記憶域スペース ダイレクト サーバーをメンテナンスのためオフラインにするTaking a Storage Spaces Direct server offline for maintenance

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016

このトピックは、記憶域スペース ダイレクトを持つサーバーを適切に再起動したりシャットダウンしたりする方法のガイダンスを提供します。This topic provides guidance on how to properly restart or shutdown servers with Storage Spaces Direct.

記憶域スペース ダイレクトでは、サーバーをオフラインにする (停止する) ことは、クラスター内のすべてのサーバーで共有されているストレージの一部をオフラインにすることも意味します。With Storage Spaces Direct, taking a server offline (bringing it down) also means taking offline portions of the storage that is shared across all servers in the cluster. これを行うためには、オフラインにするサーバーを一時停止 (中断) し、役割をクラスター内の他のサーバーに移動して、クラスター内の他のサーバー上ですべてのデータを利用できることを確認し、保守中にデータが安全でアクセス可能な状態になるようにする必要があります。Doing so requires pausing (suspending) the server you want to take offline, moving roles to other servers in the cluster, and verifying that all data is available on the other servers in the cluster so that the data remains safe and accessible throughout the maintenance.

次の手順を使用して、記憶域スペース ダイレクトのクラスター内のサーバーを適切に一時停止してから、オフラインにします。Use the following procedures to properly pause a server in a Storage Spaces Direct cluster before taking it offline.

重要

記憶域スペース ダイレクトのクラスターに更新をインストールするには、クラスター対応更新 (CAU) を使用します。これによりこのトピックの手順が自動的に実行されるため、更新をインストールするときに手順を別途実行する必要がありません。To install updates on a Storage Spaces Direct cluster, use Cluster-Aware Updating (CAU), which automatically performs the procedures in this topic so you don't have to when installing updates. 詳しくは、「クラスター対応更新 (CAU)」をご覧ください。For more info, see Cluster Aware Updating (CAU).

サーバーを安全にオフラインにできることを確認するVerifying it's safe to take the server offline

メンテナンスのためにサーバーをオフラインにする前に、すべてのボリュームが正常であることを確認します。Before taking a server offline for maintenance, verify that all your volumes are healthy.

これを行うには、管理者権限を使用して PowerShell セッションを開き、次のコマンドを実行して、ボリュームの状態を確認します。To do so, open a PowerShell session with Administrator permissions and then run the following command to view volume status:

Get-VirtualDisk 

この出力の例を次に示します。Here's an example of what the output might look like:

FriendlyName ResiliencySettingName OperationalStatus HealthStatus IsManualAttach Size
------------ --------------------- ----------------- ------------ -------------- ----
MyVolume1    Mirror                OK                Healthy      True           1 TB
MyVolume2    Mirror                OK                Healthy      True           1 TB
MyVolume3    Mirror                OK                Healthy      True           1 TB

すべてのボリューム (仮想ディスク) の HealthStatus プロパティが Healthy であることを確認します。Verify that the HealthStatus property for every volume (virtual disk) is Healthy.

これを行うには、フェールオーバー クラスター マネージャーで、 [記憶域] > [ディスク] の順に移動します。To do this in Failover Cluster Manager, go to Storage > Disks.

すべてのボリューム (仮想ディスク) の [状態] 列が [オンライン] であることを確認します。Verify that the Status column for every volume (virtual disk) shows Online.

サーバーの一時停止とドレインPausing and draining the server

サーバーを再起動またはシャットダウンする前に、その上で実行されている仮想マシンなどすべての役割を一時停止してドレイン (移動) します。Before restarting or shutting down the server, pause and drain (move off) any roles such as virtual machines running on it. これによって記憶域スペース ダイレクトは、データを適切にフラッシュしてコミットし、サーバー上で実行されているすべてのアプリケーションにシャットダウンが透過的になるようにします。This also gives Storage Spaces Direct an opportunity to gracefully flush and commit data to ensure the shutdown is transparent to any applications running on that server.

重要

クラスター化されたサーバーは、必ず一時停止してドレインしてから、再起動またはシャットダウンを行います。Always pause and drain clustered servers before restarting or shutting them down.

PowerShell で次のコマンドレットを (管理者として) 実行して、一時停止とドレインを行います。In PowerShell, run the following cmdlet (as Administrator) to pause and drain.

Suspend-ClusterNode -Drain

これを行うには、フェールオーバー クラスター マネージャーで、 [ノード] に移動し、ノードを右クリックして、 [一時停止] > [役割のドレイン] の順に選択します。To do this in Failover Cluster Manager, go to Nodes, right-click the node, and then select Pause > Drain Roles.

一時停止とドレイン

すべての仮想マシンでは、クラスター内の他のサーバーへのライブ マイグレーションが開始されます。All virtual machines will begin live migrating to other servers in the cluster. これには数分かかる場合があります。This can take a few minutes.

注意

クラスター ノードの一時停止とドレインが適切に行われると、Windows は自動的に安全性チェックを実行して、安全に続行できることを確認します。When you pause and drain the cluster node properly, Windows performs an automatic safety check to ensure it is safe to proceed. 正常でないボリュームがある場合は、停止して、安全に続行できないことを警告します。If there are unhealthy volumes, it will stop and alert you that it's not safe to proceed.

安全性チェック

サーバーのシャットダウンShutting down the server

サーバーのドレインが完了すると、フェールオーバー クラスター マネージャーと PowerShell で [一時停止] と表示されます。Once the server has completed draining, it will show as Paused in Failover Cluster Manager and PowerShell.

一時停止

これ通常どおり、安全に再起動したり、シャットダウンすることができます (たとえば、Restart-Computer や Stop-Computer PowerShell を使用できます)。You can now safely restart or shut it down, just like you would normally (for example, by using the Restart-Computer or Stop-Computer PowerShell cmdlets).

Get-VirtualDisk 

FriendlyName ResiliencySettingName OperationalStatus HealthStatus IsManualAttach Size
------------ --------------------- ----------------- ------------ -------------- ----
MyVolume1    Mirror                Incomplete        Warning      True           1 TB
MyVolume2    Mirror                Incomplete        Warning      True           1 TB
MyVolume3    Mirror                Incomplete        Warning      True           1 TB

ノードがシャットダウンしているとき、またはノードでクラスターサービスを開始または停止しているときに、正常でない、または低下している操作の状態は通常です。問題を引き起こすことはありません。Incomplete or Degraded Operational Status is normal when nodes are shutting down or starting/stopping the cluster service on a node and should not cause concern. すべてのボリュームは、オンラインでアクセス可能なままです。All your volumes remain online and accessible.

サーバーの再開Resuming the server

サーバーでワークロードを再度ホストする準備ができたら、サーバーを再開します。When you are ready for the server to begin hosting workloads again, resume it.

再開するには、PowerShell で次のコマンドレットを (管理者として) 実行します。In PowerShell, run the following cmdlet (as Administrator) to resume.

Resume-ClusterNode

以前にこのサーバーで実行されていた役割を戻すには、オプションの -Failback フラグを使用します。To move the roles that were previously running on this server back, use the optional -Failback flag.

Resume-ClusterNode –Failback Immediate

これを行うには、フェールオーバー クラスター マネージャーで、 [ノード] に移動し、ノードを右クリックして、 [再開] > [役割のフェールバック] の順に選択します。To do this in Failover Cluster Manager, go to Nodes, right-click the node, and then select Resume > Fail Roles Back.

再開 - フェールバック

ストレージの再同期を待つWaiting for storage to resync

サーバーが再開されると、利用できなくなったときに発生した新しい書き込みは再同期が必要になります。When the server resumes, any new writes that happened while it was unavailable need to resync. これは自動的に行われます。This happens automatically. インテリジェントな変更の追跡により、すべてのデータのスキャンと同期を行う必要はなく、変更のみが同期されます。Using intelligent change tracking, it's not necessary for all data to be scanned or synchronized; only the changes. このプロセスは、実稼働ワークロードへの影響を軽減するために調整されます。This process is throttled to mitigate impact to production workloads. サーバーが一時停止されていた期間と、新しく書き込まれたデータの量に応じて、完了までに時間がかかる場合があります。Depending on how long the server was paused, and how much new data as written, it may take many minutes to complete.

再同期の完了を待ってから、クラスター内の他のサーバーをオフラインにする必要があります。You must wait for re-syncing to complete before taking any others servers in the cluster offline.

進行状況を監視するには、PowerShell で次のコマンドレットを (管理者として) 実行します。In PowerShell, run the following cmdlet (as Administrator) to monitor progress.

Get-StorageJob

再同期 (修復) ジョブを示す、出力の例を次に示します。Here's some example output, showing the resync (repair) jobs:

Name   IsBackgroundTask ElapsedTime JobState  PercentComplete BytesProcessed BytesTotal
----   ---------------- ----------- --------  --------------- -------------- ----------
Repair True             00:06:23    Running   65              11477975040    17448304640
Repair True             00:06:40    Running   66              15987900416    23890755584
Repair True             00:06:52    Running   68              20104802841    22104819713

BytesTotal は、再同期する必要があるストレージの量を示します。The BytesTotal shows how much storage needs to resync. PercentComplete は進行状況を示します。The PercentComplete displays progress.

警告

これらの修復ジョブが完了するまでは、他のサーバーを安全にオフラインにすることはできません。It's not safe to take another server offline until these repair jobs finish.

この間、ボリュームは引き続き Warning と表示されます。これは通常な動作です。During this time, your volumes will continue to show as Warning, which is normal.

たとえば、Get-VirtualDisk コマンドレットを使用すると、次のような出力となる場合があります。For example, if you use the Get-VirtualDisk cmdlet, you might see the following output:

FriendlyName ResiliencySettingName OperationalStatus HealthStatus IsManualAttach Size
------------ --------------------- ----------------- ------------ -------------- ----
MyVolume1    Mirror                InService         Warning      True           1 TB
MyVolume2    Mirror                InService         Warning      True           1 TB
MyVolume3    Mirror                InService         Warning      True           1 TB

ジョブが完了したら、再度 Get-VirtualDisk コマンドレットを使用して、ボリュームが Healthy と表示されることを確認します。Once the jobs complete, verify that volumes show Healthy again by using the Get-VirtualDisk cmdlet. 次に出力の例を示します。Here's some example output:

FriendlyName ResiliencySettingName OperationalStatus HealthStatus IsManualAttach Size
------------ --------------------- ----------------- ------------ -------------- ----
MyVolume1    Mirror                OK                Healthy      True           1 TB
MyVolume2    Mirror                OK                Healthy      True           1 TB
MyVolume3    Mirror                OK                Healthy      True           1 TB

これで、クラスター内の他のサーバーの一時停止や再起動を安全に行うことができます。It's now safe to pause and restart other servers in the cluster.

記憶域スペースダイレクトノードをオフラインで更新する方法How to update Storage Spaces Direct nodes offline

記憶域スペースダイレクトシステムをすばやくパスするには、次の手順に従います。Use the following steps to path your Storage Spaces Direct system quickly. メンテナンス期間のスケジュール設定と、修正プログラムの適用のためにシステムを停止する作業が含まれます。It involves scheduling a maintenance window and taking the system down for patching. 迅速に適用する必要がある重要なセキュリティ更新プログラムがある場合、またはメンテナンス期間中に修正プログラムの適用を完了する必要がある場合は、この方法が適している可能性があります。If there is a critical security update that you need applied quickly or maybe you need to ensure patching completes in your maintenance window, this method may be for you. このプロセスでは、記憶域スペースダイレクトクラスターを停止し、修正プログラムを適用して、すべてを再度実行します。This process brings down the Storage Spaces Direct cluster, patches it, and brings it all up again. トレードオフは、ホストされているリソースに対するダウンタイムです。The trade-off is downtime to the hosted resources.

  1. メンテナンス期間を計画します。Plan your maintenance window.

  2. 仮想ディスクをオフラインにします。Take the virtual disks offline.

  3. クラスターを停止して、記憶域プールをオフラインにします。Stop the cluster to take the storage pool offline. クラスターの停止コマンドレットを実行するか、フェールオーバークラスターマネージャーを使用してクラスターを停止します。Run the Stop-Cluster cmdlet or use Failover Cluster Manager to stop the cluster.

  4. 各ノードの services.msc で、クラスターサービスを無効に設定します。Set the cluster service to Disabled in Services.msc on each node. これにより、修正プログラムの適用中にクラスターサービスが起動しなくなります。This prevents the cluster service from starting up while being patched.

  5. すべてのノードに Windows Server の累積更新プログラムと必要なサービススタックの更新プログラムを適用します。Apply the Windows Server Cumulative Update and any required Servicing Stack Updates to all nodes. (すべてのノードを同時に更新できます。クラスターが停止してから待つ必要はありません)。(You can update all nodes at the same time, no need to wait since the cluster is down).

  6. ノードを再起動し、すべてが適切であることを確認します。Restart the nodes, and ensure everything looks good.

  7. 各ノードでクラスターサービスを 自動」に戻します。Set the cluster service back to Automatic on each node.

  8. クラスターを起動します。Start the cluster. クラスターの起動コマンドレットを実行するか、フェールオーバークラスターマネージャーを使用します。Run the Start-Cluster cmdlet or use Failover Cluster Manager.

    数分で指定します。Give it a few minutes. 記憶域プールが正常であることを確認してください。Make sure the storage pool is healthy.

  9. 仮想ディスクをオンラインに戻します。Bring the virtual disks back online.

  10. Get VolumeおよびVirtualDiskコマンドレットを実行して、仮想ディスクの状態を監視します。Monitor the status of the virtual disks by running the Get-Volume and Get-VirtualDisk cmdlets.

関連項目See also