ファイル スクリーンのテンプレートのプロパティを編集する

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2

ファイル スクリーン テンプレートを変更したときに、過去に元のファイル スクリーン テンプレートから作成されたファイル スクリーンにもその変更を適用することができます。 元のテンプレートと一致するファイル スクリーンのみ変更するか、または、ファイル スクリーンが作成後に変更されているかどうかにかかわらず、元のテンプレートから取得したすべてのファイル スクリーンを変更するかを選択できます。 この機能では、すべての更新を 1 か所で集中的に実行できるため、ファイル スクリーンのプロパティの更新処理が簡略化されます。

注意

元のテンプレートから取得したすべてのファイル スクリーンに変更を適用すると、それまでに作成されたカスタム ファイル スクリーン プロパティがすべて上書きされます。

ファイル スクリーン テンプレートのプロパティを編集するには

  1. [ファイル スクリーン テンプレート] で、変更するテンプレートを選択します。

  2. ファイル スクリーン テンプレートを右クリックして [テンプレートのプロパティの編集] をクリックするか、[操作] ウィンドウで [選択したファイル スクリーン テンプレート][テンプレートのプロパティの編集] をクリックします。[ファイル スクリーン テンプレートのプロパティ] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. 別のテンプレートをコピーし、それを変更して独自のテンプレートを作成する場合は、[テンプレートからのプロパティのコピー] ドロップダウン リストから任意のテンプレートを選択します。 次に、[コピー] をクリックします。

  4. 必要なすべての変更を行います。 設定と通知のオプションは、ファイル スクリーン テンプレートの作成時に利用できるオプションと同じです。

  5. テンプレートのプロパティの編集が完了したら、[OK] をクリックします。 [テンプレートからファイル スクリーンの更新] ダイアログ ボックスが表示されます。

  6. 適用する更新の種類を選択します。

    • 元のテンプレートから作成された後に変更されたファイル スクリーンを変更しない場合は、[元のテンプレートに一致する取得したファイル スクリーンのみにテンプレートを適用する] をクリックします。 このオプションでは、元のテンプレートのプロパティを使用して作成されてから編集されていないファイル スクリーンのみが更新されます。
    • 元のテンプレートを使用して作成された既存のすべてのファイル スクリーンを変更する場合は、[取得したファイル スクリーンすべてにテンプレートを適用する] をクリックします。
    • 既存のファイル スクリーンをすべて変更しない場合は、[取得したファイル スクリーンにテンプレートを適用しない] をクリックします。
  7. [OK] をクリックします。

その他の参照情報