ターゲット優先順位を設定して紹介順序を上書きする

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2、Windows Server 2008

紹介とは、ユーザーが名前空間のルートにアクセスするか、名前空間内のターゲットを持つフォルダーにアクセスしたときに、クライアント コンピューターがドメイン コントローラーまたは名前空間サーバーから受信する、順序付きのターゲット一覧です。 紹介内の各ターゲットは、名前空間のルートまたはフォルダーの順序指定方法に従って順序付けられています。

ターゲットの順序付け方法を調整するには、個別のターゲットに優先順位を設定します。 たとえば、特定のターゲットをすべてのターゲットの先頭として指定したり、すべてのターゲットの末尾として指定したり、同じコストのすべてのターゲットの先頭 (または末尾) として指定したりできます。

ドメインベースの名前空間のルート ターゲットにターゲット優先順位を設定するには

ドメインベースの名前空間のルート ターゲットにターゲット優先順位を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] をクリックし、[管理ツール] をポイントして、[DFS 管理] をクリックします。

  2. コンソール ツリーの [名前空間] ノードで、優先順位を設定するルート ターゲットのドメインベースの名前空間をクリックします。

  3. [詳細] ウィンドウの [名前空間サーバー] タブで、優先順位を変更するルート ターゲットを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  4. [詳細設定] タブで 、[紹介の順序 をオーバーライドする] をクリックし、必要な優先順位をクリックします。

    • すべてのターゲットの中で最初に ターゲットが使用可能な場合は、常にこのターゲットを参照する必要があるユーザーを指定します。
    • [すべてのターゲットのうち最後のターゲット] 他のすべてのターゲットを使用できない場合にのみ、ユーザーがこのターゲットを参照するよう指定します。
    • 同じコストのターゲットの中で 1 つ目 同じコストの他のターゲット (通常は同じサイト内の他のターゲットを意味します) の前に、ユーザーをこのターゲットに参照する必要がある場合に指定します。
    • 同じコストのターゲットの最後 同じコストの他のターゲット (通常は同じサイト内の他のターゲットを意味する) がある場合、ユーザーはこのターゲットを参照しなきことを指定します。

フォルダー ターゲットにターゲット優先順位を設定するには

フォルダー ターゲットにターゲット優先順位を設定するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] をクリックし、[管理ツール] をポイントして、[DFS 管理] をクリックします。

  2. コンソール ツリーの [名前空間] ノードで、優先順位を設定するターゲットのフォルダーをクリックします。

  3. [詳細] ウィンドウの [フォルダー ターゲット] タブで、優先順位を変更するフォルダー ターゲットを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  4. [詳細設定] タブで 、[紹介の順序 をオーバーライドする] をクリック し、必要な優先順位をクリックします。

注意

Windows PowerShell を使用してターゲットの優先順位を設定するには、ReferralPriorityClass パラメーターと ReferralPriorityRankパラメーターを指定してSet-DfsnRootTargetコマンドレットとSet-DfsnFolderTargetコマンドレットを使用します。 これらのコマンドレットは、Windows Server 2012 で導入されました。

その他の参照情報