リモートの記憶域リソースを管理する

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、Windows Server 2008 R2

リモート コンピューターの記憶域リソースを管理するには、2 とおりの方法があります。

  • ファイル サーバー リソース マネージャー Microsoft® 管理コンソール (MMC) スナップインからリモート コンピューターに接続します (接続後はこのスナップインを使用してリモート リソースを管理できます)。
  • ファイル サーバー リソース マネージャーと共にインストールされるコマンド ライン ツールを使用します。

どちらの方法でも、クォータの管理、ファイルのスクリーン処理、分類の管理、ファイル管理タスクのスケジューリング、およびこれらのリモート リソースについてのレポートを生成できます。

注意

ファイル サーバー リソース マネージャーでは、ローカル コンピューターまたはリモート コンピューター上のリソースを管理できますが、両方を同時に管理することはできません。

たとえば、次のようなことができます。

  • ファイル サーバー リソース マネージャー MMC スナップインを使用して、ドメイン内の別のコンピューターに接続し、このリモート コンピューター上のボリュームやファイルの記憶域使用率を確認する。
  • ローカル サーバー上にクォータおよびファイル スクリーン テンプレートを作成し、コマンド ライン ツールを使用してこれらのテンプレートをブランチ オフィスのファイル サーバーにインポートする。

ここでは、次のトピックについて説明します。