リモート デスクトップ セッション ホストの Windows Server 2016 へのアップグレード

適用先:Windows Server 2016

重要

アップグレードのために発生する可能性のあるアプリの互換性の問題を回避するため、すべてのアプリケーションをアップグレード前にアンインストールし、アップグレード後に再インストールする必要があります。

RDS のロールがインストールされたサポート対象の OS のアップグレード

Windows Server 2016 へのアップグレードがサポートされるのは、Windows Server 2012 R2 からのみです。

RDS セッション ベースのコレクションのアップグレード

ダウンタイムを最小限に抑えるために、RDS セッション ベース コレクションをアップグレードするときに次の手順に従うことをお勧めします。

  1. アップグレードするサーバー、つまりコレクション内の半分のサーバーを識別します。
  2. [新しい接続の許可] を false に設定して、これらのサーバーへの新しい接続を防止します。
  3. これらのサーバー上のすべてのセッションをログオフします。
  4. これらのサーバーをコレクションから削除します。
  5. サーバーを Windows Server 2016 にアップグレードします。
  6. コレクション内の残りのサーバーで [新しい接続の許可] を "false" に設定します。
  7. アップグレードしたサーバーを対応するコレクションに追加します。
  8. アップグレードするサーバーの残りのセットをコレクションから削除します。
  9. コレクション内のアップグレードしたサーバーで [新しい接続の許可] を "true" に設定します。
  10. 次に上記の手順 3 から 9 に従って、展開内の残りのサーバーをアップグレードします。

スタンドアロンの RD セッション ホスト サーバーのアップグレード

スタンドアロンの RD セッション ホスト サーバーはいつでもアップグレードできます。