記憶域の移行サービスの概要Storage Migration Service overview

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server (半期チャネル)Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows Server (Semi-Annual Channel)

記憶域の移行サービスでは、Windows Server の新しいバージョンにサーバーを移行するやすくなります。Storage Migration Service makes it easier to migrate servers to a newer version of Windows Server. サーバー上のデータのインベントリを作成し、新しいサーバーにデータと構成を転送するためのグラフィカル ツールを提供します-アプリやユーザーが何も変更することがなく。It provides a graphical tool that inventories data on servers and then transfers the data and configuration to newer servers—all without apps or users having to change anything.

このトピックでは、記憶域の移行サービスを使用する、移行プロセスのしくみ、およびはソースと移行先サーバー用の要件について説明します。This topic discusses why you'd want to use Storage Migration Service, how the migration process works, and what the requirements are for source and destination servers.

記憶域の移行サービスを使用する理由Why use Storage Migration Service

新しいハードウェアまたは仮想マシンに移行するサーバー (または多数のサーバー) ができましたので、記憶域の移行サービスを使用します。Use Storage Migration Service because you've got a server (or a lot of servers) that you want to migrate to newer hardware or virtual machines. 記憶域の移行サービスは、次の手順に従ってように設計されています。Storage Migration Service is designed to help by doing the following:

  • 複数のサーバーとそのデータをインベントリします。Inventory multiple servers and their data
  • 移行元サーバーからファイル、ファイル共有、およびセキュリティの構成を迅速に転送します。Rapidly transfer files, file shares, and security configuration from the source servers
  • 必要に応じてユーザーとアプリは、既存のデータへのアクセスに何も変更する必要があるないように、(経由で cutting とも呼ばれます)、ソース サーバーの id を引き継ぐOptionally take over the identity of the source servers (also known as cutting over) so that users and apps don't have to change anything to access existing data
  • Windows Admin Center ユーザー インターフェイスから 1 つまたは複数の移行を管理します。Manage one or multiple migrations from the Windows Admin Center user interface

移行元サーバーから移行先サーバー、Azure Vm、または Azure File Sync の構成 (&)、ファイルを移行する記憶域の移行サービスを示す図。

図 1: 記憶域サービスの移行元および変換先Figure 1: Storage Migration Service sources and destinations

移行プロセスのしくみHow the migration process works

移行では、3 つの手順を示します。Migration is a three-step process:

  1. サーバーのインベントリファイルと (図 2 に示されている) 構成に関する情報を収集します。Inventory servers to gather info about their files and configuration (shown in Figure 2).
  2. (コピー) のデータを転送移行先サーバーへの移行元サーバーからです。Transfer (copy) data from the source servers to the destination servers.
  3. 新しいサーバーへのカット オーバー (省略可能)。Cut over to the new servers (optional).
    移行先サーバーは、アプリとユーザーが何も変更する必要があるないようにに、ソース サーバーの元の id を想定します。The destination servers assume the source servers' former identities so that apps and users don't have to change anything.
    移行元サーバーがまだ含まれている、同じメンテナンス状態の入力が常にあるファイル (決してファイルを削除、移行元サーバーから) はユーザーとアプリを使用できません。The source servers enter a maintenance state where they still contain the same files they always have (we never remove files from the source servers) but are unavailable to users and apps. 都合に合わせて、サーバーを解除できます。You can then decommission the servers at your convenience.

スキャンする準備ができて、サーバーを示すスクリーン ショット 図 2。記憶域の移行サービスがサーバーのインベントリScreenshot showing a server ready to be scanned Figure 2: Storage Migration Service inventorying servers

必要条件Requirements

記憶域の移行サービスを使用するには、次のものが必要。To use Storage Migration Service, you need the following:

  • A移行元サーバーファイルとデータを移行するにはA source server to migrate files and data from
  • A移行先サーバーに移行する Windows Server 2019 を実行して、同様に機能が、約 50% が遅くなるは Windows Server 2016 および Windows Server 2012 R2A destination server running Windows Server 2019 to migrate to—Windows Server 2016 and Windows Server 2012 R2 work as well but are around 50% slower
  • Orchestrator サーバー移行を管理する Windows Server 2019 を実行しています。An orchestrator server running Windows Server 2019 to manage the migration
    場合は、いくつかのサーバーのみを移行して、Windows Server 2019 が実行されているサーバーのいずれか、オーケストレーターとしてを使用できます。If you're migrating only a few servers and one of the servers is running Windows Server 2019, you can use that as the orchestrator. 多くのサーバーを移行する場合は、別の orchestrator サーバーの使用をお勧めします。If you're migrating more servers, we recommend using a separate orchestrator server.
  • A PC またはを実行するサーバー Windows Admin Center を PowerShell を使用して、移行を管理する場合を除き、記憶域の移行サービスのユーザー インターフェイスを実行します。A PC or server running Windows Admin Center to run the Storage Migration Service user interface, unless you prefer using PowerShell to manage the migration. Windows Admin Center と Windows Server 2019 バージョン両方以上でなければなりませんバージョンは 1809 します。The Windows Admin Center and Windows Server 2019 version must both be at least version 1809.

強くお勧めする orchestrator および変換先のコンピューターは、少なくとも 2 つのコアまたは 2 つの Vcpu と少なくとも 2 GB のメモリがあります。We strongly recommend that the orchestrator and destination computers have at least two cores or two vCPUs, and at least 2 GB of memory. インベントリと転送の操作は、複数のプロセッサとメモリをはるかに高速です。Inventory and transfer operations are significantly faster with more processors and memory.

セキュリティ要件Security requirements

  • 移行元コンピューターと orchestrator コンピューターの管理者である移行アカウントを指定します。A migration account that is an administrator on the source computers and the orchestrator computer.

  • セットアップ先のコンピューターと orchestrator コンピューターの管理者である移行アカウントを指定します。A migration account that is an administrator on the destination computers and the orchestrator computer.

  • Orchestrator コンピューターのファイルとプリンターの共有 (SMB で) ファイアウォール ルールを有効になっている必要があります受信します。The orchestrator computer must have the File and Printer Sharing (SMB-In) firewall rule enabled inbound.

  • ソースと変換先のコンピューターで次のファイアウォール規則を有効になっている必要があります受信(ただし、既に有効になっていることを必要があります)。The source and destination computers must have the following firewall rules enabled inbound (though you might already have them enabled):

    • ファイルとプリンターの共有 (SMB 受信)File and Printer Sharing (SMB-In)
    • Netlogon サービス (NP で)Netlogon Service (NP-In)
    • (DCOM で) Windows Management InstrumentationWindows Management Instrumentation (DCOM-In)
    • Windows Management Instrumentation (WMI-In)Windows Management Instrumentation (WMI-In)

    ヒント

    Windows Server 2019 コンピューターに、記憶域の移行サービスのプロキシ サービスをインストールすると、自動的にコンピューターに必要なファイアウォール ポートを開きます。Installing the Storage Migration Service Proxy service on a Windows Server 2019 computer automatically opens the necessary firewall ports on that computer.

  • コンピューターは、Active Directory Domain Services ドメインに属している場合する必要がありますすべてフォレストに属している、同じです。If the computers belong to an Active Directory Domain Services domain, they should all belong to the same forest. 移行先サーバーも必要があります、移行元サーバーと同じドメイン内にカット オーバーする場合、先に送信元のドメイン名を転送する場合。The destination server must also be in the same domain as the source server if you want to transfer the source's domain name to the destination when cutting over. カット オーバー技術的には、ドメインにわたってが変換先の完全修飾ドメイン名は、ソースと異なるになります.Cutover technically works across domains, but the fully-qualified domain name of the destination will be different from the source...

移行元サーバーの要件Requirements for source servers

移行元サーバーには、次のオペレーティング システムのいずれかを実行する必要があります。The source server must run one of the following operating systems:

  • Windows Server 半期チャネルWindows Server, Semi-Annual Channel
  • Windows Server 2019Windows Server 2019
  • Windows Server 2016Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2008Windows Server 2008
  • Windows Server 2003 R2Windows Server 2003 R2
  • Windows Server 2003Windows Server 2003

オーケストレーターは、Windows Server バージョンが 1903 以降を実行している場合は、次の追加のソースの種類を移行できます。If the orchestrator is running Windows Server, version 1903 or later, you can migrate the following additional source types:

  • フェールオーバー クラスターFailover clusters
  • Samba を使用して Linux サーバー。Linux servers that use Samba. 次のテストしました。We've tested the following:
    • 7.6 の red Hat Enterprise Linux、CentOS 7、8 Debian、Ubuntu 16.04 および 12.04.5、SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 11 SP4RedHat Enterprise Linux 7.6, CentOS 7, Debian 8, Ubuntu 16.04 and 12.04.5, SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 11 SP4
    • Samba 4.x, 3.6.xSamba 4.x, 3.6.x

移行先サーバーの要件Requirements for destination servers

移行先サーバーには、次のオペレーティング システムのいずれかを実行する必要があります。The destination server must run one of the following operating systems:

  • Windows Server 半期チャネルWindows Server, Semi-Annual Channel
  • Windows Server 2019Windows Server 2019
  • Windows Server 2016Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2Windows Server 2012 R2

ヒント

Windows Server 2019 または Windows Server を実行している移行先サーバー、半期チャネルは 1809 またはそれ以降のバージョンでは、Windows Server の以前のバージョンの転送のパフォーマンス倍精度浮動小数点があります。Destination servers running Windows Server 2019 or Windows Server, Semi-Annual Channel version 1809 or later have double the transfer performance of earlier versions of Windows Server. このパフォーマンスの向上では、ポートしていない場合は開くために必要なファイアウォールを開くことも、組み込みの記憶域の移行サービス プロキシ サービスを含めることが原因です。This performance boost is due to the inclusion of a built-in Storage Migration Service proxy service, which also opens the necessary firewall ports if they're not already open.

記憶域の移行サービスの新機能新機能What's new in Storage Migration Service

Windows Server、バージョンが 1903 が orchestrator サーバー上で実行すると、次の新機能を追加します。Windows Server, version 1903 adds the following new features, when run on the orchestrator server:

  • 新しいサーバーにローカル ユーザーとグループを移行します。Migrate local users and groups to the new server
  • フェールオーバー クラスターから記憶域を移行します。Migrate storage from failover clusters
  • Samba を使用する Linux サーバーから記憶域を移行します。Migrate storage from a Linux server that uses Samba
  • Azure File Sync を使用して Azure に移行された共有をより簡単に同期します。More easily sync migrated shares into Azure by using Azure File Sync
  • Azure などの新しいネットワークへの移行します。Migrate to new networks such as Azure

関連項目See also