クラスター セットCluster sets

適用対象:Windows Server 2019Applies to: Windows Server 2019

クラスターセットは、Windows Server 2019 リリースの新しいクラウドスケールアウトテクノロジです。これにより、単一のソフトウェア定義データセンター (SDDC) クラウド内のクラスターノード数が桁違いに増加します。Cluster sets is the new cloud scale-out technology in the Windows Server 2019 release that increases cluster node count in a single Software Defined Data Center (SDDC) cloud by orders of magnitude. クラスターセットは、複数のフェールオーバークラスター (コンピューティング、ストレージ、またはハイパー収束) の疎結合グループです。A cluster set is a loosely-coupled grouping of multiple Failover Clusters: compute, storage or hyper-converged. クラスターセットテクノロジを使用すると、クラスターセット内のメンバークラスター間での仮想マシンの円滑な、および仮想マシンの円滑なのサポートで設定されている統合ストレージの名前空間を利用できます。Cluster sets technology enables virtual machine fluidity across member clusters within a cluster set and a unified storage namespace across the set in support of virtual machine fluidity.

メンバークラスターでの既存のフェールオーバークラスター管理エクスペリエンスを維持しながら、クラスターセットインスタンスでは、集計でのライフサイクル管理に関する主要なユースケースを追加で提供します。While preserving existing Failover Cluster management experiences on member clusters, a cluster set instance additionally offers key use cases around lifecycle management at the aggregate. この Windows Server 2019 シナリオ評価ガイドでは、PowerShell を使用してクラスターセットテクノロジを評価するための詳細な手順と共に、必要な背景情報を提供します。This Windows Server 2019 Scenario Evaluation Guide provides you the necessary background information along with step-by-step instructions to evaluate cluster sets technology using PowerShell.

テクノロジの概要Technology introduction

クラスターセットテクノロジは、特定の顧客からの要求を満たすために開発されています。Cluster sets technology is developed to meet specific customer requests operating Software Defined Datacenter (SDDC) clouds at scale. クラスターセットの値の提案は、次のようにまとめることができます。Cluster sets value proposition may be summarized as the following:

  • 1つのクラスターにソフトウェアの障害境界を保持しながら、複数の小さいクラスターを1つの大きなファブリックに結合することで、可用性の高い仮想マシンを実行するためにサポートされる SDDC クラウドスケールを大幅に向上させることができます。Significantly increase the supported SDDC cloud scale for running highly available virtual machines by combining multiple smaller clusters into a single large fabric, even while keeping the software fault boundary to a single cluster
  • この大規模なファブリック全体で仮想マシンを移行することによって、テナントの仮想マシンの可用性に影響を与えることなく、クラスターのオンボードと削除を含むフェールオーバークラスターのライフサイクル全体を管理しますManage entire Failover Cluster lifecycle including onboarding and retiring clusters, without impacting tenant virtual machine availability, via fluidly migrating virtual machines across this large fabric
  • ハイパー収束 I のコンピューティングからストレージへの比率を簡単に変更するEasily change the compute-to-storage ratio in your hyper-converged I
  • 最初の仮想マシンの配置と後続の仮想マシンの移行におけるクラスター全体でのAzure のような障害ドメインと可用性セットの利点Benefit from Azure-like Fault Domains and Availability sets across clusters in initial virtual machine placement and subsequent virtual machine migration
  • 個々の障害ドメインを維持しながら、最大の効率を維持しながらも、異なる世代の CPU ハードウェアを同じクラスターセットファブリックに一致させます。Mix-and-match different generations of CPU hardware into the same cluster set fabric, even while keeping individual fault domains homogenous for maximum efficiency. クラスターセット全体だけでなく、個々のクラスターにも同じハードウェアの推奨事項があることに注意してください。Please note that the recommendation of same hardware is still present within each individual cluster as well as the entire cluster set.

高レベルのビューでは、クラスターセットは次のようになります。From a high level view, this is what cluster sets can look like.

クラスターセットのソリューションビュー

上の図の各要素の概要を次に示します。The following provides a quick summary of each of the elements in the above image:

管理クラスターManagement cluster

クラスターセットの管理クラスターは、クラスターセット全体の高可用性管理プレーンと、統合ストレージ名前空間 (クラスターセット名前空間) の参照スケールアウトファイルサーバー (SOFS) をホストするフェールオーバークラスターです。Management cluster in a cluster set is a Failover Cluster that hosts the highly-available management plane of the entire cluster set and the unified storage namespace (Cluster Set Namespace) referral Scale-Out File Server (SOFS). 管理クラスターは、仮想マシンのワークロードを実行するメンバークラスターから論理的に切り離されています。A management cluster is logically decoupled from member clusters that run the virtual machine workloads. これにより、クラスターセットの管理プレーンは、すべてのローカライズされたクラスター全体の障害 (メンバークラスターの機能低下など) に回復できるようになります。This makes the cluster set management plane resilient to any localized cluster-wide failures, e.g. loss of power of a member cluster.

メンバークラスターMember cluster

クラスターセットのメンバークラスターは、通常、仮想マシンと記憶域スペースダイレクトワークロードを実行する従来のハイパー集約型クラスターです。A member cluster in a cluster set is typically a traditional hyper-converged cluster running virtual machine and Storage Spaces Direct workloads. 複数のメンバークラスターが1つのクラスターセットのデプロイに参加し、より大規模な SDDC クラウドファブリックを形成します。Multiple member clusters participate in a single cluster set deployment, forming the larger SDDC cloud fabric. メンバークラスターは、管理クラスターとは異なり、2つの重要な側面があります。メンバークラスターは障害ドメインと可用性セットの構成要素に参加し、メンバークラスターも仮想マシンと記憶域スペースダイレクトのワークロードをホストするようにサイズが設定されます。Member clusters differ from a management cluster in two key aspects: member clusters participate in fault domain and availability set constructs, and member clusters are also sized to host virtual machine and Storage Spaces Direct workloads. クラスターセット内のクラスターの境界を越えて移動するクラスターセットの仮想マシンは、この理由で管理クラスターでホストされていない必要があります。Cluster set virtual machines that move across cluster boundaries in a cluster set must not be hosted on the management cluster for this reason.

クラスターセット名前空間の参照 SOFSCluster set namespace referral SOFS

クラスターセット名前空間の参照 (クラスターセットの名前空間) SOFS はスケールアウトファイルサーバーであり、クラスターセットの名前空間 SOFS の各 SMB 共有は、Windows Server 2019 で新しく導入された "SimpleReferral" という種類の参照共有です。A cluster set namespace referral (Cluster Set Namespace) SOFS is a Scale-Out File Server wherein each SMB Share on the Cluster Set Namespace SOFS is a referral share – of type ‘SimpleReferral' newly introduced in Windows Server 2019. この参照によって、サーバーメッセージブロック (SMB) クライアントは、メンバークラスター SOFS でホストされているターゲットの SMB 共有にアクセスできるようになります。This referral allows Server Message Block (SMB) clients access to the target SMB share hosted on the member cluster SOFS. クラスターセット名前空間の参照 SOFS は、軽量の参照メカニズムであるため、i/o パスには参加しません。The cluster set namespace referral SOFS is a light-weight referral mechanism and as such, does not participate in the I/O path. SMB 参照は各クライアントノードにキャッシュされ、クラスターセット名前空間は必要に応じて、これらの参照を動的に動的に更新します。永続的The SMB referrals are cached perpetually on the each of the client nodes and the cluster sets namespace dynamically updates automatically these referrals as needed.

クラスターセットマスターCluster set master

クラスターセットでは、メンバークラスター間の通信は疎結合であり、"クラスターセットマスター" (CS マスター) と呼ばれる新しいクラスターリソースによって調整されます。In a cluster set, the communication between the member clusters is loosely coupled, and is coordinated by a new cluster resource called “Cluster Set Master” (CS-Master). 他のクラスターリソースと同様に、CS マスターは、個々のメンバークラスターの障害や管理クラスターノードの障害に対する高可用性と回復性を備えています。Like any other cluster resource, CS-Master is highly available and resilient to individual member cluster failures and/or the management cluster node failures. 新しいクラスターセットの WMI プロバイダーを使用して、CS マスターは、すべてのクラスターセットの管理操作の管理エンドポイントを提供します。Through a new Cluster Set WMI provider, CS-Master provides the management endpoint for all Cluster Set manageability interactions.

クラスターセットワーカーCluster set worker

クラスターセットの展開では、CS マスターは "クラスターセットワーカー" (CS Worker) と呼ばれるメンバークラスター上の新しいクラスターリソースと対話します。In a Cluster Set deployment, the CS-Master interacts with a new cluster resource on the member Clusters called “Cluster Set Worker” (CS-Worker). CS-Worker は、CS マスターによって要求されたローカルクラスターの相互作用を調整するために、クラスター上の唯一の窓口として機能します。CS-Worker acts as the only liaison on the cluster to orchestrate the local cluster interactions as requested by the CS-Master. このような対話の例としては、バーチャルマシンの配置やクラスタローカルのリソースインベントリなどがあります。Examples of such interactions include virtual machine placement and cluster-local resource inventorying. クラスターセット内の各メンバークラスターには、1つの CS Worker インスタンスのみが存在します。There is only one CS-Worker instance for each of the member clusters in a cluster set.

障害ドメインFault domain

障害ドメインとは、障害が発生したときに管理者が判断したソフトウェアとハードウェアの成果物をグループ化したものです。A fault domain is the grouping of software and hardware artifacts that the administrator determines could fail together when a failure does occur. 管理者は1つまたは複数のクラスターを障害ドメインとして指定できますが、各ノードは可用性セット内の障害ドメインに参加することができます。While an administrator could designate one or more clusters together as a fault domain, each node could participate in a fault domain in an availability set. クラスターセットの設計により、データセンターのトポロジに関する考慮事項 (PDU、ネットワークなど、メンバークラスターが共有する) に精通している管理者に障害ドメインの境界決定を行うことができます。Cluster sets by design leaves the decision of fault domain boundary determination to the administrator who is well-versed with data center topology considerations – e.g. PDU, networking – that member clusters share.

可用性セットAvailability set

可用性セットを使用すると、管理者は、クラスター化されたワークロードを可用性セットに整理し、その可用性セットにワークロードを展開することで、クラスター化されたワークロードの必要な冗長性を構成できます。An availability set helps the administrator configure desired redundancy of clustered workloads across fault domains, by organizing those into an availability set and deploying workloads into that availability set. たとえば、2層アプリケーションをデプロイする場合は、各レベルの可用性セットに少なくとも2つの仮想マシンを構成することをお勧めします。これにより、可用性セット内の1つの障害ドメインがダウンしたときに、アプリケーションが少なくとも同じ可用性セットの異なる障害ドメインでホストされている各層内の1つの仮想マシン。Let's say if you are deploying a two-tier application, we recommend that you configure at least two virtual machines in an availability set for each tier which will ensure that when one fault domain in that availability set goes down, your application will at least have one virtual machine in each tier hosted on a different fault domain of that same availability set.

クラスターセットを使用する理由Why use cluster sets

クラスターセットは、回復性を犠牲にすることなくスケールの利点を提供します。Cluster sets provides the benefit of scale without sacrificing resiliency.

クラスターセットを使用すると、複数のクラスターをクラスター化して大規模なファブリックを作成できます。一方、各クラスターは回復性を維持するために独立しています。Cluster sets allows for clustering multiple clusters together to create a large fabric, while each cluster remains independent for resiliency. たとえば、仮想マシンを実行している4ノード HCI クラスターがいくつかあるとします。For example, you have a several 4-node HCI clusters running virtual machines. 各クラスターは、それ自体に必要な回復性を提供します。Each cluster provides the resiliency needed for itself. ストレージまたはメモリがいっぱいになった場合は、次の手順でスケールアップします。If the storage or memory starts to fill up, scaling up is your next step. スケールアップには、いくつかのオプションと考慮事項があります。With scaling up, there are some options and considerations.

  1. 現在のクラスターに記憶域を追加します。Add more storage to the current cluster. 記憶域スペースダイレクトでは、まったく同じモデル/ファームウェアドライブを使用できない場合があるため、このようなことは難しい場合があります。With Storage Spaces Direct, this may be tricky as the exact same model/firmware drives may not be available. 再構築時間の考慮も考慮する必要があります。The consideration of rebuild times also need to be taken into account.
  2. メモリを追加します。Add more memory. マシンが処理できるメモリが不足している場合はどうすればよいでしょうか。What if you are maxed out on the memory the machines can handle? 使用可能なすべてのメモリスロットがいっぱいになった場合はどうなりますか。What if all available memory slots are full?
  3. 現在のクラスターに、ドライブを含むコンピューティングノードを追加します。Add additional compute nodes with drives into the current cluster. これは、考慮する必要があるオプション1に戻ります。This takes us back to Option 1 needing to be considered.
  4. 新しいクラスター全体を購入するPurchase a whole new cluster

ここで、クラスターセットはスケーリングの利点を提供します。This is where cluster sets provides the benefit of scaling. クラスターをクラスターセットに追加した場合、追加購入を行わなくても、別のクラスターで使用可能な記憶域またはメモリを活用できます。If I add my clusters into a cluster set, I can take advantage of storage or memory that may be available on another cluster without any additional purchases. 回復性の観点からは、記憶域スペースダイレクトにノードを追加しても、クォーラムに対する追加の投票は提供されません。From a resiliency perspective, adding additional nodes to a Storage Spaces Direct is not going to provide additional votes for quorum. ここで説明したように、記憶域スペースダイレクトクラスターは、停止する前に2つのノードが失われる可能性があります。As mentioned here, a Storage Spaces Direct Cluster can survive the loss of 2 nodes before going down. 4ノードの HCI クラスターがある場合、3つのノードがダウンするとクラスター全体が停止します。If you have a 4-node HCI cluster, 3 nodes go down will take the entire cluster down. 8ノードクラスターがある場合、3つのノードがダウンするとクラスター全体が停止します。If you have an 8-node cluster, 3 nodes go down will take the entire cluster down. セットに2つの4ノード HCI クラスターがあるクラスターセットでは、1つの HCI 内の2つのノードがダウンし、もう一方の HCI に1つのノードがダウンします。両方のクラスターが稼働しています。With Cluster sets that has two 4-node HCI clusters in the set, 2 nodes in one HCI go down and 1 node in the other HCI go down, both clusters remain up. 1つの大きな16ノード記憶域スペースダイレクトクラスターを作成するか、4ノードクラスターに分割してクラスターセットを使用する方がよいでしょうか。Is it better to create one large 16-node Storage Spaces Direct cluster or break it down into four 4-node clusters and use cluster sets? クラスターセットを持つ4ノードクラスターが4つある場合、同じスケールが得られますが、複数のコンピューティングノードが (予期しない、またはメンテナンスのために) ダウンし、運用が継続される可能性があるため、回復性が向上します。Having four 4-node clusters with cluster sets gives the same scale, but better resiliency in that multiple compute nodes can go down (unexpectedly or for maintenance) and production remains.

クラスターセットの展開に関する考慮事項Considerations for deploying cluster sets

クラスターセットを使用する必要があるかどうかを検討するときは、次の点を考慮してください。When considering if cluster sets is something you need to use, consider these questions:

  • 現在の HCI のコンピューティングとストレージのスケール制限を超える必要がありますか。Do you need to go beyond the current HCI compute and storage scale limits?
  • すべてのコンピューティングとストレージが同一であるとは限りませんか。Are all compute and storage not identically the same?
  • クラスター間で仮想マシンをライブ移行しますか?Do you live migrate virtual machines between clusters?
  • Azure に似たコンピューター可用性セットと障害ドメインを複数のクラスターに対して使用しますか?Would you like Azure-like computer availability sets and fault domains across multiple clusters?
  • すべてのクラスターを確認して、新しい仮想マシンをどこに配置する必要があるかを判断する必要がありますか。Do you need to take the time to look at all your clusters to determine where any new virtual machines need to be placed?

答えが「はい」の場合は、クラスターセットが必要です。If your answer is yes, then cluster sets is what you need.

それ以外にも、データセンターの戦略全体が変更される可能性がある場合に考慮すべき項目がいくつかあります。There are a few other items to consider where a larger SDDC might change your overall data center strategies. SQL Server が良い例です。SQL Server is a good example. クラスター間で SQL Server 仮想マシンを移動するには、ライセンス SQL を追加のノードで実行する必要がありますか。Does moving SQL Server virtual machines between clusters require licensing SQL to run on additional nodes?

スケールアウトファイルサーバーとクラスターセットScale-out file server and cluster sets

Windows Server 2019 には、インフラストラクチャスケールアウトファイルサーバー (SOFS) と呼ばれる、新しいスケールアウトファイルサーバーの役割があります。In Windows Server 2019, there is a new scale-out file server role called Infrastructure Scale-Out File Server (SOFS).

インフラストラクチャ SOFS の役割には、次の考慮事項が適用されます。The following considerations apply to an Infrastructure SOFS role:

  1. フェールオーバークラスターには、最大で1つの Infrastructure SOFS クラスターロールしか存在できません。There can be at most only one Infrastructure SOFS cluster role on a Failover Cluster. Infrastructure SOFS ロールは、 ClusterScaleOutFileServerRoleコマンドレットに " -Infrastructure" スイッチパラメーターを指定することによって作成されます。Infrastructure SOFS role is created by specifying the "-Infrastructure" switch parameter to the Add-ClusterScaleOutFileServerRole cmdlet. 以下に例を示します。For example:

    Add-ClusterScaleoutFileServerRole -Name "my_infra_sofs_name" -Infrastructure
    
  2. フェールオーバーで作成された各 CSV ボリュームは、CSV ボリューム名に基づいて自動生成された名前で SMB 共有の作成を自動的にトリガーします。Each CSV volume created in the failover automatically triggers the creation of an SMB Share with an auto-generated name based on the CSV volume name. 管理者は、CSV ボリュームの作成/変更操作を使用する以外に、SOFS ロールの下にある SMB 共有を直接作成または変更することはできません。An administrator cannot directly create or modify SMB shares under an SOFS role, other than via CSV volume create/modify operations.

  3. ハイパー収束構成では、インフラストラクチャの SOFS により、SMB クライアント (Hyper-v ホスト) は、保証された継続的可用性 (CA) とインフラストラクチャ SOFS SMB サーバーとの間で通信を行うことができます。In hyper-converged configurations, an Infrastructure SOFS allows an SMB client (Hyper-V host) to communicate with guaranteed Continuous Availability (CA) to the Infrastructure SOFS SMB server. このハイパー収束 SMB ループバック CA は、仮想ディスク (VHDx) ファイルにアクセスする仮想マシンを介して実現され、所有している仮想マシンの id がクライアントとサーバーの間で転送されます。This hyper-converged SMB loopback CA is achieved via virtual machines accessing their virtual disk (VHDx) files where the owning virtual machine identity is forwarded between the client and server. この id 転送では、以前と同じように、標準のハイパー収束クラスター構成と同様に、ACL を使用した VHDx ファイルが許可されます。This identity forwarding allows ACL-ing VHDx files just as in standard hyper-converged cluster configurations as before.

クラスターセットを作成すると、クラスターセットの名前空間は、各メンバークラスターのインフラストラクチャ SOFS、さらには管理クラスターのインフラストラクチャ SOFS に依存します。Once a cluster set is created, the cluster set namespace relies on an Infrastructure SOFS on each of the member clusters, and additionally an Infrastructure SOFS in the management cluster.

メンバークラスターがクラスターセットに追加された時点で、管理者は、そのクラスターに SOFS インフラストラクチャが既に存在する場合は、その名前を指定します。At the time a member cluster is added to a cluster set, the administrator specifies the name of an Infrastructure SOFS on that cluster if one already exists. インフラストラクチャ SOFS が存在しない場合、この操作によって新しいメンバークラスターの新しい Infrastructure SOFS ロールが作成されます。If the Infrastructure SOFS does not exist, a new Infrastructure SOFS role on the new member cluster is created by this operation. インフラストラクチャ SOFS の役割がメンバークラスターに既に存在する場合、追加操作によって、必要に応じて、指定した名前に暗黙的に名前が変更されます。If an Infrastructure SOFS role already exists on the member cluster, the Add operation implicitly renames it to the specified name as needed. メンバークラスター上の既存のシングルトン SMB サーバーまたは非インフラストラクチャ SOFS ロールは、クラスターセットによって未使用されたままになります。Any existing singleton SMB servers, or non-Infrastructure SOFS roles on the member clusters are left unutilized by the cluster set.

クラスターセットの作成時に、管理者は、既に存在する AD コンピューターオブジェクトを管理クラスターの名前空間ルートとして使用することができます。At the time the cluster set is created, the administrator has the option to use an already-existing AD computer object as the namespace root on the management cluster. クラスターセット作成操作では、管理クラスターにインフラストラクチャ SOFS クラスター役割を作成するか、既に説明したように、既存のインフラストラクチャ SOFS 役割の名前を変更します。Cluster set creation operations create the Infrastructure SOFS cluster role on the management cluster or renames the existing Infrastructure SOFS role just as previously described for member clusters. 管理クラスターのインフラストラクチャ SOFS は、クラスターセットの名前空間の参照 (クラスターセットの名前空間) SOFS として使用されます。The Infrastructure SOFS on the management cluster is used as the cluster set namespace referral (Cluster Set Namespace) SOFS. これは、クラスターセットの名前空間 SOFS 上の各 SMB 共有が、Windows Server 2019 で新しく導入された "SimpleReferral" という種類の参照共有であることを意味します。It simply means that each SMB Share on the cluster set namespace SOFS is a referral share – of type ‘SimpleReferral' - newly introduced in Windows Server 2019. この参照を使用すると、SMB クライアントは、メンバークラスター SOFS でホストされているターゲットの SMB 共有にアクセスできます。This referral allows SMB clients access to the target SMB share hosted on the member cluster SOFS. クラスターセット名前空間の参照 SOFS は、軽量の参照メカニズムであるため、i/o パスには参加しません。The cluster set namespace referral SOFS is a light-weight referral mechanism and as such, does not participate in the I/O path. SMB 参照は各クライアントノードにキャッシュされ、クラスターセット名前空間は必要に応じてこれらの参照を動的に動的に更新します。永続的The SMB referrals are cached perpetually on the each of the client nodes and the cluster sets namespace dynamically updates automatically these referrals as needed

クラスターセットの作成Creating a Cluster Set

前提条件Prerequisites

クラスターセットを作成する場合は、次の前提条件を確認することをお勧めします。When creating a cluster set, you following prerequisites are recommended:

  1. Windows Server 2019 を実行している管理クライアントを構成します。Configure a management client running Windows Server 2019.
  2. この管理サーバーにフェールオーバークラスターツールをインストールします。Install the Failover Cluster tools on this management server.
  3. クラスターメンバーを作成する (各クラスターに少なくとも2つのクラスター共有ボリュームを持つ2つ以上のクラスター)Create cluster members (at least two clusters with at least two Cluster Shared Volumes on each cluster)
  4. メンバークラスターをまたがっする管理クラスター (物理またはゲスト) を作成します。Create a management cluster (physical or guest) that straddles the member clusters. この方法では、メンバークラスターの障害が発生しても、クラスターセットの管理プレーンが引き続き使用できるようになります。This approach ensures that the Cluster sets management plane continues to be available despite possible member cluster failures.

手順Steps

  1. 前提条件の定義に従って、3つのクラスターから新しいクラスターセットを作成します。Create a new cluster set from three clusters as defined in the prerequisites. 次の表は、作成するクラスターの例を示しています。The below chart gives an example of clusters to create. この例では、クラスターセットの名前はCsmasterです。The name of the cluster set in this example will be CSMASTER.

    クラスタ名Cluster Name 後で使用する Infrastructure SOFS の名前Infrastructure SOFS Name to be used later
    クラスターの設定SET-CLUSTER SOFS-CLUSTERSETSOFS-CLUSTERSET
    CLUSTER1CLUSTER1 SOFS-CLUSTER1SOFS-CLUSTER1
    CLUSTER2CLUSTER2 SOFS-CLUSTER2SOFS-CLUSTER2
  2. すべてのクラスターが作成されたら、次のコマンドを使用してクラスターセットマスタを作成します。Once all cluster have been created, use the following commands to create the cluster set master.

     New-ClusterSet -Name CSMASTER -NamespaceRoot SOFS-CLUSTERSET -CimSession SET-CLUSTER
    
  3. クラスターサーバーをクラスターセットに追加するには、次のものを使用します。To add a Cluster Server to the cluster set, the below would be used.

     Add-ClusterSetMember -ClusterName CLUSTER1 -CimSession CSMASTER -InfraSOFSName SOFS-CLUSTER1
     Add-ClusterSetMember -ClusterName CLUSTER2 -CimSession CSMASTER -InfraSOFSName SOFS-CLUSTER2
    

    注意

    静的 IP アドレススキームを使用している場合は、新しい-ClusterSetコマンドに -staticaddress x .x を含める必要があります。If you are using a static IP Address scheme, you must include -StaticAddress x.x.x.x on the New-ClusterSet command.

  4. クラスターメンバーから設定されたクラスターを作成したら、ノードセットとそのプロパティを一覧表示できます。Once you have created the cluster set out of cluster members, you can list the nodes set and its properties. クラスターセット内のすべてのメンバークラスターを列挙するには、次のようにします。To enumerate all the member clusters in the cluster set:

     Get-ClusterSetMember -CimSession CSMASTER
    
  5. 管理クラスターノードを含む、クラスターセット内のすべてのメンバークラスターを列挙するには、次のようにします。To enumerate all the member clusters in the cluster set including the management cluster nodes:

     Get-ClusterSet -CimSession CSMASTER | Get-Cluster | Get-ClusterNode
    
  6. メンバークラスターからすべてのノードを一覧表示するには、次のようにします。To list all the nodes from the member clusters:

     Get-ClusterSetNode -CimSession CSMASTER
    
  7. クラスターセット全体のすべてのリソースグループを一覧表示するには、次のようにします。To list all the resource groups across the cluster set:

     Get-ClusterSet -CimSession CSMASTER | Get-Cluster | Get-ClusterGroup 
    
  8. クラスターセットの作成プロセスによって1つの SMB 共有が作成されたことを確認するには (Volume1 として識別されるか、または、各クラスターメンバーのインフラストラクチャ SOFS で、ScopeName がインフラストラクチャファイルサーバーの名前であり、両方とも名前が付けられています)、CSV ボリューム:To verify the cluster set creation process created one SMB share (identified as Volume1 or whatever the CSV folder is labeled with the ScopeName being the name of the Infrastructure File Server and the path as both) on the Infrastructure SOFS for each cluster member's CSV volume:

     Get-SmbShare -CimSession CSMASTER
    
  9. クラスターセットには、確認のために収集できるデバッグログがあります。Cluster sets has debug logs that can be collected for review. クラスターセットとクラスターデバッグログの両方を、すべてのメンバーと管理クラスターに対して収集できます。Both the cluster set and cluster debug logs can be gathered for all members and the management cluster.

     Get-ClusterSetLog -ClusterSetCimSession CSMASTER -IncludeClusterLog -IncludeManagementClusterLog -DestinationFolderPath <path>
    
  10. すべてのクラスターセットメンバー間で Kerberos の制約付き委任を構成します。Configure Kerberos constrained delegation between all cluster set members.

  11. クラスターセット内の各ノードで、クラスター間の仮想マシンのライブマイグレーションの認証の種類を Kerberos に構成します。Configure the cross-cluster virtual machine live migration authentication type to Kerberos on each node in the Cluster Set.

    foreach($h in $hosts){ Set-VMHost -VirtualMachineMigrationAuthenticationType Kerberos -ComputerName $h }
    
  12. クラスターセット内の各ノードのローカルの administrators グループに管理クラスターを追加します。Add the management cluster to the local administrators group on each node in the cluster set.

    foreach($h in $hosts){ Invoke-Command -ComputerName $h -ScriptBlock {Net localgroup administrators /add <management_cluster_name>$} }
    

新しいバーチャルマシンの作成とクラスターセットへの追加Creating new virtual machines and adding to cluster sets

クラスターセットを作成したら、次の手順として、新しい仮想マシンを作成します。After creating the cluster set, the next step is to create new virtual machines. 通常、仮想マシンを作成してクラスターに追加するときは、クラスターに対していくつかのチェックを行い、実行するのが最適であるかどうかを確認する必要があります。Normally, when it is time to create virtual machines and add them to a cluster, you need to do some checks on the clusters to see which it may be best to run on. これらのチェックには次のものが含まれます。These checks could include:

  • クラスターノードで使用可能なメモリの量を確認できます。How much memory is available on the cluster nodes?
  • クラスターノードで使用できるディスク領域はどのくらいですか?How much disk space is available on the cluster nodes?
  • 仮想マシンには特定の記憶域要件が必要です (つまり、SQL Server の仮想マシンがより高速なドライブを実行しているクラスターにアクセスする場合や、インフラストラクチャの仮想マシンが非常に重要ではなく、低速のドライブで実行できる場合)。Does the virtual machine require specific storage requirements (i.e. I want my SQL Server virtual machines to go to a cluster running faster drives; or, my infrastructure virtual machine is not as critical and can run on slower drives).

この質問に回答したら、クラスター上に仮想マシンを作成する必要があります。Once this questions are answered, you create the virtual machine on the cluster you need it to be. クラスターセットの利点の1つは、クラスターセットがこれらのチェックを行い、最適なノードに仮想マシンを配置することです。One of the benefits of cluster sets is that cluster sets do those checks for you and place the virtual machine on the most optimal node.

次のコマンドはどちらも最適なクラスターを識別し、仮想マシンを展開します。The below commands will both identify the optimal cluster and deploy the virtual machine to it. 次の例では、仮想マシンで少なくとも 4 gb のメモリが使用可能であり、1つの仮想プロセッサを使用する必要があることを指定して、新しい仮想マシンが作成されます。In the below example, a new virtual machine is created specifying that at least 4 gigabytes of memory is available for the virtual machine and that it will need to utilize 1 virtual processor.

  • 仮想マシンで4gb が使用可能であることを確認します。ensure that 4gb is available for the virtual machine

  • 1で使用する仮想プロセッサを設定しますset the virtual processor used at 1

  • バーチャルマシンに使用可能な CPU が少なくとも 10% あることを確認してくださいcheck to ensure there is at least 10% CPU available for the virtual machine

    # Identify the optimal node to create a new virtual machine
    $memoryinMB=4096
    $vpcount = 1
    $targetnode = Get-ClusterSetOptimalNodeForVM -CimSession CSMASTER -VMMemory $memoryinMB -VMVirtualCoreCount $vpcount -VMCpuReservation 10
    $secure_string_pwd = convertto-securestring "<password>" -asplaintext -force
    $cred = new-object -typename System.Management.Automation.PSCredential ("<domain\account>",$secure_string_pwd)
    
    # Deploy the virtual machine on the optimal node
    Invoke-Command -ComputerName $targetnode.name -scriptblock { param([String]$storagepath); New-VM CSVM1 -MemoryStartupBytes 3072MB -path $storagepath -NewVHDPath CSVM.vhdx -NewVHDSizeBytes 4194304 } -ArgumentList @("\\SOFS-CLUSTER1\VOLUME1") -Credential $cred | Out-Null
    
    Start-VM CSVM1 -ComputerName $targetnode.name | Out-Null
    Get-VM CSVM1 -ComputerName $targetnode.name | fl State, ComputerName
    

完了すると、仮想マシンとその配置場所に関する情報が表示されます。When it completes, you will be given the information about the virtual machine and where it was placed. 上の例では、次のように表示されます。In the above example, it would show as:

    State         : Running
    ComputerName  : 1-S2D2

仮想マシンを追加するのに十分なメモリ、cpu、またはディスク領域がない場合は、次のエラーが表示されます。If you were to not have enough memory, cpu, or disk space to add the virtual machine, you will receive the error:

  Get-ClusterSetOptimalNodeForVM : A cluster node is not available for this operation.  

作成された仮想マシンは、指定された特定のノードの Hyper-v マネージャーに表示されます。Once the virtual machine has been created, it will be displayed in Hyper-V manager on the specific node specified. クラスターセットの仮想マシンとしてクラスターに追加するには、次のコマンドを実行します。To add it as a cluster set virtual machine and into the cluster, the command is below.

    Register-ClusterSetVM -CimSession CSMASTER -MemberName $targetnode.Member -VMName CSVM1

完了すると、出力は次のようになります。When it completes, the output will be:

     Id  VMName  State  MemberName  PSComputerName
     --  ------  -----  ----------  --------------
      1  CSVM1      On  CLUSTER1    CSMASTER

既存の仮想マシンでクラスターを追加した場合は、仮想マシンをクラスターセットに登録して、すべての仮想マシンを一度に登録する必要があります。次のコマンドを使用します。If you have added a cluster with existing virtual machines, the virtual machines will also need to be registered with Cluster sets so register all the virtual machines at once, the command to use is:

    Get-ClusterSetMember -name CLUSTER3 -CimSession CSMASTER | Register-ClusterSetVM -RegisterAll -CimSession CSMASTER

ただし、仮想マシンへのパスをクラスターセットの名前空間に追加する必要があるため、このプロセスは完了しません。However, the process is not complete as the path to the virtual machine needs to be added to the cluster set namespace.

たとえば、既存のクラスターが追加され、事前に構成された仮想マシンがローカルクラスターの共有ボリューム (CSV) に存在する場合、VHDX のパスは "C:\ClusterStorage\Volume1\MYVM\Virtual Hard Disks\MYVM.vhdx." のようになります。So for example, an existing cluster is added and it has pre-configured virtual machines the reside on the local Cluster Shared Volume (CSV), the path for the VHDX would be something similar to "C:\ClusterStorage\Volume1\MYVM\Virtual Hard Disks\MYVM.vhdx. 記憶域の移行は、CSV パスが1つのメンバークラスターに対してローカルに設計されているため、実現する必要があります。A storage migration would need to be accomplished as CSV paths are by design local to a single member cluster. このため、メンバークラスター間でライブマイグレーションを実行すると、は仮想マシンにアクセスできなくなります。Thus, will not be accessible to the virtual machine once they are live migrated across member clusters.

この例では、CLUSTER3 というスケールアウトファイルサーバーインフラストラクチャを使用してを SOFS としてクラスターセットに追加し、CLUSTER3 として追加しました。In this example, CLUSTER3 was added to the cluster set using Add-ClusterSetMember with the Infrastructure Scale-Out File Server as SOFS-CLUSTER3. 仮想マシンの構成と記憶域を移動するには、次のコマンドを実行します。To move the virtual machine configuration and storage, the command is:

    Move-VMStorage -DestinationStoragePath \\SOFS-CLUSTER3\Volume1 -Name MYVM

完了すると、次の警告が表示されます。Once it completes, you will receive a warning:

    WARNING: There were issues updating the virtual machine configuration that may prevent the virtual machine from running.  For more information view the report file below.
    WARNING: Report file location: C:\Windows\Cluster\Reports\Update-ClusterVirtualMachineConfiguration '' on date at time.htm.

この警告は、"仮想マシンロールの記憶域構成に変更が検出されませんでした。" という警告が無視される場合があります。This warning can be ignored as the warning is "No changes in the virtual machine role storage configuration were detected". 実際の物理的な場所としての警告の理由は変わりません。構成パスのみ。The reason for the warning as the actual physical location does not change; only the configuration paths.

移動 VMStorage の詳細については、こちらのリンクを参照してください。For more information on Move-VMStorage, please review this link.

異なるクラスターセットクラスター間での仮想マシンのライブマイグレーションは、以前と同じではありません。Live migrating a virtual machine between different cluster set clusters is not the same as in the past. クラスター化されていないシナリオでは、手順は次のようになります。In non-cluster set scenarios, the steps would be:

  1. バーチャルマシンロールをクラスターから削除します。remove the virtual machine role from the Cluster.
  2. 仮想マシンを別のクラスターのメンバーノードにライブマイグレーションします。live migrate the virtual machine to a member node of a different cluster.
  3. 仮想マシンを新しい仮想マシンロールとしてクラスターに追加します。add the virtual machine into the cluster as a new virtual machine role.

クラスターセットでは、これらの手順は必要ありません。コマンドは1つだけ必要です。With Cluster sets these steps are not necessary and only one command is needed. まず、次のコマンドを使用して、すべてのネットワークを移行に使用できるように設定する必要があります。First, you should set all networks to be available for the migration with the command:

Set-VMHost -UseAnyNetworkMigration $true

たとえば、クラスターセットの仮想マシンを CLUSTER1 から CL3 に移動します。For example, I want to move a Cluster Set virtual machine from CLUSTER1 to NODE2-CL3 on CLUSTER3. 1つのコマンドは次のようになります。The single command would be:

    Move-ClusterSetVM -CimSession CSMASTER -VMName CSVM1 -Node NODE2-CL3

ただし、仮想マシンの記憶域または構成ファイルは移動されないことに注意してください。Please note that this does not move the virtual machine storage or configuration files. 仮想マシンへのパスは\SOFS-CLUSTER1\VOLUME1. のままであるため、これは必要ありません。This is not necessary as the path to the virtual machine remains as \SOFS-CLUSTER1\VOLUME1. 仮想マシンを登録した後、クラスターセットにインフラストラクチャファイルサーバー共有パスがある場合、ドライブと仮想マシンは仮想マシンと同じコンピューター上に存在する必要はありません。Once a virtual machine has been registered with cluster sets has the Infrastructure File Server share path, the drives and virtual machine do not require being on the same machine as the virtual machine.

可用性セットの障害ドメインの作成Creating Availability sets Fault Domains

概要で説明したように、Azure と同様の障害ドメインと可用性セットは、クラスターセットで構成できます。As described in the introduction, Azure-like fault domains and availability sets can be configured in a cluster set. これは、最初の仮想マシンの配置とクラスター間での移行に役立ちます。This is beneficial for initial virtual machine placements and migrations between clusters.

次の例では、クラスターセットに参加する4つのクラスターがあります。In the example below, there are four clusters participating in the cluster set. セット内では、2つのクラスターと、他の2つのクラスターで作成された障害ドメインを使用して、論理障害ドメインが作成されます。Within the set, a logical fault domain will be created with two of the clusters and a fault domain created with the other two clusters. これらの2つの障害ドメインは、可用性セットを構成します。These two fault domains will comprise the Availabiilty Set.

次の例では、CLUSTER1 と CLUSTER2 はFD1という障害ドメインにあり、CLUSTER3 と CLUSTER4 はFD2という障害ドメインにあります。In the example below, CLUSTER1 and CLUSTER2 will be in a fault domain called FD1 while CLUSTER3 and CLUSTER4 will be in a fault domain called FD2. 可用性セットはCsmaster と呼ばれ、2つの障害ドメインで構成されます。The availability set will be called CSMASTER-AS and be comprised of the two fault domains.

障害ドメインを作成するには、次のコマンドを実行します。To create the fault domains, the commands are:

    New-ClusterSetFaultDomain -Name FD1 -FdType Logical -CimSession CSMASTER -MemberCluster CLUSTER1,CLUSTER2 -Description "This is my first fault domain"

    New-ClusterSetFaultDomain -Name FD2 -FdType Logical -CimSession CSMASTER -MemberCluster CLUSTER3,CLUSTER4 -Description "This is my second fault domain"

これらが正常に作成されたことを確認するために、出力を表示した状態で ClusterSetFaultDomain を実行できます。To ensure they have been created successfully, Get-ClusterSetFaultDomain can be run with its output shown.

    PS C:\> Get-ClusterSetFaultDomain -CimSession CSMASTER -FdName FD1 | fl *

    PSShowComputerName    : True
    FaultDomainType       : Logical
    ClusterName           : {CLUSTER1, CLUSTER2}
    Description           : This is my first fault domain
    FDName                : FD1
    Id                    : 1
    PSComputerName        : CSMASTER

障害ドメインが作成されたので、可用性セットを作成する必要があります。Now that the fault domains have been created, the availability set needs to be created.

    New-ClusterSetAvailabilitySet -Name CSMASTER-AS -FdType Logical -CimSession CSMASTER -ParticipantName FD1,FD2

作成されたことを検証するには、次を使用します。To validate it has been created, then use:

    Get-ClusterSetAvailabilitySet -AvailabilitySetName CSMASTER-AS -CimSession CSMASTER

新しい仮想マシンを作成する場合は、最適なノードを決定する際に、-AvailabilitySet パラメーターを使用する必要があります。When creating new virtual machines, you would then need to use the -AvailabilitySet parameter as part of determining the optimal node. 次のようになります。So it would then look something like this:

    # Identify the optimal node to create a new virtual machine
    $memoryinMB=4096
    $vpcount = 1
    $av = Get-ClusterSetAvailabilitySet -Name CSMASTER-AS -CimSession CSMASTER
    $targetnode = Get-ClusterSetOptimalNodeForVM -CimSession CSMASTER -VMMemory $memoryinMB -VMVirtualCoreCount $vpcount -VMCpuReservation 10 -AvailabilitySet $av
    $secure_string_pwd = convertto-securestring "<password>" -asplaintext -force
    $cred = new-object -typename System.Management.Automation.PSCredential ("<domain\account>",$secure_string_pwd)

さまざまなライフサイクルが原因でクラスターセットからクラスターを削除する。Removing a cluster from cluster sets due to various life cycles. クラスターセットからクラスターを削除する必要がある場合もあります。There are times when a cluster needs to be removed from a cluster set. ベストプラクティスとして、クラスターセットのすべての仮想マシンをクラスターから移動することをお勧めします。As a best practice, all cluster set virtual machines should be moved out of the cluster. これは、移動 ClusterSetVM移動 vmstorageコマンドを使用して実現できます。This can be accomplished using the Move-ClusterSetVM and Move-VMStorage commands.

ただし、仮想マシンも移動されない場合、クラスターセットは一連の操作を実行して、管理者に直感的な結果を提供します。However, if the virtual machines will not be moved as well, cluster sets runs a series of actions to provide an intuitive outcome to the administrator. クラスターがセットから削除されると、削除するクラスターでホストされているその他のすべてのクラスターセット仮想マシンは、そのクラスターにバインドされた高可用性仮想マシンになります (記憶域にアクセスできることが前提です)。When the cluster is removed from the set, all remaining cluster set virtual machines hosted on the cluster being removed will simply become highly available virtual machines bound to that cluster, assuming they have access to their storage. クラスターセットでも、次の方法でインベントリが自動的に更新されます。Cluster sets will also automatically update its inventory by:

  • 現在削除されていたクラスターとそのクラスターで実行されている仮想マシンの正常性を追跡できなくなりましたNo longer tracking the health of the now-removed cluster and the virtual machines running on it
  • クラスターセットの名前空間と、現在削除されているクラスターでホストされている共有へのすべての参照を削除します。Removes from cluster set namespace and all references to shares hosted on the now-removed cluster

たとえば、クラスターセットから CLUSTER1 クラスターを削除するコマンドは次のようになります。For example, the command to remove the CLUSTER1 cluster from cluster sets would be:

    Remove-ClusterSetMember -ClusterName CLUSTER1 -CimSession CSMASTER

よく寄せられる質問 (FAQ)Frequently asked questions (FAQ)

事項クラスターセットでは、ハイパー集約クラスターのみを使用するように制限されていますか。Question: In my cluster set, am I limited to only using hyper-converged clusters?
受信No.Answer: No. 記憶域スペースダイレクトと従来のクラスターを混在させることができます。You can mix Storage Spaces Direct with traditional clusters.

事項クラスターセットを System Center Virtual Machine Manager で管理できますか。Question: Can I manage my Cluster Set via System Center Virtual Machine Manager?
受信System Center Virtual Machine Manager は現在クラスターセットをサポートしていませんAnswer: System Center Virtual Machine Manager does not currently support Cluster sets

事項Windows Server 2012 R2 または2016クラスターを同じクラスターセットに共存させることはできますか。Question: Can Windows Server 2012 R2 or 2016 clusters co-exist in the same cluster set?
事項クラスターを同じクラスターセットに参加させるだけで、Windows Server 2012 R2 または2016クラスターからワークロードを移行することはできますか。Question: Can I migrate workloads off Windows Server 2012 R2 or 2016 clusters by simply having those clusters join the same Cluster Set?
受信クラスターセットは、Windows Server 2019 で導入された新しいテクノロジなので、以前のリリースでは存在しません。Answer: Cluster sets is a new technology being introduced in Windows Server 2019, so as such, does not exist in previous releases. ダウンレベル OS ベースのクラスターは、クラスターセットに参加できません。Down-level OS-based clusters cannot join a cluster set. ただし、クラスターオペレーティングシステムのローリングアップグレードテクノロジでは、これらのクラスターを Windows Server 2019 にアップグレードすることによって、移行機能を提供する必要があります。However, Cluster Operating System rolling upgrades technology should provide the migration functionality that you are looking for by upgrading these clusters to Windows Server 2019.

事項クラスターセットでストレージまたはコンピューティング (単独) のスケーリングを可能にすることはできますか?Question: Can Cluster sets allow me to scale storage or compute (alone)?
受信はい。記憶域スペースダイレクトまたは従来の Hyper-v クラスターを追加するだけです。Answer: Yes, by simply adding a Storage Space Direct or traditional Hyper-V cluster. クラスターセットを使用すると、ハイパー集約されたクラスターセットでも、コンピューティングと記憶域の比率が簡単に変わります。With cluster sets, it is a straightforward change of Compute-to-Storage ratio even in a hyper-converged cluster set.

事項クラスターセットの管理ツールとはQuestion: What is the management tooling for cluster sets
受信このリリースの PowerShell または WMI。Answer: PowerShell or WMI in this release.

事項クラスター間のライブマイグレーションは、さまざまな世代のプロセッサでどのように動作しますか。Question: How will the cross-cluster live migration work with processors of different generations?
受信クラスターセットはプロセッサの違いに対しては機能しないため、現在サポートされている Hyper-v は置き換えられます。Answer: Cluster sets does not work around processor differences and supersede what Hyper-V currently supports. そのため、プロセッサ互換性モードはクイック移行で使用する必要があります。Therefore, processor compatibility mode must be used with quick migrations. クラスターセットの推奨事項は、個々のクラスター内で同じプロセッサハードウェアを使用することと、クラスター間のライブマイグレーションを実行するクラスターセット全体を使用することです。The recommendation for Cluster sets is to use the same processor hardware within each individual Cluster as well as the entire Cluster Set for live migrations between clusters to occur.

事項クラスターの障害が発生した場合、クラスターに仮想マシンを自動的にフェールオーバーさせることはできますか。Question: Can my cluster set virtual machines automatically failover on a cluster failure?
受信このリリースでは、クラスターセットの仮想マシンはクラスター間でのみ手動でライブマイグレーションできます。ただし、自動的にフェールオーバーすることはできません。Answer: In this release, cluster set virtual machines can only be manually live-migrated across clusters; but cannot automatically failover.

事項クラスター障害に対する記憶域の回復性を確保するにはどうすればよいですか。Question: How do we ensure storage is resilient to cluster failures?
受信複数のクラスターにまたがる記憶域レプリカ (SR) ソリューションをメンバークラスター全体で使用して、クラスター障害に対する記憶域の回復性を実現します。Answer: Use cross-cluster Storage Replica (SR) solution across member clusters to realize the storage resiliency to cluster failures.

事項記憶域レプリカ (SR) を使用して、メンバークラスター間でレプリケートします。Question: I use Storage Replica (SR) to replicate across member clusters. クラスターセット名前空間ストレージ UNC パスは、SR フェールオーバー時にレプリカターゲット記憶域スペースダイレクトクラスターに変更されますか?Do cluster set namespace storage UNC paths change on SR failover to the replica target Storage Spaces Direct cluster?
受信このリリースでは、このようなクラスターセットの名前空間の参照の変更は、SR フェールオーバーでは発生しません。Answer: In this release, such a cluster set namespace referral change does not occur with SR failover. このシナリオが重要であるかどうか、およびその使用方法についてマイクロソフトにお知らせください。Please let Microsoft know if this scenario is critical to you and how you plan to use it.

事項障害復旧時に障害ドメイン間で仮想マシンをフェールオーバーすることはできますか (障害ドメイン全体がダウンした場合など)。Question: Is it possible to failover virtual machines across fault domains in a disaster recovery situation (say the entire fault domain went down)?
受信いいえ。論理障害ドメイン内でのクラスター間フェールオーバーは、まだサポートされていません。Answer: No, note that cross-cluster failover within a logical fault domain is not yet supported.

事項クラスターは複数のサイト (または DNS ドメイン) のクラスターにまたがることができますか。Question: Can my cluster set span clusters in multiple sites (or DNS domains)?

**受\信**これはテストされていないシナリオで、運用環境のサポートについてすぐには計画されません。

*Answer:* This is an untested scenario and not immediately planned for production support.
このシナリオが重要であるかどうか、およびその使用方法についてマイクロソフトにお知らせください。Please let Microsoft know if this scenario is critical to you and how you plan to use it.

事項クラスターセットは IPv6 で動作しますか。Question: Does cluster set work with IPv6?
受信IPv4 と IPv6 は両方とも、フェールオーバークラスターと同様にクラスターセットでサポートされます。Answer: Both IPv4 and IPv6 are supported with cluster sets as with Failover Clusters.

事項クラスターセットの Active Directory フォレストの要件Question: What are the Active Directory Forest requirements for cluster sets
受信すべてのメンバークラスターは、同じ AD フォレスト内に存在する必要があります。Answer: All member clusters must be in the same AD forest.

事項1つのクラスターセットに含めることができるクラスターまたはノードの数を確認できます。Question: How many clusters or nodes can be part of a single cluster Set?
受信Windows Server 2019 では、クラスターセットのテストが完了し、最大で64個のクラスターノードがサポートされていました。Answer: In Windows Server 2019, cluster sets been tested and supported up to 64 total cluster nodes. ただし、クラスターセットのアーキテクチャははるかに大きな制限にスケーリングするため、制限に対してハードコードされているものではありません。However, cluster sets architecture scales to much larger limits and is not something that is hardcoded for a limit. 大きなスケールが重要であるかどうか、およびその使用方法については、Microsoft にお伝えください。Please let Microsoft know if larger scale is critical to you and how you plan to use it.

事項クラスターセット内のすべての記憶域スペースダイレクトクラスターは、1つの記憶域プールを形成しますか。Question: Will all Storage Spaces Direct clusters in a cluster set form a single storage pool?
受信No.Answer: No. 記憶域スペースダイレクトテクノロジは、クラスターセット内のメンバークラスター全体ではなく、1つのクラスター内でも動作します。Storage Spaces Direct technology still operates within a single cluster and not across member clusters in a cluster set.

事項クラスターセットの名前空間は高可用性ですか。Question: Is the cluster set namespace highly available?
受信はい。クラスターセットの名前空間は、管理クラスターで実行されている継続的に使用可能な (CA) 紹介 SOFS 名前空間サーバーを介して提供されます。Answer: Yes, the cluster set namespace is provided via a Continuously Available (CA) referral SOFS namespace server running on the management cluster. ローカライズされたクラスター全体の障害に対して回復力を持たせるために、メンバークラスターから十分な数の仮想マシンを用意することをお勧めします。Microsoft recommends having enough number of virtual machines from member clusters to make it resilient to localized cluster-wide failures. ただし、予期しない致命的なエラー (たとえば、管理クラスター内のすべての仮想マシンが同時にダウンする) を考慮するために、再起動後も各クラスターセットノードに参照情報が永続的にキャッシュされます。However, to account for unforeseen catastrophic failures – e.g. all virtual machines in the management cluster going down at the same time – the referral information is additionally persistently cached in each cluster set node, even across reboots.

事項クラスターセットの記憶域のパフォーマンスが低下するのは、クラスターの名前空間に基づく記憶域ですか。Question: Does the cluster set namespace-based storage access slow down storage performance in a cluster set?
受信No.Answer: No. クラスターセットの名前空間では、クラスターセット内でオーバーレイ参照名前空間を提供します。概念的には分散ファイルシステム名前空間 (DFSN) と同様です。Cluster set namespace offers an overlay referral namespace within a cluster set – conceptually like Distributed File System Namespaces (DFSN). また、DFSN とは異なり、すべてのクラスターセット名前空間の参照メタデータは、管理者の介入なしに自動で設定され、すべてのノードで自動更新されます。そのため、ストレージアクセスパスのパフォーマンスオーバーヘッドはほとんどありません。And unlike DFSN, all cluster set namespace referral metadata is auto-populated and auto-updated on all nodes without any administrator intervention, so there is almost no performance overhead in the storage access path.

事項クラスターセットメタデータをバックアップするにはどうすればよいですか。Question: How can I backup cluster set metadata?
受信このガイダンスは、フェールオーバークラスターと同じです。Answer: This guidance is the same as that of Failover Cluster. システム状態のバックアップでも、クラスターの状態がバックアップされます。The System State Backup will backup the cluster state as well. Windows Server バックアップによって、ノードのクラスターデータベースだけを復元できます (自己復旧のロジックが多数存在するためには必要ありません)。また、すべてのノードでクラスターデータベース全体をロールバックするには、権限のある復元を実行します。Through Windows Server Backup, you can do restores of just a node's cluster database (which should never be needed because of a bunch of self-healing logic we have) or do an authoritative restore to roll back the entire cluster database across all nodes. クラスターセットの場合は、このような権限のある復元をまずメンバークラスターで行い、次に必要に応じて管理クラスターで行うことをお勧めします。In the case of cluster sets, Microsoft recommends doing such an authoritative restore first on the member cluster and then the management cluster if needed.