記憶域移行サービスの概要Storage Migration Service overview

適用対象: Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server (半期チャネル)Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server (Semi-Annual Channel)

Storage Migration Service を使用すると、Windows Server または Azure にストレージを簡単に移行できます。Storage Migration Service makes it easier to migrate storage to Windows Server or to Azure. Windows と Linux のサーバー上のデータをインベントリし、そのデータを新しいサーバーまたは Azure virtual machines に転送するグラフィカルツールを提供します。It provides a graphical tool that inventories data on Windows and Linux servers and then transfers the data to newer servers or to Azure virtual machines. また、記憶域移行サービスでは、サーバーの id を移行先サーバーに転送するオプションも用意されています。これにより、アプリとユーザーがリンクまたはパスを変更することなくデータにアクセスできるようになります。Storage Migration Service also provides the option to transfer the identity of a server to the destination server so that apps and users can access their data without changing links or paths.

このトピックでは、記憶域移行サービスを使用する理由、移行プロセスのしくみ、および移行元サーバーと移行先サーバーの要件について説明します。This topic discusses why you'd want to use Storage Migration Service, how the migration process works, and what the requirements are for source and destination servers.

記憶域移行サービスを使用する理由Why use Storage Migration Service

新しいハードウェアまたは仮想マシンに移行するサーバー (または多数のサーバー) があるため、記憶域移行サービスを使用してください。Use Storage Migration Service because you've got a server (or a lot of servers) that you want to migrate to newer hardware or virtual machines. 記憶域移行サービスは、次の操作を行うことによって役立つように設計されています。Storage Migration Service is designed to help by doing the following:

  • 複数のサーバーとそのデータのインベントリInventory multiple servers and their data
  • 移行元サーバーからファイル、ファイル共有、およびセキュリティ構成を迅速に転送するRapidly transfer files, file shares, and security configuration from the source servers
  • 必要に応じて、ユーザーとアプリが既存のデータにアクセスするために変更する必要がないように、移行元サーバーの id を引き継ぎます。Optionally take over the identity of the source servers (also known as cutting over) so that users and apps don't have to change anything to access existing data
  • Windows 管理センターのユーザーインターフェイスからの1つまたは複数の移行の管理Manage one or multiple migrations from the Windows Admin Center user interface

移行元サーバーから移行先サーバー、Azure Vm、または Azure File Sync にファイル & 構成を移行するストレージ移行サービスを示す図

図 1: 記憶域移行サービスのソースと変換先Figure 1: Storage Migration Service sources and destinations

移行プロセスのしくみHow the migration process works

移行は、3つの手順からなるプロセスです。Migration is a three-step process:

  1. ファイルと構成に関する情報を収集するインベントリサーバー (図2を参照)。Inventory servers to gather info about their files and configuration (shown in Figure 2).
  2. 移行元サーバーから移行先サーバーにデータを転送 (コピー) します。Transfer (copy) data from the source servers to the destination servers.
  3. 新しいサーバーにカットオーバーします (省略可能)。Cut over to the new servers (optional).
    移行先サーバーは、アプリとユーザーが何も変更する必要がないように、移行元サーバーの以前の id を想定しています。The destination servers assume the source servers' former identities so that apps and users don't have to change anything.
    移行元サーバーは、常に同じファイル (移行元サーバーからファイルを削除することはありません) が含まれていても、ユーザーとアプリは使用できないというメンテナンス状態になります。The source servers enter a maintenance state where they still contain the same files they always have (we never remove files from the source servers) but are unavailable to users and apps. これにより、サーバーを使いやすくすることができます。You can then decommission the servers at your convenience.

スキャンの準備ができているサーバーを示すスクリーンショット 図 2: Storage Migration Service のサーバーのインベントリScreenshot showing a server ready to be scanned Figure 2: Storage Migration Service inventorying servers

要件Requirements

Storage Migration Service を使用するには、次のものが必要です。To use Storage Migration Service, you need the following:

  • ファイルとデータを移行するソースサーバーまたはフェールオーバークラスターA source server or failover cluster to migrate files and data from
  • に移行する Windows Server 2019 (クラスター化またはスタンドアロン) を実行している移行先サーバーA destination server running Windows Server 2019 (clustered or standalone) to migrate to. Windows Server 2016 と Windows Server 2012 R2 も同様に動作しますが、約50% 低速です。Windows Server 2016 and Windows Server 2012 R2 work as well but are around 50% slower
  • 移行を管理するために Windows Server 2019 を実行するorchestrator サーバーAn orchestrator server running Windows Server 2019 to manage the migration
    少数のサーバーのみを移行していて、いずれかのサーバーで Windows Server 2019 を実行している場合は、そのサーバーを orchestrator として使用できます。If you're migrating only a few servers and one of the servers is running Windows Server 2019, you can use that as the orchestrator. より多くのサーバーを移行する場合は、別の orchestrator サーバーを使用することをお勧めします。If you're migrating more servers, we recommend using a separate orchestrator server.
  • 記憶域移行サービスのユーザーインターフェイスを実行するPC またはサーバー 。 PowerShell を使用して移行を管理する場合を除きます。A PC or server running Windows Admin Center to run the Storage Migration Service user interface, unless you prefer using PowerShell to manage the migration. Windows 管理センターと Windows Server 2019 のバージョンの両方が、バージョン1809以降である必要があります。The Windows Admin Center and Windows Server 2019 version must both be at least version 1809.

Orchestrator とセットアップ先のコンピューターには、少なくとも2つのコアまたは2つの vCPUs と、少なくとも 2 GB のメモリがあることを強くお勧めします。We strongly recommend that the orchestrator and destination computers have at least two cores or two vCPUs, and at least 2 GB of memory. プロセッサとメモリが増えると、インベントリおよび転送操作の速度が大幅に向上します。Inventory and transfer operations are significantly faster with more processors and memory.

セキュリティ要件、記憶域移行サービスプロキシサービス、およびファイアウォールポートSecurity requirements, the Storage Migration Service proxy service, and firewall ports

  • 移行元コンピューターと orchestrator コンピューターの管理者である移行アカウント。A migration account that is an administrator on the source computers and the orchestrator computer.

  • 移行先コンピューターと orchestrator コンピューターの管理者である移行アカウント。A migration account that is an administrator on the destination computers and the orchestrator computer.

  • Orchestrator コンピューターでは、[ファイルとプリンターの共有 (SMB受信)] ファイアウォール規則が有効になっている必要があります。The orchestrator computer must have the File and Printer Sharing (SMB-In) firewall rule enabled inbound.

  • 移行元と移行先のコンピューターでは、次のファイアウォール規則の受信が有効になっている必要があります (ただし、既に有効になっている可能性があります)。The source and destination computers must have the following firewall rules enabled inbound (though you might already have them enabled):

    • ファイルとプリンターの共有 (SMB 受信)File and Printer Sharing (SMB-In)
    • Netlogon サービス (NP 受信)Netlogon Service (NP-In)
    • Windows Management Instrumentation (DCOM)Windows Management Instrumentation (DCOM-In)
    • Windows Management Instrumentation (WMI-In)Windows Management Instrumentation (WMI-In)

    ヒント

    Windows Server 2019 コンピューターに Storage Migration Service プロキシサービスをインストールすると、そのコンピューターで必要なファイアウォールポートが自動的に開きます。Installing the Storage Migration Service Proxy service on a Windows Server 2019 computer automatically opens the necessary firewall ports on that computer. これを行うには、Windows 管理センターで移行先サーバーに接続し、 [サーバーマネージャー] (Windows 管理センター) > [役割と機能] の順に選択し、 [記憶域移行サービスプロキシ] を選択して [インストール] を選択します。To do so, connect to the destination server in Windows Admin Center and then go to Server Manager (in Windows Admin Center) > Roles and features, select Storage Migration Service Proxy, and then select Install.

  • コンピューターが Active Directory Domain Services ドメインに属している場合は、すべてが同じフォレストに属している必要があります。If the computers belong to an Active Directory Domain Services domain, they should all belong to the same forest. 移行元のドメイン名を移行先に転送する場合は、移行先サーバーが移行元サーバーと同じドメインにある必要もあります。The destination server must also be in the same domain as the source server if you want to transfer the source's domain name to the destination when cutting over. ドメイン間での移行は技術的には可能ですが、移行先の完全修飾ドメイン名はソースとは異なります...Cutover technically works across domains, but the fully-qualified domain name of the destination will be different from the source...

移行元サーバーの要件Requirements for source servers

移行元サーバーでは、次のいずれかのオペレーティングシステムを実行する必要があります。The source server must run one of the following operating systems:

  • Windows Server 半期チャネルWindows Server, Semi-Annual Channel
  • Windows Server 2019Windows Server 2019
  • Windows Server 2016Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008Windows Server 2008
  • Windows Server 2003 R2Windows Server 2003 R2
  • Windows Server 2003Windows Server 2003
  • Windows Small Business Server 2003 R2Windows Small Business Server 2003 R2
  • Windows Small Business Server 2008Windows Small Business Server 2008
  • Windows Small Business Server 2011Windows Small Business Server 2011
  • Windows Server 2012 EssentialsWindows Server 2012 Essentials
  • Windows Server 2012 R2 EssentialsWindows Server 2012 R2 Essentials
  • Windows Server 2016 EssentialsWindows Server 2016 Essentials
  • Windows Server 2019 EssentialsWindows Server 2019 Essentials
  • Windows Storage Server 2008Windows Storage Server 2008
  • Windows Storage Server 2008 R2Windows Storage Server 2008 R2
  • Windows Storage Server 2012Windows Storage Server 2012
  • Windows Storage Server 2012 R2Windows Storage Server 2012 R2
  • Windows Storage Server 2016Windows Storage Server 2016

注: Windows Small Business Server と Windows Server Essentials はドメインコントローラーです。Note: Windows Small Business Server and Windows Server Essentials are domain controllers. 記憶域移行サービスは、ドメインコントローラーからはまだ切り取れませんが、それらのファイルからファイルをインベントリして転送することはできます。Storage Migration Service can't yet cut over from domain controllers, but can inventory and transfer files from them.

Orchestrator が Windows Server バージョン1903以降を実行している場合、または orchestrator でKB4512534がインストールされている以前のバージョンの windows server が実行されている場合は、次の追加のソースの種類を移行できます。You can migrate the following additional source types if the orchestrator is running Windows Server, version 1903 or later, or if the orchestrator is running an earlier version of Windows Server with KB4512534 installed:

  • フェールオーバー クラスターFailover clusters
  • Samba を使用する Linux サーバー。Linux servers that use Samba. 次のことをテストしました。We've tested the following:
    • CentOS 7CentOS 7
    • Debian GNU/Linux 8Debian GNU/Linux 8
    • RedHat Enterprise Linux 7.6RedHat Enterprise Linux 7.6
    • SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 11 SP4SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 11 SP4
    • Ubuntu 16.04 LTS と 12.04.5 LTSUbuntu 16.04 LTS and 12.04.5 LTS
    • Samba 4.8、4.7、4.3、4.2、および3.6Samba 4.8, 4.7, 4.3, 4.2, and 3.6

移行先サーバーの要件Requirements for destination servers

移行先サーバーでは、次のいずれかのオペレーティングシステムを実行する必要があります。The destination server must run one of the following operating systems:

  • Windows Server 半期チャネルWindows Server, Semi-Annual Channel
  • Windows Server 2019Windows Server 2019
  • Windows Server 2016Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2

ヒント

Windows Server 2019 または Windows Server を実行している移行先サーバー、半期チャネル以降では、以前のバージョンの Windows Server の転送パフォーマンスが2倍になっています。Destination servers running Windows Server 2019 or Windows Server, Semi-Annual Channel or later have double the transfer performance of earlier versions of Windows Server. このパフォーマンスの向上は、組み込みの Storage Migration Service プロキシサービスが含まれていることによるものであり、まだ開いていない場合は、必要なファイアウォールポートも開きます。This performance boost is due to the inclusion of a built-in Storage Migration Service proxy service, which also opens the necessary firewall ports if they're not already open.

Storage Migration Service の新機能What's new in Storage Migration Service

Windows Server バージョン1903以降、またはKB4512534がインストールされている以前のバージョンの windows Server で Storage Migration Server orchestrator を実行する場合は、次の新機能を使用できます。The following new features are available when running the Storage Migration Server orchestrator on Windows Server, version 1903 or later, or an earlier version of Windows Server with KB4512534 installed:

  • 新しいサーバーへのローカル ユーザーとローカル グループの移行Migrate local users and groups to the new server
  • フェールオーバークラスターから記憶域を移行し、フェールオーバークラスターに移行して、スタンドアロンサーバーとフェールオーバークラスター間で移行するMigrate storage from failover clusters, migrate to failover clusters, and migrate between standalone servers and failover clusters
  • Samba を使用する Linux サーバーからの記憶域の移行Migrate storage from a Linux server that uses Samba
  • Azure File Sync を使用した Azure へ移行された共有のより簡単な同期More easily sync migrated shares into Azure by using Azure File Sync
  • Azure などの新しいネットワークへの移行Migrate to new networks such as Azure

関連項目See also