高度なデータ重複除去の設定Advanced Data Deduplication settings

適用対象: Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016Applies to Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016

このドキュメントでは、高度なデータ重複除去の設定を変更する方法について説明します。This document describes how to modify advanced Data Deduplication settings. 推奨されるワークロードについては、既定の設定で十分です。For recommended workloads, the default settings should be sufficient. これらの設定を変更する主な理由は、その他の種類のワークロードでのデータ重複除去のパフォーマンス向上です。The main reason to modify these settings is to improve Data Deduplication's performance with other kinds of workloads.

データ重複除去ジョブ スケジュールの変更Modifying Data Deduplication job schedules

既定のデータ重複除去ジョブ スケジュールは、(バックアップ 使用法の種類に対して有効な 優先順位最適化 ジョブを除いて) 推奨されるワークロードで適切に動作し、可能な限り悪影響を及ぼさないように設計されています。The default Data Deduplication job schedules are designed to work well for recommended workloads and be as non-intrusive as possible (excluding the Priority Optimization job that is enabled for the Backup usage type). ワークロードには、サイズの大きいリソース要件がある場合、ジョブがアイドル状態の時間内にのみ実行されるようにしたり、データ重複除去ジョブが使用できるシステム リソースの量を増減したりできます。When workloads have large resource requirements, it is possible to ensure that jobs run only during idle hours, or to reduce or increase the amount of system resources that a Data Deduplication job is allowed to consume.

データ重複除去のスケジュールの変更Changing a Data Deduplication schedule

データ重複除去ジョブは、Windows タスク スケジューラを使用してスケジュールされ、パス Microsoft\Windows\Deduplication で表示および編集できます。Data Deduplication jobs are scheduled via Windows Task Scheduler and can be viewed and edited there under the path Microsoft\Windows\Deduplication. データ重複除去には、スケジュールを簡単にするいくつかのコマンドレットが含まれます。Data Deduplication includes several cmdlets that make scheduling easy.

データ重複除去ジョブを実行する時間を変更する最も一般的な理由は、ジョブが業務時間外に実行されるようにするためです。The most common reason for changing when Data Deduplication jobs run is to ensure that jobs run during off hours. 次の手順の例は、週末と平日の午後 7:00 にアイドル状態となるハイパーコンバージド Hyper-V ホストの、晴れた日 のシナリオでデータ重複除去スケジュールを変更する方法を示しています。The following step-by-step example shows how to modify the Data Deduplication schedule for a sunny day scenario: a hyper-converged Hyper-V host that is idle on weekends and after 7:00 PM on weeknights. スケジュールを変更するには、管理者コンテキストで次の PowerShell コマンドレットを実行します。To change the schedule, run the following PowerShell cmdlets in an Administrator context.

  1. スケジュールされた時間単位の最適化ジョブを無効にします。Disable the scheduled hourly Optimization jobs.

    Set-DedupSchedule -Name BackgroundOptimization -Enabled $false
    Set-DedupSchedule -Name PriorityOptimization -Enabled $false
    
  2. 現在スケジュールされているガベージ コレクションジョブおよび整合性スクラブジョブを削除します。Remove the currently scheduled Garbage Collection and Integrity Scrubbing jobs.

    Get-DedupSchedule -Type GarbageCollection | ForEach-Object { Remove-DedupSchedule -InputObject $_ }
    Get-DedupSchedule -Type Scrubbing | ForEach-Object { Remove-DedupSchedule -InputObject $_ }
    
  3. 高優先順位で、システム上のすべての CPU と使用可能なメモリを使用して午後 7時 00分に実行される、夜間の最適化ジョブを作成します。Create a nightly Optimization job that runs at 7:00 PM with high priority and all the CPUs and memory available on the system.

    New-DedupSchedule -Name "NightlyOptimization" -Type Optimization -DurationHours 11 -Memory 100 -Cores 100 -Priority High -Days @(1,2,3,4,5) -Start (Get-Date "2016-08-08 19:00:00")
    

    注意

    -Start に提供される System.Datetime日付 部分は (過去日付である限り) 使用されませんが、時間 部分はジョブを開始する時間を指定します。The date part of the System.Datetime provided to -Start is irrelevant (as long as it's in the past), but the time part specifies when the job should start.

  4. 高優先順位で、システム上のすべての CPU と使用可能なメモリを使用して土曜日の午前 7時 00分に実行される、週単位のガベージ コレクション ジョブを作成します。Create a weekly Garbage Collection job that runs on Saturday starting at 7:00 AM with high priority and all the CPUs and memory available on the system.

    New-DedupSchedule -Name "WeeklyGarbageCollection" -Type GarbageCollection -DurationHours 23 -Memory 100 -Cores 100 -Priority High -Days @(6) -Start (Get-Date "2016-08-13 07:00:00")
    
  5. 高優先順位で、システム上のすべての CPU と使用可能なメモリを使用して日曜日の午前 7時 00分に実行される、週単位の整合性スクラブ ジョブを作成します。Create a weekly Integrity Scrubbing job that runs on Sunday starting at 7 AM with high priority and all the CPUs and memory available on the system.

    New-DedupSchedule -Name "WeeklyIntegrityScrubbing" -Type Scrubbing -DurationHours 23 -Memory 100 -Cores 100 -Priority High -Days @(0) -Start (Get-Date "2016-08-14 07:00:00")
    

使用可能なジョブ全体の設定Available job-wide settings

新規またはスケジュールされたデータ重複除去ジョブの、次の設定を切り替えることができます。You can toggle the following settings for new or scheduled Data Deduplication jobs:

パラメーター名Parameter name 定義Definition 指定可能な値Accepted values この値を設定する理由Why would you want to set this value?
TypeType スケジュールする必要があるジョブの種類The type of the job that should be scheduled
  • OptimizationOptimization
  • ガベージ コレクションGarbageCollection
  • スクラブScrubbing
この値は、スケジュールされている必要があるジョブの種類であるため、必要です。This value is required because it is the type of job that you want to have be scheduled. タスクをスケジュールした後は、この値を変更できません。This value cannot be changed after the task has been scheduled.
優先度Priority スケジュールされたジョブのシステム優先順位The system priority of the scheduled job
  • High
  • MediumMedium
  • Low
この値は、CPU 時間が割り当てられる方法を決定するのに役立ちます。This value helps the system determine how to allocate CPU time. [高] は多くの CPU 時間を使用し、[低] は使用する CPU 時間がそれより少なくなります。High will use more CPU time, low will use less.
日間Days ジョブがスケジュールされる曜日The days that the job is scheduled 週の曜日を表す 0 ~ 6 の整数の配列。An array of integers 0-6 representing the days of the week:
  • 0 = 日曜日0 = Sunday
  • 1 = 月曜日1 = Monday
  • 2 = 火曜日2 = Tuesday
  • 3 = 水曜日3 = Wednesday
  • 4 = 木曜日4 = Thursday
  • 5 = 金曜日5 = Friday
  • 6 = 土曜日6 = Saturday
スケジュールされたタスクは、少なくともいずれかの曜日に実行する必要があります。Scheduled tasks have to run on at least one day.
コアCores ジョブが使用するシステム上のコアの割合The percentage of cores on the system that a job should use (パーセントを示す) 整数 0 ~ 100Integers 0-100 (indicates a percentage) ジョブがシステム上のコンピューティング リソースに与える影響のレベルを制御するためTo control what level of impact a job will have on the compute resources on the system
DurationHoursDurationHours ジョブの実行が許容される最大時間数。The maximum number of hours a job should be allowed to run 正の整数Positive integers ジョブがワークロードに実行されないようにするには's 非アイドル時間To prevent a job for running into a workload's non-idle hours
EnabledEnabled ジョブが実行されるかどうかWhether the job will run true または falseTrue/false ジョブを削除せずに無効にするためTo disable a job without removing it
完全Full フル ガベージ コレクション ジョブのスケジュールFor scheduling a full Garbage Collection job スイッチ (true または false)Switch (true/false) 既定では、4 番目のジョブはすべてガベージ コレクション ジョブです。By default, every fourth job is a full Garbage Collection job. このスイッチを使用して、より頻繁に実行されるフル ガベージ コレクションをスケジュールできます。With this switch, you can schedule full Garbage Collection to run more frequently.
InputOutputThrottleInputOutputThrottle ジョブに適用される入力/出力の調整の量の指定Specifies the amount of input/output throttling applied to the job (パーセントを示す) 整数 0 ~ 100Integers 0-100 (indicates a percentage) スロットルにより、ジョブが他の i/o 集中型のプロセスと干渉'ことがなくなります。Throttling ensures that jobs don't interfere with other I/O-intensive processes.
メモリMemory ジョブが使用するシステム上のメモリの割合The percentage of memory on the system that a job should use (パーセントを示す) 整数 0 ~ 100Integers 0-100 (indicates a percentage) ジョブがシステム上のコンピューティング リソースに与える影響のレベルを制御するためTo control what level of impact the job will have on the memory resources of the system
名前Name スケジュールされたジョブの名前The name of the scheduled job StringString ジョブには一意に識別できる名前が必要であるため。A job must have a uniquely identifiable name.
ReadOnlyReadOnly スクラブ ジョブが検出された破損を処理およびレポートしますが、修復アクションは実行しないことを示します。Indicates that the scrubbing job processes and reports on corruptions that it finds, but does not run any repair actions スイッチ (true または false)Switch (true/false) ディスクの不適切なセクションに配置されているファイルを手動で復元する必要があります。You want to manually restore files that sit on bad sections of the disk.
開始Start ジョブを開始する時刻の指定Specifies the time a job should start System.DateTime System.Datetime開始するために提供されるの日付部分は (過去の') ではなく、ジョブの開始時刻を指定します。The date part of the System.Datetime provided to Start is irrelevant (as long as it's in the past), but the time part specifies when the job should start.
StopWhenSystemBusyStopWhenSystemBusy システムがビジー状態の場合にデータ重複除去が実行を停止するかどうかの指定Specifies whether Data Deduplication should stop if the system is busy スイッチ (true または false)Switch (True/False) このスイッチを使用して、データ重複除去の動作を制御することができます。これは、ワークロードがアイドル状態でない場合にデータ重複除去を実行する場合に特に重要です。This switch gives you the ability to control the behavior of Data Deduplication--this is especially important if you want to run Data Deduplication while your workload is not idle.

データ重複除去ボリューム全体の設定の変更Modifying Data Deduplication volume-wide settings

ボリュームの設定の切り替えToggling volume settings

ボリュームに対して重複除去を有効にするときに選択する使用法の種類から、ボリューム全体についてのデータ重複除去の既定の設定を行うことができます。You can set the volume-wide default settings for Data Deduplication via the usage type that you select when you enable a deduplication for a volume. データ重複除去には、ボリューム全体の設定を簡単に編集できるようにするコマンドレットが含まれています。Data Deduplication includes cmdlets that make editing volume-wide settings easy:

選択した使用法の種類からボリュームの設定を変更する主な理由は、特定のファイル (既に圧縮されているマルチメディアまたはほかのファイルの種類など) の読み込みのパフォーマンス向上、またはデータ重複除去の微調整による特定のワークロードの最適化です。The main reasons to modify the volume settings from the selected usage type are to improve read performance for specific files (such as multimedia or other file types that are already compressed) or to fine-tune Data Deduplication for better optimization for your specific workload. 次の例は、汎用ファイル サーバーのワークロードに最も類似している一方で、頻繁に変更される大きなファイルを使用するワークロードのデータ重複除去設定を変更する方法を示します。The following example shows how to modify the Data Deduplication volume settings for a workload that most closely resembles a general purpose file server workload, but uses large files that change frequently.

  1. クラスター共有ボリューム 1 の現在のボリュームの設定を確認します。See the current volume settings for Cluster Shared Volume 1.

    Get-DedupVolume -Volume C:\ClusterStorage\Volume1 | Select *
    
  2. クラスター共有ボリューム 1 の OptimizePartialFiles を有効にして、MinimumFileAge ポリシーが、ファイル全体ではなくファイルのセクションに適用されるようにします。Enable OptimizePartialFiles on Cluster Shared Volume 1 so that the MinimumFileAge policy applies to sections of the file rather than the whole file. これにより、ファイルのセクションが定期的に変更されても、ファイルの大部分が最適化されます。This ensures that the majority of the file gets optimized even though sections of the file change regularly.

    Set-DedupVolume -Volume C:\ClusterStorage\Volume1 -OptimizePartialFiles
    

利用可能なボリューム全体の設定Available volume-wide settings

設定名Setting name 定義Definition 指定可能な値Accepted values この値を変更する理由Why would you want to modify this value?
ChunkRedundancyThresholdChunkRedundancyThreshold チャンクがチャンク ストアのホット スポット セクションに複製される前に参照される回数。The number of times that a chunk is referenced before a chunk is duplicated into the hotspot section of the Chunk Store. ホットチャンクセクションの値は、 " " アクセス時間を向上させるために、頻繁に参照されるホットチャンクが複数のアクセスパスを持つということです。The value of the hotspot section is that so-called "hot" chunks that are referenced frequently have multiple access paths to improve access time. 正の整数Positive integers この数を変更する主な理由は、重複率の高いボリュームの削減率を上げることです。The main reason to modify this number is to increase the savings rate for volumes with high duplication. 一般に、既定値 (100) は推奨される設定であり、't を変更する必要はありません。In general, the default value (100) is the recommended setting, and you shouldn't need to modify this.
ExcludeFileTypeExcludeFileType 最適化から除外されるファイルの種類File types that are excluded from optimization ファイル拡張子の配列Array of file extensions 一部のファイルの種類、特にマルチ メディアまたは既に圧縮されているファイルには、最適化はあまり有効ではありません。Some file types, particularly multimedia or files that are already compressed, do not benefit very much from being optimized. この設定では、どの種類を除外するかを構成できます。This setting allows you to configure which types are excluded.
ExcludeFolderExcludeFolder 最適化の対象としないフォルダーのパスの指定Specifies folder paths that should not be considered for optimization フォルダーのパスの配列Array of folder paths パフォーマンスを向上させたり、特定のパスが最適化されないようにしたりする場合は、ボリューム上の特定のパスを最適化の対象から除外できます。If you want to improve performance or keep content in particular paths from being optimized, you can exclude certain paths on the volume from consideration for optimization.
InputOutputScaleInputOutputScale 後処理ジョブ中にボリュームに使用するデータの重複除去の IO の並列化 (IO キュー) のレベルの指定Specifies the level of IO parallelization (IO queues) for Data Deduplication to use on a volume during a post-processing job 1~36 の正の整数Positive integers ranging 1-36 この値を変更する主な理由は、データ重複除去がボリュームに使用できる IO キューの数を制限して、高い IO ワークロードのパフォーマンスへの影響を軽減することです。The main reason to modify this value is to decrease the impact on the performance of a high IO workload by restricting the number of IO queues that Data Deduplication is allowed to use on a volume. この設定を既定値から変更すると、処理後のジョブ'実行速度が低下する可能性があります。Note that modifying this setting from the default may cause Data Deduplication's post-processing jobs to run slowly.
MinimumFileAgeDaysMinimumFileAgeDays ファイルが最適化のポリシー内であるとみなされる前にファイルが作成されてから経過した日数Number of days after the file is created before the file is considered to be in-policy for optimization. 正の整数 (0 を含む)Positive integers (inclusive of zero) DefaultHyperV 使用法の種類はこの値を 3 に設定して、ホットまたは最近作成されたファイルのパフォーマンスを最大化します。The Default and HyperV usage types set this value to 3 to maximize performance on hot or recently created files. データ重複除去がより積極的に行われるようにする場合、または重複除去に関連してさらに待機時間が増えるのを避ける場合は、この値を変更しても構いません。You may want to modify this if you want Data Deduplication to be more aggressive or if you do not care about the extra latency associated with deduplication.
MinimumFileSizeMinimumFileSize ファイルが最適化のポリシー内であるとみなされる必要がある最小ファイル サイズMinimum file size that a file must have to be considered in-policy for optimization 32 KB より大きい正の整数 (バイト) Positive integers (bytes) greater than 32 KB この値を変更する主な理由は、最適化の値が限られている可能性のある小さなファイルを除外することによって、コンピューティング時間を節約することです。The main reason to change this value is to exclude small files that may have limited optimization value to conserve compute time.
NoCompressNoCompress チャンクがチャンク ストアに移される前に、チャンクを圧縮するかどうかWhether the chunks should be compressed before being put into the Chunk Store True または FalseTrue/False ある種のファイル、特にマルチ メディア ファイルと既に圧縮済みのファイルの種類は、適切に圧縮されない可能性があります。Some types of files, particularly multimedia files and already compressed file types, may not compress well. この設定では、ボリューム上のすべてのファイルの圧縮をオフにすることができます。This setting allows you to turn off compression for all files on the volume. 既に圧縮されているファイルが多数含まれるデータセットを最適化しているのが理想です。This would be ideal if you are optimizing a dataset that has a lot of files that are already compressed.
NoCompressionFileTypeNoCompressionFileType チャンクがチャンク ストアに移される前に、チャンクを圧縮しないファイルの種類File types whose chunks should not be compressed before going into the Chunk Store ファイル拡張子の配列Array of file extensions ある種のファイル、特にマルチ メディア ファイルと既に圧縮済みのファイルの種類は、適切に圧縮されない可能性があります。Some types of files, particularly multimedia files and already compressed file types, may not compress well. この設定では、そのようなファイルの圧縮をオフにして、CPU リソースを節約できます。This setting allows compression to be turned off for those files, saving CPU resources.
OptimizeInUseFilesOptimizeInUseFiles 有効な場合は、最適化のためのポリシーとしてこれらに対してアクティブなハンドルを持つファイルと見なされます。When enabled, files that have active handles against them will be considered as in-policy for optimization. true または falseTrue/false ワークロードによってファイルが長期間開かれたままとなっている場合、この設定を有効にします。Enable this setting if your workload keeps files open for extended periods of time. この設定が有効になっていない場合、ファイルが開いているハンドルがある場合でも、によってデータが末尾に追加されるだけ'であっても、ファイルは最適化されません。If this setting is not enabled, a file would never get optimized if the workload has an open handle to it, even if it's only occasionally appending data at the end.
OptimizePartialFilesOptimizePartialFiles 有効にすると、ファイル全体ではなく、ファイルのセグメントに MinimumFileAge 値が適用されます。When enabled, the MinimumFileAge value applies to segments of a file rather than to the whole file. true または falseTrue/false ワークロードが大容量で頻繁に編集される、内容はほとんどがそのままのファイルを処理する場合は、この設定を有効にします。Enable this setting if your workload works with large, often edited files where most of the file content is untouched. この設定が有効でない場合、これらのファイルは常に変更され続けるため、ファイルの内容は最適化される準備ができているにもかかわらず、ファイルが最適化されません。If this setting is not enabled, these files would never get optimized because they keep getting changed, even though most of the file content is ready to be optimized.
Verify (英語の可能性あり)Verify 有効にすると、チャンク ストア内に既にあるチャンクがチャンクのハッシュに一致する場合、これらのチャンクが等しいことが、バイトで確認されます。When enabled, if the hash of a chunk matches a chunk we already have in our Chunk Store, the chunks are compared byte-by-byte to ensure they are identical. true または falseTrue/false これは、実際には同一ではないもののハッシュ値が同じである 2 つのデータのチャンクを比較することによって、チャンクを比較するハッシュ アルゴリズムが誤りを起こさないようにする整合性機能です。This is an integrity feature that ensures that the hashing algorithm that compares chunks does not make a mistake by comparing two chunks of data that are actually different but have the same hash. 実際には、このようなことが起きる可能性は極めて低くなります。In practice, it is extremely improbable that this would ever happen. 検証機能を有効にすると、最適化ジョブに大きなオーバーヘッドが追加されます。Enabling the verification feature adds significant overhead to the optimization job.

データ重複除去システム全体の設定の変更Modifying Data Deduplication system-wide settings

データ重複除去には、レジストリから構成できる追加のシステム全体の設定があります。Data Deduplication has additional system-wide settings that can be configured via the registry. これらの設定は、システム上で実行されるすべてのジョブとボリュームに適用されます。These settings apply to all of the jobs and volumes that run on the system. レジストリを編集するときは、細心の注意を払ってください。Extra care must be given whenever editing the registry.

たとえば、フル ガベージ コレクションを無効にするとします。For example, you may want to disable full Garbage Collection. これがお使いのシナリオに役立つ理由の詳細は、「よく寄せられる質問」に記載されています。More information about why this may be useful for your scenario can be found in Frequently asked questions. PowerShell を使用してレジストリを編集するには、次のとおりコマンドを使用します。To edit the registry with PowerShell:

  • データ重複除去がクラスターで実行されている場合:If Data Deduplication is running in a cluster:

    Set-ItemProperty -Path HKLM:\System\CurrentControlSet\Services\ddpsvc\Settings -Name DeepGCInterval -Type DWord -Value 0xFFFFFFFF
    Set-ItemProperty -Path HKLM:\CLUSTER\Dedup -Name DeepGCInterval -Type DWord -Value 0xFFFFFFFF
    
  • データ重複除去がクラスターで実行されていない場合:If Data Deduplication is not running in a cluster:

    Set-ItemProperty -Path HKLM:\System\CurrentControlSet\Services\ddpsvc\Settings -Name DeepGCInterval -Type DWord -Value 0xFFFFFFFF
    

使用可能なシステム全体の設定Available system-wide settings

設定名Setting name 定義Definition 指定可能な値Accepted values 変更する理由Why would you want to change this?
WlmMemoryOverPercentThresholdWlmMemoryOverPercentThreshold この設定により、データ重複除去が実際に利用可能であると判断したよりも多くのメモリをジョブが使用できます。This setting allows jobs to use more memory than Data Deduplication judges to actually be available. たとえば設定が 300 の場合、ジョブがキャンセルされるには、ジョブは割り当てられたメモリの 3 倍のメモリを使用する必要があることを意味します。For example, a setting of 300 would mean that the job would have to use three times the assigned memory to get canceled. 正の整数 (300 の値は 300% または 3 倍を意味します)Positive integers (a value of 300 means 300% or 3 times) データ重複除去でより多くのメモリが使用されると停止する別のタスクがある場合If you have another task that will stop if Data Deduplication takes more memory
DeepGCIntervalDeepGCInterval この設定により、通常のガベージ コレクション ジョブが完全なガベージ コレクション ジョブになる間隔が構成されます。This setting configures the interval at which regular Garbage Collection jobs become full Garbage Collection jobs. 設定が n の場合、n ごとにジョブがフル ガベージ コレクション ジョブになります。A setting of n would mean that every nth job was a full Garbage Collection job. バックアップ使用法の種類を含むボリュームでは、常にフル ガベージ コレクションが無効になる (レジストリ値に関係なく) 点に注意してください。Note that full Garbage Collection is always disabled (regardless of the registry value) for volumes with the Backup Usage Type. Start-DedupJob -Type GarbageCollection -Full バックアップボリュームでフルガベージコレクションが必要な場合に使用できます。Start-DedupJob -Type GarbageCollection -Full may be used if full Garbage Collection is desired on a Backup volume. 整数 (-1 は無効を示します)Integers (-1 indicates disabled) このよく寄せられる質問を参照してください。See this frequently asked question

よく寄せられる質問Frequently asked questions

データ重複除去設定を変更すると、ジョブの速度が低下して終わらないか、ワークロードのパフォーマンスが低下しました。なぜでしょうか?I changed a Data Deduplication setting, and now jobs are slow or don't finish, or my workload performance has decreased. Why? これらの設定では、データ重複除去を制御するのに多くの労力が費やされます。These settings give you a lot of power to control how Data Deduplication runs. 設定は責任を持って使用し、パフォーマンスを監視してください。Use them responsibly, and monitor performance.

現在、データ重複除去ジョブを実行したいが、新しいスケジュールを作成したくない場合は、これを行うことはできますか。I want to run a Data Deduplication job right now, but I don't want to create a new schedule--can I do this? はい、 すべてのジョブは手動で実行することができますYes, all jobs can be run manually.

フルガベージコレクションと通常のガベージコレクションの違いは何ですか。What is the difference between full and regular Garbage Collection? ガベージ コレクションには、次の 2 つの種類があります。There are two types of Garbage Collection:

  • 通常のガベージ コレクション は統計アルゴリズムを使用して、特定の基準 (メモリと IOPS が少ない) に適合する大きな参照されていないチャンクを検索します。Regular Garbage Collection uses a statistical algorithm to find large unreferenced chunks that meet a certain criteria (low in memory and IOPs). 通常のガベージ コレクションでは、チャンクの最小の割合が参照されていない場合にのみ、チャンク格納コンテナーが圧縮されます。Regular Garbage Collection compacts a chunk store container only if a minimum percentage of the chunks are unreferenced. この種類のガベージ コレクションは、フル ガベージ コレクションより実行が速く、使用されるリソースはより少なくなります。This type of Garbage Collection runs much faster and uses fewer resources than full Garbage Collection. 通常のガベージ コレクション ジョブの既定のスケジュールでは、実行は毎週 1 回です。The default schedule of the regular Garbage Collection job is to run once a week.
  • フル ガベージ コレクション は、参照されていないチャンクをより綿密に検索し、より多くのディスク領域を解放します。Full Garbage Collection does a much more thorough job of finding unreferenced chunks and freeing more disk space. フル ガベージ コレクションでは、コンテナー内の単一のチャンクだけが参照されていない場合でも、すべてのコンテナーが圧縮されます。Full Garbage Collection compacts every container even if just a single chunk in the container is unreferenced. フル ガベージ コレクションでは、最適化ジョブ中にクラッシュや電源障害があった場合に使用されていた可能性のある領域も解放されます。Full Garbage Collection will also free space that may have been in use if there was a crash or power failure during an Optimization job. フル ガベージ コレクション ジョブは、通常のガベージ コレクションジョブと比較してより多くの時間とシステム リソースを費やして、重複解除されたボリューム上で回復できる利用可能な領域を 100% 回復します。Full Garbage Collection jobs will recover 100 percent of the available space that can be recovered on a deduplicated volume at the cost of requiring more time and system resources compared to a regular Garbage Collection job. フル ガベージ コレクション ジョブは一般的に、通常のガベージ コレクション ジョブより最大 5% 多くの参照されていないデータを検出して解放します。The full Garbage Collection job will typically find and release up to 5 percent more of the unreferenced data than a regular Garbage Collection job. 既定のスケジュールでは、フル ガベージ コレクション ジョブは通常のガベージ コレクションのスケジュールの 4 回目ごとに実行されます。The default schedule of the full Garbage Collection job is to run every fourth time Garbage Collection is scheduled.

フルガベージコレクションを無効にする理由Why would I want to disable full Garbage Collection?

  • ガベージ コレクションは、ボリュームの有効期間のシャドウ コピーと増分バックアップのサイズに悪影響を与える可能性があります。Garbage Collection could adversely affect the volume's lifetime shadow copies and the size of incremental backup. 頻繁に変化する、または I/O 集中型のワークロードは、フル ガベージ コレクション ジョブによってパフォーマンスが低下する可能性があります。High churn or I/O-intensive workloads may see a degradation in performance by full Garbage Collection jobs.
  • システムがクラッシュしたことがわかっている場合は、PowerShell からフル ガベージ コレクション ジョブを手動で実行して、リークをクリーンアップすることができます。You can manually run a full Garbage Collection job from PowerShell to clean up leaks if you know your system crashed.