Insider PreviewInsider preview

うるう秒のサポートLeap second support

適用先:Windows Server 2019 および Windows 10 バージョン 1809Applies to: Windows Server 2019 and Windows 10, version 1809

うるう秒は、UTC に対する 1 秒間の臨時の調整です。A leap second is an occasional 1-second adjustment to UTC. 地球の自転が遅くなるにつれて、UTC (アトミック タイムスケール) は、平均太陽時 または天文時からずれていきます。As the earth's rotation slows, UTC (an atomic timescale) diverges from mean solar time or astronomical time. UTC のずれが最大 .9 秒に達した時点で、UTC と平均太陽時との間の同期を維持するためにうるう秒が挿入されます。Once UTC has diverged by at most .9 seconds, a leap second is inserted to keep UTC in-sync with mean solar time.

うるう秒は、米国と欧州連合の両方で、正確さと追跡可能性に関する規制要件を満たすために重要になっています。Leap seconds have become important to meet the accuracy and traceability regulatory requirements both in the United States and the European Union.

詳細については、次のドキュメントを参照してください。For more information, see:

精度タイム プロトコルPrecision time protocol

適用先:Windows Server 2019 および Windows 10 バージョン 1809Applies to: Windows Server 2019 and Windows 10, version 1809

Windows Server 2019 と Windows 10 (バージョン 1809) に含まれている新しいタイム プロバイダーでは、精度タイム プロトコル (PTP) を使用して時刻を同期できます。A new time provider included in Windows Server 2019 and Windows 10 (version 1809) allows you to synchronize time using the Precision Time Protocol (PTP). ネットワークを経由して時間を分散すると、遅延 (待機時間) が発生します。これが考慮されない場合、または対称でない場合は、タイム サーバーから送信されたタイムスタンプを理解することがますます困難になります。As time distributes across a network, it encounters delay (latency), which if not accounted for, or if it is not symmetric, it becomes increasingly difficult to understand the time-stamp sent from the time server. PTP によって、ネットワーク デバイスは、各ネットワーク デバイスによって導入された待機時間をタイミング測定に追加することで、Windows クライアントに対してより正確なタイム サンプルを提供できます。PTP enables network devices to add the latency introduced by each network device into the timing measurements thereby providing a far more accurate time sample to the windows client.

詳細については、次のドキュメントを参照してください。For more information, see:

ソフトウェアのタイムスタンプSoftware timestamping

適用先:Windows Server 2019 および Windows 10 バージョン 1809Applies to: Windows Server 2019 and Windows 10, version 1809

タイム サーバーからネットワーク経由でタイミング パケットを受信する場合は、タイム サービスで使用される前に、オペレーティング システムのネットワーク スタックによって処理される必要があります。When receiving a timing packet over the network from a time server, it must be processed by the operating system's networking stack before being consumed in the time service. ネットワーク スタック内の各コンポーネントによって、タイミング測定の精度に影響を与える不定量の待機時間が導入されます。Each component in the networking stack introduces a variable amount of latency that affects the accuracy of the timing measurement.

ソフトウェアのタイムスタンプ

この問題に対処するために、ソフトウェアのタイムスタンプでは、上記の "Windows ネットワーク コンポーネント" の前後に、オペレーティング システムの遅延を考慮してパケットにタイムスタンプを設定できます。To address this problem, software timestamping allows us to timestamp packets before and after the "Windows Networking Components" shown above to account for the delay in the operating system.

詳細については、次のドキュメントを参照してください。For more information, see: