Windows で SMBv1、SMBv2、および SMBv3 を検出、有効化、および無効化する方法How to detect, enable and disable SMBv1, SMBv2, and SMBv3 in Windows

概要Summary

この記事では、SMB クライアントおよびサーバーコンポーネントで、サーバーメッセージブロック (SMB) バージョン 1 (SMBv1)、SMB バージョン 2 (SMBv2)、および SMB バージョン 3 (SMBv3) を有効または無効にする方法について説明します。This article describes how to enable and disable Server Message Block (SMB) version 1 (SMBv1), SMB version 2 (SMBv2), and SMB version 3 (SMBv3) on the SMB client and server components. 

重要

SMBv2 または SMBv3 を無効にしないことをお勧めします。We recommend that you do not disable SMBv2 or SMBv3. 一時的なトラブルシューティングメジャーとして SMBv2 または SMBv3 のみを無効にします。Disable SMBv2 or SMBv3 only as a temporary troubleshooting measure. SMBv2 または SMBv3 は無効のままにしないでください。Do not leave SMBv2 or SMBv3 disabled.

Windows 7 と Windows Server 2008 R2 で SMBv2 を無効にすると、次の機能が非アクティブになります。In Windows 7 and Windows Server 2008 R2, disabling SMBv2 deactivates the following functionality:

  • 複合要求-複数の SMB 2 要求を1つのネットワーク要求として送信できます。Request compounding - allows for sending multiple SMB 2 requests as a single network request
  • 読み取りと書き込みが大きい-より高速なネットワークの使用Larger reads and writes - better use of faster networks
  • フォルダーとファイルのプロパティのキャッシュ-クライアントはフォルダーとファイルのローカルコピーを保持します。Caching of folder and file properties - clients keep local copies of folders and files
  • 持続性のあるハンドル-一時的な切断が発生した場合に、接続がサーバーに透過的に再接続することを許可します。Durable handles - allow for connection to transparently reconnect to the server if there is a temporary disconnection
  • 強化されたメッセージ署名-HMAC SHA-256 MD5 をハッシュアルゴリズムと置き換えるImproved message signing - HMAC SHA-256 replaces MD5 as hashing algorithm
  • ファイル共有のスケーラビリティの向上-サーバーごとにユーザー、共有、開いているファイルの数が大幅に増加しました。Improved scalability for file sharing - number of users, shares, and open files per server greatly increased
  • シンボリック リンクのサポートSupport for symbolic links
  • クライアント oplock リースモデル-クライアントとサーバーの間で転送されるデータを制限し、待機時間の長いネットワークでのパフォーマンスを向上させ、SMB サーバーのスケーラビリティを向上させます。Client oplock leasing model - limits the data transferred between the client and server, improving performance on high-latency networks and increasing SMB server scalability
  • 大きな MTU のサポート-10 gigabye (GB) イーサネットの完全な使用Large MTU support - for full use of 10-gigabye (GB) Ethernet
  • エネルギー効率の向上-サーバーに対してファイルを開いているクライアントをスリープ状態にすることができます。Improved energy efficiency - clients that have open files to a server can sleep

Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2012、および Windows Server 2016 では、SMBv3 を無効にすると、次の機能 (および前の一覧で説明されている SMBv2 機能) が非アクティブ化されます。In Windows 8, Windows 8.1, Windows 10, Windows Server 2012, and Windows Server 2016, disabling SMBv3 deactivates the following functionality (and also the SMBv2 functionality that's described in the previous list):

  • 透過フェールオーバー-メンテナンス中またはフェールオーバー中にクラスターノードを中断することなくクライアントが再接続するTransparent Failover - clients reconnect without interruption to cluster nodes during maintenance or failover
  • Scale Out-すべてのファイルクラスターノード上の共有データへの同時アクセスScale Out – concurrent access to shared data on all file cluster nodes 
  • マルチチャネル-クライアントとサーバーの間で複数のパスを使用できる場合のネットワーク帯域幅とフォールトトレランスの集約Multichannel - aggregation of network bandwidth and fault tolerance if multiple paths are available between client and server
  • SMB ダイレクト–低待機時間と低い CPU 使用率で、非常に高いパフォーマンスを実現する RDMA ネットワークサポートを追加します。SMB Direct – adds RDMA networking support for very high performance, with low latency and low CPU utilization
  • 暗号化–エンドツーエンドの暗号化を提供し、信頼されていないネットワークの傍受から保護します。Encryption – Provides end-to-end encryption and protects from eavesdropping on untrustworthy networks
  • ディレクトリリース-ブランチオフィスのキャッシュによってアプリケーションの応答時間が向上します。Directory Leasing - Improves application response times in branch offices through caching
  • パフォーマンスの最適化-小規模なランダム読み取り/書き込み i/o の最適化Performance Optimizations - optimizations for small random read/write I/O

説明More Information

SMBv2 プロトコルは、Windows Vista および Windows Server 2008 で導入されました。The SMBv2 protocol was introduced in Windows Vista and Windows Server 2008.

SMBv3 プロトコルは、Windows 8 および Windows Server 2012 で導入されました。The SMBv3 protocol was introduced in Windows 8 and Windows Server 2012.

SMBv2 および SMBv3 機能の機能の詳細については、次の記事を参照してください。For more information about the capabilities of SMBv2 and SMBv3 capabilities, see the following articles:

サーバーメッセージブロックの概要Server Message Block overview

SMB の新機能What's New in SMB

Windows 8.1、Windows 10、Windows 2012 R2、および Windows Server 2016 で SMB v1 を適切に削除する方法How to gracefully remove SMB v1 in Windows 8.1, Windows 10, Windows 2012 R2, and Windows Server 2016

Windows Server 2012 R2 & 2016: PowerShell メソッドWindows Server 2012 R2 & 2016: PowerShell methods

SMB v1SMB v1
  • 識別Detect:

    Get-WindowsFeature FS-SMB1
    
  • 切り替えるDisable:

    Disable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName smb1protocol
    
  • 有効にする:Enable:

    Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName smb1protocol
    
SMB v2/v3SMB v2/v3
  • 識別Detect:

    Get-SmbServerConfiguration | Select EnableSMB2Protocol
    
  • 切り替えるDisable:

    Set-SmbServerConfiguration -EnableSMB2Protocol $false
    
  • 有効にする:Enable:

    Set-SmbServerConfiguration -EnableSMB2Protocol $true 
    

Windows Server 2012 R2 および Windows Server 2016: サーバーマネージャー SMB を無効にする方法Windows Server 2012 R2 and Windows Server 2016: Server Manager method for disabling SMB

SMB v1SMB v1

サーバーマネージャー-ダッシュボードの方法

Windows 8.1 と Windows 10: PowerShell メソッドWindows 8.1 and Windows 10: PowerShell method

SMB v1 プロトコルSMB v1 Protocol
  • 識別Detect:

    Get-WindowsOptionalFeature –Online –FeatureName SMB1Protocol
    
  • 切り替えるDisable:

    Disable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName SMB1Protocol
    
  • 有効にする:Enable:

    Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName SMB1Protocol
    
SMB v2/v3 プロトコルSMB v2/v3 Protocol
  • 識別Detect:

    Get-SmbServerConfiguration | Select EnableSMB2Protocol
    
  • 切り替えるDisable:

    Set-SmbServerConfiguration –EnableSMB2Protocol $false
    
  • 有効にする:Enable:

    Set-SmbServerConfiguration –EnableSMB2Protocol $true
    

Windows 8.1 と Windows 10: プログラムの追加と削除の方法Windows 8.1 and Windows 10: Add or Remove Programs method

プログラムの追加と削除のクライアントメソッド

SMB サーバーで状態を検出し、SMB プロトコルを有効または無効にする方法How to detect status, enable, and disable SMB protocols on the SMB Server

Windows 8 および Windows Server 2012 の場合For Windows 8 and Windows Server 2012

Windows 8 と Windows Server 2012 には、新しいSMBServerConfiguration windows PowerShell コマンドレットが導入されています。Windows 8 and Windows Server 2012 introduce the new Set-SMBServerConfiguration Windows PowerShell cmdlet. コマンドレットを使用すると、サーバーコンポーネントの SMBv1、SMBv2、および SMBv3 プロトコルを有効または無効にすることができます。The cmdlet enables you to enable or disable the SMBv1, SMBv2, and SMBv3 protocols on the server component. 

注意

Windows 8 または Windows Server 2012 で SMBv2 を有効または無効にすると、SMBv3 も有効または無効になります。When you enable or disable SMBv2 in Windows 8 or Windows Server 2012, SMBv3 is also enabled or disabled. これらのプロトコルは同じスタックを共有するため、この動作が発生します。This behavior occurs because these protocols share the same stack.

SMBServerConfigurationコマンドレットを実行した後に、コンピューターを再起動する必要はありません。You do not have to restart the computer after you run the Set-SMBServerConfiguration cmdlet.

Smb サーバー上の SMB v1SMB v1 on SMB Server
  • 識別Detect:

    Get-SmbServerConfiguration | Select EnableSMB1Protocol
    
  • 切り替えるDisable:

    Set-SmbServerConfiguration -EnableSMB1Protocol $false
    
  • 有効にする:Enable:

    Set-SmbServerConfiguration -EnableSMB1Protocol $true
    

詳細については、「 Microsoft でのサーバーストレージ」を参照してください。For more information, see Server storage at Microsoft.

Smb サーバー上の SMB v2/v3SMB v2/v3 on SMB Server
  • 識別Detect:

    Get-SmbServerConfiguration | Select EnableSMB2Protocol
    
  • 切り替えるDisable:

    Set-SmbServerConfiguration -EnableSMB2Protocol $false
    
  • 有効にする:Enable:

    Set-SmbServerConfiguration -EnableSMB2Protocol $true
    

Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Vista、および Windows Server 2008 の場合For Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Vista, and Windows Server 2008

Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Vista、または Windows Server 2008 を使用している SMB サーバーで SMB プロトコルを有効または無効にするには、Windows PowerShell またはレジストリエディターを使用します。To enable or disable SMB protocols on an SMB Server that is runningWindows 7, Windows Server 2008 R2, Windows Vista, or Windows Server 2008, use Windows PowerShell or Registry Editor.

PowerShell メソッドPowerShell methods

注意

この方法を行うには、powershell 2.0 以降のバージョンが必要です。This method requires PowerShell 2.0 or later version of PowerShell.

Smb サーバー上の SMB v1SMB v1 on SMB Server

識別Detect:

Get-Item HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters | ForEach-Object {Get-ItemProperty $_.pspath}

既定の構成 = 有効 (レジストリキーは作成されません)。そのため、SMB1 値は返されません。Default configuration = Enabled (No registry key is created), so no SMB1 value will be returned

切り替えるDisable:

Set-ItemProperty -Path "HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters" SMB1 -Type DWORD -Value 0 –Force

有効にする:Enable:

Set-ItemProperty -Path "HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters" SMB1 -Type DWORD -Value 1 –Force

メモこれらの変更を行った後、コンピューターを再起動する必要があります。Note You must restart the computer after you make these changes. 詳細については、「 Microsoft でのサーバーストレージ」を参照してください。For more information, see Server storage at Microsoft.

Smb サーバー上の SMB v2/v3SMB v2/v3 on SMB Server

識別Detect:

Get-ItemProperty HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters | ForEach-Object {Get-ItemProperty $_.pspath} 

切り替えるDisable:

Set-ItemProperty -Path "HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters" SMB2 -Type DWORD -Value 0 –Force  

有効にする:Enable:

Set-ItemProperty -Path "HKLM:\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters" SMB2 -Type DWORD -Value 1 –Force 

注意

これらの変更を行った後、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart the computer after you make these changes.

レジストリ エディターRegistry Editor

重要

慎重にこのセクションの手順に従います。Follow the steps in this section carefully. 誤ってレジストリを変更すると、重大な問題が発生する可能性があります。Serious problems might occur if you modify the registry incorrectly. 変更する前に、問題が発生した場合に復元するためにレジストリをバックアップします。Before you modify it, back up the registry for restoration in case problems occur.

SMB サーバーで SMBv1 を有効または無効にするには、次のレジストリキーを構成します。To enable or disable SMBv1 on the SMB server, configure the following registry key:

2. レジストリ サブキー HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters を探し、クリックして選択します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters

Registry entry: SMB1
REG_DWORD: 0 = Disabled
REG_DWORD: 1 = Enabled
Default: 1 = Enabled (No registry key is created)

SMB サーバーで SMBv2 を有効または無効にするには、次のレジストリキーを構成します。To enable or disable SMBv2 on the SMB server, configure the following registry key:

2. レジストリ サブキー HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters を探し、クリックして選択します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters

Registry entry: SMB2
REG_DWORD: 0 = Disabled
REG_DWORD: 1 = Enabled
Default: 1 = Enabled (No registry key is created) 

注意

 、これらの変更を行った後にコンピューターを再起動する必要があります。 You must restart the computer after you make these changes.

SMB クライアントで状態を検出し、SMB プロトコルを有効または無効にする方法How to detect status, enable, and disable SMB protocols on the SMB Client

Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 8、および Windows Server 2012 の場合For Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, Windows Server 2008 R2, Windows 8, and Windows Server 2012

注意

Windows 8 または Windows Server 2012 で SMBv2 を有効または無効にすると、SMBv3 も有効または無効になります。When you enable or disable SMBv2 in Windows 8 or in Windows Server 2012, SMBv3 is also enabled or disabled. これらのプロトコルは同じスタックを共有するため、この動作が発生します。This behavior occurs because these protocols share the same stack.

Smb クライアント上の SMB v1SMB v1 on SMB Client
  • 検出Detect

    sc.exe qc lanmanworkstation
    
  • 切り替えるDisable:

    sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/mrxsmb20/nsi
    sc.exe config mrxsmb10 start= disabled
    
  • 有効にする:Enable:

    sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/mrxsmb10/mrxsmb20/nsi
    sc.exe config mrxsmb10 start= auto
    

詳細については、「 Microsoft でのサーバー記憶域」を参照してください。For more information, see Server storage at Microsoft

Smb クライアント上の SMB v2/v3SMB v2/v3 on SMB Client
  • 識別Detect:

    sc.exe qc lanmanworkstation
    
  • 切り替えるDisable:

    sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/mrxsmb10/nsi
    sc.exe config mrxsmb20 start= disabled 
    
  • 有効にする:Enable:

    sc.exe config lanmanworkstation depend= bowser/mrxsmb10/mrxsmb20/nsi
    sc.exe config mrxsmb20 start= auto
    

注意

  • これらのコマンドは、管理者特権のコマンドプロンプトで実行する必要があります。You must run these commands at an elevated command prompt.
  • これらの変更を行った後、コンピューターを再起動する必要があります。You must restart the computer after you make these changes.

グループポリシーで SMBv1 サーバーを無効にするDisable SMBv1 Server with Group Policy

この手順では、レジストリに次の新しい項目を構成します。This procedure configures the following new item in the registry:

2. レジストリ サブキー HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters を探し、クリックして選択します。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters

  • レジストリエントリ: SMB1Registry entry: SMB1
  • REG_DWORD: 0 = 無効REG_DWORD: 0 = Disabled

グループポリシーを使用してこれを構成するには、次の手順を実行します。To configure this by using Group Policy, follow these steps:

  1. 開いている、 グループ ポリシー管理コンソールします。Open the Group Policy Management Console. 新しい基本設定項目を含むグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を右クリックして、 [編集] をクリックします。Right-click the Group Policy object (GPO) that should contain the new preference item, and then click Edit.

  2. コンソールツリーの [コンピューターの構成] の下にある [基本設定] フォルダーを展開し、 [Windows の設定] フォルダーを展開します。In the console tree under Computer Configuration, expand the Preferences folder, and then expand the Windows Settings folder.

  3. レジストリノードを右クリックして [新規作成] をポイントし、 [レジストリ項目] を選択します。Right-click the Registry node, point to New, and select Registry Item.

    レジストリ-新規-レジストリ項目

[新しいレジストリのプロパティ] ダイアログボックスで、次のように選択します。In the New Registry Propertiesdialog box, select the following:

  • 操作: 作成Action: Create
  • Hive: HKEY_LOCAL_MACHINEHive: HKEY_LOCAL_MACHINE
  • キーのパス: SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\ParametersKey Path: SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanServer\Parameters
  • 値の名前: SMB1Value name: SMB1
  • 値の型: REG_DWORDValue type: REG_DWORD
  • 値のデータ: 0Value data: 0

[新しいレジストリのプロパティ]-[全般]

これにより、SMBv1 サーバーコンポーネントが無効になります。This disables the SMBv1 Server components. このグループポリシーは、ドメイン内のすべての必要なワークステーション、サーバー、およびドメインコントローラーに適用する必要があります。This Group Policy must be applied to all necessary workstations, servers, and domain controllers in the domain.

注意

また、サポートされていないオペレーティングシステムや、Windows XP などの選択した除外を除外するように、  WMI フィルターを設定することもできます。 WMI filters can also be set to exclude unsupported operating systems or selected exclusions, such as Windows XP.

重要

以前のバージョンの Windows XP または以前の Linux およびサードパーティ製のシステム (SMBv2 または SMBv3 をサポートしていないシステム) に対してこれらの変更を行う場合は、SMB v1 が無効になっている SYSVOL または他のファイル共有にアクセスする必要があることに注意してください。Be careful when you make these changes on domain controllers on which legacy Windows XP or older Linux and third-party systems (that do not support SMBv2 or SMBv3) require access to SYSVOL or other file shares where SMB v1 is being disabled.

グループポリシーを使用した SMBv1 クライアントの無効化Disable SMBv1 Client with Group Policy

SMBv1 クライアントを無効にするには、 MRxSMB10の開始を無効にするために、サービスのレジストリキーを更新する必要があります。 MRxSMB10の依存関係は、 LanmanWorkstationのエントリから削除する必要があります。これにより、最初にMRxSMB10を開始することなく、正常に開始できるようになります。To disable the SMBv1 client, the services registry key needs to be updated to disable the start of MRxSMB10 and then the dependency on MRxSMB10 needs to be removed from the entry for LanmanWorkstation so that it can start normally without requiring MRxSMB10 to first start.

これにより、レジストリ内の次の2つの項目の既定値が更新され、置き換えられます。This will update and replace the default values in the following 2 items in the registry:

HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\services\mrxsmb10HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\mrxsmb10

レジストリエントリ:開始REG_DWORD: 4= 無効Registry entry: Start REG_DWORD: 4= Disabled

HKEY_LOCAL_MACHINE \SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstationHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation

レジストリエントリ:依存関係 Onservice REG_MULTI_SZ: "ブラウザー"、"MRxSmb20"、"NSI"Registry entry: DependOnService REG_MULTI_SZ: “Bowser”,”MRxSmb20″,”NSI”

注意

既定の含まれている MRxSMB10 を  します。これは、依存関係として削除されます。 The default included MRxSMB10 which is now removed as dependency.

グループポリシーを使用してこれを構成するには、次の手順を実行します。To configure this by using Group Policy, follow these steps:

  1. 開いている、 グループ ポリシー管理コンソールします。Open the Group Policy Management Console. 新しい基本設定項目を含むグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を右クリックして、 [編集] をクリックします。Right-click the Group Policy object (GPO) that should contain the new preference item, and then click Edit.

  2. コンソールツリーの [コンピューターの構成] の下にある [基本設定] フォルダーを展開し、 [Windows の設定] フォルダーを展開します。In the console tree under Computer Configuration, expand the Preferences folder, and then expand the Windows Settings folder.

  3. レジストリノードを右クリックして [新規作成] をポイントし、 [レジストリ項目] を選択します。Right-click the Registry node, point to New, and select Registry Item.

  4. [新しいレジストリのプロパティ] ダイアログボックスで、次のように選択します。In the New Registry Properties dialog box, select the following:

    • 操作: 更新Action: Update
    • Hive: HKEY_LOCAL_MACHINEHive: HKEY_LOCAL_MACHINE
    • キーのパス: SYSTEM\CurrentControlSet\services\mrxsmb10Key Path: SYSTEM\CurrentControlSet\services\mrxsmb10
    • 値の名前: StartValue name: Start
    • 値の型: REG_DWORDValue type: REG_DWORD
    • 値のデータ: 4Value data: 4

    開始プロパティ-全般

  5. 次に、無効にしたばかりのMRxSMB10に対する依存関係を削除します。Then remove the dependency on the MRxSMB10 that was just disabled.

    [新しいレジストリのプロパティ] ダイアログボックスで、次のように選択します。In the New Registry Properties dialog box, select the following:

    • 操作: 置換Action: Replace
    • Hive: HKEY_LOCAL_MACHINEHive: HKEY_LOCAL_MACHINE
    • キーのパス: SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstationKey Path: SYSTEM\CurrentControlSet\Services\LanmanWorkstation
    • 値の名前: 依存関係 onserviceValue name: DependOnService
    • 値の型: REG_MULTI_SZValue type: REG_MULTI_SZ
    • 値のデータ:Value data:
      • ブラウザーBowser
      • MRxSmb20MRxSmb20
      • NSINSI

    注意

    これら3つの文字列には、箇条書きは含まれません (次のスクリーンショットを参照してください)。These three strings will not have bullets (see the following screen shot).

    依存関係 Onservice のプロパティ

    既定値には、多くのバージョンの Windows のMRxSMB10が含まれています。したがって、この複数値の文字列で置き換えることにより、 LanmanServerの依存関係としてMRxSMB10を削除し、4つの既定値から上記の3つの値だけに移動することが有効になります。The default value includes MRxSMB10 in many versions of Windows, so by replacing them with this multi-value string, it is in effect removing MRxSMB10 as a dependency for LanmanServer and going from four default values down to just these three values above.

    注意

    グループポリシー管理コンソールを使用する場合は、引用符またはコンマを使用する必要はありません。When you use Group Policy Management Console, you don't have to use quotation marks or commas. 個々の行に各エントリを入力するだけです。Just type the each entry on individual lines.

  6. SMB v1 の無効化を完了するには、対象のシステムを再起動してください。Restart the targeted systems to finish disabling SMB v1.

概要Summary

すべての設定が同じグループポリシーオブジェクト (GPO) に含まれている場合、グループポリシーの管理には次の設定が表示されます。If all the settings are in the same Group Policy Object (GPO), Group Policy Management displays the following settings.

グループポリシー管理エディター-レジストリ

テストと検証Testing and validation

これらの構成が完了したら、ポリシーをレプリケートして更新できるようにします。After these are configured, allow the policy to replicate and update. テストに必要な場合は、コマンドプロンプトでgpupdate/forceを実行し、対象のコンピューターを確認して、レジストリ設定が正しく適用されていることを確認します。As necessary for testing, run gpupdate /force at a command prompt, and then review the target computers to make sure that the registry settings are applied correctly. 環境内の他のすべてのシステムで SMB v2 と SMB v3 が機能していることを確認します。Make sure SMB v2 and SMB v3 is functioning for all other systems in the environment.

注意

必ず、ターゲットシステムを再起動してください。Do not forget to restart the target systems.