリシーを管理する方法について詳細を参照してください。 QoS ポリシーの管理します。For more detailed instructions on managing QoS Policy, see Manage QoS Policy.

シナリオ 1:基幹業務アプリケーションのネットワーク トラフィックを優先順位を付けるScenario 1: Prioritize Network Traffic for a Line-of-Business Application

このシナリオで、IT 部門は QoS ポリシーを使用して実現できるいくつかの目標があります。In this scenario, an IT department has several goals that they can accomplish by using QoS Policy:

  • ミッションのネットワーク パフォーマンスを向上-クリティカルなアプリケーションです。Provide better network performance for mission-critical applications.
  • 特定のアプリケーションを使用しているが、ユーザーのキーのセットのネットワーク パフォーマンスが向上を提供します。Provide better network performance for a key set of users while they are using a specific application.
  • 会社を必ず-全体のデータのバックアップ アプリケーションは、多くの帯域幅を一度に 1 つを使用してネットワークのパフォーマンスを妨げるしません。Ensure that the company-wide data Backup application doesn't impede network performance by using too much bandwidth at one time.

IT 部門は、QoS ポリシーの差別化サービスのコード ポイントを使用して特定のアプリケーションの優先順位を構成する決定(DSCP)値、ネットワーク トラフィックの分類を優先的に提供するには、そのルーターを構成するには高い優先度のトラフィックを処理します。The IT department decides to configure QoS Policy to prioritize specific applications by using Differentiation Service Code Point (DSCP) values to classify network traffic, and to configure its routers to provide preferential treatment for higher priority traffic.

注意

DSCP の詳細については、セクションをご覧ください。定義 QoS 優先順位で、差別化されたサービス コード ポイントの、トピックの「サービスの品質 (QoS) ポリシーします。For more information on DSCP, see the section Define QoS Priority Through a Differentiated Services Code Point in the topic Quality of Service (QoS) Policy.

QoS ポリシーは、DSCP 値だけでなく、スロットル率を指定できます。In addition to DSCP values, QoS policies can specify a throttle rate. 調整は、すべての送信トラフィック特定 QoS ポリシーの一致の送信率を制限することの影響です。Throttling has the effect of limiting all outbound traffic that matches the QoS Policy to a specific send rate.

QoS ポリシーの構成QoS Policy Configuration

実行する独立した 3 つの目標を持つ 3 つの異なる QoS ポリシーを作成する、IT 管理者が決定します。With three separate goals to accomplish, the IT administrator decides to create three different QoS policies.

LOB アプリのサーバーの QoS ポリシーQoS Policy for LOB App Servers

最初のミッション-クリティカルなアプリケーションが IT 部門で QoS ポリシーを作成しますが、会社-ワイド エンタープライズ リソース プランニング(ERP)アプリケーション。The first mission-critical application for which the IT department creates a QoS Policy is a company-wide Enterprise resource planning (ERP) application. ERP アプリケーションは、すべて Windows Server 2016 を実行している複数のコンピューターでホストされます。The ERP application is hosted on several computers that are all running Windows Server 2016. これらのコンピューターで Active Directory Domain Services では、組織単位のメンバーである(OU)基幹業務用に作成された(LOB)アプリケーション サーバー。In Active Directory Domain Services, these computers are members of an organization unit (OU) that was created for line-of-business (LOB) application servers. クライアント-ERP アプリケーション側のコンポーネントは Windows 10 および Windows 8.1 を実行しているコンピューターにインストールします。The client-side component for the ERP application is installed on computers that are running Windows 10 and Windows 8.1.

グループ ポリシーで、IT 管理者がグループ ポリシー オブジェクトを選択(GPO) QoS ポリシーを適用するとします。In Group Policy, an IT administrator selects the Group Policy Object (GPO) upon which the QoS policy will be applied. IT 管理者と呼ばれる QoS ポリシーの作成、QoS ポリシー ウィザードを使用すると、"LOB サーバー ポリシー"高値を指定する-優先度のすべてのアプリケーション、任意の IP アドレス、TCP、UDP、およびポート番号 44 の DSCP 値。By using the QoS policy wizard, the IT administrator creates a QoS policy called "Server LOB policy" that specifies a high-priority DSCP value of 44 for all applications, any IP address, TCP and UDP, and port number.

LOB サーバーにのみ、このサーバーにのみ、グループ ポリシー管理コンソールを使用してを含む OU に GPO をリンクすることによって、QoS ポリシーが適用される(GPMC)ツール。The QoS policy is applied only to the LOB servers by linking the GPO to the OU that contains only these servers, via the Group Policy Management Console (GPMC) tool. この最初のサーバーに LOB ポリシーの適用、高-優先度の DSCP 値、コンピューターがネットワーク トラフィックが送信されるたびにします。This initial server LOB policy applies the high-priority DSCP value whenever the computer sends network traffic. 後でこの QoS ポリシーを編集できる(グループ ポリシー オブジェクト エディター ツールで)ERP アプリケーションのポート番号は、指定したポート番号が使用される場合にのみ適用するポリシーの制限を含める。This QoS policy can later be edited (in the Group Policy Object Editor tool) to include the ERP application's port numbers, which limits the policy to apply only when the specified port number is used.

経理グループの QoS ポリシーQoS Policy for the Finance Group

企業内の多数のグループは、ERP アプリケーションにアクセスするときに、finance グループは、お客様は、処理する場合、このアプリケーションとは異なります。 と、グループ、アプリから常に高いパフォーマンスが必要です。While many groups within the company access the ERP application, the finance group depends on this application when dealing with customers, and the group requires consistently high performance from the app.

財務グループで、顧客がサポートしていることを確認するには、QoS ポリシーが、優先度の高いとしてこれらのユーザーのトラフィックを分類する必要があります。To ensure that the finance group can support their customers, the QoS policy must classify these users' traffic as high priority. ただし、ポリシーは必要があります、経理グループのメンバー、ERP アプリケーション以外のアプリケーションを使用する場合に適用されません。However, the policy should not apply when members of the finance group use applications other than the ERP application.

このため、IT 部門と呼ばれる 2 番目の QoS ポリシーを定義します"LOB のクライアント ポリシー"経理ユーザーのグループは、ERP アプリケーションを実行すると、60 の DSCP 値を適用するグループ ポリシー オブジェクト エディターのツールでします。Because of this, the IT department defines a second QoS policy called "Client LOB policy" in the Group Policy Object Editor tool that applies a DSCP value of 60 when the finance user group runs the ERP application.

アプリのバックアップの QoS ポリシーQoS Policy for a Backup App

別のバックアップ アプリケーションは、すべてのコンピューターで実行されています。A separate backup application is running on all computers. バックアップ アプリケーションのトラフィックはすべての利用可能なネットワーク リソースを使用しないことを確認するには、IT 部門では、データのバックアップ ポリシーを作成します。To ensure the backup application's traffic does not use all available network resources, the IT department creates a backup data policy. このバックアップ ポリシーは、バックアップのアプリの実行可能ファイル名に基づく 1 の DSCP 値を指定するbackup.exeします。This backup policy specifies a DSCP value of 1 based on the executable name for the backup app, which is backup.exe.

3 つ目の GPO が作成され、ドメイン内のすべてのクライアント コンピューターに展開します。A third GPO is created and deployed for all client computers in the domain. バックアップ アプリケーションでは、データを送信するたびに優先順位の低い DSCP 値を適用すると、財務部門内のコンピューターから発生する場合でもです。Whenever the backup application sends data, the low-priority DSCP value is applied, even if it originates from computers in the finance department.

注意

DSCP 値が 0 で QoS ポリシーのないネットワーク トラフィックを送信します。Network traffic without a QoS Policy sends with a DSCP value of 0.

シナリオのポリシーScenario Policies

次の表では、このシナリオの QoS ポリシーをまとめたものです。The following table summarizes the QoS policies for this scenario.

ポリシー名Policy name DSCP 値DSCP value スロットル率Throttle rate 組織単位に適用Applied to organization units 説明Description
[ポリシーなし][No policy] 00 なしNone [デプロイしない][No deployment] 未分類のトラフィックの最適な残存作業時間 (既定値) 処理。Best effort (default) treatment for unclassified traffic.
バックアップ データBackup data 11 なしNone すべてのクライアントAll clients この一括データの優先順位の低い DSCP 値を適用します。Applies a low-priority DSCP value for this bulk data.
LOB サーバーServer LOB 4444 なしNone ERP サーバーのコンピューターの OUComputer OU for ERP servers ERP server トラフィック用の優先度の高い DSCP を適用します。Applies high-priority DSCP for ERP server traffic
クライアント LOBClient LOB 6060 なしNone 経理ユーザー グループFinance user group 優先度の高い DSCP ERP クライアント トラフィック向けの適用します。Applies high-priority DSCP for ERP client traffic

注意

DSCP 値は 10 進形式で表されます。DSCP values are represented in decimal form.

QoS ポリシーが定義されているし、グループ ポリシーを使用して、適用では、送信ネットワーク トラフィックは、ポリシーが指定した DSCP 値を受け取ります。With QoS policies defined and applied by using Group Policy, outbound network traffic receives the policy-specified DSCP value. ルーターは、キューを使用してこれらの DSCP 値に基づく差分の処理を提供します。Routers then provide differential treatment based on these DSCP values by using queuing. 次の 4 つのキューにこの IT 部門のルーターが構成されている: 優先度の高い、中間の優先度、ベスト エフォート、および優先順位の低い。For this IT department, the routers are configured with four queues: high-priority, middle-priority, best-effort, and low-priority.

トラフィックの DSCP 値を使用して、ルーターが届いたとき"Server LOB ポリシー"と"LOB のクライアント ポリシーを"データは優先度の高いキューに配置されます。When traffic arrives at the router with DSCP values from "Server LOB policy" and "Client LOB policy," the data is placed into high-priority queues. DSCP 値が 0 でのトラフィックは、サービス レベルをベスト エフォートを受け取ります。Traffic with a DSCP value of 0 receives a best-effort level of service. (バックアップ アプリケーション) から 1 の DSCP 値を持つパケットは、優先順位の低い扱いを受けます。Packets with a DSCP value of 1 (from the backup application) receive low-priority treatment.

基幹業務アプリケーションの優先順位を付けるための前提条件Prerequisites for prioritizing a line-of-business application

このタスクを完了するには、次の要件を満たしていることを確認します。To complete this task, ensure that you meet the following requirements:

  • 含まれるコンピューターは、QoS を実行している-互換性のあるオペレーティング システム。The computers involved are running QoS-compatible operating systems.

  • 含まれるコンピューターを Active Directory Domain Services のメンバーである(AD DS)ドメイン グループ ポリシーを使用して構成できるようにします。The computers involved are members of an Active Directory Domain Services (AD DS) domain so that they can be configured by using Group Policy.

  • TCP/IP ネットワークに DSCP 用に構成されたルーターで設定されている(RFC 2474)します。TCP/IP networks are set up with routers configured for DSCP (RFC 2474). 詳細については、次を参照してください。 RFC 2474します。For more information, see RFC 2474.

  • 管理者の資格情報の要件が満たされています。Administrative credentials requirements are met.

管理資格情報Administrative credentials

このタスクを完了するには、は作成し、グループ ポリシー オブジェクトを展開できる必要があります。To complete this task, you must be able to create and deploy Group Policy Objects.

基幹業務アプリケーションの優先順位付けのテスト環境のセットアップSetting up the test environment for prioritizing a line-of-business application

テスト環境をセットアップするには、次のタスクを完了します。To set up the test environment, complete the following tasks.

  • クライアントおよびユーザーの組織単位にグループ化と、AD DS ドメインを作成します。Create an AD DS domain with clients and users grouped into organization units. AD DS の展開の手順については、次を参照してください。、コア ネットワーク ガイドします。For instructions on deploying AD DS, see the Core Network Guide.

  • DSCP 値に基づいてキュー差分にルーターを構成します。Configure the routers to differentially queue based on DSCP values. たとえば、DSCP 値を 44 が"Platinum"キューを入力し、重み付け公正-キューにその他すべてがします。For example, DSCP value 44 enters a "Platinum" queue and all others are weighted-fair-queued.

注意

DSCP 値を表示するには、ネットワーク モニターなどのツールでのネットワーク キャプチャを使用します。You can view DSCP values by using network captures with tools like Network Monitor. ネットワーク キャプチャを実行した後は、キャプチャされたデータの TOS フィールドを確認できます。After you perform a network capture, you can observe the TOS field in captured data.

基幹業務アプリケーションの優先順位を付けるための手順Steps for prioritizing a line-of-business application

基幹業務アプリケーションを優先するには、次のタスクを実行します。To prioritize a line-of-business application, complete the following tasks:

  1. 作成し、グループ ポリシー オブジェクトをリンク(GPO) QoS ポリシーを使用します。Create and link a Group Policy Object (GPO) with a QoS policy.

  2. 差分ビジネス行を処理するルーターを構成、選択した DSCP 値に基づいて (を使用してアプリケーション キュー)。Configure the routers to differentially treat a line-of-business application (by using queuing) based on the selected DSCP values. このタスクの手順は、ルーターがあるの種類によって異なります。The procedures of this task will vary depending upon the type of routers you have.

例 2:HTTP サーバー アプリケーションのネットワーク トラフィックを優先順位を付けるScenario 2: Prioritize Network Traffic for an HTTP Server Application

Windows Server 2016 では、ポリシー ベースの QoS には、URL ベースのポリシーの機能が含まれています。In Windows Server 2016, Policy-based QoS includes the feature URL-based Policies. URL のポリシーでは、HTTP サーバーの帯域幅を管理できます。URL Policies enable you to manage bandwidth for HTTP servers.

多くのエンタープライズ アプリケーションが用に開発され、インターネット インフォメーション サービスでホストされている(IIS) web サーバー、および Web apps は、クライアント コンピューター上のブラウザーからアクセスされます。Many Enterprise applications are developed for and hosted on Internet Information Services (IIS) web servers, and the Web apps are accessed from browsers on client computers.

このシナリオでは、管理すること、IIS サーバーのセットをホストのトレーニング ビデオ、組織内のすべての従業員のものとします。In this scenario, assume that you manage a set of IIS servers that host training videos for all your organization’s employees. これらのビデオのサーバーからのトラフィックが、ネットワークで、過負荷し、ビデオのトラフィックがネットワークで音声およびデータのトラフィックから差別化されたことを確認しないことを確認することが目的です。Your objective is to ensure that the traffic from these video servers won’t overwhelm your network, and ensure that video traffic is differentiated from voice and data traffic on the network.

タスクは、シナリオ 1 での作業に似ています。The task is similar to the task in Scenario 1. 設計され、ビデオのトラフィックの DSCP 値など、トラフィック管理設定を構成し、基幹業務アプリケーションの場合と同じレート、調整します。You will design and configure the traffic management settings, such as the DSCP value for the video traffic, and the throttling rate the same as you would for the line-of-business applications. HTTP サーバー アプリケーションが応答する URL を入力のみ、アプリケーション名を指定する代わりに、トラフィックを指定する場合: たとえば、 https://hrweb/training。But when specifying the traffic, instead of providing the application name, you only enter the URL to which your HTTP server application will respond: for example, https://hrweb/training.

注意

URL ベースの QoS ポリシーを使用して、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 より前にリリースされた Windows オペレーティング システムを実行しているコンピューターのネットワーク トラフィックの優先順位を付けることはできません。You cannot use URL-based QoS policies to prioritize network traffic for computers running Windows operating systems that were released prior to Windows 7 and Windows Server 2008 R2.

URL ベースのポリシーの優先順位規則Precedence rules for URL-based policies

次の Url が有効であり、すべての QoS ポリシーで指定し、コンピューターまたはユーザーに同時に適用します。All the following URLs are valid and can be specified in QoS Policy and applied simultaneously to a computer or a user:

どの優先順位が表示されますか。But which one will receive precedence? ルールは簡単です。The rules are simple. 左から右の読み取り順序で URL ベースのポリシーの優先順位を設定します。URL-based policies are prioritized in a left-to-right reading order. そのため、最も低い優先順位に最も高い優先順位から URL フィールドには。So, from the highest priority to the lowest priority, the URL fields are:

1.URL スキーム1. URL scheme

2.URL のホスト2. URL host

3.URL のポート3. URL port

4.URL パス4. URL path

詳細は次のとおりです。Details are as follows:

1.URL スキーム1. URL scheme

https:// も優先順位が高いhttps://します。https:// has a higher priority than https://.

2.URL のホスト2. URL host

最小の優先度の高いには。From the highest priority to the lowest, they are:

  1. hostnameHostname

  2. IPv6 アドレスIPv6 address

  3. IPv4 アドレスIPv4 address

  4. ワイルドカードWildcard

場合は、ホスト名は、ピリオドで区切られた複数の要素 (詳細) を持つホスト名は、ホスト名が、ピリオドで区切られた要素の数が少ないより高い優先度をが。In the case of hostname, a hostname with more dotted elements (more depth) has a higher priority than a hostname with fewer dotted elements. たとえば、次のホスト名: 間For example, among the following hostnames:

  • video.internal.training.hr.mycompany.com (深さ = 6)video.internal.training.hr.mycompany.com (depth = 6)

  • selfguide.training.mycompany.com (深さ = 4)selfguide.training.mycompany.com (depth = 4)

  • トレーニング (深さ = 1)training (depth = 1)

  • ライブラリ (深さ = 1)library (depth = 1)

    video.internal.training.hr.mycompany.comが最高の優先順位とselfguide.training.mycompany.comが [次へ] の最高の優先順位。video.internal.training.hr.mycompany.com has the highest priority, and selfguide.training.mycompany.com has the next highest priority. トレーニングライブラリ同じ最も低い優先順位を共有します。Training and library share the same lowest priority.

3.URL のポート3. URL port

特定のまたは暗黙的なポート番号をワイルドカード ポートより高い優先順位を持っています。A specific or an implicit port number has a higher priority than a wildcard port.

4.URL パス4. URL path

ホスト名のような URL パスは可能性があります複数の要素で構成されます。Like a hostname, a URL path may consist of multiple elements. 要素の 1 つは、常より少ない労力でより高い優先順位を持ちます。The one with more elements always has a higher priority than the one with less. たとえば、次のパスは優先度順に表示します。For example, the following paths are listed by priority:

  1. /ebooks/tech/windows/networking/qos/ebooks/tech/windows/networking/qos

  2. /ebooks/tech/windows//ebooks/tech/windows/

  3. /ebooks/ebooks

  4. /

すべてのサブディレクトリおよびファイルの次の URL パスを含めるには、ユーザーが選択した、この URL パスが選択が行われなかった場合よりも低い優先順位になります。If a user chooses to include all subdirectories and files following a URL path, this URL path will have a lower priority than it would have if the choice were not made.

ユーザーは、URL ベースのポリシーで、宛先 IP アドレスを指定することもできます。A user may also choose to specify a destination IP address in a URL-based policy. 宛先 IP アドレスが、前に説明した 4 つの URL フィールドのいずれかのよりも優先順位の低い。The destination IP address has a lower priority than any of the four URL fields described previously.

5 倍のポリシーQuintuple policy

5 倍のポリシーは、プロトコル ID、送信元 IP アドレス、ソース ポート、宛先 IP アドレス、および宛先ポートによって指定されます。A Quintuple policy is specified by protocol ID, source IP address, source port, destination IP address, and destination port. 5 倍のポリシーは、常に、URL ベースのポリシーよりも高い優先順位を持ちます。A Quintuple policy always has a higher precedence than any URL-based policy.

ユーザーの既に 5 倍のポリシーが適用される場合 URL ベースの新しいポリシーは競合が発生しないユーザーのクライアントのいずれかのコンピューター。If a Quintuple policy is already applied for a user, a new URL-based policy will not cause conflicts on any of that user’s client computers.

次のトピックでは、このガイドでは、次を参照してください。 QoS ポリシーの管理します。For the next topic in this guide, see Manage QoS Policy.

このガイドの最初のトピックを参照してください。サービスの品質 (QoS) ポリシーします。For the first topic in this guide, see Quality of Service (QoS) Policy.