一般的な利用シナリオ

MultiPoint Services は、Windows 10 デスクトップ エクスペリエンスの最も重要な要素を備えた個々のユーザー デスクトップを提供します。 また、システム管理者が複数の MultiPoint サーバーとクライアントの検出と制御に使用できるシンプルな管理ツールである MultiPoint マネージャーも提供します。 さらに、MultiPoint Services には、リアルタイムで表示する MultiPoint ダッシュボードが含まれています。 MultiPoint Services で実行できる操作の例を次に示します。

  • ユーザーごとに個別のコンピューターを必要とせずに、パーソナル コンピューティング エクスペリエンスとプライベート フォルダーを各ユーザーに提供します。
  • コンピューター ラボ、教室、トレーニング センター、または小規模ビジネス環境で複数の MultiPoint システムを管理します。
  • プログラムを一度インストールすれば、どのステーションからでもアクセスできます。
  • 各ユーザーのデスクトップ アクティビティを監視します。
  • カスタマイズ可能なメッセージで画面をブロックして、グループの注意を引きます。
  • グループを 1 つ以上の Web サイトのみにアクセスするように制限します。
  • 画面を他の画面に投影して、特定のタスクを示します。
  • ヘルプを求めている標準ユーザーと個人的に通信します。
  • タスクをデモンストレーションするためにユーザーのセッションを制御します。
  • 従来の PC、ラップトップ、または他のモバイル デバイスを使用しているユーザーに対して、上記のすべての項目を実行します。