データ重複除去の新機能What's New in Data Deduplication

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server (半期チャネル)Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server (Semi-Annual Channel)

Windows Server でのデータ重複除去は、プライベートクラウドのスケールで、パフォーマンスと柔軟性が高く、管理しやすいように最適化されています。Data Deduplication in Windows Server has been optimized to be highly performant, flexible, and manageable at private cloud scale. Windows Server のソフトウェアで定義された記憶域スタックの詳細については、「 Windows server の記憶域の新機能」を参照してください。For more information about the software-defined storage stack in Windows Server, please see What's New in Storage in Windows Server.

Windows Server 2019 では、データ重複除去の機能が次のように強化されています。Data Deduplication has the following enhancements in Windows Server 2019:

機能Functionality 新規/更新New or updated 説明Description
ReFS のサポートReFS support 新規New 同じボリューム上に、ReFS ファイルシステムの重複除去と圧縮を使用して最大10倍のデータを格納します。Store up to 10X more data on the same volume with deduplication and compression for the ReFS filesystem. ( 1 回クリックするだけで、Windows 管理センターで有効にすることができます)。オプションの圧縮を使用した可変サイズのチャンクストアでは、節約率が最大になりますが、マルチスレッドの後処理アーキテクチャではパフォーマンスに影響を最小限に抑えることができます。(It's just one click to turn on with Windows Admin Center.) The variable-size chunk store with optional compression maximizes savings rates, while the multi-threaded post-processing architecture keeps performance impact minimal. は、最大 64 TB のボリュームをサポートし、各ファイルの最初の 4 TB を重複除去します。Supports volumes up to 64 TB and will deduplicate the first 4 TB of each file.

データ重複除去では、Windows Server 2016 以降、次の点が強化されています。Data Deduplication has the following enhancements starting in Windows Server 2016:

機能Functionality 新規/更新New or updated 説明Description
大容量ボリュームのサポートSupport for large volumes 更新Updated Windows Server 2016 以前では、想定されるチャーンに合わせてボリュームのサイズを具体的に設定する必要があり、10 TB を超えるサイズのボリュームは重複除去に適していませんでした。Prior to Windows Server 2016, volumes had to be specifically sized for the expected churn, with volume sizes above 10 TB not being good candidates for deduplication. Windows Server 2016 のデータ重複除去では、最大 64 TB のボリューム サイズがサポートされます。In Windows Server 2016, Data Deduplication supports volume sizes up to 64 TB.
大きなファイルのサポートSupport for large files 更新Updated Windows Server 2016 の前では、1 TB に近いサイズのファイルは重複除去に適した候補ではありませんでした。Prior to Windows Server 2016, files approaching 1 TB in size were not good candidates for deduplication. Windows Server 2016 では、1 TB までのファイルが完全にサポートされます。In Windows Server 2016, files up to 1 TB are fully supported.
Nano Server のサポートSupport for Nano Server 新規New Windows Server 2016 の新しい Nano Server 展開オプションでは、データ重複除去が利用可能で、完全にサポートされています。Data Deduplication is available and fully supported in the new Nano Server deployment option for Windows Server 2016.
簡略化されたバックアップのサポートSimplified backup support 新規New Windows Server 2012 R2 では、Microsoft の Data Protection Manager などの仮想化バックアップ アプリケーションをサポートするには、一連の手動による構成手順を実行する必要がありました。Windows Server 2012 R2 supported Virtualized Backup Applications, such as Microsoft's Data Protection Manager, through a series of manual configuration steps. Windows Server 2016 では、仮想化バックアップ アプリケーションに対してデータ重複除去をシームレスに展開するために、使用法の種類の新しい既定値 (バックアップ) が追加されました。Windows Server 2016 has added a new default Usage Type (Backup) for seamless deployment of Data Deduplication for Virtualized Backup Applications.
クラスター OS のローリング アップグレードのサポートSupport for Cluster OS Rolling Upgrade 新規New データ重複除去では、Windows Server 2016 の新しいクラスター OS のローリング アップグレード機能を完全にサポートしています。Data Deduplication fully supports the new Cluster OS Rolling Upgrade feature of Windows Server 2016.

大容量ボリュームのサポートSupport for large volumes

この変更の利点What value does this change add?
Windows Server 2012 R2 でデータ重複除去のパフォーマンスを最適化するには、最適化ジョブがデータ変化の速度 ("チャーン") に対応できるように、ボリュームのサイズを適切に設定する必要がありました。To get the best performance out of Data Deduplication in Windows Server 2012 R2, volumes must be sized properly to ensure that the Optimization job can keep up with the rate of data changes, or "churn." すなわち、ワークロードの書き込みパターンによっても異なりますが、通常は、ボリューム が 10 TB 以下でなければデータ重複除去で高いパフォーマンスを達成できません。Typically, this means that Data Deduplication is only performant on volumes of 10 TB or less, depending on the workload's write patterns.

Windows Server 2016 では、ボリューム 64 TB までのデータ重複除去で非常に高いパフォーマンスを達成できます。In Windows Server 2016, Data Deduplication is highly performant on volumes up to 64 TB.

動作の相違点What works differently?
Windows Server 2012 R2 のデータ重複除去ジョブ パイプラインでは、ボリュームごとにシングル スレッドと I/O キューが使用されます。In Windows Server 2012 R2, the Data Deduplication Job Pipeline uses a single-thread and I/O queue for each volume. 最適化ジョブが遅れてボリュームの全体的な削減率が低下しないようにするには、大きいデータセットを小さいボリュームに分割する必要があります。To ensure that the Optimization jobs do not fall behind, which would cause the overall savings rate for the volume to decrease, large datasets must be broken up into smaller volumes. 適切なボリュームのサイズは、そのボリュームで予想されるチャーンに応じて決まります。The appropriate volume size depends on the expected churn for that volume. 最大サイズの平均は、チャーンが高いボリュームでは約 6 - 7 TB、チャーンが低いボリュームでは約 9 - 10 TB です。On average, the maximum is ~6-7 TB for high churn volumes and ~9-10 TB for low churn volumes.

Windows Server 2016 では、データ重複除去ジョブのパイプラインの設計が見直され、ボリュームごとに複数の I/O キューを使用して複数のスレッドを並列実行するようになりました。In Windows Server 2016, the Data Deduplication Job pipeline has been redesigned to run multiple threads in parallel using multiple I/O queues for each volume. これにより、以前は小さいボリュームにデータを分割しなければ得られなかったパフォーマンスを、分割することなく達成できるようになりました。This results in performance that was previously only possible by dividing up data into multiple smaller volumes. この変更を次の図に示します。This change is represented in the following image:

Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2016 のデータ重複除去ジョブ パイプラインの比較の視覚化

これらの最適化は、最適化ジョブだけでなく、すべてのデータ重複除去ジョブに適用されます。These optimizations apply to all Data Deduplication Jobs, not just the Optimization Job.

大きなファイルのサポートSupport for large files

この変更の利点What value does this change add?
Windows Server 2012 R2 では、非常に大きなファイルは、重複除去処理パイプラインのパフォーマンス低下を引き起こすことから、データ重複除去に適していません。In Windows Server 2012 R2, very large files are not good candidates for Data Deduplication due to decreased performance of the Deduplication Processing Pipeline. Windows Server 2016 では、1 TB までのファイルの重複除去を非常に高いパフォーマンスで実行できることから、管理者はさまざまなワークロードで重複除去による削減を実現できます。In Windows Server 2016, deduplication of files up to 1 TB is very performant, enabling administrators to apply deduplication savings to a larger range of workloads. たとえば、バックアップ ワークロードに通常付随する非常に大きなファイルの重複除去を行うことができます。For example, you can deduplicate very large files normally associated with backup workloads.

動作の相違点What works differently?
Windows Server 2016 のデータ重複除去では、新しいストリーム マップ構造とその他の "内部" の改良により、最適化のスループットとアクセス パフォーマンスが向上しています。In Windows Server 2016, Data Deduplication makes use of new stream map structures and other "under- the hood" improvements to increase optimization throughput and access performance. さらに、重複除去処理パイプラインでは、フェールオーバー後に最適化を再び実行するのではなく、再開することができるようになりました。Additionally, the Deduplication Processing Pipeline can now resume optimization after a failover rather than restarting. これらの変更によって、1 TB までのファイルの重複除去が非常に高パフォーマンスとなっています。These changes make deduplication on files up to 1 TB highly performant.

Nano Server のサポートSupport for Nano Server

この変更の利点What value does this change add?
Nano Server は、Windows Server 2016 の新しいヘッドレス展開オプションです。Windows Server Core の展開オプションと比べて、必要なシステム リソースのフットプリントが極めて小さくなり、起動にかかる時間が大幅に短縮されるとともに、更新と再起動の回数が少なくてすみます。Nano Server is a new headless deployment option in Windows Server 2016 that requires a far smaller system resource footprint, starts up significantly faster, and requires fewer updates and restarts than the Windows Server Core deployment option. Nano Server ではデータ重複除去が完全にサポートされています。Data Deduplication is fully supported on Nano Server. Nano Server の詳細については、Nano Server の概要に関するページを参照してください。For more information about Nano Server, see Getting Started with Nano Server.

仮想化バックアップ アプリケーションの構成の簡略化Simplified configuration for Virtualized Backup Applications

この変更の利点What value does this change add?
Windows Server 2012 R2 では、仮想化バックアップ アプリケーションのデータ重複除去はサポートされていますが、重複除去設定を手動でチューニングする必要があります。Data Deduplication for Virtualized Backup Applications is a supported scenario in Windows Server 2012 R2, but it requires manually tuning of the deduplication settings. Windows Server 2016 では、仮想化バックアップ アプリケーションの構成が大幅に簡略化されています。In Windows Server 2016, the configuration of Deduplication for Virtualized Backup Applications is drastically simplified. ボリュームの重複除去を有効にする際に、汎用ファイル サーバーと VDI の場合と同様に、事前定義済みの使用方法の種類オプションを使用して構成を行うことができます。It uses a predefined Usage Type option when enabling Deduplication for a volume, just like our options for General Purpose File Server and VDI.

クラスター OS のローリング アップグレードのサポートSupport for Cluster OS Rolling Upgrade

この変更の利点What value does this change add?
データ重複除去を実行している Windows Server フェールオーバー クラスターで、Windows Server 2012 R2 バージョンのデータ重複除去を実行しているノードと、Windows Server 2016 バージョンのデータ重複除去を実行しているノードを混在させることができます。Windows Server Failover Clusters running Data Deduplication can have a mix of nodes running Windows Server 2012 R2 versions of Data Deduplication alongside nodes running Windows Server 2016 versions of Data Deduplication. この機能強化により、クラスター ローリング アップグレード中に、重複除去対象のすべてのボリュームへの完全なデータ アクセスが可能になり、すべてのノードを一括でアップグレードするためのダウンタイムを発生させずに、既存の Windows Server 2012 R2 クラスターに新しいバージョンのデータ重複除去を段階的にロールアウトできます。This enhancement provides full data access to all deduplicated volumes during a cluster rolling upgrade, allowing for the gradual rollout of the new version of Data Deduplication on an existing Windows Server 2012 R2 cluster without incurring downtime to upgrade all nodes at once.

動作の相違点What works differently?
Windows Server の以前のバージョンでは、Windows Server フェールオーバー クラスター内にあるすべてのノードの Windows Server バージョンを同じにする必要がありました。With previous versions of Windows Server, a Windows Server Failover Cluster required all nodes in the cluster to have the same Windows Server version. Windows Server 2016 以降は、クラスター ローリング アップグレード機能により、クラスターを混在モードで実行できるようになりました。Starting with the Windows Server 2016, the cluster rolling upgrade functionality allows a cluster to run in a mixed-mode. データ重複除去ではこの新しい混在モードのクラスター構成がサポートされており、クラスター ローリング アップグレード中の完全なデータ アクセスが可能になりました。Data Deduplication supports this new mixed-mode cluster configuration to enable full data access during a cluster rolling upgrade.