デスクトップ ホスティングの参照アーキテクチャDesktop Hosting Reference Architecture

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2019, Windows Server 2016

この記事では、リモート デスクトップ サービス (RDS) と Microsoft Azure 仮想マシンを使用してマルチテナント型かつホステッド型の Windows デスクトップおよびアプリケーションのサービス ("デスクトップ ホスティング" と呼ぶ) を作成するための一連のアーキテクチャ ブロックを定義します。This article defines a set of architectural blocks for using Remote Desktop Services (RDS) and Microsoft Azure virtual machines to create multitenant, hosted Windows desktop and application services, which we call "desktop hosting." このアーキテクチャの参照を使用して、ユーザー数が 5 人から 5000 人の小規模から中規模の組織を対象とする、高い安全性、拡張性、信頼性を持つデスクトップ ホスティング ソリューションを作成できます。You can use this architecture reference to create highly secure, scalable, and reliable desktop hosting solutions for small- and medium-sized organizations with 5 to 5000 users.

この参照アーキテクチャの第一の対象者は、Microsoft Azure インフラストラクチャ サービスを活用し、マイクロソフトのサービス プロバイダー ライセンス アグリーメント (SPLA) プログラムによって複数のテナントにデスクトップ ホスティング サービスやサブスクライバー アクセス ライセンス (SAL) を提供することを予定しているホスティング プロバイダーです。The primary audience for this reference architecture are hosting providers who want to leverage Microsoft Azure Infrastructure Services to deliver desktop hosting services and Subscriber Access Licenses (SALs) to multiple tenants via the Microsoft Service Provider Licensing Agreement (SPLA) program. この参照アーキテクチャの第二の対象者は、ソフトウェア アシュアランス (SA) による RDS ユーザー CAL の拡張された権利を使用して、自社の従業員を対象に Microsoft Azure インフラストラクチャ サービスでデスクトップ ホスティング ソリューションを作成および管理することを予定しているエンド カスタマーです。A second audience for this reference architecture are end customers who want to create and manage desktop hosting solutions in Microsoft Azure Infrastructure Services for their own employees using RDS User CALs extended rights through Software Assurance (SA).

デスクトップ ホスティング ソリューションを提供する場合、ホスティング パートナーと SA のお客様は Windows Server を活用して、ビジネス ユーザーやコンシューマーになじみの深いアプリケーション エクスペリエンスを Windows ユーザーに提供します。To deliver a desktop hosting solutions, hosting partners and SA customers leverage Windows Server to deliver Windows users an application experience that is familiar to business users and consumers. Windows 10 を基盤として構築された Windows Server 2016 は、使い慣れたアプリケーション サポートとユーザー エクスペリエンスを提供します。Built on the foundations of Windows 10, Windows Server 2016 provides familiar application support and user experience.

このドキュメントの範囲は以下に限定されます。The scope of this document is limited to:

  • デスクトップ ホスティング サービスのアーキテクチャ設計のガイダンス。Architectural design guidance for a desktop hosting service. 展開手順、パフォーマンス、キャパシティ プランニングなどの詳細情報は、別のドキュメントで説明されています。Detailed information, such as deployment procedures, performance, and capacity planning is explained in separate documents. Azure インフラストラクチャ サービスの一般情報については、Microsoft Azure の仮想マシンに関するページをご覧ください。For more general information about Azure Infrastructure Services, see Microsoft Azure Virtual Machines.

  • Windows Server 2016 リモート デスクトップ セッション ホスト (RD セッション ホスト) を使用するセッション ベースのデスクトップ、RemoteApp アプリケーション、およびサーバー ベースの個人用デスクトップ。Session-based desktops, RemoteApp applications, and server-based personal desktops that use Windows Server 2016 Remote Desktop Session Host (RD Session Host). Windows クライアント オペレーティング システム用のサービス プロバイダー ライセンス アグリーメント (SPLA) がないため、Windows クライアント ベースの仮想デスクトップ インフラストラクチャは対象ではありません。Windows client-based virtual desktop infrastructures are not covered because there is no Service Provider License Agreement (SPLA) for Windows client operating systems. Windows Server ベースの仮想デスクトップ インフラストラクチャは、SPLA の下で許可され、Windows クライアント ベースの仮想デスクトップ インフラストラクチャは、特定のシナリオにおいてエンド カスタマー ライセンスを使用する専用ハードウェアで許可されます。Windows Server-based virtual desktop infrastructures are allowed under the SPLA, and Windows client-based virtual desktop infrastructures are allowed on dedicated hardware with end-customer licenses in certain scenarios. ただし、クライアント ベースのデスクトップ インフラストラクチャは、このドキュメントの範囲外になります。However, client-based virtual desktop infrastructures are out-of-scope for this document.

  • Microsoft の製品と機能、主に Windows Server 2016 と Microsoft Azure インフラストラクチャ サービス。Microsoft products and features, primarily Windows Server 2016 and Microsoft Azure Infrastructure Services.

  • ユーザー数が 5 人から 5000 人の規模のテナント向けデスクトップ ホスティング サービス。Desktop hosting services for tenants ranging in size from 5 to 5000 users. 規模の大きいテナントの場合は、適切なパフォーマンスを提供するためにこのアーキテクチャを変更する必要がある可能性があります。For larger tenants, you may need to modify this architecture to provide adequate performance. サーバー マネージャーの RDS グラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) は、ユーザー数が 500 人を超える展開には推奨されません。The Server Manager RDS graphical user interface (GUI) is not recommended for deployments over 500 users. 500 人から 5000 人のユーザーの RDS 展開を管理するには、PowerShell をお勧めします。PowerShell is recommended for managing RDS deployments between 500 and 5000 users.

  • デスクトップ ホスティング サービスに必要なコンポーネントとサービスの最小セット。The minimum set of components and services required for a desktop hosting service. デスクトップ ホスティング サービスを強化するために追加できる多くのオプションのコンポーネントやサービスがありますが、それらはこのドキュメントの範囲外です。There are many optional components and services that can be added to enhance a desktop hosting service, but these are out-of-scope for this document.

このドキュメントを読むことで、閲覧者は次のことを理解できます。After reading this document, the reader should understand:

  • Microsoft Azure サービスに基づく、安全で、信頼できるマルチテナント型のデスクトップ ホスティング ソリューションを提供するために必要な構成要素。The building blocks that are necessary to provide a secure, reliable, multitenant desktop hosting solution based in Microsoft Azure Services.
  • 各構成要素の目的とそれらがどのように組み合わされるか。The purpose of each building block and how they fit together.

このアーキテクチャに基づいてデスクトップ ホスティング ソリューションを構築するには、複数の方法があります。There are multiple ways to build a desktop hosting solution based on this architecture. このアーキテクチャは、Windows Server 2016 での Azure の統合と機能強化の概要を示します。This architecture outlines integration and improvements in Azure with Windows Server 2016. 他の展開オプションは、Windows Server 2012 R2 用の「デスクトップ ホスティング参照ガイド」を参照してください。Other deployment options are available with the Desktop Hosting Reference Architecture Guide for Windows Server 2012 R2.

次のトピックについて説明します。The following topics are covered: