リモートの記憶域リソースを管理するManaging Remote Storage Resources

適用対象: Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server (半期チャネル)、windows server 2012 R2、windows Server 2012、Windows Server 2008 R2Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2012 R2, Windows Server 2012, Windows Server 2008 R2

リモート コンピューターの記憶域リソースを管理するには、2 とおりの方法があります。To manage storage resources on a remote computer, you have two options:

  • ファイル サーバー リソース マネージャー Microsoft® 管理コンソール (MMC) スナップインからリモート コンピューターに接続します (接続後はこのスナップインを使用してリモート リソースを管理できます)。Connect to the remote computer from the File Server Resource Manager Microsoft® Management Console (MMC) snap-in (which you can then use to manage the remote resources).
  • ファイル サーバー リソース マネージャーと共にインストールされるコマンド ライン ツールを使用します。Use the command-line tools that are installed with File Server Resource Manager.

どちらの方法でも、クォータの管理、ファイルのスクリーン処理、分類の管理、ファイル管理タスクのスケジューリング、およびこれらのリモート リソースについてのレポートを生成できます。Either option allows you to work with quotas, screen files, manage classifications, schedule file management tasks, and generate reports with those remote resources.

注意

ファイル サーバー リソース マネージャーでは、ローカル コンピューターまたはリモート コンピューター上のリソースを管理できますが、両方を同時に管理することはできません。File Server Resource Manager can manage resources on either the local computer or a remote computer, but not both at the same time.

たとえば、次のように操作できます。For example, you can:

  • ファイル サーバー リソース マネージャー MMC スナップインを使用して、ドメイン内の別のコンピューターに接続し、このリモート コンピューター上のボリュームやファイルの記憶域使用率を確認する。Connect to another computer in the domain using the File Server Resource Manager MMC snap-in and review storage utilization on a volume or folder located on the remote computer.
  • ローカル サーバー上にクォータおよびファイル スクリーン テンプレートを作成し、コマンド ライン ツールを使用してこれらのテンプレートをブランチ オフィスのファイル サーバーにインポートする。Create quota and file screen templates on a local server and then use the command-line tools to import those templates into a file server located in a branch office.

ここでは、次のトピックについて説明します。This section includes the following topics: