記憶域スペース ダイレクトのハードウェア要件Storage Spaces Direct hardware requirements

適用対象:Windows Server 2019、Windows Server 2016Applies to: Windows Server 2019, Windows Server 2016

このトピックでは、記憶域スペース ダイレクトを使用するための最小ハードウェア要件について説明します。This topic describes minimum hardware requirements for Storage Spaces Direct.

運用環境では、Microsoft のパートナーから検証済みのハードウェア/ソフトウェアソリューションを購入することをお勧めします。これには、展開ツールと手順が含まれます。For production, Microsoft recommends purchasing a validated hardware/software solution from our partners, which include deployment tools and procedures. これらのソリューションは、互換性と信頼性を確保するために、参照アーキテクチャに対して設計、組み立て、検証を行い、迅速に稼働させることができます。These solutions are designed, assembled, and validated against our reference architecture to ensure compatibility and reliability, so you get up and running quickly. Windows Server 2019 ソリューションについては、 AZURE STACK HCI solutions の web サイトを参照してください。For Windows Server 2019 solutions, visit the Azure Stack HCI solutions website. Windows Server 2016 ソリューションの詳細については、「 Windows Server Software Defined」を参照してください。For Windows Server 2016 solutions, learn more at Windows Server Software-Defined.

ヒント

記憶域スペースダイレクト評価するが、ハードウェアがない場合は、Want to evaluate Storage Spaces Direct but don't have hardware? ゲスト仮想マシンクラスターでの記憶域スペースダイレクトの使用」の説明に従って、hyper-v または Azure の仮想マシンを使用します。Use Hyper-V or Azure virtual machines as described in Using Storage Spaces Direct in guest virtual machine clusters.

基本要件Base requirements

システム、コンポーネント、デバイス、およびドライバーは、windows Server カタログに従ってWindows server 2016 認定を受ける必要があります。Systems, components, devices, and drivers must be Windows Server 2016 Certified per the Windows Server Catalog. さらに、サーバー、ドライブ、ホストバスアダプター、およびネットワークアダプターには、ソフトウェア定義データセンター (sddc) 標準またはソフトウェア定義データセンター (Sddc ) の Premium 追加の要件 ((またはその両方) が含まれていることをお勧めします。以下に。In addition, we recommend that servers, drives, host bus adapters, and network adapters have the Software-Defined Data Center (SDDC) Standard and/or Software-Defined Data Center (SDDC) Premium additional qualifications (AQs), as pictured below. これには、1000以上のコンポーネントが含まれています。There are over 1,000 components with the SDDC AQs.

SDDC が表示されている Windows Server カタログのスクリーンショット

完全に構成されたクラスター (サーバー、ネットワーク、および記憶域) は、フェールオーバークラスターマネージャーのウィザードまたはTest-Cluster PowerShell のコマンドレットに従って、すべてのクラスター検証テストに合格する必要があります。The fully configured cluster (servers, networking, and storage) must pass all cluster validation tests per the wizard in Failover Cluster Manager or with the Test-Cluster cmdlet in PowerShell.

また、次の要件が適用されます。In addition, the following requirements apply:

サーバーServers

  • 2 台~ 16 台Minimum of 2 servers, maximum of 16 servers
  • すべてのサーバーを同じ製造元およびモデルにすることをお勧めします。Recommended that all servers be the same manufacturer and model

CPUCPU

  • Intel Nehalem 以降の互換性のあるプロセッサ。もしくはIntel Nehalem or later compatible processor; or
  • AMD EPYC 以降の互換性のあるプロセッサAMD EPYC or later compatible processor

MemoryMemory

  • Windows Server、Vm、およびその他のアプリやワークロード用のメモリ足Memory for Windows Server, VMs, and other apps or workloads; plus
  • 各サーバーのキャッシュドライブ容量が 1 tb あたり 4 GB の RAM (記憶域スペースダイレクトメタデータ用)4 GB of RAM per terabyte (TB) of cache drive capacity on each server, for Storage Spaces Direct metadata

BootBoot

  • Windows Server でサポートされているすべてのブートデバイスで、 SATADOM が含まれるようになりましたAny boot device supported by Windows Server, which now includes SATADOM
  • RAID 1 ミラーは必要ありませんが、ブートではサポートされています。RAID 1 mirror is not required, but is supported for boot
  • 推奨:200 GB の最小サイズRecommended: 200 GB minimum size

ネットワークNetworking

記憶域スペースダイレクトには、信頼性の高い高帯域幅、低待機時間の各ノード間のネットワーク接続が必要です。Storage Spaces Direct requires a reliable high bandwidth, low latency network connection between each node.

Small scale 2-3 ノードの最小相互接続Minimum interconnect for small scale 2-3 node

  • 10 Gbps ネットワークインターフェイスカード (NIC)、またはより高速10 Gbps network interface card (NIC), or faster
  • 冗長性とパフォーマンスのために推奨される各ノードからの2つ以上のネットワーク接続Two or more network connections from each node recommended for redundancy and performance

4 + の高パフォーマンス、大規模、またはデプロイのために推奨される相互接続Recommended interconnect for high performance, at scale, or deployments of 4+

  • リモートダイレクトメモリアクセス (RDMA) 対応の Nic、iWARP (推奨) または RoCENICs that are remote-direct memory access (RDMA) capable, iWARP (recommended) or RoCE
  • 冗長性とパフォーマンスのために推奨される各ノードからの2つ以上のネットワーク接続Two or more network connections from each node recommended for redundancy and performance
  • 25 Gbps NIC 以上25 Gbps NIC or faster

スイッチまたは switchless ノードの相互接続Switched or switchless node interconnects

  • 相手ネットワークスイッチは、帯域幅とネットワークの種類を処理するように適切に構成されている必要があります。Switched: Network switches must be properly configured to handle the bandwidth and networking type. RoCE プロトコルを実装する RDMA を使用している場合は、ネットワークデバイスとスイッチの構成がさらに重要になります。If using RDMA that implements the RoCE protocol, network device and switch configuration is even more important.
  • Switchless:スイッチの使用を避けるために、直接接続を使用してノードを相互接続することができます。Switchless: Nodes can be interconnected using direct connections, avoiding using a switch. すべてのノードがクラスターの他のすべてのノードと直接接続している必要があります。It is required that every node have a direct connection with every other node of the cluster.

ドライブDrives

記憶域スペースダイレクトは、1台のサーバーに物理的に接続されている直接接続 SATA、SAS、または NVMe ドライブに対応しています。Storage Spaces Direct works with direct-attached SATA, SAS, or NVMe drives that are physically attached to just one server each. ドライブ選択の他のヒントについては、「ドライブの選択」をご覧ください。For more help choosing drives, see the Choosing drives topic.

  • SATA、SAS、NVMe (M. 2、米国2、およびカードの追加) ドライブがすべてサポートされます。SATA, SAS, and NVMe (M.2, U.2, and Add-In-Card) drives are all supported
  • 512n、512n、および4K のネイティブドライブがすべてサポートされています。512n, 512e, and 4K native drives are all supported
  • ソリッドステートドライブは、電源損失保護を提供する必要があります。Solid-state drives must provide power-loss protection
  • すべてのサーバーで同じ数と種類のドライブ–ドライブの対称に関する考慮事項を参照してください。Same number and types of drives in every server – see Drive symmetry considerations
  • キャッシュデバイスは 32 GB 以上である必要がありますCache devices must be 32 GB or larger
  • 永続メモリデバイスをキャッシュデバイスとして使用する場合は、NVMe または SSD 容量デバイスを使用する必要があります (Hdd は使用できません)。When using persistent memory devices as cache devices, you must use NVMe or SSD capacity devices (you can't use HDDs)
  • NVMe ドライバーは、Windows に付属している Microsoft 提供のドライバーです。NVMe driver is the Microsoft-provided one included in Windows. (stornvme .sys)(stornvme.sys)
  • 推奨:容量ドライブの数は、キャッシュドライブの数の倍数です。Recommended: Number of capacity drives is a whole multiple of the number of cache drives
  • 推奨:キャッシュドライブには、1日あたり少なくとも3つのドライブ書き込み (DWPD) または少なくとも4テラバイト (tbw) の書き込み (TBW) が必要です。また、1日あたり記憶域スペースダイレクトのドライブの書き込み量 (DWPD)、テラバイトの書き込み (TBW)、および推奨される最小値について説明します。Recommended: Cache drives should have high write endurance: at least 3 drive-writes-per-day (DWPD) or at least 4 terabytes written (TBW) per day – see Understanding drive writes per day (DWPD), terabytes written (TBW), and the minimum recommended for Storage Spaces Direct

ドライブを記憶域スペースダイレクトに接続する方法を次に示します。Here's how drives can be connected for Storage Spaces Direct:

  • 直接接続 SATA ドライブDirect-attached SATA drives
  • 直接接続されている NVMe ドライブDirect-attached NVMe drives
  • Sas ドライブを使用する SAS ホストバスアダプター (HBA)SAS host-bus adapter (HBA) with SAS drives
  • SATA ドライブを搭載した SAS ホストバスアダプター (HBA)SAS host-bus adapter (HBA) with SATA drives
  • サポートされていない: RAID コントローラーカードまたは SAN (ファイバーチャネル、iSCSI、FCoE) ストレージ。NOT SUPPORTED: RAID controller cards or SAN (Fibre Channel, iSCSI, FCoE) storage. ホストバスアダプター (HBA) カードは、単純なパススルーモードを実装する必要があります。Host-bus adapter (HBA) cards must implement simple pass-through mode.

サポートされているドライブの相互接続の図

ドライブは、サーバーの内部、または1台のサーバーに接続されている外部エンクロージャに存在することができます。Drives can be internal to the server, or in an external enclosure that is connected to just one server. スロットのマッピングと識別には SCSI エンクロージャサービス (SES) が必要です。SCSI Enclosure Services (SES) is required for slot mapping and identification. 各外部エンクロージャは、一意の識別子 (一意の ID) を提示する必要があります。Each external enclosure must present a unique identifier (Unique ID).

  • サーバー内部のドライブDrives internal to the server
  • 1つのサーバーに接続されている外部エンクロージャ ("JBOD") 内のドライブDrives in an external enclosure ("JBOD") connected to one server
  • サポートされていない: 複数のサーバーに接続されている共有 SAS エンクロージャ、または複数のパスからドライブにアクセスできる任意の形式のマルチパス IO (MPIO)。NOT SUPPORTED: Shared SAS enclosures connected to multiple servers or any form of multi-path IO (MPIO) where drives are accessible by multiple paths.

サポートされているドライブの相互接続の図

ドライブの最小数 (ブートドライブを除く)Minimum number of drives (excludes boot drive)

  • キャッシュとして使用するドライブがある場合、サーバーあたり 2 つ以上のドライブが必要です。If there are drives used as cache, there must be at least 2 per server
  • サーバーあたり 4 つ以上のデータ格納用 (非キャッシュ) ドライブが必要です。There must be at least 4 capacity (non-cache) drives per server
存在するドライブの種類Drive types present 必要な最小数Minimum number required
すべての永続メモリ (同じモデル)All persistent memory (same model) 4永続メモリ4 persistent memory
すべて NVMe (同じモデル)All NVMe (same model) 4 つの NVMe4 NVMe
すべて SSD (同じモデル)All SSD (same model) 4 つの SSD4 SSD
永続メモリ + NVMe または SSDPersistent memory + NVMe or SSD 2永続メモリ + 4 NVMe または SSD2 persistent memory + 4 NVMe or SSD
NVMe + SSDNVMe + SSD 2 つの NVMe + 4 つの SSD2 NVMe + 4 SSD
NVMe + HDDNVMe + HDD 2 つの NVMe + 4 つの HDD2 NVMe + 4 HDD
SSD + HDDSSD + HDD 2 つの SSD + 4 つの HDD2 SSD + 4 HDD
NVMe + SSD + HDDNVMe + SSD + HDD 2 つの NVMe + 4 つのそれ以外のドライブ2 NVMe + 4 Others

注意

次の表は、ハードウェア展開の最小値を示しています。This table provides the minimum for hardware deployments. Microsoft Azure など、仮想マシンおよび仮想化された記憶域を使用してデプロイする場合は、「ゲスト仮想マシンクラスターでの記憶域スペースダイレクトの使用」を参照してください。If you're deploying with virtual machines and virtualized storage, such as in Microsoft Azure, see Using Storage Spaces Direct in guest virtual machine clusters.

最大容量Maximum capacity

最大Maximums Windows Server 2019Windows Server 2019 Windows Server 2016Windows Server 2016
サーバーあたりの生の容量Raw capacity per server 400 TB400 TB 100 TB100 TB
プールの容量Pool capacity 4 PB (4000 TB)4 PB (4,000 TB) 1 PB1 PB