記憶域スペースダイレクトの対称に関する考慮事項Drive symmetry considerations for Storage Spaces Direct

適用先:Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016

記憶域スペースダイレクトは、すべてのサーバーにまったく同じドライブがある場合に最適です。Storage Spaces Direct works best when every server has exactly the same drives.

実際、これは常に実用的ではないということを認識しています。記憶域スペースダイレクトは、長年にわたって実行するように設計されており、組織のニーズの拡大に合わせて拡張できます。In reality, we recognize this is not always practical: Storage Spaces Direct is designed to run for years and to scale as the needs of your organization grow. 現在、spacious 3 TB のハードドライブを購入できます。来年には、小規模なものを見つけることができなくなる可能性があります。Today, you may buy spacious 3 TB hard drives; next year, it may become impossible to find ones that small. そのため、いくつかの混合と一致がサポートされています。Therefore, some amount of mixing-and-matching is supported.

このトピックでは、制約について説明し、サポートされる構成とサポートされない構成の例を示します。This topic explains the constraints and provides examples of supported and unsupported configurations.

制約Constraints

種類Type

すべてのサーバーは、同じ種類のドライブを持つ必要があります。All servers should have the same types of drives.

たとえば、1台のサーバーに NVMe がある場合、それらはすべてnvme を持つ必要があります。For example, if one server has NVMe, they should all have NVMe.

NumberNumber

すべてのサーバーのドライブ数は、種類ごとに同じである必要があります。All servers should have the same number of drives of each type.

たとえば、1台のサーバーに6つの SSD が搭載されている場合、それらはすべて6 つの ssd を備えている必要があります。For example, if one server has six SSD, they should all have six SSD.

注意

障害発生時またはドライブの追加時または削除時に、ドライブ数が一時的に異なる場合があります。It is okay for the number of drives to differ temporarily during failures or while adding or removing drives.

モデルModel

可能な限り、同じモデルとファームウェアのバージョンのドライブを使用することをお勧めします。We recommend using drives of the same model and firmware version whenever possible. できない場合は、可能な限り類似したドライブを選択してください。If you can't, carefully select drives that are as similar as possible. 記憶域スペースダイレクトは IO を均等に分散し、モデルに基づいて区別されないため、同じ種類の同じ種類のドライブを混在させても、パフォーマンスや耐久性が向上しないようにすることをお勧めします。We discourage mixing-and-matching drives of the same type with sharply different performance or endurance characteristics (unless one is cache and the other is capacity) because Storage Spaces Direct distributes IO evenly and doesn't discriminate based on model.

注意

同様の SATA および SAS ドライブを混在させることができます。It is okay to mix-and-match similar SATA and SAS drives.

サイズSize

可能な限り、同じサイズのドライブを使用することをお勧めします。We recommend using drives of the same sizes whenever possible. サイズが異なる容量ドライブを使用すると、使用できない容量が生じる可能性があります。また、サイズが異なるキャッシュドライブを使用すると、キャッシュのパフォーマンスが向上しない場合があります。Using capacity drives of different sizes may result in some unusable capacity, and using cache drives of different sizes may not improve cache performance. 詳細については、次のセクションを参照してください。See the next section for details.

警告

サーバー間で容量ドライブのサイズが異なると、容量が孤立する可能性があります。Differing capacity drives sizes across servers may result in stranded capacity.

理解: 容量の不均衡Understand: capacity imbalance

記憶域スペースダイレクトは、複数のドライブやサーバーにわたる容量の不均衡に対する堅牢性を備えています。Storage Spaces Direct is robust to capacity imbalance across drives and across servers. 不均衡が深刻な場合でも、すべてが引き続き機能します。Even if the imbalance is severe, everything will continue to work. ただし、いくつかの要因によっては、すべてのサーバーで使用できない容量が使用できなくなる可能性があります。However, depending on several factors, capacity that isn't available in every server may not be usable.

この問題が発生した理由を確認するには、次の簡略化された図を検討してください。To see why this happens, consider the simplified illustration below. 各色つきのボックスは、ミラー化されたデータの1つのコピーを表します。Each colored box represents one copy of mirrored data. たとえば、、A '、および ' ' とマークされているボックスは、同じデータの3つのコピーです。For example, the boxes marked A, A', and A'' are three copies of the same data. サーバーのフォールトトレランスを優先するには、これらのコピーを別のサーバーに格納する必要があります。To honor server fault tolerance, these copies must be stored in different servers.

残される容量Stranded capacity

描画されると、サーバー 1 (10 TB) とサーバー 2 (10 TB) がいっぱいになります。As drawn, Server 1 (10 TB) and Server 2 (10 TB) are full. サーバー3にはより大きなドライブがあるため、合計容量は (15 TB) 大きくなります。Server 3 has larger drives, therefore its total capacity is larger (15 TB). ただし、サーバー3に3方向ミラーデータを格納するには、既にいっぱいになっているサーバー1とサーバー2へのコピーが必要になります。However, to store more three-way mirror data on Server 3 would require copies on Server 1 and Server 2 too, which are already full. サーバー3の残りの 5 TB 容量は使用できません。 "孤立した" 容量です。The remaining 5 TB capacity on Server 3 can't be used – it's "stranded" capacity.

3方向ミラー、3台のサーバー、孤立した容量

最適な配置Optimal placement

逆に、10 tb、10 tb、10 TB、15 TB の容量と3方向ミラーの回復性を備えた4台のサーバーでは、使用可能なすべての容量が描画された方法で、コピーを有効にすることできます。Conversely, with four servers of 10 TB, 10 TB, 10 TB, and 15 TB capacity and three-way mirror resiliency, it is possible to validly place copies in a way that uses all available capacity, as drawn. これが可能になると、記憶域スペースダイレクトアロケーターは最適な配置を検出して使用するので、残された容量を残します。Whenever this is possible, the Storage Spaces Direct allocator will find and use the optimal placement, leaving no stranded capacity.

3方向ミラー、4台のサーバー、残された容量なし

サーバーの数、回復性、容量の不均衡の重大度、およびその他の要因は、孤立した容量があるかどうかに影響します。The number of servers, the resiliency, the severity of the capacity imbalance, and other factors affect whether there is stranded capacity. 最も一般的な規則は、すべてのサーバーで使用できる容量のみが使用可能であると想定することです。The most prudent general rule is to assume that only capacity available in every server is guaranteed to be usable.

理解: キャッシュの不均衡Understand: cache imbalance

記憶域スペースダイレクトは、複数のドライブやサーバーにまたがるキャッシュの不均衡に対して堅牢です。Storage Spaces Direct is robust to cache imbalance across drives and across servers. 不均衡が深刻な場合でも、すべてが引き続き機能します。Even if the imbalance is severe, everything will continue to work. さらに、記憶域スペースダイレクトは常に使用可能なすべてのキャッシュを使用します。Moreover, Storage Spaces Direct always uses all available cache to the fullest.

ただし、サイズが異なるキャッシュドライブを使用すると、キャッシュのパフォーマンスが一様または予測できなくなる場合があります。キャッシュドライブが大きい場合は、IO のみがパフォーマンスが向上する可能性があります。However, using cache drives of different sizes may not improve cache performance uniformly or predictably: only IO to drive bindings with larger cache drives may see improved performance. 記憶域スペースダイレクトは、IO をバインド間で均等に分散し、キャッシュから容量への比率に基づいては区別しません。Storage Spaces Direct distributes IO evenly across bindings and doesn't discriminate based on cache-to-capacity ratio.

キャッシュの不均衡

ヒント

キャッシュのバインドの詳細については、「キャッシュについて」を参照してください。See Understanding the cache to learn more about cache bindings.

構成例Example configurations

サポートされている構成とサポートされていない構成を次に示します。Here are some supported and unsupported configurations:

サポート対象 サポートされている: サーバー間で異なるモデルSupported: different models between servers

最初の2つのサーバーは、NVMe モデル "X" を使用しますが、3台目のサーバーでは、非常に似た NVMe モデル "Z" を使用します。The first two servers use NVMe model "X" but the third server uses NVMe model "Z", which is very similar.

サーバー 1Server 1 サーバー2Server 2 サーバー3Server 3
2 x NVMe モデル X (キャッシュ)2 x NVMe Model X (cache) 2 x NVMe モデル X (キャッシュ)2 x NVMe Model X (cache) 2 x NVMe モデル Z (キャッシュ)2 x NVMe Model Z (cache)
10 x SSD モデル Y (容量)10 x SSD Model Y (capacity) 10 x SSD モデル Y (容量)10 x SSD Model Y (capacity) 10 x SSD モデル Y (容量)10 x SSD Model Y (capacity)

これはサポートされています。This is supported.

サポート対象 サポートされている: サーバー内の異なるモデルSupported: different models within server

すべてのサーバーで、HDD モデル "Y" と "Z" の異なる組み合わせが使用されていますが、これは非常によく似ています。Every server uses some different mix of HDD models "Y" and "Z", which are very similar. すべてのサーバーには、合計10個の HDD があります。Every server has 10 total HDD.

サーバー 1Server 1 サーバー2Server 2 サーバー3Server 3
2 x SSD モデル X (キャッシュ)2 x SSD Model X (cache) 2 x SSD モデル X (キャッシュ)2 x SSD Model X (cache) 2 x SSD モデル X (キャッシュ)2 x SSD Model X (cache)
7 x HDD モデル Y (容量)7 x HDD Model Y (capacity) 5 x HDD モデル Y (容量)5 x HDD Model Y (capacity) 1 x HDD モデル Y (容量)1 x HDD Model Y (capacity)
3 x HDD モデル Z (容量)3 x HDD Model Z (capacity) 5 x HDD モデル Z (容量)5 x HDD Model Z (capacity) 9 x HDD モデル Z (容量)9 x HDD Model Z (capacity)

これはサポートされています。This is supported.

サポート対象 サポートされている: サーバー間で異なるサイズSupported: different sizes across servers

最初の2台のサーバーは 4 TB の HDD を使用しますが、3台目のサーバーは非常に類似した 6 TB の HDD を使用します。The first two servers use 4 TB HDD but the third server uses very similar 6 TB HDD.

サーバー 1Server 1 サーバー2Server 2 サーバー3Server 3
2 x 800 GB NVMe (キャッシュ)2 x 800 GB NVMe (cache) 2 x 800 GB NVMe (キャッシュ)2 x 800 GB NVMe (cache) 2 x 800 GB NVMe (キャッシュ)2 x 800 GB NVMe (cache)
4 x 4 TB HDD (容量)4 x 4 TB HDD (capacity) 4 x 4 TB HDD (容量)4 x 4 TB HDD (capacity) 4 x 6 TB HDD (容量)4 x 6 TB HDD (capacity)

これはサポートされていますが、これは残された容量になります。This is supported, although it will result in stranded capacity.

サポート対象 サポートされている: サーバー内のさまざまなサイズSupported: different sizes within server

すべてのサーバーで、1.2 TB と非常に類似した 1.6 TB SSD の混合が使用されています。Every server uses some different mix of 1.2 TB and very similar 1.6 TB SSD. 各サーバーには合計4つの SSD があります。Every server has 4 total SSD.

サーバー 1Server 1 サーバー2Server 2 サーバー3Server 3
3 x 1.2 TB SSD (キャッシュ)3 x 1.2 TB SSD (cache) 2 x 1.2 TB SSD (キャッシュ)2 x 1.2 TB SSD (cache) 4 x 1.2 TB SSD (キャッシュ)4 x 1.2 TB SSD (cache)
1 x 1.6 TB SSD (キャッシュ)1 x 1.6 TB SSD (cache) 2 x 1.6 TB SSD (キャッシュ)2 x 1.6 TB SSD (cache) -
20 x 4 TB HDD (容量)20 x 4 TB HDD (capacity) 20 x 4 TB HDD (容量)20 x 4 TB HDD (capacity) 20 x 4 TB HDD (容量)20 x 4 TB HDD (capacity)

これはサポートされています。This is supported.

サポートされていない サポートされていません: サーバー間のさまざまな種類のドライブNot supported: different types of drives across servers

サーバー1は NVMe を持っていますが、他のサーバーは存在しません。Server 1 has NVMe but the others don't.

サーバー 1Server 1 サーバー2Server 2 サーバー3Server 3
6 x NVMe (キャッシュ)6 x NVMe (cache) - -
- 6 x SSD (キャッシュ)6 x SSD (cache) 6 x SSD (キャッシュ)6 x SSD (cache)
18 x HDD (容量)18 x HDD (capacity) 18 x HDD (容量)18 x HDD (capacity) 18 x HDD (容量)18 x HDD (capacity)

これはサポートされていません。This isn't supported. ドライブの種類は、すべてのサーバーで同じである必要があります。The types of drives should be the same in every server.

サポートされていない サポートされていません: サーバー間での各種類の数が異なりますNot supported: different number of each type across servers

サーバー3には他より多くのドライブがあります。Server 3 has more drives than the others.

サーバー 1Server 1 サーバー2Server 2 サーバー3Server 3
2 x NVMe (キャッシュ)2 x NVMe (cache) 2 x NVMe (キャッシュ)2 x NVMe (cache) 4 x NVMe (キャッシュ)4 x NVMe (cache)
10 x HDD (容量)10 x HDD (capacity) 10 x HDD (容量)10 x HDD (capacity) 20 x HDD (容量)20 x HDD (capacity)

これはサポートされていません。This isn't supported. 各種類のドライブの数は、すべてのサーバーで同じである必要があります。The number of drives of each type should be the same in every server.

サポートされていない サポートされていません: HDD ドライブのみNot supported: only HDD drives

すべてのサーバーに HDD ドライブしか接続されていません。All servers have only HDD drives connected.

サーバー 1Server 1 サーバー2Server 2 サーバー3Server 3
18 x HDD (容量)18 x HDD (capacity) 18 x HDD (容量)18 x HDD (capacity) 18 x HDD (容量)18 x HDD (capacity)

これはサポートされていません。This isn't supported. 各サーバーに接続されている2つ以上のキャッシュドライブ (NvME または SSD) を追加する必要があります。You need to add a minimum of two cache drives (NvME or SSD) attached to each of the servers.

まとめSummary

要約すると、クラスター内のすべてのサーバーは、同じ種類のドライブと、それぞれの種類の数が同じである必要があります。To recap, every server in the cluster should have the same types of drives and the same number of each type. 上記の考慮事項により、必要に応じてドライブモデルとドライブサイズを組み合わせることができます。It's supported to mix-and-match drive models and drive sizes as needed, with the considerations above.

制約Constraint StateState
すべてのサーバーで同じ種類のドライブSame types of drives in every server 必須Required
すべてのサーバーで同じ数の種類Same number of each type in every server 必須Required
すべてのサーバーで同じドライブモデルSame drive models in every server 推奨Recommended
すべてのサーバーで同じドライブサイズSame drive sizes in every server 推奨Recommended

その他の参照情報Additional References