よく寄せられる質問 (FAQ) の記憶域の移行サービスStorage Migration Service frequently asked questions (FAQ)

このトピックを使用してに関するよく寄せられる質問 (Faq) への回答を含む記憶域の移行サービスサーバーを移行します。This topic contains answers to frequently asked questions (FAQs) about using Storage Migration Service to migrate servers.

どのようなファイルとフォルダーは、転送から除外されますか。What files and folders are excluded from transfers?

記憶域の移行サービスには、Windows オペレーションに干渉する可能性がわかっているファイルやフォルダーを転送しません。Storage Migration Service won't transfer files or folders that we know could interfere with Windows operation. 具体的には、ここでは、どのようなしません転送 PreExistingData フォルダーに、先に移動します。Specifically, here's what we won't transfer or move into the PreExistingData folder on the destination:

  • Windows では、プログラム ファイル、Program Files (x86)、Program Data, ユーザーWindows, Program Files, Program Files (x86), Program Data, Users
  • $Recycle.bin、recycler、Recycled、システム ボリューム情報、$UpgDrv$、$SysReset、$Windows ~ $Windows。 bt によって ~ %.ls、Windows.old、ブート、回復、Documents and Settings。$Recycle.bin, Recycler, Recycled, System Volume Information, $UpgDrv$, $SysReset, $Windows.~BT, $Windows.~LS, Windows.old, boot, Recovery, Documents and Settings
  • pagefile.sys, hiberfil.sys, swapfile.sys, winpepge.sys, config.sys, bootsect.bak, bootmgr, bootnxtpagefile.sys, hiberfil.sys, swapfile.sys, winpepge.sys, config.sys, bootsect.bak, bootmgr, bootnxt
  • ファイルやフォルダーと競合する移行元サーバーで、変換先のフォルダーを除外します。Any files or folders on the source server that conflicts with excluded folders on the destination.
    たとえば、N:\Windows フォルダーがソースであるし、C:\ にマップされます。ボリューム、先に転送されませんの取得-含まれるものに関係なく — ため先に C:\Windows システム フォルダーに影響すること。For example, if there's a N:\Windows folder on the source and it gets mapped to the C:\ volume on the destination, it won't get transferred—regardless of what it contains—because it would interfere with the C:\Windows system folder on the destination.

ドメインの移行がサポートされますか。Are domain migrations supported?

記憶域の移行サービスは、Active Directory ドメイン間の移行を許可されません。Storage Migration Service doesn't allow migrating between Active Directory domains. 常にサーバー間の移行は、移行先サーバーに同じドメインに参加します。Migrations between servers will always join the destination server to the same domain. Active Directory フォレスト内の別のドメインからの移行の資格情報を使用できます。You can use migration credentials from different domains in the Active Directory forest. 記憶域の移行サービスは、ワークグループ間の移行はサポートします。The Storage Migration Service does support migrating between workgroups.

クラスターは、ソースまたは変換先としてサポートされますか。Are clusters supported as sources or destinations?

現時点で記憶域の移行サービスは Windows Server 2019 のクラスター間で移行します。Storage Migration Service doesn't currently migrate between Clusters in Windows Server 2019. 記憶域の移行サービスの今後のリリースのクラスター サポートを追加する予定です。We plan to add cluster support in a future release of the Storage Migration Service.

ローカル グループとローカル ユーザーを移行しますか。Do local groups and local users migrate?

現在は記憶域の移行サービスを移行するは、ローカルのユーザーまたは Windows Server 2019 内のローカル グループ。Storage Migration Service doesn't currently migrate local users or local groups in Windows Server 2019. ローカル ユーザーとローカル グループの移行は、記憶域の移行サービスの今後のリリースでサポートを追加する予定です。We plan to add local user and local group migration support in a future release of the Storage Migration Service.

ドメイン コント ローラーへの移行がサポートされますか。Is domain controller migration supported?

記憶域の移行サービスでは、Windows Server 2019 のドメイン コント ローラーが移行現在しません。Storage Migration Service doesn't currently migrate domain controllers in Windows Server 2019. この問題を回避するを Active Directory ドメインでは、複数のドメイン コント ローラーがある限り、降格する前に、ドメイン コント ローラー カット オーバーの完了後、変換先を昇格し、移行します。As a workaround, as long as you have more than one domain controller in the Active Directory domain, demote the domain controller before migrating it, then promote the destination after cut over completes. 記憶域の移行サービスの今後のリリースでドメイン コント ローラーの移行のサポートを追加する予定です。We plan to add domain controller migration support in a future release of the Storage Migration Service.

記憶域の移行サービスでは、どのような属性を移行しますか。What attributes are migrated by the Storage Migration Service?

記憶域の移行サービスは、すべてのフラグ、設定、およびセキュリティの SMB 共有を移行します。Storage Migration Service migrates all flags, settings, and security of SMB shares. 記憶域の移行サービスに移行するフラグの一覧は次のとおりです。That list of flags that Storage Migration Service migrates includes:

- <span data-ttu-id="e0b01-131">共有状態</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-131">Share State</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-132">可用性の種類</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-132">Availability Type</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-133">共有の種類</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-133">Share Type</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-134">フォルダーの列挙モード*とも呼ばれるアクセス ベースの列挙 (ABE)*</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-134">Folder Enumeration Mode *(aka Access-Based Enumeration or ABE)*</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-135">キャッシュ モード</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-135">Caching Mode</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-136">リースのモード</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-136">Leasing Mode</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-137">Smb インスタンス</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-137">Smb Instance</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-138">CA のタイムアウト</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-138">CA Timeout</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-139">同時ユーザー数の制限</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-139">Concurrent User Limit</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-140">継続的に使用できます。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-140">Continuously Available</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-141">説明</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-141">Description</span></span>           
- <span data-ttu-id="e0b01-142">データを暗号化します。</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-142">Encrypt Data</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-143">Identity のリモート処理</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-143">Identity Remoting</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-144">インフラストラクチャ</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-144">Infrastructure</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-145">名前</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-145">Name</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-146">パス</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-146">Path</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-147">スコープ</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-147">Scoped</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-148">スコープ名</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-148">Scope Name</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-149">セキュリティ記述子</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-149">Security Descriptor</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-150">シャドウ コピー</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-150">Shadow Copy</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-151">特別です</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-151">Special</span></span>
- <span data-ttu-id="e0b01-152">一時</span><span class="sxs-lookup"><span data-stu-id="e0b01-152">Temporary</span></span>

記憶域の移行サービス データベースを移動することができますか。Can I move the Storage Migration Service database?

記憶域の移行サービスでは、既定で非表示の c:\programdata\microsoft\storagemigrationservice フォルダーにインストールされている拡張可能なストレージ エンジン (ESE) データベースを使用します。The Storage Migration Service uses an extensible storage engine (ESE) database that is installed by default in the hidden c:\programdata\microsoft\storagemigrationservice folder. ジョブが追加され、転送が完了し、移行後に大幅なドライブの領域を消費する、このデータベースは拡張が数百万のファイルの場合、ジョブを削除しないでください。This database will grow as jobs are added and transfers are completed, and can consume significant drive space after migrating millions of files if you do not delete jobs. データベースを移動する場合は、次の手順に従います。If the database needs to move, perform the following steps:

  1. Orchestrator コンピューターの「記憶域の移行サービス」サービスを停止します。Stop the "Storage Migration Service" service on the orchestrator computer.

  2. 所有権を取得、%programdata%/Microsoft/StorageMigrationServiceフォルダーTake ownership of the %programdata%/Microsoft/StorageMigrationService folder

  3. 完全に制御を共有するユーザー アカウントとすべてのファイルとサブフォルダーを追加します。Add your user account to have full control over that share and all of its files and subfolders.

  4. Orchestrator コンピューターのフォルダーを別のドライブに移動します。Move the folder to another drive on the orchestrator computer.

  5. 次のレジストリの REG_SZ 値を設定します。Set the following registry REG_SZ value:

    HKEY_Local_Machine\Software\Microsoft\SMS DatabasePath =別のボリュームに新しいデータベース フォルダーのパスをします。HKEY_Local_Machine\Software\Microsoft\SMS DatabasePath = path to the new database folder on a different volume .

  6. システムがすべてのファイルとフォルダーのサブフォルダーへのフル コントロールを持っていることを確認します。Ensure that SYSTEM has full control to all files and subfolders of that folder

  7. 自分のアカウントのアクセス許可を削除します。Remove your own accounts permissions.

  8. 「記憶域の移行サービス」サービスを開始します。Start the "Storage Migration Service" service.

Windows Server 以外のソースから移行できますか。Can I migrate from sources other than Windows Server?

Windows Server 2019 に付属して記憶域の移行サービスのバージョンでは、Windows Server 2003 以降のオペレーティング システムからの移行をサポートします。The Storage Migration Service version shipped in Windows Server 2019 supports migrating from Windows Server 2003 and later operating systems. 現在、Linux、Samba、NetApp、EMC、またはその他の SAN および NAS ストレージ デバイスから移行できません。It cannot currently migrate from Linux, Samba, NetApp, EMC, or other SAN and NAS storage devices. 記憶域の移行サービス, Linux Samba サポート開始の将来のバージョンでこれを可能にする予定です。We plan to allow this in a future version of Storage Migration Service, starting with Linux Samba support.

以前のバージョンのファイルを移行できますか。Can I migrate previous file versions?

Windows Server 2019 の付属ストレージ移行サービスのバージョンでは、移行する以前のバージョンで作成されたボリュームのシャドウ コピー サービス) のファイルをサポートしていません。The Storage Migration Service version shipped in Windows Server 2019 doesn't support migrating Previous Versions (made with the volume shadow copy service) of files. 現在のバージョンのみが移行されます。Only the current version will migrate.

REFS を NTFS から移行できますか。Can I migrate from NTFS to REFS?

Windows Server 2019 の付属ストレージ移行サービスのバージョンでは、NTFS から REFS ファイル システムへの移行をサポートしていません。The Storage Migration Service version shipped in Windows Server 2019 doesn't support migrating from the NTFS to REFS file systems. NTFS から NTFS および ReFS を REFS に移行することができます。You can migrate from NTFS to NTFS and REFS to ReFS. これは、機能、メタデータ、および NTFS から ReFS が重複していない他の側面では、多くの違いのための仕様です。This is by design, due to the many differences in functionality, metadata, and other aspects that ReFS doesn't duplicate from NTFS. ReFS では、アプリケーションのワークロード ファイル システム、一般的なファイル システムではありません。ReFS is intended as an application workload file system, not a general file system. 詳細については、次を参照してくださいResilient File System (ReFS) の概要。For more information, see Resilient File System (ReFS) overview

1 つのサーバーに複数のサーバーを統合できますか。Can I consolidate multiple servers into one server?

Windows Server 2019 の付属ストレージ移行サービスのバージョンでは、1 つのサーバーに複数のサーバーの統合をサポートしていません。The Storage Migration Service version shipped in Windows Server 2019 doesn't support consolidating multiple servers into one server. -同じ共有名があります。 次の 3 つの別のソース サーバーの統合の例を移行すると、ローカル ファイル パス - これらのパスと、重複または競合の発生を防ぐための共有を仮想化を 1 つの新しいサーバーに 3 つすべてに回答しました前のサーバー名と IP アドレス。An example of consolidation would be migrating three separate source servers - which may have the same share names and local file paths - onto a single new server that virtualized those paths and shares to prevent any overlap or collision, then answered all three previous servers names and IP address. 記憶域の移行サービスの今後のバージョンでこの機能を追加する可能性があります。We may add this functionality in a future version of the Storage Migration Service.

インベントリと転送のパフォーマンスを最適化します。Optimizing inventory and transfer performance

記憶域の移行サービスには、マルチ スレッドの読み書きを高速の両方を指定できるだけでなく、完全なデータ忠実性は多くのファイル コピー ツールで不足しているに沿って表示できるように設計された記憶域の移行サービスのプロキシ サービスと呼ばれるコピー エンジンが含まれています。The Storage Migration Service contains a multi-threaded read and copy engine called the Storage Migration Service Proxy service which we designed to be both fast as well as bring along perfect data fidelity lacking in many file copy tools. 既定の構成は、多くのお客様に最適なされますは、インベントリおよび転送中に SMS のパフォーマンスを向上させる方法があります。While the default configuration will be optimal for many customers, there are ways to improve SMS performance during inventory and transfer.

  • 対象のオペレーティング システムの Windows Server 2019 を使用します。Use Windows Server 2019 for the destination operating system. Windows Server 2019 には、記憶域の移行サービスのプロキシ サービスが含まれています。Windows Server 2019 contains the Storage Migration Service Proxy service. この機能をインストール先の Windows Server 2019 に移行すると、すべての転送は、ソースとターゲットの間の直接視野として動作します。When you install this feature and migrate to Windows Server 2019 destinations, all transfers operate as direct line of sight between source and destination. このサービスは転送中に、orchestrator で実行セットアップ先のコンピューターは大幅に遅くなりますが、Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2016 では、転送、ダブルホップ場合。This service runs on the orchestrator during transfer if the destination computers are Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2016, which means the transfers double-hop and will be much slower. Windows Server 2012 R2 または Windows Server 2016 の変換先で実行されている複数のジョブがある場合は、オーケストレーターがボトルネックになります。If there are multiple jobs running with Windows Server 2012 R2 or Windows Server 2016 destinations, the orchestrator will become a bottleneck.

  • 既定の転送のスレッドを変更します。Alter default transfer threads. 記憶域の移行サービスのプロキシ サービスは、特定のジョブで同時に 8 つのファイルをコピーします。The Storage Migration Service Proxy service copies 8 files simultaneously in a given job. SMS のプロキシを実行しているすべてのノードでは、10 進数で次のレジストリ REG_DWORD 値の名前を調整することによって、同時コピーのスレッドの数を増やすことができます。You can increase the number of simultaneous copy threads by adjusting the following registry REG_DWORD value name in decimal on every node running the SMS Proxy:

    HKEY_Local_Machine\Software\Microsoft\SMSProxy FileTransferThreadCountHKEY_Local_Machine\Software\Microsoft\SMSProxy FileTransferThreadCount

    有効範囲は、Windows Server 2019 では、1 ~ 128 です。The valid range is 1 to 128 in Windows Server 2019. 変更した後は、移行に参加しているすべてのコンピューター上の記憶域の移行サービスのプロキシ サービスを再起動する必要があります。After changing you must restart the Storage Migration Service Proxy service on all computers participating in a migration. この設定は注意が必要追加のコア、記憶域のパフォーマンス、およびネットワーク帯域幅、高く設定することが必要があります。Use caution with this setting; setting it higher may require additional cores, storage performance, and network bandwidth. 設定が高すぎると、既定の設定と比較してパフォーマンスが低下する可能性があります。Setting it too high may lead to reduced performance compared to default settings. SMS の以降のバージョンでは、ヒューリスティックによって、CPU、メモリ、ネットワーク、および記憶域に基づいてスレッドの設定を変更する機能は予定です。The ability to heuristically change thread settings based on CPU, memory, network, and storage is planned for a later version of SMS.

  • コアとメモリを追加します。Add cores and memory. ソース、orchestrator、および変換先のコンピューターは、少なくとも 2 つのプロセッサ コアまたは 2 つの Vcpu があるし、FileTransferThreadCount (上記) と組み合わせたときに特にのインベントリと転送のパフォーマンスの詳細は助けが大幅にことを強くお勧めします。We strongly recommend that the source, orchestrator, and destination computers have at least two processor cores or two vCPUs, and more can significantly aid inventory and transfer performance, especially when combined with FileTransferThreadCount (above). 通常の Office 形式よりも大きいファイルを転送するときに (ギガバイト以上) 転送のパフォーマンスは、既定の 2 GB の最小値よりも多くのメモリを得られます。When transferring files that are larger than the usual Office formats (gigabytes or greater) transfer performance will benefit from more memory than the default 2GB minimum.

  • 複数のジョブを作成します。Create multiple job. インベントリ、転送、シリアル方式で各サーバーに接続が複数のソースのサーバーでジョブを作成するときに、カット オーバーします。When creating a job with multiple server sources, each server is contacted in serial fashion for inventory, transfer, and cutover. つまり、各サーバーが別のサーバーを開始する前に、フェーズを完了する必要があります。This means that each server must complete its phase before another server starts. 多くのサーバーを並列で実行するには、だけでサーバーを 1 つだけ格納している各ジョブで複数のジョブを作成します。To run more servers in parallel, simply create multiple jobs, with each job containing only one servers. SMS では、つまり、1 つのオーケストレーターには、多くの Windows Server 2019 セットアップ先のコンピューターを並列化、ジョブの実行を同時に 100 をサポートしています。SMS supports up to 100 simultaneously running jobs, meaning a single orchestrator can parallelize many Windows Server 2019 destination computers. 複数の並列ジョブを実行している場合、セットアップ先のコンピューターが Windows Server 2016 または Windows Server 2012 R2 は、変換先で実行されている、SMS プロキシ サービスでは、ことがなく、orchestrator する必要がありますすべてを実行と転送自体はお勧めしませんし、なる可能性があります、ボトルネックです。We do not recommend running multiple parallel jobs if your destination computers are Windows Server 2016 or Windows Server 2012 R2 as without the SMS proxy service running on the destination, the orchestrator must perform all transfers itself and could become a bottleneck. 1 つのジョブ内で同時に実行するサーバーの機能は、以降のバージョンの SMS で追加する予定の機能です。The ability for servers to run in parallel inside a single job is a feature we plan to add in a later version of SMS.

  • RDMA ネットワークでは、SMB 3 を使用します。Use SMB 3 with RDMA networks. Windows Server 2012 またはそれ以降のソース コンピュータ、SMB 3.x をサポート SMB ダイレクト モードおよび RDMA のネットワークから転送しています。 場合、If transferring from a Windows Server 2012 or later source computer, SMB 3.x supports SMB Direct mode and RDMA networking. RDMA の転送のほとんどの CPU コストからマザーボードの Cpu に移動オンボード NIC プロセッサでは、待ち時間とサーバーの CPU 使用率を減らすことです。RDMA moves most CPU cost of transfer from the motherboard CPUs to onboard NIC processors, reducing latency and server CPU utilization. さらに、RDMA ネットワーク ROCE と iWARP に通常より一般的な TCP/イーサネット、25、50、インターフェイスごとに 100 Gb 速度なども大幅に高帯域幅があります。In addition, RDMA networks like ROCE and iWARP typically have substantially higher bandwidth than typical TCP/ethernet, including 25, 50, and 100Gb speeds per interface. 通常、SMB ダイレクトを使用してストレージ自体までネットワークから転送速度の制限に移動します。Using SMB Direct typically moves the transfer speed limit from the network down to the storage itself.

  • 3 の SMB マルチ チャネルを使用します。Use SMB 3 multichannel. 場合は、Windows Server 2012 またはそれ以降のソース コンピュータから転送ファイルのコピーのパフォーマンスを大幅に向上できます SMB 3.x のサポート マルチ チャネル コピー。If transferring from a Windows Server 2012 or later source computer, SMB 3.x supports multichannel copies that can greatly improve file copy performance. ソースおよび宛先の両方がある限り、この機能は自動的に動作します。This feature works automatically as long as the source and destination both have:

    • 複数のネットワーク アダプターMultiple network adapters
    • Receive Side Scaling (RSS) をサポートする 1 つまたは複数のネットワーク アダプターOne or more network adapters that support Receive Side Scaling (RSS)
    • NIC チーミングを使用して構成されている複数のネットワーク アダプターのいずれかOne of more network adapters that are configured by using NIC Teaming
    • RDMA をサポートしているネットワーク アダプター 1 つ以上One or more network adapters that support RDMA
  • ドライバーを更新します。Update drivers. 必要に応じて、ソース、宛先、および orchestrator を最新のベンダー ストレージとエンクロージャのファームウェアとドライバー、最新のベンダー HBA ドライバー、最新のベンダー BIOS および UEFI ファームウェア、最新のベンダー ネットワーク ドライバー、および最新のマザーボード チップセット ドライバーをインストールします。サーバー。As appropriate, install latest vendor storage and enclosure firmware and drivers, latest vendor HBA drivers, latest vendor BIOS/UEFI firmware, latest vendor network drivers, and latest motherboard chipset drivers on source, destination, and orchestrator servers. 必要に応じてノードを再起動します。Restart nodes as needed. 共有記憶域およびネットワーク ハードウェアの構成については、ハードウェア ベンダーのドキュメントを参照してください。Consult your hardware vendor documentation for configuring shared storage and networking hardware.

  • 高パフォーマンスの処理を有効にします。Enable high-performance processing. サーバーの BIOS および UEFI の設定が、C 状態の無効化、QPI 速度の設定、NUMA の有効化、最大メモリ動作周波数の設定など、高パフォーマンスを有効にする設定であることを確認します。Ensure that BIOS/UEFI settings for servers enable high performance, such as disabling C-State, setting QPI speed, enabling NUMA, and setting highest memory frequency. Windows Server での電源管理が高パフォーマンスに設定されていることを確認します。Ensure power management in Windows Server is set to High Performance. 必要に応じて再起動します。Restart as required. 忘れずにこれらを適切な状態に移行の完了後に戻ります。Don't forget to return these to appropriate states after completing migration.

  • ハードウェアのチューニングレビュー、パフォーマンス チューニング ガイドラインの Windows Server 2016 orchestrator と Windows Server 2019 を実行している移行先コンピューターと Windows Server 2016 をチューニングします。Tune hardware Review the Performance Tuning Guidelines for Windows Server 2016 for tuning the orchestrator and destination computers running Windows Server 2019 and Windows Server 2016. ネットワーク サブシステムのパフォーマンス チューニングセクションに特に重要な情報が含まれています。The Network Subsystem Performance Tuning section contains especially valuable information.

  • 高速ストレージを使用します。Use faster storage. ソース コンピューターの記憶域の速度をアップグレードする困難な場合がありますが、先のストレージが少なくとも転送で不要なボトルネックがないことを確認するには、ソースが読み取りの IO パフォーマンスでは、書き込みの IO パフォーマンスで高速ことを確認する必要があります。While it may be difficult to upgrade the source computer storage speed, you should ensure the destination storage is at least as fast at write IO performance as the source is at read IO performance in order to ensure there is no unnecessary bottleneck in transfers. 送信先が VM の場合は、実行されるように、少なくとも移行のためには、ハイパーバイザー ホストの最速のストレージ層などフラッシュ層またはミラー化されたすべてフラッシュでもハイブリッド スペースを使用して記憶域スペース ダイレクト HCI クラスターでします。If the destination is a VM, ensure that, at least for the purposes of migration, it runs in the fastest storage layer of your hypervisor hosts, such as on the flash tier or with Storage Spaces Direct HCI clusters utilizing mirrored all-flash or hybrid spaces. SMS の移行が完了したら、VM できますライブ低下のレベルまたはホストに移行します。When the SMS migration is complete the VM can be live migrated to a slower tier or host.

  • ウイルス対策を更新します。Update antivirus. 常に、ソースと変換先が最小限のパフォーマンスのオーバーヘッドを確実にウイルス対策ソフトウェアの最新のパッチ バージョンを実行していることを確認します。Always ensure your source and destination are running the latest patched version of antivirus software to ensure minimal performance overhead. テストとして、することができます一時的にインベントリする場合や移行元と移行先サーバー上のフォルダーのスキャンを除外します。As a test, you can temporarily exclude scanning of folders you're inventorying or migrating on the source and destination servers. 転送のパフォーマンスが向上し場合に、手順やウイルス対策ソフトウェアの更新バージョンまたは期待されるパフォーマンスの低下の詳細については、ウイルス対策ソフトウェア ベンダーに問い合わせてください。If your transfer performance is improved, contact your antivirus software vendor for instructions or for an updated version of the antivirus software or an explanation of expected performance degradation.

バグの報告、フィードバックを提供またはサポートを受けるには、オプションとはWhat are my options to give feedback, file bugs, or get support?

記憶域の移行サービスのフィードバック。To give feedback on the Storage Migration Service:

  • クリックする「の機能」をお勧めします「と"Windows Server"のカテゴリとサブカテゴリの「記憶域の移行」を指定する Windows 10 でフィードバック ハブ ツールを使用してUse the Feedback Hub tool included in Windows 10, clicking "Suggest a Feature", and specifying the category of "Windows Server" and subcategory of "Storage Migration"
  • 使用して、 Windows Server UserVoiceサイトUse the Windows Server UserVoice site
  • 電子メール smsfeed@microsoft.comEmail smsfeed@microsoft.com

バグ報告します。To file bugs:

  • 「レポートの問題」をクリックし、"Windows Server"のカテゴリとサブカテゴリの「記憶域の移行」を指定する、Windows 10 でフィードバック ハブ ツールを使用してください。Use the Feedback Hub tool included in Windows 10, clicking "Report a Problem", and specifying the category of "Windows Server" and subcategory of "Storage Migration"
  • 使用してサポート ケースを開くマイクロソフトのサポートOpen a support case via Microsoft Support

サポートを受けるには。To get support:

関連項目See also