記憶域スペース ダイレクトのパフォーマンスの履歴Performance history for Storage Spaces Direct

適用対象:Windows Server 2019Applies to: Windows Server 2019

パフォーマンス履歴が提供する新しい機能記憶域スペース ダイレクト管理者と、ホスト サーバー、ドライブ、ボリューム、仮想マシン間で、コンピューティング、メモリ、ネットワーク、およびストレージの値を履歴に簡単にアクセスします。Performance history is a new feature that gives Storage Spaces Direct administrators easy access to historical compute, memory, network, and storage measurements across host servers, drives, volumes, virtual machines, and more. パフォーマンス履歴が自動的に収集され、最大 1 年間、クラスターに格納されています。Performance history is collected automatically and stored on the cluster for up to one year.

重要

この機能は、Windows Server 2019 の新機能です。This feature is new in Windows Server 2019. Windows Server 2016 でご利用いただけません。It is not available in Windows Server 2016.

作業開始Get started

既定では、Storage Spaces Direct in Windows Server 2019 のパフォーマンスの履歴が収集されます。Performance history is collected by default with Storage Spaces Direct in Windows Server 2019. インストール、構成、または何も起動する必要はありません。You do not need to install, configure, or start anything. インターネット接続は必要ありません、System Center は必要ありません、および外部のデータベースは必要ありません。An Internet connection is not required, System Center is not required, and an external database is not required.

クラスターのパフォーマンス履歴をグラフィカルに表示するには、次のように使用しますWindows Admin Center:。To see your cluster's performance history graphically, use Windows Admin Center:

Windows Admin Center でのパフォーマンスの履歴

使用してクエリをプログラムで処理は、新しいGet-ClusterPerfコマンドレット。To query and process it programmatically, use the new Get-ClusterPerf cmdlet. 参照してくださいPowerShell での使用状況します。See Usage in PowerShell.

収集される情報What's collected

パフォーマンス履歴の 7 種類のオブジェクトが収集されます。Performance history is collected for 7 types of objects:

オブジェクトの種類

オブジェクトの種類ごとに多くのシリーズ: たとえば、ClusterNode.Cpu.Usageサーバーごとに収集されます。Each object type has many series: for example, ClusterNode.Cpu.Usage is collected for each server.

オブジェクトの種類ごとに収集される情報とその解釈方法の詳細については、これらのサブ トピックを参照してください。For details of what's collected for each object type and how to interpret them, refer to these sub-topics:

オブジェクトObject シリーズSeries
ドライブDrives ドライブの収集される情報What's collected for drives
ネットワーク アダプターNetwork adapters ネットワーク アダプター用に収集される情報What's collected for network adapters
サーバーServers サーバー用に収集される情報What's collected for servers
バーチャル ハード ディスクVirtual hard disks 仮想ハード_ディスクに対して収集される情報What's collected for virtual hard disks
バーチャル マシンVirtual machines 仮想マシン用に収集される情報What's collected for virtual machines
VolumesVolumes ボリュームに対して収集される情報What's collected for volumes
クラスターClusters クラスター用に収集される情報What's collected for clusters

多くのシリーズは、ピア オブジェクトを親にわたって集計されます: たとえば、NetAdapter.Bandwidth.Inboundはネットワーク アダプターごとに個別に収集され、全体的なサーバーに集計されます同様にClusterNode.Cpu.Usage; クラスター全体に集計がこれに。Many series are aggregated across peer objects to their parent: for example, NetAdapter.Bandwidth.Inbound is collected for each network adapter separately and aggregated to the overall server; likewise ClusterNode.Cpu.Usage is aggregated to the overall cluster; and so on.

期間Timeframes

パフォーマンス履歴は、減少の粒度で最大 1 年間格納されます。Performance history is stored for up to one year, with diminishing granularity. 最新の時間の測定値は 10 秒ごとです。For the most recent hour, measurements are available every ten seconds. その後、適切にマージされます (平均または合計すること、必要に応じてより多くの時間にわたるシリーズの詳細度の低い。Thereafter, they are intelligently merged (by averaging or summing, as appropriate) into less granular series that span more time. 最新の日の単位が使用可能です。 5 分ごと最新の週。 15 分ごとになどなど。For the most recent day, measurements are available every five minutes; for the most recent week, every fifteen minutes; and so on.

Windows Admin Center では、右、グラフの上までの期間を選択できます。In Windows Admin Center, you can select the timeframe in the upper-right above the chart.

Windows Admin Center での期間

PowerShell を使用して、-TimeFrameパラメーター。In PowerShell, use the -TimeFrame parameter.

使用可能な期間を次に示します。Here are the available timeframes:

タイムフレームTimeframe 測定の頻度Measurement frequency 保持されます。Retained for
LastHour 10 秒ごとEvery 10 secs 1 時間1 hour
LastDay 5 分ごとEvery 5 minutes 25 時間25 hours
LastWeek 15 分ごとEvery 15 minutes 8 日8 days
LastMonth 1 時間ごとEvery 1 hour 35 日間35 days
LastYear 1 日ごとEvery 1 day 400 日間400 days

PowerShell での使用法Usage in PowerShell

使用して、Get-ClusterPerformanceHistoryコマンドレット PowerShell でのクエリと処理のパフォーマンス履歴を使用します。Use the Get-ClusterPerformanceHistory cmdlet to query and process performance history in PowerShell.

Get-ClusterPerformanceHistory

ヒント

使用して、 Get ClusterPerfエイリアスをいくつかのキー入力を保存します。Use the Get-ClusterPerf alias to save some keystrokes.

Example

仮想マシンの CPU 使用率の取得MyVM過去 1 時間。Get the CPU usage of virtual machine MyVM for the last hour:

Get-VM "MyVM" | Get-ClusterPerf -VMSeriesName "VM.Cpu.Usage" -TimeFrame LastHour

高度な例については、参照、公開されたサンプル スクリプトピーク値を見つける、平均を計算、傾向線のプロット、外れ値を実行し、検出、スタート コードを提供します。For more advanced examples, see the published sample scripts that provide starter code to find peak values, calculate averages, plot trend lines, run outlier detection, and more.

オブジェクトを指定します。Specify the object

パイプラインによって対象のオブジェクトを指定できます。You can specify the object you want by the pipeline. これは、7 種類のオブジェクトで動作します。This works with 7 types of objects:

パイプラインからオブジェクトします。Object from pipeline Example
Get-PhysicalDisk Get-PhysicalDisk -SerialNumber "XYZ456" | Get-ClusterPerf
Get-NetAdapter Get-NetAdapter "Ethernet" | Get-ClusterPerf
Get-ClusterNode Get-ClusterNode "Server123" | Get-ClusterPerf
Get-VHD Get-VHD "C:\ClusterStorage\MyVolume\MyVHD.vhdx" | Get-ClusterPerf
Get-VM Get-VM "MyVM" | Get-ClusterPerf
Get-Volume Get-Volume -FriendlyName "MyVolume" | Get-ClusterPerf
Get-Cluster Get-Cluster "MyCluster" | Get-ClusterPerf

を指定しない場合は、クラスター全体のパフォーマンス履歴が返されます。If you don't specify, performance history for the overall cluster is returned.

系列を指定します。Specify the series

これらのパラメーターを使用系列を指定できます。You can specify the series you want with these parameters:

パラメーターParameter Example 一覧List
-PhysicalDiskSeriesName "PhysicalDisk.Iops.Read" ドライブの収集される情報What's collected for drives
-NetAdapterSeriesName "NetAdapter.Bandwidth.Outbound" ネットワーク アダプター用に収集される情報What's collected for network adapters
-ClusterNodeSeriesName "ClusterNode.Cpu.Usage" サーバー用に収集される情報What's collected for servers
-VHDSeriesName "Vhd.Size.Current" 仮想ハード_ディスクに対して収集される情報What's collected for virtual hard disks
-VMSeriesName "Vm.Memory.Assigned" 仮想マシン用に収集される情報What's collected for virtual machines
-VolumeSeriesName "Volume.Latency.Write" ボリュームに対して収集される情報What's collected for volumes
-ClusterSeriesName "PhysicalDisk.Size.Total" クラスター用に収集される情報What's collected for clusters

ヒント

使用可能な系列を検出するのにには、タブ補完を使用します。Use tab completion to discover available series.

を指定しない場合は、指定したオブジェクトの使用可能なすべての系列が返されます。If you don't specify, every series available for the specified object is returned.

時間枠を指定します。Specify the timeframe

履歴で希望の時間枠を指定することができます、-TimeFrameパラメーター。You can specify the timeframe of history you want with the -TimeFrame parameter.

ヒント

使用可能な期間を検出するのにには、タブ補完を使用します。Use tab completion to discover available timeframes.

を指定しない場合、MostRecent測定値が返されます。If you don't specify, the MostRecent measurement is returned.

方法How it works

パフォーマンス履歴ストレージPerformance history storage

という名前を約 10 GB のボリュームの記憶域スペース ダイレクトを有効にした後すぐClusterPerformanceHistoryが作成され、Extensible Storage Engine (Microsoft JET とも呼ばれます) のインスタンスのプロビジョニングがあります。Shortly after Storage Spaces Direct is enabled, an approximately 10 GB volume named ClusterPerformanceHistory is created and an instance of the Extensible Storage Engine (also known as Microsoft JET) is provisioned there. この軽量のデータベースには、管理者の関与または管理なしのパフォーマンスの履歴が格納されます。This lightweight database stores the performance history without any Administrator involvement or management.

パフォーマンス履歴の記憶域のボリューム

ボリュームは記憶域スペースでサポートし、シンプルで双方向ミラー、またはクラスター内のノードの数によっては、3 方向ミラー回復性のいずれかを使用します。The volume is backed by Storage Spaces and uses either simple, two-way mirror, or three-way mirror resiliency, depending on the number of nodes in the cluster. ドライブまたはサーバーのエラーと同様に、他の記憶域スペース ダイレクトのボリュームがあると、修復です。It is repaired after drive or server failures just like any other volume in Storage Spaces Direct.

ボリュームは ReFS を使用するが、クラスター グループの所有者ノードでのみが表示されるように、クラスター共有ボリューム (CSV) ではありません。The volume uses ReFS but is not Cluster Shared Volume (CSV), so it only appears on the Cluster Group owner node. 自動的に作成されるだけでなく何もないこのボリュームに関する特別な: 表示、参照、サイズを変更または削除 (推奨されません)。Besides being automatically created, there is nothing special about this volume: you can see it, browse it, resize it, or delete it (not recommended). 問題が発生した場合は、次を参照してください。トラブルシューティングします。If something goes wrong, see Troubleshooting.

オブジェクトの検出とデータの収集Object discovery and data collection

パフォーマンス履歴は自動的にクラスター内の任意の場所の仮想マシンなどの関連するオブジェクトを検出し、そのパフォーマンス カウンターのストリーミングを開始します。Performance history automatically discovers relevant objects, such as virtual machines, anywhere in the cluster and begins streaming their performance counters. カウンターの集計、同期、およびデータベースに挿入していること。The counters are aggregated, synchronized, and inserted into the database. ストリーミングでは、継続的に実行され、最小限のシステムへの影響は最適化されています。Streaming runs continuously and is optimized for minimal system impact.

コレクションが、これは高可用性、ヘルス サービスによって処理されます。 後でもう 1 つのノード クラスターでモーメントを再開にはが実行されているノードがダウンした場合。Collection is handled by the Health Service, which is highly available: if the node where it's running goes down, it will resume moments later on another node in the cluster. パフォーマンス履歴を簡単に、失効可能性がありますが、自動的に再開します。Performance history may lapse briefly, but it will resume automatically. ヘルス サービスとその所有者ノードを実行して参照できるGet-ClusterResource Healthpowershell。You can see the Health Service and its owner node by running Get-ClusterResource Health in PowerShell.

測定値のギャップを処理します。Handling measurement gaps

」の説明に従って、多くの時間にわたる一連の詳細度の低いに測定値をマージするときに期間、欠落しているデータの期間を除外します。When measurements are merged into less granular series that span more time, as described in Timeframes, periods of missing data are excluded. などの場合は、サーバーは、30 分間ダウンが、実行、50% CPU 30 分間、ClusterNode.Cpu.Usage平均時間は 50% (25% ではない) として正しく記録されます。For example, if the server was down for 30 minutes, then running at 50% CPU for the next 30 minutes, the ClusterNode.Cpu.Usage average for the hour will be recorded correctly as 50% (not 25%).

機能拡張とカスタマイズExtensibility and customization

パフォーマンス履歴では、スクリプトに適したです。Performance history is scripting-friendly. PowerShell を使用して、プル、使用可能な履歴を自動的にレポートをビルドまたは保管のために履歴をエクスポートするアラート、データベースから直接、独自の視覚エフェクトなどのロールします。パブリッシュされたを参照してくださいサンプル スクリプトの便利なスタート コード。Use PowerShell to pull any available history directly from the database to build automated reporting or alerting, export history for safekeeping, roll your own visualizations, etc. See the published sample scripts for helpful starter code.

その他のオブジェクト、期間、または一連の履歴を収集することはできません。It's not possible to collect history for additional objects, timeframes, or series.

測定の頻度と保有期間では、現在構成できません。The measurement frequency and retention period are not currently configurable.

開始または停止のパフォーマンスの履歴Start or stop performance history

この機能を有効にする方法How do I enable this feature?

しない限りするStop-ClusterPerformanceHistoryパフォーマンスの履歴が既定で有効にします。Unless you Stop-ClusterPerformanceHistory, performance history is enabled by default.

これを再度有効にするには、管理者として次の PowerShell コマンドレットを実行します。To re-enable it, run this PowerShell cmdlet as Administrator:

Start-ClusterPerformanceHistory

この機能を無効にする方法は?How do I disable this feature?

パフォーマンス履歴の収集を停止するには、管理者として次の PowerShell コマンドレットを実行します。To stop collecting performance history, run this PowerShell cmdlet as Administrator:

Stop-ClusterPerformanceHistory

既存の測定値を削除するには、使用、-DeleteHistoryフラグ。To delete existing measurements, use the -DeleteHistory flag:

Stop-ClusterPerformanceHistory -DeleteHistory

ヒント

初期のデプロイ時にパフォーマンスの履歴を防ぐ以降を設定してから、-CollectPerformanceHistoryパラメーターのEnable-ClusterStorageSpacesDirect$Falseします。During initial deployment, you can prevent performance history from starting by setting the -CollectPerformanceHistory parameter of Enable-ClusterStorageSpacesDirect to $False.

トラブルシューティングTroubleshooting

このコマンドレットは機能しませんThe cmdlet doesn't work

などのエラー メッセージ" ' Get ClusterPerf' という用語は、コマンドレットの名前として認識されません"機能が利用できないかインストールされていることを意味します。An error message like "The term 'Get-ClusterPerf' is not recognized as the name of a cmdlet" means the feature is not available or installed. 17692 またはそれ以降の Windows Server Insider プレビュー ビルドが、フェールオーバー クラスタ リング、および実行している記憶域スペース ダイレクトがインストールされたことを確認します。Verify that you have Windows Server Insider Preview build 17692 or later, that you've installed Failover Clustering, and that you're running Storage Spaces Direct.

注意

この機能は、Windows Server 2016 で使用可能なまたはそれ以前ではありません。This feature is not available on Windows Server 2016 or earlier.

データがありません。No data available

グラフが表示されている場合"データがありません"のトラブルシューティングを行う方法を次に示します図示。If a chart shows "No data available" as pictured, here's how to troubleshoot:

データがありません。

  1. オブジェクトは、新しく追加または作成された場合、するまで待機する (最大 15 分) を検出します。If the object was newly added or created, wait for it to be discovered (up to 15 minutes).

  2. ページを更新するか、[次へ] のバック グラウンド更新 (最大 30 秒) を待ちます。Refresh the page, or wait for the next background refresh (up to 30 seconds).

  3. 特定の特殊なオブジェクトは、クラスター化されていない仮想マシンとクラスター共有ボリューム (CSV) ファイル システムを使用していないボリュームなどのパフォーマンス履歴から除外されます。Certain special objects are excluded from performance history – for example, virtual machines that aren't clustered, and volumes that don't use the Cluster Shared Volume (CSV) filesystem. オブジェクトの種類のサブトピック「のような確認ボリュームのパフォーマンス履歴内蔵マイクの。Check the sub-topic for the object type, like Performance history for volumes, for the fine print.

  4. 問題が解決しない場合は、実行管理者として PowerShell を開き、Get-ClusterPerfコマンドレット。If the problem persists, open PowerShell as Administrator and run the Get-ClusterPerf cmdlet. コマンドレットには、トラブルシューティングの一般的な問題を識別するためのロジックが含まれています。 場合など、ClusterPerformanceHistory ボリュームが見つからないか、と修復の手順について説明します。The cmdlet includes troubleshooting logic to identify common problems, such as if the ClusterPerformanceHistory volume is missing, and provides remediation instructions.

  5. 場合は、前の手順のコマンドは、何も返さないを実行して (これはパフォーマンスの履歴を収集します)、正常性サービスを再起動してみてくださいできますStop-ClusterResource Health ; Start-ClusterResource Healthpowershell。If the command in the previous step returns nothing, you can try restarting the Health Service (which collects performance history) by running Stop-ClusterResource Health ; Start-ClusterResource Health in PowerShell.

関連項目See also