記憶域スペース ダイレクトのハードウェア要件Storage Spaces Direct hardware requirements

対象: Windows Server 2016、Windows Server 内部のプレビューApplies to: Windows Server 2016, Windows Server Insider Preview

このトピックでは、記憶域スペース ダイレクトを使用するための最小ハードウェア要件について説明します。This topic describes minimum hardware requirements for Storage Spaces Direct.

Microsoft 製品は、展開ツールと手順を含むパートナーからこれらのWindows Server ソフトウェアで定義されるハードウェア/ソフトウェア提供ページことをお勧めします。For production, Microsoft recommends these Windows Server Software-Defined hardware/software offers from our partners, which include deployment tools and procedures. 設計、組み立て、そして互換性とをセットアップするための信頼性と簡単に実行されていることを確認するには、参照アーキテクチャが検証されます。They are designed, assembled, and validated against our reference architecture to ensure compatibility and reliability, so you get up and running quickly. 詳しくは、https://microsoft.com/wssd をご覧ください。Learn more at https://microsoft.com/wssd.

Windows Server ソフトウェアの定義のパートナーのロゴ

ヒント

記憶域スペース直接を評価するが、ハードウェアを持っていないですか。Want to evaluate Storage Spaces Direct but don't have hardware? 使用してストレージ スペース直接ゲスト仮想マシンのクラスターで説明したように HYPER-V または Azure 仮想マシンを使用します。Use Hyper-V or Azure virtual machines as described in Using Storage Spaces Direct in guest virtual machine clusters.

基本の要件Base requirements

システム、コンポーネント、デバイス、およびドライバーは、 Windows Server カタログあたりのWindows Server 2016 認定である必要があります。Systems, components, devices, and drivers must be Windows Server 2016 Certified per the Windows Server Catalog. さらに、お勧めするサーバー、ドライブ、ホスト バス アダプター、およびネットワーク アダプター Software-Defined データ センター (SDDC) 標準またはSoftware-Defined データ センター (SDDC) Premium追加資格 (AQs)、示されています。以下に。In addition, we recommend that servers, drives, host bus adapters, and network adapters have the Software-Defined Data Center (SDDC) Standard and/or Software-Defined Data Center (SDDC) Premium additional qualifications (AQs), as pictured below. 1,000 を超える SDDC AQs コンポーネントがあります。There are over 1,000 components with the SDDC AQs.

SDDC AQs が表示されている、Windows Server カタログのスクリーン ショット

フェールオーバー クラスター マネージャーで、完全に設定されているクラスター (サーバー、ネットワーク、および記憶域) がウィザードあたりのすべてのクラスターの入力規則のテストを渡す必要があります、 Test-Cluster PowerShell でのコマンドレットThe fully configured cluster (servers, networking, and storage) must pass all cluster validation tests per the wizard in Failover Cluster Manager or with the Test-Cluster cmdlet in PowerShell.

さらに、次の要件が適用されます。In addition, the following requirements apply:

サーバーServers

  • 最低 2 台のサーバー、最大 16 台のサーバーMinimum of 2 servers, maximum of 16 servers
  • 同じ製造元、モデルのすべてのサーバーがあることをお勧めRecommended that all servers be the same manufacturer and model

CPUCPU

  • Intel Nehalem または後で互換性のあるプロセッサまたはIntel Nehalem or later compatible processor; or
  • AMD EPYC または互換性のあるプロセッサ以降AMD EPYC or later compatible processor

メモリMemory

  • Windows Server、仮想マシン、およびその他のアプリまたはワークロード; メモリプラスMemory for Windows Server, VMs, and other apps or workloads; plus
  • 4 GB の RAM あたり tb の記憶域スペース直接メタデータの各サーバー上のキャッシュ ドライブの容量4 GB of RAM per terabyte (TB) of cache drive capacity on each server, for Storage Spaces Direct metadata

BootBoot

  • どのSATADOM ようになりました、Windows Server でサポートされている任意の起動デバイスAny boot device supported by Windows Server, which now includes SATADOM
  • RAID 1 ミラーがないために必要な起動がサポートされています。RAID 1 mirror is not required, but is supported for boot
  • 200 GB の最小サイズをお勧めします。Recommended: 200 GB minimum size

ネットワークNetworking

(小規模 2-3 ノード) 用の最小値Minimum (for small scale 2-3 node)

  • 10 Gbps ネットワーク インターフェイス10 Gbps network interface
  • 2 ノードは直接接続 (スイッチレス ・)Direct-connect (switchless) is supported with 2-nodes

最適 (高パフォーマンス、拡大/縮小、または展開 4 + ノードの場合)Recommended (for high performance, at scale, or deployments of 4+ nodes)

  • IWARP (推奨) または RoCE 利用できる場合は、リモート ダイレクト メモリ アクセス (RDMA) は、NicNICs that are remote-direct memory access (RDMA) capable, iWARP (recommended) or RoCE
  • 冗長とパフォーマンスのための 2 つ以上の NicTwo or more NICs for redundancy and performance
  • 25 Gbps ネットワーク インターフェイス以上25 Gbps network interface or higher

ドライブDrives

記憶域スペース直接直接接続 SATA、SAS、または NVMe ドライブ 1 台のサーバーに物理的に関連付けられているで動作します。Storage Spaces Direct works with direct-attached SATA, SAS, or NVMe drives that are physically attached to just one server each. ドライブ選択の他のヒントについては、「ドライブの選択」をご覧ください。For more help choosing drives, see the Choosing drives topic.

  • SATA、SAS、および NVMe (M.2、U.2、カードでの登録) ドライブはすべて、サポートします。SATA, SAS, and NVMe (M.2, U.2, and Add-In-Card) drives are all supported
  • 512n、512 e、および 4 K ネイティブ ドライブのすべてをサポートします。512n, 512e, and 4K native drives are all supported
  • Solid-state は、 power 損失防止を提供する必要があります。Solid-state drives must provide power-loss protection
  • 同じ数とすべてのサーバーのドライブの型は、ドライブ対称に関する考慮事項を参照してください。Same number and types of drives in every server – see Drive symmetry considerations
  • ドライブの容量の数がキャッシュ ドライブの数の倍数をお勧めします。Recommended: Number of capacity drives is a whole multiple of the number of cache drives
  • 推奨: キャッシュ ドライブが書き込み耐久: 少なくとも 3 個ドライブ書き込み-1 日 (DWPD) または (TBW) を 1 日 – 記述少なくとも 4 テラバイト テラバイト書き込まれます (TBW)、および最小記憶域に対して推奨 1 日 (DWPD)、書き込みについてドライブを参照してくださいスペースを直接Recommended: Cache drives should have high write endurance: at least 3 drive-writes-per-day (DWPD) or at least 4 terabytes written (TBW) per day – see Understanding drive writes per day (DWPD), terabytes written (TBW), and the minimum recommended for Storage Spaces Direct

記憶域スペースの直接のドライブの接続方法を示します。Here's how drives can be connected for Storage Spaces Direct:

  1. Sata を直接接続Direct-attached SATA drives
  2. NVMe ドライブを直接接続Direct-attached NVMe drives
  3. SAS ドライブ SAS ホスト バス アダプター (HBA)SAS host-bus adapter (HBA) with SAS drives
  4. Sata と SAS ホスト バス アダプター (HBA)SAS host-bus adapter (HBA) with SATA drives
  5. サポートされていません: RAID コント ローラー カードまたは SAN (ファイバチャネル、iSCSI、FCoE) 記憶域です。NOT SUPPORTED: RAID controller cards or SAN (Fibre Channel, iSCSI, FCoE) storage. ホスト バス アダプター (HBA) には、簡易パススルー モードを実装する必要があります。Host-bus adapter (HBA) cards must implement simple pass-through mode.

サポートされているドライブの図の相互接続します。

外部の囲い文字は 1 つだけに接続しているサーバーまたはドライブを内部サーバーにことができます。Drives can be internal to the server, or in an external enclosure that is connected to just one server. SCSI 囲い文字サービス (SE) は、スロット マッピングと id 必要があります。SCSI Enclosure Services (SES) is required for slot mapping and identification. 各外部囲い文字は、一意の識別子 (固有 ID]) を表示する必要があります。Each external enclosure must present a unique identifier (Unique ID).

  1. 内部サーバーにドライブDrives internal to the server
  2. ドライブを 1 つのサーバーに接続されている外部囲い ("JBOD")Drives in an external enclosure ("JBOD") connected to one server
  3. サポートされていません: SAS 添付ファイルの共有は、複数のサーバーまたは任意のフォームの複数のパス IO (MPIO) ドライブの複数のパスからアクセスできる場所に接続します。NOT SUPPORTED: Shared SAS enclosures connected to multiple servers or any form of multi-path IO (MPIO) where drives are accessible by multiple paths.

サポートされているドライブの図の相互接続します。

ドライブの最小数 (起動ドライブを除く)Minimum number of drives (excludes boot drive)

  • キャッシュとして使用するドライブがある場合、サーバーあたり 2 つ以上のドライブが必要です。If there are drives used as cache, there must be at least 2 per server
  • サーバーあたり 4 つ以上のデータ格納用 (非キャッシュ) ドライブが必要です。There must be at least 4 capacity (non-cache) drives per server
存在するドライブの種類Drive types present 必要な最小数Minimum number required
すべて NVMe (同じモデル)All NVMe (same model) 4 つの NVMe4 NVMe
すべて SSD (同じモデル)All SSD (same model) 4 つの SSD4 SSD
NVMe + SSDNVMe + SSD 2 つの NVMe + 4 つの SSD2 NVMe + 4 SSD
NVMe + HDDNVMe + HDD 2 つの NVMe + 4 つの HDD2 NVMe + 4 HDD
SSD + HDDSSD + HDD 2 つの SSD + 4 つの HDD2 SSD + 4 HDD
NVMe + SSD + HDDNVMe + SSD + HDD 2 つの NVMe + 4 つのそれ以外のドライブ2 NVMe + 4 Others

注意

次の表は、ハードウェアの展開の最小値を提供します。This table provides the minimum for hardware deployments. Microsoft Azure でなど、記憶域を仮想化して仮想マシンで展開している場合を使用してストレージ スペース直接ゲスト仮想マシンのクラスターを参照してください。If you're deploying with virtual machines and virtualized storage, such as in Microsoft Azure, see Using Storage Spaces Direct in guest virtual machine clusters.

最大の容量Maximum capacity

  • サーバーあたり最大 100 tb 生ストレージ容量をお勧めします。Recommended: Maximum 100 terabytes (TB) raw storage capacity per server
  • 1 (1,000 TB) のペタバイト台記憶域プールにMaximum 1 petabyte (1,000 TB) raw capacity in the storage pool