記憶域スペースダイレクトクラスターを Windows Server 2019 にアップグレードするUpgrade a Storage Spaces Direct cluster to Windows Server 2019

このトピックでは、記憶域スペースダイレクトクラスターを Windows Server 2019 にアップグレードする方法について説明します。This topic describes how to upgrade a Storage Spaces Direct cluster to Windows Server 2019. クラスター OS のローリングアップグレードプロセスを使用して windows server 2016 から windows server 2019 に記憶域スペースダイレクトクラスターをアップグレードするには、次の4つの方法があります。 vm の実行を維持する2つの方法と、すべての vm の停止に関係する2つの方法があります。There are four approaches to upgrading a Storage Spaces Direct cluster from Windows Server 2016 to Windows Server 2019, using the cluster OS rolling upgrade process —two that involve keeping the VMs running, and two that involve stopping all VMs. 各方法には長所と短所が異なるため、組織のニーズに最も適したものを選択します。Each approach has different strengths and weaknesses, so select that one that best suits the needs of your organization:

  • クラスター内の各サーバーでvm が実行されているときのインプレースアップグレード—このオプションでは、vm のダウンタイムは発生しませんが、各サーバーがアップグレードされた後に記憶域ジョブ (ミラー修復) が完了するまで待つ必要があります。In-place upgrade while VMs are running on each server in the cluster—this option incurs no VM downtime, but you'll need to wait for storage jobs (mirror repair) to complete after each server is upgraded.

  • クラスター内の各サーバーでvm が実行されているときのクリーン OS インストール-このオプションでは、vm のダウンタイムは発生しませんが、各サーバーをアップグレードした後に記憶域ジョブ (ミラー修復) が完了するまで待つ必要があります。各サーバーとそのアプリとロール。Clean-OS installation while VMs are running on each server in the cluster—this option incurs no VM downtime, but you'll need to wait for storage jobs (mirror repair) to complete after each server is upgraded, and you'll have to set up each server and all its apps and roles again.

  • クラスター内の各サーバーでvm が停止しているときのインプレースアップグレード—このオプションを使用すると、vm のダウンタイムが発生しますが、記憶域ジョブ (ミラー修復) を待つ必要はありません。そのため、処理が高速になります。In-place upgrade while VMs are stopped on each server in the cluster—this option incurs VM downtime, but you don't need to wait for storage jobs (mirror repair), so it's faster.

  • クラスター内の各サーバーでvm が停止している間のクリーン OS インストール-このオプションでは、vm のダウンタイムが発生しますが、記憶域ジョブ (ミラー修復) を待つ必要はありません。Clean-OS install while VMs are stopped on each server in the cluster—This option incurs VM downtime, but you don't need to wait for storage jobs (mirror repair) so it's faster.

前提条件と制限事項Prerequisites and limitations

アップグレードを続行する前に:Before proceeding with an upgrade:

  • アップグレードプロセス中に問題が発生した場合に備えて、使用可能なバックアップがあることを確認します。Check that you have usable backups in case there are any issues during the upgrade process.

  • ハードウェアベンダーに、Windows Server 2019 でサポートされるサーバーの BIOS、ファームウェア、およびドライバーがあることを確認します。Check that your hardware vendor has a BIOS, firmware, and drivers for your servers that they will support on Windows Server 2019.

アップグレードプロセスには、次のような制限があります。There are some limitations with the upgrade process to be aware of:

  • 176693.292 より前の Windows Server 2019 ビルドで記憶域スペースダイレクトを有効にするには、記憶域スペースダイレクトおよびソフトウェアで定義されたネットワーク機能を有効にするレジストリキーについて、Microsoft サポートに問い合わせる必要がある場合があります。To enable Storage Spaces Direct with Windows Server 2019 builds earlier than 176693.292, customers may need to contact Microsoft support for registry keys that enable Storage Spaces Direct and Software Defined Networking functionality. 詳細については、マイクロソフトサポート技術情報の記事 4464776を参照してください。For more info, see Microsoft Knowledge Base article 4464776.

  • ReFS ボリュームを使用してクラスターをアップグレードする場合、いくつかの制限があります。When upgrading a cluster with ReFS volumes, there are a few limitations:

  • ReFS ボリュームではアップグレードが完全にサポートされていますが、アップグレードされたボリュームは、Windows Server 2019 での ReFS の機能強化の恩恵を受けることはできません。Upgrading is fully supported on ReFS volumes, however, upgraded volumes won't benefit from ReFS enhancements in Windows Server 2019. これらの利点 (ミラーアクセラレータのパリティのパフォーマンスの向上など) には、新しく作成された Windows Server 2019 ReFS ボリュームが必要です。These benefits, such as increased performance for mirror-accelerated parity, require a newly-created Windows Server 2019 ReFS volume. つまり、 New-Volumeコマンドレットまたはサーバーマネージャーを使用して新しいボリュームを作成する必要があります。In other words, you'd have to create new volumes using the New-Volume cmdlet or Server Manager. 次に示すのは、新しいボリュームによって得られる ReFS 拡張機能の一部です。Here are the some of the ReFS enhancements new volumes would get:

    • マップのログバイパス: クラスター化された (記憶域スペースダイレクト) システムにのみ適用される、スタンドアロンの記憶域プールには適用されない ReFS のパフォーマンスの向上。MAP log-bypass: a performance improvement in ReFS that only applies to clustered (Storage Spaces Direct) systems and doesn't apply to stand-alone storage pools.

    • マルチ回復性を備えたボリュームに固有の、Windows Server 2019 の圧縮効率の向上。Compaction efficiency improvements in Windows Server 2019 that are specific to multi-resilient volumes.

  • Windows Server 2016 記憶域スペースダイレクトクラスターサーバーをアップグレードする前に、サーバーをストレージメンテナンスモードにすることをお勧めします。Before upgrading a Windows Server 2016 Storage Spaces Direct cluster server, we recommend putting the server into storage maintenance mode. 詳細については、「記憶域スペースダイレクトのトラブルシューティング」の「イベント5120」セクションを参照してください。For more info, see the Event 5120 section of Troubleshoot Storage Spaces Direct. この問題は Windows Server 2016 で修正されていますが、ベストプラクティスとして、各記憶域スペースダイレクトサーバーをアップグレード中にストレージメンテナンスモードにすることをお勧めします。Although this issue has been fixed in Windows Server 2016, we recommend putting each Storage Spaces Direct server into storage maintenance mode during the upgrade as a best practice.

  • スイッチを使用するソフトウェア定義ネットワーク環境には既知の問題があります。There is a known issue with Software Defined Networking environments that use SET switches. この問題には、Windows Server 2019 から Windows Server 2016 への Hyper-v VM のライブマイグレーション (以前のオペレーティングシステムへのライブマイグレーション) が含まれます。This issue involves Hyper-V VM live migrations from Windows Server 2019 to Windows Server 2016 (live migration to an earlier operating system). ライブマイグレーションを成功させるには、Windows Server 2019 から Windows Server 2016 にライブ移行されている Vm の VM ネットワーク設定を変更することをお勧めします。To ensure successful live migrations, we recommend changing a VM network setting on VMs that are being live-migrated from Windows Server 2019 to Windows Server 2016. この問題は、2019-01D 修正プログラムロールアップパッケージ (ビルド 17763.292) で Windows Server 2019 に対して修正されています。This issue is fixed for Windows Server 2019 in the 2019-01D hotfix rollup package, AKA build 17763.292. 詳細については、マイクロソフトサポート技術情報の記事 4476976を参照してください。For more info, see Microsoft Knowledge Base article 4476976.

上記の既知の問題のため、次に示す4つのプロセスのいずれかを使用して Windows Server 2016 クラスターをアップグレードするのではなく、新しい Windows Server 2019 クラスターを構築し、以前のクラスターからデータをコピーすることを検討している場合があります。Because of the known issues above, some customers may consider building a new Windows Server 2019 cluster and copying data from the old cluster, instead of upgrading their Windows Server 2016 clusters using one of the four processes described below.

Vm の実行中にインプレースアップグレードを実行するPerforming an in-place upgrade while VMs are running

このオプションを使用すると、VM のダウンタイムは発生しませんが、各サーバーがアップグレードされた後に記憶域ジョブ (ミラー修復) が完了するまで待つ必要があります。This option incurs no VM downtime, but you'll need to wait for storage jobs (mirror repair) to complete after each server is upgraded. アップグレードプロセス中に個々のサーバーは順番に再起動されますが、クラスター内の残りのサーバーとすべての Vm は実行されたままになります。Although individual servers will be restarted sequentially during the upgrade process, the remaining servers in the cluster, as well as all VMs, will remain running.

  1. クラスター内のすべてのサーバーに最新の Windows 更新プログラムがインストールされていることを確認します。Check that all the servers in the cluster have installed the latest Windows updates. 詳細については、「 windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴」を参照してください。For more info, see Windows 10 and Windows Server 2016 update history. 少なくとも、マイクロソフトサポート技術情報の記事 4487006 (2 月19日、2019) をインストールしてください。At a minimum, install Microsoft Knowledge Base article 4487006 (Feb 19th, 2019). ビルド番号 (コマンドをver参照) は14393.2828 以上である必要があります。The build number (see ver command) should be 14393.2828 or higher.

  2. スイッチが設定されたソフトウェア定義ネットワークを使用している場合は、管理者特権の PowerShell セッションを開き、次のコマンドを実行して、クラスター上のすべての Vm で VM ライブマイグレーションの検証チェックを無効にします。If you're using Software Defined Networking with SET switches, open an elevated PowerShell session and run the following command to disable VM live migration verification checks on all VMs on the cluster:

    Get-ClusterResourceType -Cluster {clusterName} -Name "Virtual Machine" |
    Set-ClusterParameter -Create SkipMigrationDestinationCheck -Value 1
    
  3. 一度に1つのクラスターサーバーで次の手順を実行します。Perform the following steps on one cluster server at a time:

    1. Hyper-v VM ライブマイグレーションを使用して、アップグレードしようとしているサーバーから実行中の Vm を移動します。Use Hyper-V VM live migration to move running VMs off the server you're about to upgrade.

    2. 次の PowerShell コマンドを使用してクラスターサーバーを一時停止します。一部の内部グループは非表示になっていることに注意してください。Pause the cluster server using the following PowerShell command—note that some internal groups are hidden. この手順は慎重に行うことをお勧めします。サーバーから Vm をまだライブ移行していない場合は、このコマンドレットによって実行されるため、必要に応じて前の手順を省略できます。We recommend this step to be cautious — if you didn't already live migrate VMs off the server this cmdlet will do that for you, so you could skip the previous step if you prefer.

      Suspend-ClusterNode -Drain
      
    3. 次の PowerShell コマンドを実行して、サーバーをストレージメンテナンスモードにします。Place the server in storage maintenance mode by running the following PowerShell commands:

      Get-StorageFaultDomain -type StorageScaleUnit | 
      Where FriendlyName -Eq <ServerName> | 
      Enable-StorageMaintenanceMode
      
    4. 次のコマンドレットを実行して、 OperationalStatus値がメンテナンスモードであることを確認します。Run the following cmdlet to check that the OperationalStatus value is In Maintenance Mode:

      Get-PhysicalDisk
      
    5. Setup.exeを実行し、[個人用ファイルとアプリを保持する] オプションを使用して、サーバーで Windows server 2019 のアップグレードインストールを実行します。Perform an upgrade installation of Windows Server 2019 on the server by running setup.exe and using the “Keep personal files and apps” option. インストールが完了すると、サーバーがクラスターに残り、クラスターサービスが自動的に開始されます。After installation is complete, the server remains in the cluster and the cluster service starts automatically.

    6. 新しくアップグレードされたサーバーに最新の Windows Server 2019 更新プログラムがあることを確認します。Check that the newly upgraded server has the latest Windows Server 2019 updates. 詳細については、「 windows 10 および Windows Server 2019 の更新履歴」を参照してください。For more info, see Windows 10 and Windows Server 2019 update history. ビルド番号 (コマンドをver参照) は17763.292 以上である必要があります。The build number (see ver command) should be 17763.292 or higher.

    7. 次の PowerShell コマンドを使用して、ストレージメンテナンスモードからサーバーを削除します。Remove the server from storage maintenance mode by using the following PowerShell command:

      Get-StorageFaultDomain -type StorageScaleUnit | 
      Where FriendlyName -Eq <ServerName> | 
      Disable-StorageMaintenanceMode
      
    8. 次の PowerShell コマンドを使用して、サーバーを再開します。Resume the server by using the following PowerShell command:

      Resume-ClusterNode
      
    9. 記憶域の修復ジョブが完了し、すべてのディスクが正常な状態に戻るまで待機します。Wait for storage repair jobs to finish and for all disks to return to a healthy state. サーバーのアップグレード中に実行されている Vm の数によっては、時間がかかることがあります。This could take considerable time depending on the number of VMs running during the server upgrade. 実行するコマンドを次に示します。Here are the commands to run:

      Get-StorageJob
      Get-VirtualDisk
      
  4. クラスター内の次のサーバーをアップグレードします。Upgrade the next server in the cluster.

  5. すべてのサーバーを Windows Server 2019 にアップグレードした後、次の PowerShell コマンドレットを使用して、クラスターの機能レベルを更新します。After all servers have been upgraded to Windows Server 2019, use the following PowerShell cmdlet to update the cluster functional level.

    Update-ClusterFunctionalLevel
    

    注意

    クラスターの機能レベルをできるだけ早く更新することをお勧めしますが、技術的には最大4週間で済みます。We recommend updating the cluster functional level as soon as possible, though technically you have up to four weeks to do so.

  6. クラスターの機能レベルが更新された後、次のコマンドレットを使用して記憶域プールを更新します。After the cluster functional level has been updated, use the following cmdlet to update the storage pool. この時点で、などの新しいコマンドGet-ClusterPerfレットは、クラスター内の任意のサーバーで完全に動作します。At this point, new cmdlets such as Get-ClusterPerf will be fully operational on any server in the cluster.

    Update-StoragePool
    
  7. 必要に応じて、各 vm を停止し、 Update-VMVersionコマンドレットを使用して vm を再起動して、vm の構成レベルをアップグレードします。Optionally upgrade VM configuration levels by stopping each VM, using the Update-VMVersion cmdlet, and then starting the VMs again.

  8. スイッチおよび無効化された VM ライブマイグレーションに関するチェックをオンにした状態でソフトウェア定義ネットワークを使用している場合は、次のコマンドレットを使用して、VM ライブ検証チェックを再度有効にします。If you're using Software Defined Networking with SET switches and disabled VM live migration checks as instructed to above, use the following cmdlet to re-enable VM Live verification checks:

    Get-ClusterResourceType -Cluster {clusterName} -Name "Virtual Machine" |
    Set-ClusterParameter  SkipMigrationDestinationCheck -Value 0
    
  9. アップグレードしたクラスターが想定どおりに機能することを確認します。Verify that the upgraded cluster functions as expected. ロールは正常にフェールオーバーする必要があり、VM のライブマイグレーションがクラスターで使用されている場合、Vm はライブマイグレーションを正常に行う必要があります。Roles should fail-over correctly and if VM live migration is used on the cluster, VMs should successfully live migrate.

  10. クラスター検証 (Test-Cluster) を実行し、クラスター検証レポートを調べて、クラスターを検証します。Validate the cluster by running Cluster Validation (Test-Cluster) and examining the cluster validation report.

Vm の実行中に OS のクリーンインストールを実行するPerforming a clean OS installation while VMs are running

このオプションを使用すると、VM のダウンタイムは発生しませんが、各サーバーがアップグレードされた後に記憶域ジョブ (ミラー修復) が完了するまで待つ必要があります。This option incurs no VM downtime, but you'll need to wait for storage jobs (mirror repair) to complete after each server is upgraded. アップグレードプロセス中に個々のサーバーは順番に再起動されますが、クラスター内の残りのサーバーとすべての Vm は実行されたままになります。Although individual servers will be restarted sequentially during the upgrade process, the remaining servers in the cluster, as well as all VMs, will remain running.

  1. クラスター内のすべてのサーバーで最新の更新プログラムが実行されていることを確認します。Check that all the servers in the cluster are running the latest updates. 詳細については、「 windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴」を参照してください。For more info, see Windows 10 and Windows Server 2016 update history. 少なくとも、マイクロソフトサポート技術情報の記事 4487006 (2 月19日、2019) をインストールしてください。At a minimum, install Microsoft Knowledge Base article 4487006 (Feb 19th, 2019). ビルド番号 (コマンドをver参照) は14393.2828 以上である必要があります。The build number (see ver command) should be 14393.2828 or higher.

  2. スイッチが設定されたソフトウェア定義ネットワークを使用している場合は、管理者特権の PowerShell セッションを開き、次のコマンドを実行して、クラスター上のすべての Vm で VM ライブマイグレーションの検証チェックを無効にします。If you're using Software Defined Networking with SET switches, open an elevated PowerShell session and run the following command to disable VM live migration verification checks on all VMs on the cluster:

    Get-ClusterResourceType -Cluster {clusterName} -Name "Virtual Machine" |
    Set-ClusterParameter -Create SkipMigrationDestinationCheck -Value 1
    
  3. 一度に1つのクラスターサーバーで次の手順を実行します。Perform the following steps on one cluster server at a time:

    1. Hyper-v VM ライブマイグレーションを使用して、アップグレードしようとしているサーバーから実行中の Vm を移動します。Use Hyper-V VM live migration to move running VMs off the server you're about to upgrade.

    2. 次の PowerShell コマンドを使用してクラスターサーバーを一時停止します。一部の内部グループは非表示になっていることに注意してください。Pause the cluster server using the following PowerShell command—note that some internal groups are hidden. この手順は慎重に行うことをお勧めします。サーバーから Vm をまだライブ移行していない場合は、このコマンドレットによって実行されるため、必要に応じて前の手順を省略できます。We recommend this step to be cautious — if you didn't already live migrate VMs off the server this cmdlet will do that for you, so you could skip the previous step if you prefer.

      Suspend-ClusterNode -Drain
      
    3. 次の PowerShell コマンドを実行して、サーバーをストレージメンテナンスモードにします。Place the server in storage maintenance mode by running the following PowerShell commands:

      Get-StorageFaultDomain -type StorageScaleUnit | 
      Where FriendlyName -Eq <ServerName> | 
      Enable-StorageMaintenanceMode
      
    4. 次のコマンドレットを実行して、 OperationalStatus値がメンテナンスモードであることを確認します。Run the following cmdlet to check that the OperationalStatus value is In Maintenance Mode:

      Get-PhysicalDisk
      
    5. 次の PowerShell コマンドを実行して、クラスターからサーバーを削除します。Evict the server from the cluster by running the following PowerShell command:

      Remove-ClusterNode <ServerName>
      
    6. サーバーで Windows Server 2019 のクリーンインストールを実行する: システムドライブのフォーマットを設定し、 setup.exeを実行して、"Nothing" オプションを使用します。Perform a clean installation of Windows Server 2019 on the server: format the system drive, run setup.exe and use the “Nothing” option. セットアップの完了後にサーバーの id、役割、機能、およびアプリケーションを構成し、サーバーを再起動する必要があります。You'll have to configure the server identity, roles, features, and applications after setup completes and the server restarts.

    7. Hyper-v の役割とフェールオーバークラスタリング機能をサーバーにインストールします ( Install-WindowsFeatureコマンドレットを使用できます)。Install the Hyper-V role and Failover-Clustering feature on the server (you can use the Install-WindowsFeature cmdlet).

    8. 記憶域スペースダイレクトで使用するために、サーバーの製造元によって承認されたハードウェアの最新のストレージとネットワークドライバーをインストールします。Install the latest storage and networking drivers for your hardware that are approved by your server manufacturer for use with Storage Spaces Direct.

    9. 新しくアップグレードされたサーバーに最新の Windows Server 2019 更新プログラムがあることを確認します。Check that the newly upgraded server has the latest Windows Server 2019 updates. 詳細については、「 windows 10 および Windows Server 2019 の更新履歴」を参照してください。For more info, see Windows 10 and Windows Server 2019 update history. ビルド番号 (コマンドをver参照) は17763.292 以上である必要があります。The build number (see ver command) should be 17763.292 or higher.

    10. 次の PowerShell コマンドを使用して、サーバーをクラスターに再度参加させます。Rejoin the server to the cluster by using the following PowerShell command:

      Add-ClusterNode
      
    11. 次の PowerShell コマンドを使用して、ストレージメンテナンスモードからサーバーを削除します。Remove the server from storage maintenance mode by using the following PowerShell commands:

      Get-StorageFaultDomain -type StorageScaleUnit | 
      Where FriendlyName -Eq <ServerName> | 
      Disable-StorageMaintenanceMode
      
    12. 記憶域の修復ジョブが完了し、すべてのディスクが正常な状態に戻るまで待機します。Wait for storage repair jobs to finish and for all disks to return to a healthy state. サーバーのアップグレード中に実行されている Vm の数によっては、時間がかかることがあります。This could take considerable time depending on the number of VMs running during the server upgrade. 実行するコマンドを次に示します。Here are the commands to run:

      Get-StorageJob
      Get-VirtualDisk
      
  4. クラスター内の次のサーバーをアップグレードします。Upgrade the next server in the cluster.

  5. すべてのサーバーを Windows Server 2019 にアップグレードした後、次の PowerShell コマンドレットを使用して、クラスターの機能レベルを更新します。After all servers have been upgraded to Windows Server 2019, use the following PowerShell cmdlet to update the cluster functional level.

    Update-ClusterFunctionalLevel
    

    注意

    クラスターの機能レベルをできるだけ早く更新することをお勧めしますが、技術的には最大4週間で済みます。We recommend updating the cluster functional level as soon as possible, though technically you have up to four weeks to do so.

  6. クラスターの機能レベルが更新された後、次のコマンドレットを使用して記憶域プールを更新します。After the cluster functional level has been updated, use the following cmdlet to update the storage pool. この時点で、などの新しいコマンドGet-ClusterPerfレットは、クラスター内の任意のサーバーで完全に動作します。At this point, new cmdlets such as Get-ClusterPerf will be fully operational on any server in the cluster.

    Update-StoragePool
    
  7. 必要に応じて、各 vm を停止し、 Update-VMVersionコマンドレットを使用して vm を再起動して、vm の構成レベルをアップグレードします。Optionally upgrade VM configuration levels by stopping each VM and using the Update-VMVersion cmdlet, and then starting the VMs again.

  8. スイッチおよび無効化された VM ライブマイグレーションに関するチェックをオンにした状態でソフトウェア定義ネットワークを使用している場合は、次のコマンドレットを使用して、VM ライブ検証チェックを再度有効にします。If you're using Software Defined Networking with SET switches and disabled VM live migration checks as instructed to above, use the following cmdlet to re-enable VM Live verification checks:

    Get-ClusterResourceType -Cluster {clusterName} -Name "Virtual Machine" | 
    Set-ClusterParameter SkipMigrationDestinationCheck -Value 0
    
  9. アップグレードしたクラスターが想定どおりに機能することを確認します。Verify that the upgraded cluster functions as expected. ロールは正常にフェールオーバーする必要があり、VM のライブマイグレーションがクラスターで使用されている場合、Vm はライブマイグレーションを正常に行う必要があります。Roles should fail-over correctly and if VM live migration is used on the cluster, VMs should successfully live migrate.

  10. クラスター検証 (Test-Cluster) を実行し、クラスター検証レポートを調べて、クラスターを検証します。Validate the cluster by running Cluster Validation (Test-Cluster) and examining the cluster validation report.

Vm の停止中にインプレースアップグレードを実行するPerforming an in-place upgrade while VMs are stopped

このオプションを使用すると、VM のダウンタイムが発生しますが、アップグレード中に Vm を実行したままにした場合よりも時間が短くなります。各サーバーをアップグレードした後に記憶域ジョブ (ミラー修復) が完了するまで待機する必要がないためです。This option incurs VM downtime but can take less time than if you kept the VMs running during the upgrade because you don't need to wait for storage jobs (mirror repair) to complete after each server is upgraded. 個々のサーバーはアップグレード処理中に順番に再起動されますが、クラスター内の残りのサーバーは実行されたままになります。Although individual servers will be restarted sequentially during the upgrade process, the remaining servers in the cluster remain running.

  1. クラスター内のすべてのサーバーで最新の更新プログラムが実行されていることを確認します。Check that all the servers in the cluster are running the latest updates. 詳細については、「 windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴」を参照してください。For more info, see Windows 10 and Windows Server 2016 update history. 少なくとも、マイクロソフトサポート技術情報の記事 4487006 (2 月19日、2019) をインストールしてください。At a minimum, install Microsoft Knowledge Base article 4487006 (Feb 19th, 2019). ビルド番号 (コマンドをver参照) は14393.2828 以上である必要があります。The build number (see ver command) should be 14393.2828 or higher.

  2. クラスターで実行されている Vm を停止します。Stop the VMs running on the cluster.

  3. 一度に1つのクラスターサーバーで次の手順を実行します。Perform the following steps on one cluster server at a time:

    1. 次の PowerShell コマンドを使用してクラスターサーバーを一時停止します。一部の内部グループは非表示になっていることに注意してください。Pause the cluster server using the following PowerShell command—note that some internal groups are hidden. この手順は、慎重に行うことをお勧めします。We recommend this step to be cautious.

      Suspend-ClusterNode -Drain
      
    2. 次の PowerShell コマンドを実行して、サーバーをストレージメンテナンスモードにします。Place the server in storage maintenance mode by running the following PowerShell commands:

      Get-StorageFaultDomain -type StorageScaleUnit | 
      Where FriendlyName -Eq <ServerName> | 
      Enable-StorageMaintenanceMode
      
    3. 次のコマンドレットを実行して、 OperationalStatus値がメンテナンスモードであることを確認します。Run the following cmdlet to check that the OperationalStatus value is In Maintenance Mode:

      Get-PhysicalDisk
      
    4. Setup.exeを実行し、[個人用ファイルとアプリを保持する] オプションを使用して、サーバーで Windows server 2019 のアップグレードインストールを実行します。Perform an upgrade installation of Windows Server 2019 on the server by running setup.exe and using the “Keep personal files and apps” option.
      インストールが完了すると、サーバーがクラスターに残り、クラスターサービスが自動的に開始されます。After installation is complete, the server remains in the cluster and the cluster service starts automatically.

    5. 新しくアップグレードされたサーバーに最新の Windows Server 2019 更新プログラムがあることを確認します。Check that the newly upgraded server has the latest Windows Server 2019 updates.
      詳細については、「 windows 10 および Windows Server 2019 の更新履歴」を参照してください。For more info, see Windows 10 and Windows Server 2019 update history. ビルド番号 (コマンドをver参照) は17763.292 以上である必要があります。The build number (see ver command) should be 17763.292 or higher.

    6. 次の PowerShell コマンドを使用して、ストレージメンテナンスモードからサーバーを削除します。Remove the server from storage maintenance mode by using the following PowerShell commands:

      Get-StorageFaultDomain -type StorageScaleUnit | 
      Where FriendlyName -Eq <ServerName> | 
      Disable-StorageMaintenanceMode
      
    7. 次の PowerShell コマンドを使用して、サーバーを再開します。Resume the server by using the following PowerShell command:

      Resume-ClusterNode
      
    8. 記憶域の修復ジョブが完了し、すべてのディスクが正常な状態に戻るまで待機します。Wait for storage repair jobs to finish and for all disks to return to a healthy state.
      Vm が実行されていないため、これは比較的高速です。This should be relatively fast, since VMs are not running. 実行するコマンドを次に示します。Here are the commands to run:

      Get-StorageJob
      Get-VirtualDisk
      
  4. クラスター内の次のサーバーをアップグレードします。Upgrade the next server in the cluster.

  5. すべてのサーバーを Windows Server 2019 にアップグレードした後、次の PowerShell コマンドレットを使用して、クラスターの機能レベルを更新します。After all servers have been upgraded to Windows Server 2019, use the following PowerShell cmdlet to update the cluster functional level.

    Update-ClusterFunctionalLevel
    

    注意

    クラスターの機能レベルをできるだけ早く更新することをお勧めしますが、技術的には最大4週間で済みます。We recommend updating the cluster functional level as soon as possible, though technically you have up to four weeks to do so.

  6. クラスターの機能レベルが更新された後、次のコマンドレットを使用して記憶域プールを更新します。After the cluster functional level has been updated, use the following cmdlet to update the storage pool.
    この時点で、などの新しいコマンドGet-ClusterPerfレットは、クラスター内の任意のサーバーで完全に動作します。At this point, new cmdlets such as Get-ClusterPerf will be fully operational on any server in the cluster.

    Update-StoragePool
    
  7. クラスターで Vm を起動し、正常に動作していることを確認します。Start the VMs on the cluster and check that they're working properly.

  8. 必要に応じて、各 vm を停止し、 Update-VMVersionコマンドレットを使用して vm を再起動して、vm の構成レベルをアップグレードします。Optionally upgrade VM configuration levels by stopping each VM and using the Update-VMVersion cmdlet, and then starting the VMs again.

  9. アップグレードしたクラスターが想定どおりに機能することを確認します。Verify that the upgraded cluster functions as expected.
    ロールは正常にフェールオーバーする必要があり、VM のライブマイグレーションがクラスターで使用されている場合、Vm はライブマイグレーションを正常に行う必要があります。Roles should fail-over correctly and if VM live migration is used on the cluster, VMs should successfully live migrate.

  10. クラスター検証 (Test-Cluster) を実行し、クラスター検証レポートを調べて、クラスターを検証します。Validate the cluster by running Cluster Validation (Test-Cluster) and examining the cluster validation report.

Vm の停止中に OS のクリーンインストールを実行するPerforming a clean OS installation while VMs are stopped

このオプションを使用すると、VM のダウンタイムが発生しますが、アップグレード中に Vm を実行したままにした場合よりも時間が短くなります。各サーバーをアップグレードした後に記憶域ジョブ (ミラー修復) が完了するまで待機する必要がないためです。This option incurs VM downtime but can take less time than if you kept the VMs running during the upgrade because you don't need to wait for storage jobs (mirror repair) to complete after each server is upgraded. 個々のサーバーはアップグレード処理中に順番に再起動されますが、クラスター内の残りのサーバーは実行されたままになります。Although individual servers will be restarted sequentially during the upgrade process, the remaining servers in the cluster remain running.

  1. クラスター内のすべてのサーバーで最新の更新プログラムが実行されていることを確認します。Check that all the servers in the cluster are running the latest updates.
    詳細については、「 windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴」を参照してください。For more info, see Windows 10 and Windows Server 2016 update history. 少なくとも、マイクロソフトサポート技術情報の記事 4487006 (2 月19日、2019) をインストールしてください。At a minimum, install Microsoft Knowledge Base article 4487006 (Feb 19th, 2019). ビルド番号 (コマンドをver参照) は14393.2828 以上である必要があります。The build number (see ver command) should be 14393.2828 or higher.

  2. クラスターで実行されている Vm を停止します。Stop the VMs running on the cluster.

  3. 一度に1つのクラスターサーバーで次の手順を実行します。Perform the following steps on one cluster server at a time:

    1. 次の PowerShell コマンドを使用してクラスターサーバーを一時停止します。一部の内部グループは非表示になっていることに注意してください。Pause the cluster server using the following PowerShell command—note that some internal groups are hidden.
      この手順は、慎重に行うことをお勧めします。We recommend this step to be cautious.

      Suspend-ClusterNode -Drain
      
    2. 次の PowerShell コマンドを実行して、サーバーをストレージメンテナンスモードにします。Place the server in storage maintenance mode by running the following PowerShell commands:

      Get-StorageFaultDomain -type StorageScaleUnit | 
      Where FriendlyName -Eq <ServerName> | 
      Enable-StorageMaintenanceMode
      
    3. 次のコマンドレットを実行して、 OperationalStatus値がメンテナンスモードであることを確認します。Run the following cmdlet to check that the OperationalStatus value is In Maintenance Mode:

      Get-PhysicalDisk
      
    4. 次の PowerShell コマンドを実行して、クラスターからサーバーを削除します。Evict the server from the cluster by running the following PowerShell command:

      Remove-ClusterNode <ServerName>
      
    5. サーバーで Windows Server 2019 のクリーンインストールを実行する: システムドライブのフォーマットを設定し、 setup.exeを実行して、"Nothing" オプションを使用します。Perform a clean installation of Windows Server 2019 on the server: format the system drive, run setup.exe and use the “Nothing” option.
      セットアップの完了後にサーバーの id、役割、機能、およびアプリケーションを構成し、サーバーを再起動する必要があります。You'll have to configure the server identity, roles, features, and applications after setup completes and the server restarts.

    6. Hyper-v の役割とフェールオーバークラスタリング機能をサーバーにインストールします ( Install-WindowsFeatureコマンドレットを使用できます)。Install the Hyper-V role and Failover-Clustering feature on the server (you can use the Install-WindowsFeature cmdlet).

    7. 記憶域スペースダイレクトで使用するために、サーバーの製造元によって承認されたハードウェアの最新のストレージとネットワークドライバーをインストールします。Install the latest storage and networking drivers for your hardware that are approved by your server manufacturer for use with Storage Spaces Direct.

    8. 新しくアップグレードされたサーバーに最新の Windows Server 2019 更新プログラムがあることを確認します。Check that the newly upgraded server has the latest Windows Server 2019 updates.
      詳細については、「 windows 10 および Windows Server 2019 の更新履歴」を参照してください。For more info, see Windows 10 and Windows Server 2019 update history. ビルド番号 (コマンドをver参照) は17763.292 以上である必要があります。The build number (see ver command) should be 17763.292 or higher.

    9. 次の PowerShell コマンドを使用して、サーバーをクラスターに再度参加させます。Rejoin the server to the cluster by using the following PowerShell command:

    Add-ClusterNode
    
    1. 次の PowerShell コマンドを使用して、ストレージメンテナンスモードからサーバーを削除します。Remove the server from storage maintenance mode by using the following PowerShell command:

      Get-StorageFaultDomain -type StorageScaleUnit | 
      Where FriendlyName -Eq <ServerName> | 
      Disable-StorageMaintenanceMode
      
    2. 記憶域の修復ジョブが完了し、すべてのディスクが正常な状態に戻るまで待機します。Wait for storage repair jobs to finish and for all disks to return to a healthy state.
      サーバーのアップグレード中に実行されている Vm の数によっては、時間がかかることがあります。This could take considerable time depending on the number of VMs running during the server upgrade. 実行するコマンドを次に示します。Here are the commands to run:

      Get-StorageJob
      Get-VirtualDisk
      
  4. クラスター内の次のサーバーをアップグレードします。Upgrade the next server in the cluster.

  5. すべてのサーバーを Windows Server 2019 にアップグレードした後、次の PowerShell コマンドレットを使用して、クラスターの機能レベルを更新します。After all servers have been upgraded to Windows Server 2019, use the following PowerShell cmdlet to update the cluster functional level.

    Update-ClusterFunctionalLevel
    

    注意

    クラスターの機能レベルをできるだけ早く更新することをお勧めしますが、技術的には最大4週間で済みます。We recommend updating the cluster functional level as soon as possible, though technically you have up to four weeks to do so.

  6. クラスターの機能レベルが更新された後、次のコマンドレットを使用して記憶域プールを更新します。After the cluster functional level has been updated, use the following cmdlet to update the storage pool.
    この時点で、などの新しいコマンドGet-ClusterPerfレットは、クラスター内の任意のサーバーで完全に動作します。At this point, new cmdlets such as Get-ClusterPerf will be fully operational on any server in the cluster.

    Update-StoragePool
    
  7. クラスターで Vm を起動し、正常に動作していることを確認します。Start the VMs on the cluster and check that they're working properly.

  8. 必要に応じて、各 vm を停止し、 Update-VMVersionコマンドレットを使用して vm を再起動して、vm の構成レベルをアップグレードします。Optionally upgrade VM configuration levels by stopping each VM and using the Update-VMVersion cmdlet, and then starting the VMs again.

  9. アップグレードしたクラスターが想定どおりに機能することを確認します。Verify that the upgraded cluster functions as expected.
    ロールは正常にフェールオーバーする必要があり、VM のライブマイグレーションがクラスターで使用されている場合、Vm はライブマイグレーションを正常に行う必要があります。Roles should fail-over correctly and if VM live migration is used on the cluster, VMs should successfully live migrate.

  10. クラスター検証 (Test-Cluster) を実行し、クラスター検証レポートを調べて、クラスターを検証します。Validate the cluster by running Cluster Validation (Test-Cluster) and examining the cluster validation report.