クライアント アクセス ライセンス (CAL) を使用して RDS 展開をライセンスするLicense your RDS deployment with client access licenses (CALs)

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2019, Windows Server 2016

リモート デスクトップ セッション ホストに接続する各ユーザーとデバイスに、クライアント アクセス ライセンス (CAL) が必要です。Each user and device that connects to a Remote Desktop Session host needs a client access license (CAL). RD ライセンスを使用して、RDS CAL のインストール、発行、および追跡を行います。You use RD Licensing to install, issue, and track RDS CALs.

ユーザーまたはデバイスが RD セッション ホスト サーバーに接続するとき、RD セッション ホスト サーバーによって RDS CAL が必要かどうかが決定されます。When a user or a device connects to an RD Session Host server, the RD Session Host server determines if an RDS CAL is needed. その後、RD セッション ホスト サーバーによって、リモート デスクトップ ライセンス サーバーに RDS CAL が要求されます。The RD Session Host server then requests an RDS CAL from the Remote Desktop license server. 適切な RDS CAL をライセンス サーバーから入手できた場合はクライアントに対して RDS CAL が発行され、クライアントは RD セッション ホスト サーバーに接続し、そのサーバーから使用しようとしているデスクトップまたはアプリに接続できます。If an appropriate RDS CAL is available from a license server, the RDS CAL is issued to the client, and the client is able to connect to the RD Session Host server and from there to the desktop or apps they're trying to use.

ライセンス サーバーが不要な 120 日のライセンス猶予期間があります。There is a licensing grace period of 120 Days during which no license server is required. 猶予期間の終了後、クライアントが RD セッション ホスト サーバーにログオンするには、ライセンス サーバーによって発行された有効な RDS CAL を持っている必要があります。Once the grace period ends, clients must have a valid RDS CAL issued by a license server before they can log on to an RD Session Host server.

リモート デスクトップ サービスでのクライアント アクセス ライセンスの動作とライセンスのデプロイと管理については、次の情報を参照してください。Use the following information to learn about how client access licensing works in Remote Desktop Services and to deploy and manage your licenses:

RDS CAL モデルについてUnderstanding the RDS CAL model

RDS CAL には次の 2 つの種類があります。There are two types of RDS CALs:

  • RDS のデバイスごとの CALRDS Per Device CALs
  • RDS のユーザーごとの CALRDS Per User CALs

次の表に、2 種類の CAL の違いの概要を示します。The following table outlines the differences between the two types of CALs:

接続デバイス数Per Device 接続ユーザー数Per User
RDS CAL は各デバイスに物理的に割り当てられます。RDS CALs are physically assigned to each device. RDS CAL は Active Directory 内のユーザーに割り当てられます。RDS CALs are assigned to a user in Active Directory.
RDS CAL はライセンス サーバーによって追跡されます。RDS CALs are tracked by the license server. RDS CAL はライセンス サーバーによって追跡されます。RDS CALs are tracked by the license server.
RDS CAL は Active Directory のメンバーシップに関係なく追跡できます。RDS CALs can be tracked regardless of Active Directory membership. ワークグループ内で RDS CAL を追跡することはできません。RDS CALs cannot be tracked within a workgroup.
最大 20% の RDS CAL を取り消すことができます。You can revoke up to 20% of RDS CALs. RDS CAL を取り消すことはできません。You cannot revoke any RDS CALs.
一時的な RDS CAL は 52 日から 89 日間有効です。Temporary RDS CALs are valid for 52–89 days. 一時的な RDS CAL は利用できません。Temporary RDS CALs are not available.
RDS CAL を過剰割り当てすることはできません。RDS CALs cannot be overallocated. RDS CAL を過剰割り当てすることができます (ただし、リモート デスクトップ ライセンス契約違反です)。RDS CALs can be overallocated (in breach of the Remote Desktop licensing agreement).

デバイスごとのモデルを使用すると、デバイスが RD セッション ホストに初めて接続するときに一時ライセンスが発行されます。When you use the Per Device model, a temporary license is issued the first time a device connects to the RD Session Host. デバイスの 2 回目の接続では、ライセンス サーバーがアクティブであり、利用できる RDS CAL が存在する限り、ライセンス サーバーによって、永続的な RDS のデバイスごとの CAL が発行されます。The second time that device connects, as long as the license server is activated and there are available RDS CALs, the license server issues a permanent RDS Per Device CAL.

ユーザーごとのモデルを使用する場合、ライセンスは強制されず、任意の数のデバイスから RD セッション ホストに接続するためのライセンスが各ユーザーに付与されます。When you use the Per User model, licensing is not enforced and each user is granted a license to connect to an RD Session Host from any number of devices. ライセンス サーバーでは、利用可能な RDS CAL プールまたは使い古された RDS CAL プールからライセンスが発行されます。The license server issues licenses from the available RDS CAL pool or the Over-Used RDS CAL pool. すべてのユーザーに有効なライセンスが割り当てられること、および使い古された CAL をゼロにすることはお客様の責任です。さもないと、リモート デスクトップ サービスのライセンス条項に違反することになります。It's your responsibility to ensure that all of your users have a valid license and zero Over-Used CALs—otherwise, you're in violation of the Remote Desktop Services license terms.

一例として、複数のシフトが同じコンピューターを使用して RD セッション ホストにアクセスする環境では、デバイスごとのモデルを使用します。An example of where one would use the Per Device model would be in an environment where there are two or more shifts using the same computers to access the RD Session Host(s). ユーザーが RD セッション ホストにアクセスするために専用の Windows デバイスを所有している環境では、ユーザーごとのモデルが最適です。The Per User model would be best for environments where users have their own dedicated Windows device to access the RD Session Host(s).

リモート デスクトップ サービスのライセンス条項を順守するには、組織内で使用される RDS CAL の数 (接続ユーザー数) を追跡し、すべてのユーザーに割り当てられるだけの RDS CAL がライセンス サーバーにインストールされていることを確認します。To ensure you are in compliance with the Remote Desktop Services license terms, track the number of RDS Per User CALs used in your organization and be sure to have enough RDS Per User CALs installed on the license server for all of your users.

リモート デスクトップ ライセンス マネージャーを使用して、RDS のユーザーごとの CAL を追跡し、それらに関するレポートを生成できます。You can use the Remote Desktop Licensing Manager to track and generate reports on RDS Per User CALs.

RDS CAL バージョンの互換性RDS CAL version compatibility

ユーザーまたはデバイスによって使用される RDS CAL は、ユーザーまたはデバイスの接続先の Windows Server のバージョンと互換性がある必要があります。The RDS CAL for your users or devices must be compatible with the version of Windows Server that the user or device is connecting to. 以前のバージョンの RDS CAL を使用して、Windows Server の新しいバージョンにアクセスすることはできませんが、新しいバージョンの RDS CAL を使用して以前のバージョンの Windows Server にアクセスすることはできます。You can't use RDS CALs for earlier versions to access later versions of Windows Server, but you can use later versions of RDS CALs to access earlier versions of Windows Server. たとえば、Windows Server 2016 の RD セッション ホストに接続するには RDS 2016 CAL 以上が必要ですが、Windows Server 2012 R2 の RD セッション ホストに接続するには RDS 2012 CAL 以上が必要です。For example, an RDS 2016 CAL or higher is required to connect to a Windows Server 2016 RD Session Host, while an RDS 2012 CAL or higher is required to connect to a Windows Server 2012 R2 RD Session Host.

次の表に、互換性のある RDS CAL と RD セッション ホストのバージョンを示します。The following table shows which RDS CAL and RD Session Host versions are compatible with each other.

RDS 2008 R2 以前の CALRDS 2008 R2 and earlier CAL RDS 2012 CALRDS 2012 CAL RDS 2016 CALRDS 2016 CAL RDS 2019 CALRDS 2019 CAL
2008、2008 R2 セッション ホスト2008, 2008 R2 session host はいYes YesYes YesYes はいYes
2012 セッション ホスト2012 session host いいえNo はいYes YesYes はいYes
2012 R2 セッション ホスト2012 R2 session host いいえNo はいYes YesYes はいYes
2016 セッション ホスト2016 session host いいえNo いいえNo はいYes はいYes
2019 セッション ホスト2019 session host いいえNo いいえNo いいえNo はいYes

RDS CAL は、互換性のある RD ライセンス サーバーにインストールする必要があります。You must install your RDS CAL on a compatible RD license server. すべての RDS ライセンス サーバーでは、リモート デスクトップ サービスのすべての旧バージョンと現在のバージョンのライセンスをホストできます。Any RDS license server can host licenses from all previous versions of Remote Desktop Services and the current version of Remote Desktop Services. たとえば、Windows Server 2016 RDS ライセンス サーバーでは、RDS のすべての旧バージョンのライセンスをホストでき、Windows Server 2012 R2 RDS ライセンス サーバーでは Windows Server 2012 R2 までのライセンスのみをホストできます。For example, a Windows Server 2016 RDS license server can host licenses from all previous versions of RDS, while a Windows Server 2012 R2 RDS license server can only host licenses up to Windows Server 2012 R2.

次の表に、互換性のある RDS CAL と ライセンス サーバーのバージョンを示します。The following table shows which RDS CAL and license server versions are compatible with each other.

RDS 2008 R2 以前の CALRDS 2008 R2 and earlier CAL RDS 2012 CALRDS 2012 CAL RDS 2016 CALRDS 2016 CAL RDS 2019 CALRDS 2019 CAL
2008、2008 R2 ライセンス サーバー2008, 2008 R2 license server はいYes いいえNo いいえNo いいえNo
2012 ライセンス サーバー2012 license server はいYes はいYes いいえNo いいえNo
2012 R2 ライセンス サーバー2012 R2 license server はいYes はいYes いいえNo いいえNo
2016 ライセンス サーバー2016 license server はいYes YesYes はいYes いいえNo
2019 ライセンス サーバー2019 license server はいYes YesYes YesYes はいYes