記憶域移行サービスに関してよく寄せられる質問 (FAQ)Storage Migration Service frequently asked questions (FAQ)

このトピックでは、 Storage Migration Service を使用したサーバーの移行に関してよく寄せられる質問 (faq) に対する回答を示します。This topic contains answers to frequently asked questions (FAQs) about using Storage Migration Service to migrate servers.

転送から除外されるファイルとフォルダーWhat files and folders are excluded from transfers?

Storage Migration Service は、Windows の操作に干渉する可能性があるファイルまたはフォルダーを転送しません。Storage Migration Service won't transfer files or folders that we know could interfere with Windows operation. 具体的には、転送されたり、宛先の PreExistingData フォルダーに移動したりすることはありません。Specifically, here's what we won't transfer or move into the PreExistingData folder on the destination:

  • Windows、program Files、Program Files (x86)、Program Data、UsersWindows, Program Files, Program Files (x86), Program Data, Users
  • $Recycle .bin、リサイクラー、リサイクル、システムボリューム情報、$UpgDrv $、$SysReset、$Windows. ~ BT、$Windows. ~ LS、Windows .old、boot、Recovery、Documents、Settings$Recycle.bin, Recycler, Recycled, System Volume Information, $UpgDrv$, $SysReset, $Windows.~BT, $Windows.~LS, Windows.old, boot, Recovery, Documents and Settings
  • pagefile.sys、hiberfil.sys、swapfile.sys、winpepge.sys、config.sys、bootsect.exe、bootmgr、bootnxtpagefile.sys, hiberfil.sys, swapfile.sys, winpepge.sys, config.sys, bootsect.bak, bootmgr, bootnxt
  • 移行先の除外されたフォルダーと競合する、移行元サーバー上のすべてのファイルまたはフォルダー。Any files or folders on the source server that conflicts with excluded folders on the destination.
    たとえば、ソースに N:\Windows フォルダーがあり、それが C:\ にマップされているとします。コピー先のボリュームは、格納されている内容に関係なく転送されません。これは、変換先の C:\Windows システムフォルダーが影響を受ける可能性があるためです。For example, if there's a N:\Windows folder on the source and it gets mapped to the C:\ volume on the destination, it won't get transferred—regardless of what it contains—because it would interfere with the C:\Windows system folder on the destination.

ロックされたファイルは移行されますか?Are locked files migrated?

ストレージ移行サービスは、アプリケーションが排他的にロックするファイルを移行しません。The Storage Migration Service doesn't migrate files that applications exclusively lock. このサービスは、再試行の間隔が60秒になると、自動的に3回再試行されます。また、試行回数と遅延を制御できます。The service does automatically retry three times with a sixty second delay between tries, and you can control the number of attempts and the delay. また、転送を再実行して、共有違反によって以前にスキップされたファイルのみをコピーすることもできます。You can also re-run transfers to copy just the files that were previously skipped due to sharing violations.

ドメインの移行はサポートされていますか?Are domain migrations supported?

記憶域移行サービスでは、Active Directory ドメイン間での移行は許可されていません。The Storage Migration Service doesn't allow migrating between Active Directory domains. サーバー間の移行は、常に移行先サーバーを同じドメインに参加させます。Migrations between servers will always join the destination server to the same domain. Active Directory フォレスト内の異なるドメインからの移行資格情報を使用できます。You can use migration credentials from different domains in the Active Directory forest. 記憶域移行サービスは、ワークグループ間の移行をサポートしています。The Storage Migration Service does support migrating between workgroups.

クラスターは変換元または変換先としてサポートされていますか。Are clusters supported as sources or destinations?

記憶域移行サービスは、累積的な更新プログラム KB4513534 またはそれ以降の更新プログラムのインストール後のクラスターからクラスターへの移行をサポートしています。The Storage Migration Service supports migrating from and to clusters after installation of cumulative update KB4513534 or subsequent updates. これには、ソースクラスターから移行先クラスターへの移行だけでなく、デバイス統合のためにスタンドアロンの移行元サーバーから移行先クラスターに移行することも含まれます。This includes migrating from a source cluster to a destination cluster as well as migrating from a standalone source server to a destination cluster for device consolidation purposes. ただし、スタンドアロンサーバーにクラスターを移行することはできません。You cannot, however, migrate a cluster to a standalone server.

ローカルグループとローカルユーザーを移行しますか?Do local groups and local users migrate?

記憶域移行サービスでは、累積的な更新プログラム KB4513534 またはそれ以降の更新プログラムのインストール後のローカルユーザーとグループの移行がサポートされています。The Storage Migration Service supports migrating local users and groups after installation of cumulative update KB4513534 or subsequent updates.

ドメインコントローラーの移行はサポートされていますか?Is domain controller migration supported?

現在、記憶域移行サービスでは、Windows Server 2019 のドメインコントローラーは移行されません。The Storage Migration Service doesn't currently migrate domain controllers in Windows Server 2019. 回避策として、Active Directory ドメインに複数のドメインコントローラーがある場合は、移行する前にドメインコントローラーを降格し、カットオーバーが完了した後で移行先を昇格させます。As a workaround, as long as you have more than one domain controller in the Active Directory domain, demote the domain controller before migrating it, then promote the destination after cut over completes. ドメインコントローラーの移行元または移行先を移行することを選択した場合は、カットオーバーできません。If you do choose to migrate a domain controller source or destination, you won't be able to cut over. またはドメインコントローラーから移行する場合は、ユーザーとグループを移行しないでください。You must never migrate users and groups when migrating from or to a domain controller.

Storage Migration Service によってどのような属性が移行されますか?What attributes are migrated by the Storage Migration Service?

記憶域移行サービスは、すべてのフラグ、設定、および SMB 共有のセキュリティを移行します。Storage Migration Service migrates all flags, settings, and security of SMB shares. 記憶域移行サービスによって移行されるフラグの一覧を次に示します。That list of flags that Storage Migration Service migrates includes:

  • 状態の共有Share State
  • 可用性の種類Availability Type
  • 共有の種類Share Type
  • フォルダー列挙モード (Access-Based 列挙型または ABE とも 呼ばれる)Folder Enumeration Mode (aka Access-Based Enumeration or ABE)
  • キャッシュモードCaching Mode
  • リースモードLeasing Mode
  • Smb インスタンスSmb Instance
  • CA タイムアウトCA Timeout
  • 同時ユーザー数の制限Concurrent User Limit
  • 継続的に利用可能Continuously Available
  • 説明Description
  • [データの暗号化]Encrypt Data
  • Id リモート処理Identity Remoting
  • インフラストラクチャInfrastructure
  • 名前Name
  • パスPath
  • スコープScoped
  • スコープ名Scope Name
  • セキュリティ記述子Security Descriptor
  • シャドウコピーShadow Copy
  • SpecialSpecial
  • 一時Temporary

複数のサーバーを1台のサーバーに統合することはできますか。Can I consolidate multiple servers into one server?

Windows Server 2019 に出荷された Storage Migration Service のバージョンでは、複数のサーバーを1台のサーバーに統合することはできません。The Storage Migration Service version shipped in Windows Server 2019 doesn't support consolidating multiple servers into one server. 統合の例としては、3つの異なるソースサーバーを移行する場合があります。これには、同じ共有名とローカルファイルパスが存在する可能性があります。これらのパスと共有を仮想化して、重複や衝突を防止し、3つの以前のサーバー名と IP アドレスすべてに応答します。An example of consolidation would be migrating three separate source servers - which may have the same share names and local file paths - onto a single new server that virtualized those paths and shares to prevent any overlap or collision, then answered all three previous servers names and IP address. ただし、スタンドアロンサーバーを1つのクラスター上の複数のファイルサーバーリソースに移行することはできます。You can migrate standalone servers onto multiple file server resources on a single cluster, however.

Windows Server 以外のソースから移行できますか?Can I migrate from sources other than Windows Server?

記憶域移行サービスは、累積的な更新プログラム KB4513534 またはそれ以降の更新プログラムのインストール後に、Samba Linux サーバーからの移行をサポートします。The Storage Migration Service supports migrating from Samba Linux servers after installation of cumulative update KB4513534 or subsequent updates. サポートされている Samba のバージョンと Linux ディストリビューションの一覧については、要件を参照してください。See the requirements for a list of supported Samba versions and Linux distros.

以前のバージョンのファイルを移行できますか?Can I migrate previous file versions?

Windows Server 2019 に出荷された記憶域移行サービスのバージョンでは、ファイルの以前のバージョン (ボリュームシャドウコピーサービスを使用した) の移行はサポートされていません。The Storage Migration Service version shipped in Windows Server 2019 doesn't support migrating Previous Versions (made with the volume shadow copy service) of files. 現在のバージョンのみが移行されます。Only the current version will migrate.

インベントリと転送のパフォーマンスの最適化Optimizing inventory and transfer performance

Storage Migration Service には、Storage Migration Service プロキシサービスと呼ばれるマルチスレッドの読み取りおよびコピーエンジンが含まれています。これは、多くのファイルコピーツールではなく、データの忠実性を完全に再現することを目的として設計されています。The Storage Migration Service contains a multi-threaded read and copy engine called the Storage Migration Service Proxy service which we designed to be both fast as well as bring along perfect data fidelity lacking in many file copy tools. 既定の構成は多くのお客様に最適ですが、インベントリおよび転送中に SMS のパフォーマンスを向上させる方法があります。While the default configuration will be optimal for many customers, there are ways to improve SMS performance during inventory and transfer.

  • 対象のオペレーティングシステムに Windows Server 2019 を使用します。Use Windows Server 2019 for the destination operating system. Windows Server 2019 には、Storage Migration Service プロキシサービスが含まれています。Windows Server 2019 contains the Storage Migration Service Proxy service. この機能をインストールして Windows Server 2019 の変換先に移行すると、すべての転送は、ソースと宛先の間で直接表示されるように動作します。When you install this feature and migrate to Windows Server 2019 destinations, all transfers operate as direct line of sight between source and destination. 対象のコンピューターが Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2016 の場合、このサービスは、転送中に orchestrator 上で実行されます。これは、転送がダブルホップで、処理速度が大幅に低下することを意味します。This service runs on the orchestrator during transfer if the destination computers are Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2016, which means the transfers double-hop and will be much slower. Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2016 の変換先で複数のジョブが実行されている場合、orchestrator はボトルネックになります。If there are multiple jobs running with Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2016 destinations, the orchestrator will become a bottleneck.

  • 最新の毎月の累積的な更新プログラムをインストールします。Install latest monthly Cumulative Update. 転送と再転送のパフォーマンスを向上させるため、およびインベントリのパフォーマンスを向上させるために、いくつかの更新プログラムで Storage Migration Service プロキシサービスを改善しました。We have improved the Storage Migration Service Proxy service in several updates for better transfer and re-transfer performance, as well as Inventory performance. 速度を大幅に向上させるために、 2020 年10月の累積的な更新プログラム 以降の KB4580390 をインストールします。Install KB4580390 October 2020 Cumulative Update or later to gain significant speed improvements.

  • 既定の転送スレッドを変更します。Alter default transfer threads. 記憶域移行サービスのプロキシサービスは、指定されたジョブで8個のファイルを同時にコピーします。The Storage Migration Service Proxy service copies 8 files simultaneously in a given job. Storage Migration Service プロキシを実行しているすべてのノードで、次のレジストリ REG_DWORD 値の名前を10進数で調整することにより、同時コピースレッド数を増やすことができます。You can increase the number of simultaneous copy threads by adjusting the following registry REG_DWORD value name in decimal on every node running the Storage Migration Service Proxy:

    HKEY_Local_Machine \Software\Microsoft\SMSProxyHKEY_Local_Machine\Software\Microsoft\SMSProxy

    FileTransferThreadCountFileTransferThreadCount

    Windows Server 2019 では、有効な範囲は 1 ~ 512 です。The valid range is 1 to 512 in Windows Server 2019. 新しいジョブを作成する限り、この設定の使用を開始するために、サービスを再起動する必要はありません。You don't need to restart the service to start using this setting as long as you create a new job. この設定には注意してください。この値を高く設定すると、追加のコア、記憶域のパフォーマンス、およびネットワーク帯域幅が必要になる場合があります。Use caution with this setting; setting it higher may require additional cores, storage performance, and network bandwidth. 設定値が高すぎると、既定の設定と比較してパフォーマンスが低下する可能性があります。Setting it too high may lead to reduced performance compared to default settings.

  • 既定の並列共有スレッドを変更します。Alter default parallel share threads. 記憶域移行サービスプロキシサービスは、指定されたジョブ内で同時に8個の共有からコピーします。The Storage Migration Service Proxy service copies from 8 shares simultaneously in a given job. Storage Migration Service orchestrator サーバーで次のレジストリ REG_DWORD 値の名前を10進数で調整することにより、同時共有スレッド数を増やすことができます。You can increase the number of simultaneous share threads by adjusting the following registry REG_DWORD value name in decimal on the Storage Migration Service orchestrator server:

    HKEY_Local_Machine \Software\Microsoft\SMSHKEY_Local_Machine\Software\Microsoft\SMS

    EndpointFileTransferTaskCountEndpointFileTransferTaskCount

    Windows Server 2019 では、有効な範囲は 1 ~ 512 です。The valid range is 1 to 512 in Windows Server 2019. 新しいジョブを作成する限り、この設定の使用を開始するために、サービスを再起動する必要はありません。You don't need to restart the service to start using this setting as long as you create a new job. この設定には注意してください。この値を高く設定すると、追加のコア、記憶域のパフォーマンス、およびネットワーク帯域幅が必要になる場合があります。Use caution with this setting; setting it higher may require additional cores, storage performance, and network bandwidth. 設定値が高すぎると、既定の設定と比較してパフォーマンスが低下する可能性があります。Setting it too high may lead to reduced performance compared to default settings.

    FileTransferThreadCount と EndpointFileTransferTaskCount の合計は、Storage Migration Service がジョブ内の1つのソースノードから同時にコピーできるファイルの数です。The sum of FileTransferThreadCount and EndpointFileTransferTaskCount is how many files the Storage Migration Service can simultaneously copy from one source node in a job. 並列ソースノードをさらに追加するには、より多くの同時ジョブを作成して実行します。To add more parallel source nodes, create and run more simultaneous jobs.

  • コアとメモリを追加します。Add cores and memory. ソース、orchestrator、および対象のコンピューターには少なくとも2つのプロセッサコアまたは2つの vCPUs があることを強くお勧めします。これにより、特に FileTransferThreadCount (上記の) と組み合わせた場合に、インベントリと転送のパフォーマンスを大幅に向上させることができます。We strongly recommend that the source, orchestrator, and destination computers have at least two processor cores or two vCPUs, and more can significantly aid inventory and transfer performance, especially when combined with FileTransferThreadCount (above). 通常の Office 形式 (ギガバイト以上) を超えるファイルを転送する場合は、既定の2GB よりも多くのメモリを利用した方がパフォーマンスが向上します。When transferring files that are larger than the usual Office formats (gigabytes or greater) transfer performance will benefit from more memory than the default 2GB minimum.

  • 複数のジョブを作成します。Create multiple jobs. 複数のサーバーソースを持つジョブを作成する場合、各サーバーは、インベントリ、転送、およびカットオーバーのために、直列に接続されます。When creating a job with multiple server sources, each server is contacted in serial fashion for inventory, transfer, and cutover. つまり、各サーバーは、別のサーバーが起動する前にフェーズを完了する必要があります。This means that each server must complete its phase before another server starts. 複数のサーバーを並行して実行するには、各ジョブに1つのサーバーのみを含む複数のジョブを作成するだけです。To run more servers in parallel, simply create multiple jobs, with each job containing only one server. SMS では、同時に最大で100のジョブを実行できます。つまり、1つの orchestrator が多数の Windows Server 2019 対象コンピューターを並列化できます。SMS supports up to 100 simultaneously running jobs, meaning a single orchestrator can parallelize many Windows Server 2019 destination computers. 対象のコンピューターが Windows Server 2016 または Windows Server 2012 R2 の場合、移行先で SMS プロキシサービスが実行されていない場合は、複数の並列ジョブを実行しないことをお勧めします。 orchestrator は、すべての転送を実行する必要があり、ボトルネックになる可能性があります。We do not recommend running multiple parallel jobs if your destination computers are Windows Server 2016 or Windows Server 2012 R2 as without the SMS proxy service running on the destination, the orchestrator must perform all transfers itself and could become a bottleneck. サーバーを1つのジョブ内で並列に実行する機能は、新しいバージョンの SMS で追加する予定です。The ability for servers to run in parallel inside a single job is a feature we plan to add in a later version of SMS.

  • RDMA ネットワークで SMB 3 を使用します。Use SMB 3 with RDMA networks. Windows Server 2012 以降のソースコンピューターから転送する場合、smb 3.x は SMB Direct モードと RDMA ネットワークをサポートします。If transferring from a Windows Server 2012 or later source computer, SMB 3.x supports SMB Direct mode and RDMA networking. RDMA は、マザーボードの Cpu からの転送にかかる CPU コストを最も多く移動し、待機時間とサーバーの CPU 使用率を削減します。RDMA moves most CPU cost of transfer from the motherboard CPUs to onboard NIC processors, reducing latency and server CPU utilization. さらに、ROCE や iWARP のような RDMA ネットワークは、通常の TCP/イーサネットよりもはるかに高い帯域幅を備えています。これには、インターフェイスあたり25、50、100 Gb の速度が含まれます。In addition, RDMA networks like ROCE and iWARP typically have substantially higher bandwidth than typical TCP/ethernet, including 25, 50, and 100Gb speeds per interface. 通常、SMB ダイレクトを使用すると、ネットワークから記憶域自体に転送速度の制限が移動します。Using SMB Direct typically moves the transfer speed limit from the network down to the storage itself.

  • SMB 3 マルチチャネルを使用します。Use SMB 3 multichannel. Windows Server 2012 以降のソースコンピューターから転送する場合、SMB 2.x では、ファイルコピーのパフォーマンスを大幅に向上させることができるマルチチャネルコピーがサポートされます。If transferring from a Windows Server 2012 or later source computer, SMB 3.x supports multichannel copies that can greatly improve file copy performance. この機能は、移行元と移行先の両方が次のことを行う限り、自動的に機能します。This feature works automatically as long as the source and destination both have:

    • 複数のネットワーク アダプターMultiple network adapters
    • Receive Side Scaling (RSS) をサポートする 1 つ以上のネットワーク アダプターOne or more network adapters that support Receive Side Scaling (RSS)
    • NIC チーミングを使用して構成されているその他のネットワークアダプターの1つOne of more network adapters that are configured by using NIC Teaming
    • RDMA をサポートしているネットワーク アダプター 1 つ以上One or more network adapters that support RDMA
  • ドライバーを更新します。Update drivers. 必要に応じて、最新のベンダーの記憶域とエンクロージャのファームウェアとドライバー、最新のベンダーの HBA ドライバー、最新のベンダーの BIOS/UEFI ファームウェア、最新のベンダーのネットワークドライバー、最新のマザーボードのチップセットドライバーを、ソース、ターゲット、および orchestrator サーバーにインストールします。As appropriate, install latest vendor storage and enclosure firmware and drivers, latest vendor HBA drivers, latest vendor BIOS/UEFI firmware, latest vendor network drivers, and latest motherboard chipset drivers on source, destination, and orchestrator servers. 必要に応じてノードを再起動します。Restart nodes as needed. 共有記憶域およびネットワーク ハードウェアの構成については、ハードウェア ベンダーのドキュメントを参照してください。Consult your hardware vendor documentation for configuring shared storage and networking hardware.

  • 高パフォーマンスの処理を有効にします。Enable high-performance processing. サーバーの BIOS および UEFI の設定が、C 状態の無効化、QPI 速度の設定、NUMA の有効化、最大メモリ動作周波数の設定など、高パフォーマンスを有効にする設定であることを確認します。Ensure that BIOS/UEFI settings for servers enable high performance, such as disabling C-State, setting QPI speed, enabling NUMA, and setting highest memory frequency. Windows Server の電源管理が高パフォーマンスに設定されていることを確認します。Ensure power management in Windows Server is set to High Performance. 必要に応じて再起動します。Restart as required. 移行が完了したら、必ずこれらの状態を適切な状態に戻してください。Don't forget to return these to appropriate states after completing migration.

  • ハードウェアの調整 Windows server 2019 と Windows Server 2016 を実行する orchestrator および対象コンピューターのチューニングについては、「 Windows server 2016 のパフォーマンスチューニングガイドライン 」を参照してください。Tune hardware Review the Performance Tuning Guidelines for Windows Server 2016 for tuning the orchestrator and destination computers running Windows Server 2019 and Windows Server 2016. ネットワークサブシステムのパフォーマンスチューニングに関するセクションには、特に重要な情報が含まれています。The Network Subsystem Performance Tuning section contains especially valuable information.

  • より高速なストレージを使用します。Use faster storage. ソースコンピューターのストレージ速度をアップグレードするのは困難な場合がありますが、転送時に不要なボトルネックが発生しないようにするために、ソースが読み取り IO パフォーマンスであるため、宛先ストレージの書き込み IO パフォーマンスが少なくとも高速であることを確認する必要があります。While it may be difficult to upgrade the source computer storage speed, you should ensure the destination storage is at least as fast at write IO performance as the source is at read IO performance in order to ensure there is no unnecessary bottleneck in transfers. 移行先が VM の場合は、少なくとも移行の目的で、少なくとも移行のために、フラッシュ層、ミラー化されたすべてのフラッシュまたはハイブリッドスペースを使用する記憶域スペースダイレクト HCI クラスターなどのハイパーバイザーホストの最速のストレージ層で実行されることを確認します。If the destination is a VM, ensure that, at least for the purposes of migration, it runs in the fastest storage layer of your hypervisor hosts, such as on the flash tier or with Storage Spaces Direct HCI clusters utilizing mirrored all-flash or hybrid spaces. SMS の移行が完了したら、低速の層またはホストに VM をライブマイグレーションできます。When the SMS migration is complete the VM can be live migrated to a slower tier or host.

  • ウイルス対策ソフトウェアを更新します。Update antivirus. パフォーマンスのオーバーヘッドを最小限に抑えるために、移行元と移行先がウイルス対策ソフトウェアの最新のパッチバージョンを実行していることを必ず確認してください。Always ensure your source and destination are running the latest patched version of antivirus software to ensure minimal performance overhead. テストとして、移行元サーバーと移行先サーバーでインベントリまたは移行しているフォルダーのスキャンを 一時的 に除外することができます。As a test, you can temporarily exclude scanning of folders you're inventorying or migrating on the source and destination servers. 転送のパフォーマンスが向上した場合は、ウイルス対策ソフトウェアベンダーに問い合わせて、ウイルス対策ソフトウェアの更新版、または予想されるパフォーマンス低下について説明してください。If your transfer performance is improved, contact your antivirus software vendor for instructions or for an updated version of the antivirus software or an explanation of expected performance degradation.

NTFS から REFS に移行できますか?Can I migrate from NTFS to REFS?

Windows Server 2019 に出荷された記憶域移行サービスのバージョンでは、NTFS から REFS ファイルシステムへの移行はサポートされていません。The Storage Migration Service version shipped in Windows Server 2019 doesn't support migrating from the NTFS to REFS file systems. NTFS から NTFS および REFS から ReFS に移行できます。You can migrate from NTFS to NTFS and REFS to ReFS. これは仕様によるものです。これは、機能、メタデータ、および参照が NTFS と重複しないという点に多くの違いがあるためです。This is by design, due to the many differences in functionality, metadata, and other aspects that ReFS doesn't duplicate from NTFS. ReFS は、一般的なファイルシステムではなく、アプリケーションワークロードファイルシステムとして使用することを目的としています。ReFS is intended as an application workload file system, not a general file system. 詳細については、「弾力性ファイルシステム (ReFS) の概要」を参照してください。For more information, see Resilient File System (ReFS) overview

Storage Migration Service データベースを移動できますか。Can I move the Storage Migration Service database?

Storage Migration Service では、hidden c:\programdata\microsoft\storagemigrationservice フォルダーに既定でインストールされる拡張ストレージエンジン (ESE) データベースを使用します。The Storage Migration Service uses an extensible storage engine (ESE) database that is installed by default in the hidden c:\programdata\microsoft\storagemigrationservice folder. ジョブが追加され、転送が完了すると、このデータベースは拡張されます。ジョブを削除しない場合は、何百万ものファイルを移行した後で、大きなドライブ領域を消費する可能性があります。This database will grow as jobs are added and transfers are completed, and can consume significant drive space after migrating millions of files if you do not delete jobs. データベースを移動する必要がある場合は、次の手順を実行します。If the database needs to move, perform the following steps:

  1. Orchestrator コンピューターの "Storage Migration Service" サービスを停止します。Stop the "Storage Migration Service" service on the orchestrator computer.

  2. フォルダーの所有権を取得する %programdata%/Microsoft/StorageMigrationServiceTake ownership of the %programdata%/Microsoft/StorageMigrationService folder

  3. ユーザーアカウントを追加して、その共有とそのすべてのファイルとサブフォルダーを完全に制御できるようにします。Add your user account to have full control over that share and all of its files and subfolders.

  4. フォルダーを orchestrator コンピューターの別のドライブに移動します。Move the folder to another drive on the orchestrator computer.

  5. 次のレジストリ REG_SZ 値を設定します。Set the following registry REG_SZ value:

    HKEY_Local_Machine \Software\Microsoft\SMS DatabasePath = 別のボリューム上の新しいデータベースフォルダーへのパスHKEY_Local_Machine\Software\Microsoft\SMS DatabasePath = path to the new database folder on a different volume

  6. システムがそのフォルダーのすべてのファイルとサブフォルダーに対してフルコントロールを持っていることを確認するEnsure that SYSTEM has full control to all files and subfolders of that folder

  7. 自分のアカウントのアクセス許可を削除します。Remove your own accounts permissions.

  8. "Storage Migration Service" サービスを開始します。Start the "Storage Migration Service" service.

記憶域移行サービスは、ソースコンピューターからローカルにインストールされたアプリケーションを移行しますか。Does the Storage Migration Service migrate locally installed applications from the source computer?

いいえ。記憶域移行サービスは、ローカルにインストールされているアプリケーションを移行しません。No, the Storage Migration Service doesn't migrate locally installed applications. 移行が完了したら、ソースコンピューター上で実行されていた対象コンピューターにアプリケーションを再インストールします。After you complete migration, re-install any applications onto the destination computer that were running on the source computer. ユーザーやアプリケーションを再構成する必要はありません。Storage Migration Service は、サーバーの変更をクライアントに対して非表示にするように設計されています。There's no need to reconfigure any users or their applications; the Storage Migration Service is designed to make the server change invisible to clients.

移行先サーバーの既存のファイルはどうなりますか。What happens with existing files on the destination server?

転送を実行すると、記憶域移行サービスは、移行元サーバーからのデータをミラー化することを探します。When performing a transfer, the Storage Migration Service seeks to mirror data from the source server. データが上書きされる可能性があるため、移行先サーバーに実稼働データまたは接続されているユーザーを含めることはできません。The destination server should not contain any production data or connected users, as that data could be overwritten. 既定では、最初の転送によって、移行先サーバー上のデータのバックアップコピーが保護機能として作成されます。By default, the first transfer makes a backup copy of any data on the destination server as a safeguard. 以降のすべての転送で、既定では、ストレージ移行サービスはデータを転送先にミラー化します。これは、新しいファイルを追加するだけでなく、任意の既存のファイルを上書きし、ソースに存在しないファイルを削除することを意味します。On all subsequent transfers, by default, the Storage Migration Service will mirror data onto the destination; this means not only adding new files, but also arbitrarily overwriting any existing files and deleting any files not present on the source. この動作は意図的なものであり、ソースコンピューターに対して完全な忠実性を提供します。This behavior is intentional and provides perfect fidelity with the source computer.

CSV 転送でのエラー番号の意味What do the error numbers mean in the transfer CSV?

転送 CSV ファイルで検出されたほとんどのエラーは、Windows システムエラーコードです。Most errors found in the transfer CSV file are Windows System Error Codes. 各エラーの意味を確認するには、 Win32 エラーコードのドキュメントを参照してください。You can find out what each error means by reviewing the Win32 error codes documentation.

移行先サーバーで既存の証明書が更新されているかどうか。Are existing certificates updated on the destination server during cutover?

移行先サーバーには、ローカルの証明書ストアに移動する前に発行された証明書が含まれている場合があります。この場合、サーバーの名前がサブジェクト、サブジェクトの別名、またはその他のフィールドに含まれています。A destination server may contain certificates - issued prior to cutover - in its local certificate store, with the name of the server being part of the subject, subject alternative name, or other fields. カットオーバーが発生し、サーバーの名前が変更されても、これらの証明書は更新されません。When cutover occurs and the server is renamed, these certificates are not updated. グループポリシーや web 登録など、現在の展開方法を使用して、新しく名前を変更したサーバーに証明書を再発行する必要があります。You must reissue certificates to your newly renamed servers using your current deployment methods, such as Group Policy or web enrollment.

フィードバックの提供、バグの報告、サポートを受けるためのオプションは何ですか?What are my options to give feedback, file bugs, or get support?

ストレージ移行サービスに関するフィードバックを提供するには:To give feedback on the Storage Migration Service:

  • Windows 10 に含まれているフィードバックハブツールを使用して、[機能の提案] をクリックし、[Windows Server] と [記憶域の移行] のカテゴリを指定します。Use the Feedback Hub tool included in Windows 10, clicking "Suggest a Feature", and specifying the category of "Windows Server" and subcategory of "Storage Migration"
  • Windows Server UserVoiceサイトを使用するUse the Windows Server UserVoice site
  • smsfeed@microsoft.com へのメールEmail smsfeed@microsoft.com

バグを報告するには:To file bugs:

  • Windows 10 に含まれているフィードバックハブツールを使用し、[問題の報告] をクリックして、"Windows Server" と "Storage Migration" のカテゴリを指定します。Use the Feedback Hub tool included in Windows 10, clicking "Report a Problem", and specifying the category of "Windows Server" and subcategory of "Storage Migration"
  • Microsoft サポートを使用してサポートケースを開くOpen a support case via Microsoft Support

サポートを受けるには:To get support:

その他のリファレンスAdditional References