サポートされるリモート デスクトップ RDP ファイルの設定Supported Remote desktop RDP file settings

次の表には、Windows および HTML のクライアントで使用できる、サポートされる RDP ファイル設定の一覧が含まれています。The following table includes list of supported RDP file settings that you can use with the Windows and HTML clients. プラットフォーム列の "×" は、設定がサポートされていることを示しています。An “x” in the platform column indicates that the setting is supported. ただし、この一覧は Windows クライアントと HTML5 クライアントでサポートされる設定の完全な一覧ではありません。However, this list is not a complete list of supported settings for the Windows and HTML5 clients. Windows クライアントと HTML5 クライアントだけでなく、macOS、iOS、Android の各クライアントについてもサポートされる RDP 設定をさらに含めるようにこの表を更新していく予定です。We'll continue to update this table to include more supported RDP settings for the Windows and HTML5 clients as well as the macOS, iOS, and Android clients.

PowerShell を使用してホスト プールの RDP プロパティをカスタマイズする方法の詳細については、こちらのドキュメントを参照してください。Please refer to this documentation detailing how to use PowerShell to customize RDP properties for a host pool.

RDP 設定RDP setting 説明Description Values 既定値Default value Windows 仮想デスクトップWindows Virtual Desktop WindowsWindows HTML5HTML5
alternate full address:s:valuealternate full address:s:value リモート コンピューターの代替名または IP アドレスを指定します。Specifies an alternate name or IP address of the remote computer. リモート コンピューターの有効な名前または IP アドレス ("10.10.15.15" など)。Any valid name or IP address of the remote computer, such as "10.10.15.15" xx xx xx
alternate shell:s:valuealternate shell:s:value RDP に接続したときにプログラムを自動的に開始するかどうかを決定します。Determines whether a program starts automatically when you connect with RDP. 代替シェルを指定するには、この値に、実行可能ファイルの有効なパス ("C:\ProgramFiles\Office\word.exe" など) を入力します。To specify an alternate shell, enter a valid path to an executable file for the value, such as "C:\ProgramFiles\Office\word.exe". この設定はまた、RemoteApplicationMode が有効になっている場合、接続時に開始するリモート アプリケーションのパスまたはエイリアスを決定します。This setting also determines which path or alias of the Remote Application to be started at connection time if RemoteApplicationMode is enabled. "C:\ProgramFiles\Office\word.exe""C:\ProgramFiles\Office\word.exe" xx xx xx
audiocapturemode:i:valueaudiocapturemode:i:value オーディオ入出力リダイレクトが有効かどうかを示します。Indicates whether audio input/output redirection is enabled. - 0:ローカル デバイスからのオーディオ キャプチャを無効にする- 0: Disable audio capture from the local device
- 1:ローカル デバイスからのオーディオ キャプチャとリモート セッションでのオーディオ アプリケーションへのリダイレクトを有効にする- 1: Enable audio capture from the local device and redirection to an audio application in the remote session
00 xx xx
audiomode:i:valueaudiomode:i:value ローカルまたはリモートのコンピューターでオーディオを再生するかどうかを決定します。Determines whether the local or remote machine plays audio. - 0:ローカル コンピューターで音声を再生する (このコンピューターで再生)- 0: Play sounds on local computer (Play on this computer)
- 1:リモート コンピューターで音声を再生する (リモート コンピューターで再生)- 1: Play sounds on remote computer (Play on remote computer)
- 2:音声を再生しない (再生しない)- 2: Do not play sounds (Do not play)
00 xx xx xx
authentication level:i:valueauthentication level:i:value サーバー認証レベルの設定を決定します。Defines the server authentication level settings. - 0:サーバー認証が失敗したら、警告なしでコンピューターに接続する (接続し、警告しない)- 0: If server authentication fails, connect to the computer without warning (Connect and don't warn me)
- 1:サーバー認証が失敗したら、接続を確立しない (接続しない)- 1: If server authentication fails, don't establish a connection (Don't connect)
- 2:サーバー認証が失敗したら、警告を表示して、接続するか接続を拒否するかをユーザーに決定させる (警告する)- 2: If server authentication fails, show a warning and allow me to connect or refuse the connection (Warn me)
- 3:認証要件が指定されていません。- 3: No authentication requirement specified.
33 xx xx
autoreconnection enabled:i:valueautoreconnection enabled:i:value ネットワーク接続の割り込みなどがあって接続が削除された場合に、クライアント コンピューターが自動的にリモート コンピューターへの再接続を試行するかどうかを決定します。Determines whether the client computer will automatically try to reconnect to the remote computer if the connection is dropped, such as when there's a network connectivity interruption. - 0:クライアント コンピューターは、自動的に再接続を試行しない- 0: Client computer does not automatically try to reconnect
- 1:クライアント コンピューターは、自動的に再接続を試行する- 1: Client computer automatically tries to reconnect
11 xx xx xx
bandwidthautodetect:i:valuebandwidthautodetect:i:value ネットワークの種類の自動検出を有効にするかどうかを決定しますDetermines whether automatic network type detection is enabled - 0:ネットワークの種類の自動検出を無効にする- 0: Disable automatic network type detection
- 1:ネットワークの種類の自動検出を有効にする- 1: Enable automatic network type detection
11 xx xx xx
camerastoredirect:s:valuecamerastoredirect:s:value リダイレクトするカメラを構成します。Configures which cameras to redirect. この設定では、リダイレクトが有効なカメラの KSCATEGORY_VIDEO_CAMERA インターフェイスをセミコロンで区切った一覧を使用します。This setting uses a semicolon-delimited list of KSCATEGORY_VIDEO_CAMERA interfaces of cameras enabled for redirection. - * :すべてのカメラをリダイレクトします- * : Redirect all cameras
- 特定のカメラを除外するには、camerastoredirect:s:\?\usb#vid_0bda&pid_58b0&mi などのシンボリック リンク文字列の前に "-" を追加します- One can exclude a specific camera by prepending the symbolic link string with "-", such as camerastoredirect:s:\?\usb#vid_0bda&pid_58b0&mi
xx xx
compression:i:valuecompression:i:value RDP からローカル コンピューターに送信されるときに一括圧縮を有効にするかどうかを決定します。Determines whether bulk compression is enabled when it is transmitted by RDP to the local computer. - 0:RDP 一括圧縮を無効にする- 0: Disable RDP bulk compression
- 1:RDP 一括圧縮を有効にする- 1: Enable RDP bulk compression
11 xx xx xx
desktop size id:i:valuedesktop size id:i:value 定義済みオプション セットからリモート セッション デスクトップのサイズを指定します。Specifies dimensions of the remote session desktop from a set of pre-defined options. desktopheight または desktopwidth が指定されている場合、この設定はオーバーライドされます。This setting is overridden if either desktopheight or desktopwidth are specified. -0:640 × 480-0: 640×480
- 1:800 x 600- 1: 800×600
- 2:1024 × 768- 2: 1024×768
- 3:1280 × 1024- 3: 1280×1024
- 4:1600 × 1200- 4: 1600×1200
00 xx xx xx
desktopheight:i:valuedesktopheight:i:value リモート デスクトップ接続を使って接続するときにリモート コンピューターの解像度の高さ (ピクセル単位) を決定します。Determines the resolution height (in pixels) on the remote computer when you connect by using Remote Desktop Connection. この設定は、RDC の [オプション] の下にある [表示] タブの [ディスプレイの構成] スライダーの選択に対応しています。This setting corresponds to the selection in the Display configuration slider on the Display tab under Options in RDC. 200 から 2048 の数値Numerical value between 200 and 2048 既定値は、ローカル コンピューターの解像度に設定されます。The default value is set to the resolution on the local computer xx xx xx
desktopwidth:i:valuedesktopwidth:i:value リモート デスクトップ接続を使って接続するときにリモート コンピューターの解像度の幅 (ピクセル単位) を決定します。Determines the resolution width (in pixels) on the remote computer when you connect by using Remote Desktop Connection. この設定は、RDC の [オプション] の下にある [表示] タブの [ディスプレイの構成] スライダーの選択に対応しています。This setting corresponds to the selection in the Display configuration slider on the Display tab under Options in RDC. 200 から 4096 の数値Numerical value between 200 and 4096 既定値は、ローカル コンピューターの解像度に設定されます。The default value is set to the resolution on the local computer xx xx xx
devicestoredirect:s:valuedevicestoredirect:s:value クライアント コンピューター上のどのデバイスがリダイレクトされて、リモート セッションで使用可能になるかを決定します。Determines which devices on the client computer will be redirected and available in the remote session. - *:後で接続されるものも含め、サポートされているすべてのデバイスをリダイレクトします- *: Redirect all supported devices, including ones that are connected later
- 1 つまたは複数のデバイスの有効なハードウェア ID- Valid hardware ID for one or more devices
xx xx xx
disableconnectionsharing:i:valuedisableconnectionsharing:i:value RemoteApp またはデスクトップが起動されたときに、リモート デスクトップ クライアントを既存の開いている接続に再接続するか、または新しい接続を開始するかを決定します。Determines whether the remote desktop client reconnects to any existing open connections or initiate a new connection when a RemoteApp or desktop is launched - 0:既存のセッションに再接続する- 0: Reconnect to any existing session
- 1:新しい接続を開始する- 1: Initiate new connection
00 xx xx xx
domain:s:valuedomain:s:value リモート コンピューターへのログオンに使用するユーザー アカウントが存在するドメインの名前を指定します。Specifies the name of the domain in which the user account that will be used to log on to the remote computer is located. "CONTOSO" などの有効なドメイン名A valid domain name, such as "CONTOSO" 既定値はありませんNo Default Value xx xx xx
drivestoredirect:s:valuedrivestoredirect:s:value クライアント コンピューター上のどのローカル ドディスク ライブがリダイレクトされて、リモート セッションで使用可能になるかを決定します。Determines which local disk drives on the client computer will be redirected and available in the remote session. - 値の指定なし: どのドライブもリダイレクトされない- No value specified: don't redirect any drives
- * :後で接続されるドライブも含めて、すべてのディスク ドライブをリダイレクトする- * : Redirect all disk drives, including drives that are connected later
- DynamicDrives: 後で接続されるすべてのドライブをリダイレクトする- DynamicDrives: redirect any drives that are connected later
- 1 つ以上のドライブのドライブとラベル ("drivestoredirect:s:C:;E:;" など): 指定されたドライブをリダイレクトする- The drive and labels for one or more drives, such as "drivestoredirect:s:C:;E:;": redirect the specified drive(s)
値の指定なし: どのドライブもリダイレクトされないNo value specified: don't redirect any drives xx xx
enablecredsspsupport:i:valueenablecredsspsupport:i:value Credential Security Support Provider (CredSSP) が使用可能な場合に、RDP でそれを認証に使用するかどうかを決定します。Determines whether RDP will use the Credential Security Support Provider (CredSSP) for authentication if it is available. - 0:オペレーティングシステムで CredSSP がサポートされていても、RDP では CredSSP を使用しない- 0: RDP will not use CredSSP, even if the operating system supports CredSSP
- 1:オペレーティングシステムで CredSSP がサポートされている場合、RDP では CredSSP を使用する- 1: RDP will use CredSSP if the operating system support CredSSP
11 xx xx
encode redirected video capture:i:valueencode redirected video capture:i:value リダイレクトされた動画のエンコードを有効または無効にします。Enables or disables encoding of redirected video. - 0:リダイレクトされた動画のエンコードを無効にする- 0: Disable encoding of redirected video
- 1:リダイレクトされた動画のエンコードを有効にする- 1: Enable encoding of redirected video
11 xx xx xx
full address:s:valuefull address:s:value この設定は、接続するリモート コンピューターの名前または IP アドレスを指定します。This setting specifies the name or IP address of the remote computer that you want to connect to 有効なコンピューター名、IPv4 アドレス、または IPv6 アドレス。A valid computer name, IPv4 address, or IPv6 address. xx xx xx
gatewaycredentialssource:i:valuegatewaycredentialssource:i:value RD ゲートウェイの認証方法を指定または取得します。Specifies or retrieves the RD Gateway authentication method. - 0:パスワードを要求する (NTLM)- 0: Ask for password (NTLM)
- 1:[スマート カードを使用する]- 1: Use smart card
- 4:ユーザーに後で選択させる- 4: Allow user to select later
00 xx xx xx
gatewayhostname:s:valuegatewayhostname:s:value RD ゲートウェイのホスト名を指定します。Specifies the RD Gateway host name. 有効なゲートウェイ サーバー アドレス。Valid gateway server address. xx xx xx
gatewayprofileusagemethod:i:valuegatewayprofileusagemethod:i:value 既定の RD ゲートウェイ設定を使用するかどうかを指定しますSpecifies whether to use default RD Gateway settings - 0:管理者によって指定された既定のプロファイル モードを使用する- 0: Use the default profile mode, as specified by the administrator
- 1:ユーザーによって指定された明示的設定を使用する- 1: Use explicit settings, as specified by the user
00 xx xx xx
gatewayusagemethod:i:valuegatewayusagemethod:i:value RD ゲートウェイ サーバーをいつ使用するかを指定しますSpecifies when to use the RD Gateway server - 0:RD ゲートウェイ サーバーを使用しない- 0: Don't use an RD Gateway server
- 1:常に RD ゲートウェイ サーバーを使用する- 1: Always use an RD Gateway server
- 2:RD セッション ホストへの直接接続を確立できない場合、RD ゲートウェイ サーバーを使用する- 2: Use an RD Gateway server if a direct connection cannot be made to the RD Session Host
- 3:既定の RD ゲートウェイ サーバー設定を使用する- 3: Use the default RD Gateway server settings
- 4:RD ゲートウェイを使用せず、ローカル アドレスのサーバーをバイパスする- 4: Don't use an RD Gateway, bypass server for local addresses
このプロパティ値を 0 または 4 に設定することは実質的に同等ですが、このプロパティを 4 に設定すると、ローカル アドレスをバイパスするオプションが有効になります。Setting this property value to 0 or 4 are is effectively equivalent, but setting this property to 4 enables the option to bypass local addresses.
xx xx xx
networkautodetect:i:valuenetworkautodetect:i:value ネットワーク帯域幅の自動検出を使用するかどうかを決定します。Determines whether or not to use automatic network bandwidth detection. オプション "bandwidthautodetect" を設定し、"接続の種類 7" に関連付ける必要があります。Requires the option bandwidthautodetect to be set and correlates with connection type 7. - 0:ネットワーク帯域幅の自動検出を使用しない- 0: Don't use automatic network bandwidth detection
- 1:ネットワーク帯域幅の自動検出を使用する- 1: Use automatic network bandwidth detection
11 xx xx
promptcredentialonce:i:valuepromptcredentialonce:i:value ユーザーの資格情報を保存して、RD ゲートウェイとリモート コンピューターの両方に使用するかどうかを決定します。Determines whether a user's credentials are saved and used for both the RD Gateway and the remote computer. - 0:リモート セッションでは同じ資格情報を使用しない- 0: Remote session will not use the same credentials
- 1:リモート セッションでは同じ資格情報を使用する- 1: Remote session will use the same credentials
11 xx xx
redirectclipboard:i:valueredirectclipboard:i:value クリップボードのリダイレクトを有効にするかどうかを決定します。Determines whether clipboard redirection is enabled. - 0:ローカル コンピューターのクリップボードは、リモート セッションで使用できない- 0: Clipboard on local computer isn't available in remote session
- 1:ローカル コンピューターのクリップボードは、リモート セッションで使用できる- 1: Clipboard on local computer is available in remote session
11 xx xx xx
redirected video capture encoding quality:i:valueredirected video capture encoding quality:i:value エンコードされた動画の品質を制御します。Controls the quality of encoded video. - 0:高圧縮動画。- 0: High compression video. 動きが多い場合、品質が低下する可能性がありますQuality may suffer when there is a lot of motion
- 1:中程度の圧縮- 1: Medium compression
- 2:画品が高い低圧縮動画- 2: Low compression video with high picture quality
00 xx xx xx
redirectprinters:i:valueredirectprinters:i:value リモート デスクトップ接続を使ってリモート コンピューターに接続するときに、クライアント コンピューターに構成されているプリンターがリダイレクトされて、リモート セッションで使用可能になるかどうかを決定します。Determines whether printers configured on the client computer will be redirected and available in the remote session when you connect to a remote computer by using Remote Desktop Connection. - 0:ローカル コンピューターのプリンターはリモート セッションで使用できない- 0: The printers on the local computer are not available in the remote session
- 1:ローカル コンピューターのプリンターはリモート セッションで使用できる- 1: The printers on the local computer are available in the remote session
11 xx xx xx
redirectsmartcards:i:valueredirectsmartcards:i:value リモート コンピューターに接続するときに、クライアント コンピューター上のスマート カード デバイスをリダイレクトし、リモート セッションで使用できるようにするかどうかを指定します。Determines whether smart card devices on the client computer will be redirected and available in the remote session when you connect to a remote computer. - 0:ローカル コンピューターのスマート カード デバイスは、リモート セッションで使用できない- 0: The smart card device on the local computer is not available in the remote session
- 1:ローカル コンピューターのスマート カード デバイスは、リモート セッションで使用できる- 1: The smart card device on the local computer is available in the remote session
11 xx xx
remoteapplicationcmdline:s:valueremoteapplicationcmdline:s:value RemoteApp の省略可能なコマンド ライン パラメーター。Optional command-line parameters for the RemoteApp. xx xx xx
remoteapplicationexpandcmdline:i:valueremoteapplicationexpandcmdline:i:value RemoteApp コマンド ライン パラメーターに含まれている環境変数をローカルで展開するか、またはリモートで展開するかを決定します。Determines whether environment variables contained in the RemoteApp command line parameter should be expanded locally or remotely. - 0:環境変数は、ローカル コンピューターの値に展開される- 0: Environment variables should be expanded to the values of the local computer
- 1:環境変数は、リモート コンピューターで、リモート コンピューターの値に展開される- 1: Environment variables should be expanded on the remote computer to the values of the remote computer
xx xx xx
remoteapplicationexpandworkingdirremoteapplicationexpandworkingdir RemoteApp の作業ディレクトリ パラメーターに含まれている環境変数をローカルに展開するか、またはリモートに展開するかを決定します。Determines whether environment variables contained in the RemoteApp working directory parameter should be expanded locally or remotely. - 0:環境変数は、ローカル コンピューターの値に展開される- 0: Environment variables should be expanded to the values of the local computer
- 1:環境変数は、リモート コンピューターで、リモート コンピューターの値に展開される- 1: Environment variables should be expanded on the remote computer to the values of the remote computer.
RemoteApp の作業ディレクトリは、シェルの作業ディレクトリ パラメーターを使用して指定されます。The RemoteApp working directory is specified through the shell working directory parameter.
xx xx xx
remoteapplicationfile:s:valueremoteapplicationfile:s:value RemoteApp によってリモート コンピューターで開かれるファイルを指定します。Specifies a file to be opened on the remote computer by the RemoteApp.
ローカル ファイルを開くには、ソース ドライブのドライブ リダイレクトも有効にする必要があります。For local files to be opened, you must also enable drive redirection for the source drive.
xx xx xx
remoteapplicationicon:s:valueremoteapplicationicon:s:value RemoteApp を起動しているときにクライアント UI に表示されるアイコン ファイルを指定します。Specifies the icon file to be displayed in the client UI while launching a RemoteApp. ファイル名が指定されていない場合、クライアントでは、標準のリモート デスクトップ アイコンが使用されます。If no file name is specified, the client will use the standard Remote Desktop icon. サポートされるのは、".ico" ファイルのみになります。Only ".ico" files are supported. xx xx xx
remoteapplicationmode:i:valueremoteapplicationmode:i:value RemoteApp 接続が RemoteApp セッションとして起動されるかどうかを決定します。Determines whether a RemoteApp connection is launched as a RemoteApp session. - 0:RemoteApp セッションを起動しない- 0: Don't launch a RemoteApp session
- 1:RemoteApp セッションを起動する- 1: Launch a RemoteApp session
11 xx xx xx
remoteapplicationname:s:valueremoteapplicationname:s:value RemoteApp を開始しているときにクライアント インターフェースで RemoteApp の名前を指定します。Specifies the name of the RemoteApp in the client interface while starting the RemoteApp. たとえば、"Excel 2016" など。For example, "Excel 2016." xx xx xx
remoteapplicationprogram:s:valueremoteapplicationprogram:s:value RemoteApp のエイリアスまたは実行可能ファイルの名前を指定します。Specifies the alias or executable name of the RemoteApp. たとえば、"EXCEL" など。For example, "EXCEL." xx xx xx
screen mode id:i:valuescreen mode id:i:value リモート デスクトップ接続を使ってリモート コンピューターに接続するときに、リモート セッション ウィンドウが全画面で表示されるかどうかを決定します。Determines whether the remote session window appears full screen when you connect to the remote computer by using Remote Desktop Connection. - 1:リモート セッションはウィンドウで表示される- 1: The remote session will appear in a window
- 2:リモート セッションは全画面で表示される- 2: The remote session will appear full screen
2 で保護されたプロセスとして起動されました2 xx xx xx
smart sizing:i:valuesmart sizing:i:value クライアント コンピューターが、リモート コンピューター上のコンテンツを拡大縮小してクライアント コンピューターのウィンドウ サイズに適合させることができるかを決定します。Determines whether or not the client computer can scale the content on the remote computer to fit the window size of the client computer. - 0:サイズ変更するときに、クライアント ウィンドウの表示は拡大縮小されない- 0: The client window display won't scale when resized
- 1:サイズ変更するときに、クライアント ウィンドウの表示は拡大縮小される- 1: The client window display will scale when resized
00 xx xx
use multimon:i:valueuse multimon:i:value リモート デスクトップ接続を使ってリモート コンピューターに接続するときに、複数モニターのサポートを構成します。Configures multiple monitor support when you connect to the remote computer by using Remote Desktop Connection. - 0:複数モニターのサポートを有効にしない- 0: Don't enable multiple monitor support
- 1:複数モニターのサポートを有効にする- 1: Enable multiple monitor support
00 xx xx
username:s:valueusername:s:value リモート コンピューターへのログオンに使用されるユーザー アカウントの名前を指定します。Specifies the name of the user account that will be used to log on to the remote computer. 任意の有効なユーザー名。Any valid username. xx xx xx
videoplaybackmode:i:valuevideoplaybackmode:i:value リモート デスクトップ接続で、RDP 有効マルチメディア ストリーミングを動画の再生に使用するかどうかを決定します。Determines if Remote Desktop Connection will use RDP-efficient multimedia streaming for video playback. - 0:RDP 有効マルチメディア ストリーミングを動画再生に使用しない- 0: Don't use RDP efficient multimedia streaming for video playback
- 1:RDP 有効マルチメディア ストリーミングを動画再生に使用する- 1: Use RDP-efficient multimedia streaming for video playback when possible
11 xx xx
workspaceid:s:valueworkspaceid:s:value この設定を含む RDP ファイルに関連付けられた RemoteApp とデスクトップの ID を定義します。Defines the RemoteApp and Desktop ID associated with the RDP file that contains this setting. 有効な RemoteApp とデスクトップ接続 の IDA valid RemoteApp and Desktop Connection ID xx xx