記憶域スペース ダイレクトのボリュームの作成Creating volumes in Storage Spaces Direct

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016

このトピックでは、Windows 管理センター、PowerShell、またはフェールオーバークラスターマネージャーを使用して記憶域スペースダイレクトクラスターにボリュームを作成する方法について説明します。This topic describes how to create volumes on a Storage Spaces Direct cluster by using Windows Admin Center, PowerShell, or Failover Cluster Manager.

ヒント

まだボリュームを計画していない場合は、まず「記憶域スペース ダイレクトのボリュームの計画」をご覧ください。If you haven't already, check out Planning volumes in Storage Spaces Direct first.

3方向ミラーボリュームを作成するCreate a three-way mirror volume

Windows 管理センターで3方向ミラーボリュームを作成するには、次のようにします。To create a three-way mirror volume in Windows Admin Center:

  1. Windows 管理センターで、記憶域スペースダイレクトクラスターに接続し、 [ツール] ウィンドウで [ボリューム] を選択します。In Windows Admin Center, connect to a Storage Spaces Direct cluster, and then select Volumes from the Tools pane.
  2. ボリューム ページで、インベントリ タブを選択し、ボリュームの作成 を選択します。On the Volumes page, select the Inventory tab, and then select Create volume.
  3. [ボリュームの作成] ウィンドウで、ボリュームの名前を入力し、 [回復性]3 方向ミラーのままにします。In the Create volume pane, enter a name for the volume, and leave Resiliency as Three-way mirror.
  4. [HDD のサイズ] で、ボリュームのサイズを指定します。In Size on HDD, specify the size of the volume. たとえば、5 TB (テラバイト) のようになります。For example, 5 TB (terabytes).
  5. [作成] を選択します。Select Create.

サイズによっては、ボリュームの作成に数分かかることがあります。Depending on the size, creating the volume can take a few minutes. 右上の通知を使用すると、ボリュームがいつ作成されたかを知ることができます。Notifications in the upper-right will let you know when the volume is created. 新しいボリュームが [インベントリ] の一覧に表示されます。The new volume appears in the Inventory list.

3方向ミラーボリュームの作成方法に関する簡単なビデオをご覧ください。Watch a quick video on how to create a three-way mirror volume.

ミラーアクセラレータによるパリティボリュームの作成Create a mirror-accelerated parity volume

ミラーアクセラレータによって、HDD 上のボリュームのフットプリントが減少します。Mirror-accelerated parity reduces the footprint of the volume on the HDD. たとえば、3方向ミラーボリュームは、10テラバイトのサイズごとに、フットプリントとして 30 tb が必要になることを意味します。For example, a three-way mirror volume would mean that for every 10 terabytes of size, you will need 30 terabytes as footprint. フットプリントのオーバーヘッドを軽減するには、ミラーアクセラレータによるパリティを使用してボリュームを作成します。To reduce the overhead in footprint, create a volume with mirror-accelerated parity. これにより、最大でアクティブな 20% のデータをミラー化し、残りの領域を効率的に使用することで、4台のサーバーのみで、30テラバイトから 22 tb までのフットプリントを削減できます。This reduces the footprint from 30 terabytes to just 22 terabytes, even with only 4 servers, by mirroring the most active 20 percent of data, and using parity, which is more space efficient, to store the rest. このパリティとミラーの比率を調整して、ワークロードに適したパフォーマンスと容量のトレードオフを実現できます。You can adjust this ratio of parity and mirror to make the performance versus capacity tradeoff that's right for your workload. たとえば、90% のパリティと 10% のミラーはパフォーマンスが低下しますが、フットプリントはさらに合理化されます。For example, 90 percent parity and 10 percent mirror yields less performance but streamlines the footprint even further.

Windows 管理センターでミラーアクセラレータを使用してボリュームを作成するには、次のようにします。To create a volume with mirror-accelerated parity in Windows Admin Center:

  1. Windows 管理センターで、記憶域スペースダイレクトクラスターに接続し、 [ツール] ウィンドウで [ボリューム] を選択します。In Windows Admin Center, connect to a Storage Spaces Direct cluster, and then select Volumes from the Tools pane.
  2. ボリューム ページで、インベントリ タブを選択し、ボリュームの作成 を選択します。On the Volumes page, select the Inventory tab, and then select Create volume.
  3. [ボリュームの作成] ウィンドウで、ボリュームの名前を入力します。In the Create volume pane, enter a name for the volume.
  4. [回復性][ミラーアクセラレータパリティ] を選択します。In Resiliency, select Mirror-accelerated parity.
  5. [パリティの割合] で、パリティの割合を選択します。In Parity percentage, select the percentage of parity.
  6. [作成] を選択します。Select Create.

ミラーアクセラレータのパリティボリュームを作成する方法については、クイックビデオをご覧ください。Watch a quick video on how to create a mirror-accelerated parity volume.

ボリュームを開き、ファイルを追加するOpen volume and add files

ボリュームを開き、Windows 管理センターでボリュームにファイルを追加するには、次のようにします。To open a volume and add files to the volume in Windows Admin Center:

  1. Windows 管理センターで、記憶域スペースダイレクトクラスターに接続し、 [ツール] ウィンドウで [ボリューム] を選択します。In Windows Admin Center, connect to a Storage Spaces Direct cluster, and then select Volumes from the Tools pane.

  2. ボリューム ページで、インベントリ タブを選択します。On the Volumes page, select the Inventory tab.

  3. ボリュームの一覧で、開くボリュームの名前を選択します。In the list of volumes, select the name of the volume that you want to open.

    [ボリュームの詳細] ページで、ボリュームのパスを確認できます。On the volume details page, you can see the path to the volume.

  4. ページの上部にある [開く] を選択します。At the top of the page, select Open. これにより、Windows 管理センターの [ファイル] ツールが起動します。This launches the Files tool in Windows Admin Center.

  5. ボリュームのパスに移動します。Navigate to the path of the volume. ここでは、ボリューム内のファイルを参照できます。Here you can browse the files in the volume.

  6. [アップロード] を選択し、アップロードするファイルを選択します。Select Upload, and then select a file to upload.

  7. ブラウザーの 戻る ボタンを使用して、Windows 管理センターの ツール ウィンドウに戻ります。Use the browser Back button to go back to the Tools pane in Windows Admin Center.

ボリュームを開いてファイルを追加する方法に関する簡単なビデオをご覧ください。Watch a quick video on how to open a volume and add files.

重複除去と圧縮を有効にするTurn on deduplication and compression

重複除去と圧縮はボリュームごとに管理されます。Deduplication and compression is managed per volume. 重複除去と圧縮では後処理モデルが使用されるため、実行されるまで節約されることはありません。Deduplication and compression uses a post-processing model, which means that you won't see savings until it runs. これが行われると、以前のファイルであっても、すべてのファイルに対して機能します。When it does, it'll work over all files, even those that were there from before.

  1. Windows 管理センターで、記憶域スペースダイレクトクラスターに接続し、 [ツール] ウィンドウで [ボリューム] を選択します。In Windows Admin Center, connect to a Storage Spaces Direct cluster, and then select Volumes from the Tools pane.

  2. ボリューム ページで、インベントリ タブを選択します。On the Volumes page, select the Inventory tab.

  3. ボリュームの一覧で、管理するボリュームの名前を選択します。In the list of volumes, select the name of the volume that want to manage.

  4. [ボリュームの詳細] ページで、[重複除去と圧縮] というラベルの付いたスイッチをクリックします。On the volume details page, click the switch labeled Deduplication and compression.

  5. [重複除去を有効にする] ウィンドウで、重複除去モードを選択します。In the Enable deduplication pane, select the deduplication mode.

    Windows 管理センターでは、複雑な設定の代わりに、さまざまなワークロードに対応した既製のプロファイルを選択できます。Instead of complicated settings, Windows Admin Center lets you choose between ready-made profiles for different workloads. わからない場合は、既定の設定を使用します。If you're not sure, use the default setting.

  6. [有効化] を選びます。Select Enable.

重複除去と圧縮を有効にする方法に関する簡単なビデオをご覧ください。Watch a quick video on how to turn on deduplication and compression.

PowerShell を使ったボリュームの作成Create volumes using PowerShell

記憶域スペース ダイレクトのボリュームを作成するには、New-Volume コマンドレットを使うことをお勧めします。We recommend using the New-Volume cmdlet to create volumes for Storage Spaces Direct. この方法が最も早く、直感的です。It provides the fastest and most straightforward experience. このコマンドレット 1 つだけで、仮想ディスクが作成されて、パーティション化およびフォーマットされ、一致する名前を持つボリュームが作成されて、クラスター共有ボリュームに追加されます。すべて 1 つの簡単な手順で行うことができます。This single cmdlet automatically creates the virtual disk, partitions and formats it, creates the volume with matching name, and adds it to cluster shared volumes – all in one easy step.

New-Volume コマンドレットには、必須のパラメーターが 4 つあります。The New-Volume cmdlet has four parameters you'll always need to provide:

  • フレンドリ任意の文字列 ( "Volume1" など)FriendlyName: Any string you want, for example "Volume1"

  • FileSystem CSVFS_ReFS (推奨) またはCSVFS_NTFSのいずれかFileSystem: Either CSVFS_ReFS (recommended) or CSVFS_NTFS

  • StoragePoolFriendlyNameストレージプールの名前 ( "S2D On ClusterName" など)StoragePoolFriendlyName: The name of your storage pool, for example "S2D on ClusterName"

  • サイズ: ボリュームのサイズ ( "10 tb" など)Size: The size of the volume, for example "10TB"

    注意

    Windows (PowerShell を含む) では 2 進数を使ってカウントされますが、ドライブのラベルには 10 進数が使われていることがよくあります。Windows, including PowerShell, counts using binary (base-2) numbers, whereas drives are often labeled using decimal (base-10) numbers. 1,000,000,000,000 バイトと定義される "1 テラバイト" のドライブが、Windows で約 "909 GB" となるのはこのためです。This explains why a "one terabyte" drive, defined as 1,000,000,000,000 bytes, appears in Windows as about "909 GB". これは正常な動作です。This is expected. New-Volume を使ってボリュームを作成するときは、Size パラメーターを 2 進数で指定してください。When creating volumes using New-Volume, you should specify the Size parameter in binary (base-2) numbers. たとえば、"909GB" または "0.909495TB" と指定すると約 1,000,000,000,000 バイトのボリュームが作成されます。For example, specifying "909GB" or "0.909495TB" will create a volume of approximately 1,000,000,000,000 bytes.

例:2または3台のサーバーExample: With 2 or 3 servers

処理を簡単にするため、展開にサーバーが 2 台しかない場合、記憶域スペース ダイレクトは回復性のために双方向ミラーリングを自動的に使います。To make things easier, if your deployment has only two servers, Storage Spaces Direct will automatically use two-way mirroring for resiliency. 展開にサーバーが 3 台しかない場合、3 方向ミラーリングを自動的に使います。If your deployment has only three servers, it will automatically use three-way mirroring.

New-Volume -FriendlyName "Volume1" -FileSystem CSVFS_ReFS -StoragePoolFriendlyName S2D* -Size 1TB

例:4台以上のサーバーExample: With 4+ servers

サーバーが 4 台以上の場合、オプションの ResiliencySettingName パラメーターを使って回復性の種類を選択できます。If you have four or more servers, you can use the optional ResiliencySettingName parameter to choose your resiliency type.

  • ResiliencySettingName ミラーまたはパリティResiliencySettingName: Either Mirror or Parity.

次の例では、 "Volume2" は 3 方向ミラーリングを使い、 "Volume3" はデュアル パリティ (多くの場合 "イレイジャー コーディング" と呼ばれます) を使います。In the following example, "Volume2" uses three-way mirroring and "Volume3" uses dual parity (often called "erasure coding").

New-Volume -FriendlyName "Volume2" -FileSystem CSVFS_ReFS -StoragePoolFriendlyName S2D* -Size 1TB -ResiliencySettingName Mirror
New-Volume -FriendlyName "Volume3" -FileSystem CSVFS_ReFS -StoragePoolFriendlyName S2D* -Size 1TB -ResiliencySettingName Parity

例:記憶域階層の使用Example: Using storage tiers

3 種類のドライブが存在する展開では、1 つのボリュームが SSD 階層と HDD 階層をまたぐことができます。In deployments with three types of drives, one volume can span the SSD and HDD tiers to reside partially on each. 同様に、サーバーが 4 台以上存在する展開では、1 つのボリュームにミラーリングとデュアル パリティを混在させることができます。Likewise, in deployments with four or more servers, one volume can mix mirroring and dual parity to reside partially on each.

そのようなボリュームを作成できるようにするため、記憶域スペース ダイレクトには Performance および Capacity という既定の階層テンプレートが用意されています。To help you create such volumes, Storage Spaces Direct provides default tier templates called Performance and Capacity. これらのテンプレートは、3 方向ミラーリングの定義をより高速なデータ格納用ドライブ (該当する場合) にカプセル化し、デュアル パリティの定義をより低速なデータ格納用ドライブ (該当する場合) にカプセル化します。They encapsulate definitions for three-way mirroring on the faster capacity drives (if applicable), and dual parity on the slower capacity drives (if applicable).

Get-StorageTier コマンドレットを実行すると、それらのドライブを表示できます。You can see them by running the Get-StorageTier cmdlet.

Get-StorageTier | Select FriendlyName, ResiliencySettingName, PhysicalDiskRedundancy

記憶域階層の PowerShell のスクリーンショット

階層ボリュームを作成する場合は、New-Volume コマンドレットの StorageTierFriendlyNames パラメーターと StorageTierSizes パラメーターを使用して、これらの階層テンプレートを参照してください。To create tiered volumes, reference these tier templates using the StorageTierFriendlyNames and StorageTierSizes parameters of the New-Volume cmdlet. たとえば、次のコマンドレットは 30:70 の比率で 3 方向ミラーリングとデュアル パリティが混在した 1 つのボリュームを作成します。For example, the following cmdlet creates one volume which mixes three-way mirroring and dual parity in 30:70 proportions.

New-Volume -FriendlyName "Volume4" -FileSystem CSVFS_ReFS -StoragePoolFriendlyName S2D* -StorageTierFriendlyNames Performance, Capacity -StorageTierSizes 300GB, 700GB

フェールオーバー クラスター マネージャーを使ったボリュームの作成Create volumes using Failover Cluster Manager

フェイルオーバー クラスター マネージャーから仮想ディスクの新規作成ウィザード (記憶域スペース ダイレクト)ボリュームの新規作成ウィザードの順に使ってボリュームを作成することもできますが、このワークフローは手動の手順が多いため推奨されません。You can also create volumes using the New Virtual Disk Wizard (Storage Spaces Direct) followed by the New Volume Wizard from Failover Cluster Manager, although this workflow has many more manual steps and is not recommended.

主に 3 つの手順があります。There are three major steps:

手順 1:仮想ディスクの作成Step 1: Create virtual disk

仮想ディスクの新規作成

  1. フェールオーバー クラスター マネージャーで、 [記憶域] -> [プール] の順に移動します。In Failover Cluster Manager, navigate to Storage -> Pools.
  2. 右側の操作ウィンドウで [仮想ディスクの新規作成] を選択するか、プールを右クリックして [仮想ディスクの新規作成] を選択します。Select New Virtual Disk from the Actions pane on the right, or right-click the pool and select New Virtual Disk.
  3. 記憶域プールを選択して [OK] をクリックします。Select the storage pool and click OK. 仮想ディスクの新規作成ウィザード (記憶域スペース ダイレクト) が開きます。The New Virtual Disk Wizard (Storage Spaces Direct) will open.
  4. ウィザードを使って仮想ディスクに名前を付け、そのサイズを指定します。Use the wizard to name the virtual disk and specify its size.
  5. 選択内容を確認し、 [作成] をクリックします。Review your selections and click Create.
  6. 閉じる前に [このウィザードを閉じるときにボリュームを作成します] チェック ボックスがオンになっていることを確認してください。Be sure to check the box marked Create a volume when this wizard closes before closing.

手順 2:ボリュームの作成Step 2: Create volume

ボリュームの新規作成ウィザードが開きます。The New Volume Wizard will open.

  1. 前の手順で作成した仮想ディスクを選択し、 [次へ] をクリックします。Select the virtual disk you just created and click Next.
  2. ボリュームのサイズを指定し (既定値: 仮想ディスクと同じサイズ)、 [次へ] をクリックします。Specify the volume's size (default: the same size as the virtual disk) and click Next.
  3. ボリュームにドライブ文字を割り当てるか、 [ドライブ文字またはフォルダーに割り当てません] を選択して [次へ] をクリックします。Assign the volume to a drive letter or choose Don't assign to a drive letter and click Next.
  4. 使用するファイルシステムを指定して、割り当て単位サイズを [既定] のままにし、ボリュームに名前を付けて [次へ] をクリックします。Specify the filesystem to use, leave the allocation unit size as Default, name the volume, and click Next.
  5. 選択内容を確認し、 [作成][閉じる] の順にクリックします。Review your selections and click Create, then Close.

手順 3:クラスターの共有ボリュームに追加するStep 3: Add to cluster shared volumes

クラスターの共有ボリュームへの追加

  1. フェールオーバー クラスター マネージャーで、 [記憶域] -> [ディスク] の順に移動します。In Failover Cluster Manager, navigate to Storage -> Disks.
  2. 前の手順で作成した仮想ディスクを選択し、右側の操作ウィンドウから [クラスターの共有ボリュームへの追加] を選択するか、仮想ディスクを右クリックして [クラスターの共有ボリュームへの追加] を選択します。Select the virtual disk you just created and select Add to Cluster Shared Volumes from the Actions pane on the right, or right-click the virtual disk and select Add to Cluster Shared Volumes.

これで完了です。You're done! 複数のボリュームを作成するには、必要に応じて手順を繰り返します。Repeat as needed to create more than one volume.

関連項目See also