Azure Site Recovery を使用して RDS のディザスター リカバリーを有効にするEnable disaster recovery of RDS using Azure Site Recovery

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2019, Windows Server 2016

ディザスター リカバリーに向けて RDS の展開が適切に構成されているようにするには、RDS の展開を構成しているすべてのコンポーネントを保護する必要があります。To ensure that your RDS deployment is adequately configured for disaster recovery, you need to protect all of the components that make up your RDS deployment:

  • Active DirectoryActive Directory
  • SQL Server 階層SQL Server tier
  • RDS コンポーネントRDS components
  • ネットワーク コンポーネントNetwork components

Active Directory と DNS レプリケーションを構成するConfigure Active Directory and DNS replication

RDS の展開が機能するためには、ディザスター リカバリー サイト上に Active Directory が必要です。You need Active Directory on the disaster recovery site for your RDS deployment to work. RDS の展開がどれほど複雑であるかに基づいて、2 つの選択肢があります。You have two choices based on how complex your RDS deployment is:

  • オプション 1 - オンプレミス サイト全体で、利用しているアプリケーションの数が少なく、ドメイン コント ローラーが 1 つであり、サイト全体を一緒にフェールオーバーする場合は、ASR レプリケーションを使用してドメイン コントローラーをセカンダリ サイトにレプリケートします (サイト間のシナリオとサイトから Azure へのシナリオの両方に該当)。Option 1 - If you have a small number of applications and a single domain controller for your entire on-premises site, and you will be failing over the entire site together, use ASR-Replication to replicate the domain controller to the secondary site (true for both site-to-site and site-to-Azure scenarios).
  • オプション 2 - 多数のアプリケーションを利用していて、Active Directory フォレストを実行しており、同時にフェールオーバーするアプリケーションは少数である場合は、ディザスター リカバリー サイト (セカンダリ サイトまたは Azure 内のいずれか) に追加のドメイン コントローラーをセットアップします。Option 2 - If you have a large number of applications and you're running an Active Directory forest, and you'll failover a few applications at a time, set up an additional domain controller on the disaster recovery site (either a secondary site or in Azure).

ディザスター リカバリー サイトでドメイン コントローラーを使用できるようにすることの詳細については、Active Directory と DNS を Azure Site Recovery で保護することに関するページを参照してください。See Protect Active Directory and DNS with Azure Site Recovery for details on making a domain controller available on the disaster recovery site. このガイドの残りの部分は、ユーザーがそれらの手順に従っており、使用可能なドメイン コントローラーがあることを前提としています。For the rest of this guidance, we assume that you've followed those steps and have the domain controller available.

SQL Server レプリケーションをセットアップするSet up SQL Server replication

SQL Server レプリケーションをセットアップする手順については、SQL Server ディザスター リカバリーおよび Azure Site Recovery を使用して SQL Server を保護することに関するページを参照してください。See Protect SQL Server using SQL Server disaster recovery and Azure Site Recovery for the steps to set up SQL Server replication.

RDS アプリケーション コンポーネントの保護を有効にするEnable protection for the RDS application components

RDS 展開の種類に応じて、Azure Site Recovery で、異なるコンポーネントの VM の保護を (下の表に一覧を示すように) 有効にできます。Depending on your RDS deployment type you can enable protection for different component VMs (as listed in the table below) in Azure Site Recovery. VM が Hyper-V または VMWare のどちらにデプロイされているかに基づいて、Azure Site Recovery の関連要素を構成します。Configure the relevant Azure Site Recovery elements based on whether your VMs are deployed on Hyper-V or VMWare.

展開の種類Deployment type 保護の手順Protection steps
個人用仮想デスクトップ (管理対象外)Personal virtual desktop (unmanaged) 1.RDVH の役割がインストールされて、すべての仮想化ホストの準備が整っていることを確認します。1. Make sure all virtualization hosts are ready with the RDVH role installed.
2.接続ブローカー。2. Connection Broker.
3.個人用デスクトップ。3. Personal desktops.
4.ゴールド テンプレート VM。4. Gold template VM.
5.Web アクセス、ライセンス サーバー、およびゲートウェイ サーバー5. Web Access, License server, and Gateway server
プールされた仮想デスクトップ (UPD なしで管理)Pooled virtual desktop (managed with no UPD) 1.RDVH の役割がインストールされて、すべての仮想化ホストの準備が整っている。1. All virtualization hosts are ready with the RDVH role installed.
2.接続ブローカー。2. Connection Broker.
3.ゴールド テンプレート VM。3. Gold template VM.
4.Web アクセス、ライセンス サーバー、およびゲートウェイ サーバー。4. Web Access, License server, and Gateway server.
RemoteApp とデスクトップ セッション (UPD なし)RemoteApps and Desktop Sessions (no UPD) 1.セッション ホスト。1. Session Hosts.
2.接続ブローカー。2. Connection Broker.
3.Web アクセス、ライセンス サーバー、およびゲートウェイ サーバー。3. Web Access, License server, and Gateway server.