ワーク フォルダーの概要Work Folders overview

適用対象: Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows 10、Windows 8.1、Windows 7Applies to: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2019, Windows Server 2016, Windows Server 2012 R2, Windows 10, Windows 8.1, Windows 7

このトピックでは、Windows Server を実行しているファイル サーバーの役割サービスであるワーク フォルダーについて説明します。ワーク フォルダーは、ユーザーが PC やデバイスから作業ファイルにアクセスするための一貫した方法を提供します。This topic discusses Work Folders, a role service for file servers running Windows Server that provides a consistent way for users to access their work files from their PCs and devices.

Windows 10、Windows 7、または Android または iOS デバイスでワークフォルダーをダウンロードまたは使用する場合は、次を参照してください。If you're looking to download or use Work Folders on Windows 10, Windows 7, or an Android or iOS device, see the following:

役割の説明Role description

ワークロード フォルダーを使用すると、ユーザーは会社用の PC に加えて、個人用のコンピューターやデバイスにも作業ファイルを保存してアクセスできるようになります。これは、BYOD (bring-your-own device) とも呼ばれます。With Work Folders users can store and access work files on personal computers and devices, often referred to as bring-your-own device (BYOD), in addition to corporate PCs. ユーザーは、アクセスしやすい場所に作業ファイルを保存し、そのファイルにはどこからでもアクセスできます。Users gain a convenient location to store work files, and they can access them from anywhere. 組織は、一元管理されたファイル サーバーにファイルを格納し、必要に応じてユーザーのデバイス ポリシー (暗号化とロック画面のパスワードなど) を指定することで、企業のデータを管理します。Organizations maintain control over corporate data by storing the files on centrally managed file servers, and optionally specifying user device policies such as encryption and lock-screen passwords.

ワーク フォルダーは、フォルダー リダイレクト、オフライン ファイル、およびホーム フォルダーの既存の展開を使って、展開できます。Work Folders can be deployed with existing deployments of Folder Redirection, Offline Files, and home folders. ワーク フォルダーでは、サーバー上の 同期共有 と呼ばれるフォルダーに、ユーザー ファイルを保存します。Work Folders stores user files in a folder on the server called a sync share. 既にユーザー データを含むフォルダーを指定することができるため、サーバーやデータを移行することなく、ワーク フォルダーを採用できます。また既存のソリューションを速やかに停止することもできます。You can specify a folder that already contains user data, which enables you to adopt Work Folders without migrating servers and data or immediately phasing out your existing solution.

実際の適用例Practical applications

管理者は、ワーク フォルダーを使用して、一元的なストレージと組織のデータの制御を維持しながら、作業ファイルへのアクセスをユーザーに提供することができます。Administrators can use Work Folders to provide users with access to their work files while keeping centralized storage and control over the organization's data. 具体的には、ワーク フォルダーを次のように使うことができます。Some specific applications for Work Folders include:

  • ユーザーの会社用と個人用の PC やデバイスから、作業ファイルにアクセスする、単一ポイントを提供しますProvide a single point of access to work files from a user's work and personal computers and devices

  • オフラインのときでも作業ファイルにアクセスでき、PC やデバイスが次にインターネットまたはイントラネットに接続されたときに、集中ファイル サーバーと同期できます。Access work files while offline, and then sync with the central file server when the PC or device next has Internet or intranet connectivity

  • 既存のフォルダー リダイレクト、オフライン ファイル、およびホーム フォルダーの展開と共存して展開できます。Deploy with existing deployments of Folder Redirection, Offline Files, and home folders

  • ファイルの分類やフォルダーのクォータなど、既存のファイル サーバーの管理テクノロジを使用して、ユーザー データを管理できます。Use existing file server management technologies, such as file classification and folder quotas, to manage user data

  • セキュリティ ポリシーを指定して、ユーザーの PC やデバイスにワーク フォルダーの暗号化を指示したり、ロック画面のパスワードの使用を指示することができます。Specify security policies to instruct user's PCs and devices to encrypt Work Folders and use a lock screen password

  • ワーク フォルダーでフェールオーバー クラスタ リングを使用して、高可用性ソリューションを提供できます。Use Failover Clustering with Work Folders to provide a high-availability solution

重要な機能Important functionality

ワーク フォルダーには、次の機能が含まれています。Work Folders includes the following functionality.

機能Functionality 可用性Availability 説明Description
サーバー マネージャーでワーク フォルダーの役割サービスを使用Work Folders role service in Server Manager Windows Server 2019、Windows Server 2016、または Windows Server 2012 R2Windows Server 2019, Windows Server 2016, or Windows Server 2012 R2 ファイル サービスと記憶域サービスは、同期共有 (ユーザーの作業ファイルを格納するフォルダー) の設定、ワーク フォルダーの監視、同期共有とユーザー アクセスの管理などを行う方法を提供File and Storage Services provides a way to set up sync shares (folders that store user's work files), monitors Work Folders, and manages sync shares and user access
ワーク フォルダーのコマンドレットWork Folders cmdlets Windows Server 2019、Windows Server 2016、または Windows Server 2012 R2Windows Server 2019, Windows Server 2016, or Windows Server 2012 R2 ワーク フォルダー サーバーを管理するための包括的なコマンドレットを含む、Windows PowerShell モジュールA Windows PowerShell module that contains comprehensive cmdlets for managing Work Folders servers
ワーク フォルダーと Windows の統合Work Folders integration with Windows Windows 10Windows 10

Windows 8.1Windows 8.1

Windows RT 8.1Windows RT 8.1

Windows 7 (ダウンロードが必要)Windows 7 (download required)

ワーク フォルダーは Windowsコンピューターで次の機能を提供します:Work Folders provides the following functionality in Windows computers:

- ワーク フォルダーの設定と監視を行うコントロール パネルの項目- A Control Panel item that sets up and monitors Work Folders
- エクスプローラーとの統合による、ワーク フォルダーのファイルへの容易なアクセス- File Explorer integration that enables easy access to files in Work Folders
- バッテリー残量とシステム パフォーマンスを最大化しながら、集中ファイル サーバーとの間でファイルを転送する同期エンジン- A sync engine that transfers files to and from a central file server while maximizing battery life and system performance

デバイス用のワーク フォルダー アプリWork Folders app for devices AndroidAndroid

Apple iPhone および iPad®Apple iPhone and iPad®

よく使われるデバイスからワーク フォルダー内のファイルにアクセスできるアプリAn app that allows popular devices to access files in Work Folders

新機能と変更された機能New and changed functionality

ワーク フォルダーの主な変更点を次の表に示します。The following table describes some of the major changes in Work Folders.

機能Feature/functionality 新規/更新New or updated? 説明Description
ログ記録の強化Improved logging Windows Server 2019 の新サービスNew in Windows Server 2019 ワークフォルダーサーバーのイベントログを使用して、同期アクティビティを監視し、同期セッションに失敗しているユーザーを特定できます。Event logs on the Work Folders server can be used to monitor sync activity and identify users that are failing sync sessions. Microsoft-Windows SyncShare/Operational イベントログでイベント ID 4020 を使用して、同期セッションに失敗しているユーザーを特定します。Use Event ID 4020 in the Microsoft-Windows-SyncShare/Operational event log to identify which users are failing sync sessions. Microsoft-Windows-SyncShare/Reporting イベントログでイベント ID 7000 とイベント ID 7001 を使用して、アップロードとダウンロードの同期セッションを正常に完了したユーザーを監視します。Use Event ID 7000 and Event ID 7001 in the Microsoft-Windows-SyncShare/Reporting event log to monitor users that are successfully completing upload and download sync sessions.
パフォーマンス カウンターPerformance counters Windows Server 2019 の新サービスNew in Windows Server 2019 次のパフォーマンスカウンターが追加されました: 1 秒あたりのダウンロードバイト数、アップロードしたバイト数/秒、接続されたユーザー、1秒あたりのファイルダウンロード数、アップロードしたファイル数/秒、変更の検出、受信要求/秒、および未処理の要求。The following performance counters were added: Bytes downloaded/sec, Bytes uploaded/sec, Connected Users, Files downloaded/sec, Files uploaded/sec, Users with change detection, Incoming requests/sec and Outstanding requests.
サーバーパフォーマンスの向上Improved server performance Windows Server 2019 で更新されましたUpdated in Windows Server 2019 サーバーごとにより多くのユーザーを処理するために、パフォーマンスが向上しました。Performance improvements were made to handle more users per server. サーバーごとの制限はさまざまで、ファイルの数とファイルチャーンに基づいています。The limit per server varies and is based on the number of files and file churn. サーバーごとの制限を決定するには、ユーザーを段階的にサーバーに追加する必要があります。To determine the limit per server, users should be added to the server in phases.
オンデマンドのファイルアクセスOn-demand file access Windows 10 バージョン1803に追加されましたAdded to Windows 10 version 1803 すべてのファイルを表示してアクセスできます。Enables you to see and access all of your files. PC に格納され、オフラインで使用できるファイルを制御します。You control which files are stored on your PC and available offline. ファイルの残りの部分は常に表示され、PC 上の領域を占有しませんが、ワークフォルダーにアクセスするには、ワークフォルダーのファイルサーバーに接続する必要があります。The rest of your files are always visible and don’t take up any space on your PC, but you need connectivity to the Work Folders file server to access them.
Azure AD アプリケーション プロキシのサポートAzure AD Application Proxy support Windows 10 バージョン 1703、Android、iOS に追加Added to Windows 10 version 1703, Android, iOS リモート ユーザーは、Azure AD アプリケーション プロキシを使用して、ワーク フォルダー サーバー上のファイルに安全にアクセスできます。Remote users can securely access their files on the Work Folders server using Azure AD Application Proxy.
変更の高速なレプリケーションFaster change replication Windows 10 および Windows Server 2016 で更新Updated in Windows 10 and Windows Server 2016 Windows Server 2012 R2 では、ワーク フォルダー サーバーにファイルの変更が同期されるときに、クライアントには変更についての通知が送られず、変更内容が反映されるまでに最大で 10 分かかっていました。For Windows Server 2012 R2, when file changes are synced to the Work Folders server, clients are not notified of the change and wait up to 10 minutes to get the update. Windows Server 2016 を使用している場合、ワークフォルダーサーバーは直ちに Windows 10 クライアントに通知し、ファイルの変更は直ちに同期されます。When using Windows Server 2016, the Work Folders server immediately notifies Windows 10 clients and the file changes are synced immediately. この機能は Windows Server 2016 の新機能であり、Windows 10 クライアントが必要です。This capability is new in Windows Server 2016 and requires a Windows 10 client. 古いクライアントを使用しているか、ワーク フォルダー サーバーが Windows Server 2012 R2 である場合、クライアントでは引き続き 10 分ごとに変更を取得します。If you're using an older client or the Work Folders server is Windows Server 2012 R2, the client will continue to poll every 10 minutes for changes.
Windows 情報保護 (WIP) との統合Integrated with Windows Information Protection (WIP) Windows 10 バージョン 1607 に追加Added to Windows 10 version 1607 管理者が WIP を展開すると、ワーク フォルダーは PC 上のデータを暗号化してデータ保護を適用できます。If an administrator deploys WIP, Work Folders can enforce data protection by encrypting the data on the PC. 暗号化には、エンタープライズ ID に関連付けられているキーが使用されます。これは Microsoft Intuneなど、サポート対象のモバイル デバイス管理パッケージを使用して、リモート消去することができます。The encryption is using a key associated with the Enterprise ID, which can be remotely wiped by using a supported mobile device management package such as Microsoft Intune.

ソフトウェア要件Software requirements

ワーク フォルダーには、ファイル サーバーとネットワーク インフラストラクチャについて、次のソフトウェア要件があります。Work Folders has the following software requirements for file servers and your network infrastructure:

  • ユーザーファイルとの同期共有をホストするために Windows Server 2019、Windows Server 2016、または Windows Server 2012 R2 を実行しているサーバーA server running Windows Server 2019, Windows Server 2016, or Windows Server 2012 R2 for hosting sync shares with user files

  • ユーザー ファイルを格納するための NTFS ファイル システムでフォーマットされたボリュームA volume formatted with the NTFS file system for storing user files

  • Windows 7 PC でパスワード ポリシーを適用するには、グループ ポリシー パスワード ポリシーを使用する必要があります。To enforce password policies on Windows 7 PCs, you must use Group Policy password policies. また、ワーク フォルダー パスワード ポリシーから Windows 7 PC を除外する必要もあります (使用している場合)。You also have to exclude the Windows 7 PCs from Work Folders password policies (if you use them).

  • ワーク フォルダーをホストする各ファイル サーバーのサーバー証明書。A server certificate for each file server that will host Work Folders. これらの証明書には、ユーザーによって信頼されている証明機関 (CA)、できればパブリック CA から発行された証明書を使用してください。These certificates should be from a certification authority (CA) that is trusted by your users—ideally a public CA.

  • Optional複数のファイルサーバーを使用する場合に、Pc とデバイスを適切なファイルサーバーに自動的に参照できるようにする、Windows Server 2012 R2 のスキーマ拡張を使用した Active Directory Domain Services フォレスト。(Optional) An Active Directory Domain Services forest with the schema extensions in Windows Server 2012 R2 to support automatically referring PCs and devices to the correct file server when using multiple file servers.

ユーザーがインターネット経由で同期できるようにするには、追加の要件があります。To enable users to sync across the Internet, there are additional requirements:

  • 組織のリバース プロキシまたはネットワーク ゲートウェイで公開規則を作成することによって、インターネットからサーバーへのアクセスを可能にする機能。The ability to make a server accessible from the Internet by creating publishing rules in your organization's reverse proxy or network gateway

  • (省略可能) パブリックに登録されたドメイン名と、ドメインの追加のパブリック DNS レコードを作成する機能。(Optional) A publicly registered domain name and the ability to create additional public DNS records for the domain

  • (省略可能) AD FS の認証を使用する場合、Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) インフラストラクチャ。(Optional) Active Directory Federation Services (AD FS) infrastructure when using AD FS authentication

ワーク フォルダーでは、クライアント コンピューターに次のソフトウェア要件があります。Work Folders has the following software requirements for client computers:

  • PC およびサーバーは、次のいずれかのオペレーティング システムで動作します。PCs and devices must be running one of the following operating systems:

    • Windows 10Windows 10

    • Windows 8.1Windows 8.1

    • Windows RT 8.1Windows RT 8.1

    • Windows 7Windows 7

    • Android 4.4 KitKat 以降Android 4.4 KitKat and later

    • iOS 10.2 以降iOS 10.2 and later

  • Windows 7 PC では、Windows の次のいずれかのエディションを実行している必要があります。Windows 7 PCs must be running one of the following editions of Windows:

    • Windows 7 ProfessionalWindows 7 Professional

    • Windows 7 UltimateWindows 7 Ultimate

    • Windows 7 EnterpriseWindows 7 Enterprise

  • Windows 7 PC は、組織のドメインに参加する必要があります (ワークグループには参加できません)。Windows 7 PCs must be joined to your organization's domain (they can't be joined to a workgroup).

  • NTFS フォーマットされたローカル ドライブ上で、ワーク フォルダー内のすべてのユーザー ファイルを格納するのに十分な空き領域。既定の設定のように、ワーク フォルダーがシステム ドライブ上にある場合は、追加で 6 GB の空き領域。Enough free space on a local, NTFS-formatted drive to store all the user's files in Work Folders, plus an additional 6 GB of free space if Work Folders is located on the system drive, as it is by default. ワーク フォルダーは既定で次の場所を使用します。 %USERPROFILE%\Work FoldersWork Folders uses the following location by default: %USERPROFILE%\Work Folders

    ただし、ユーザーはセットアップ時にこの場所を変更できます (NTFS ファイル システムでフォーマットされた microSD カードや USB ドライブはサポートされている場所ですが、ドライブを取り外すと同期は停止されます)。However, users can change the location during setup (microSD cards and USB drives formatted with the NTFS file system are supported locations, though sync will stop if the drives are removed).

    既定では、個々のファイルの最大サイズは 10 GB です。The maximum size for individual files is 10 GB by default. 管理者はファイル サーバー リソース マネージャーのクォータ機能を使用してクォータを実装できますが、ユーザーごとの記憶域の制限はありません。There is no per-user storage limit, although administrators can use the quotas functionality of File Server Resource Manager to implement quotas.

  • ワーク フォルダーでは、クライアントの仮想マシンについて、仮想マシンの状態のロールバックはサポートされていません。Work Folders doesn't support rolling back the virtual machine state of client virtual machines. 代わりにシステム イメージ バックアップまたはその他のバックアップ アプリを使って、クライアント仮想マシン内からバックアップと復元処理を実行します。Instead perform backup and restore operations from inside the client virtual machine by using System Image Backup or another backup app.

ワーク フォルダーと他の同期テクノロジの比較Work Folders compared to other sync technologies

次の表は、Microsoft のさまざまな同期テクノロジの特徴と、それぞれを使用する場合について説明しています。The following table discusses how various Microsoft sync technologies are positioned and when to use each.

作業フォルダーWork Folders オフライン ファイルOffline Files OneDrive for BusinessOneDrive for Business OneDriveOneDrive
テクノロジの概要Technology summary ファイル サーバーに保存されているファイルを PC やデバイスと同期するSyncs files that are stored on a file server with PCs and devices ファイル サーバーに保存されているファイルを、企業ネットワークにアクセスできる PC と同期する (ワーク フォルダーで置き換え可能)Syncs files that are stored on a file server with PCs that have access to the corporate network (can be replaced by Work Folders) 企業ネットワークの内部または外部にある Pc とデバイスを使用して Microsoft 365 または SharePoint に格納されているファイルを同期し、ドキュメントのコラボレーション機能を提供します。Syncs files that are stored in Microsoft 365 or in SharePoint with PCs and devices inside or outside a corporate network, and provides document collaboration functionality OneDrive に保存されている個人用ファイルを PC、Mac コンピューター、デバイスと同期するSyncs personal files that are stored in OneDrive with PCs, Mac computers, and devices
ユーザーに業務用ファイルへのアクセスを提供Intended to provide user access to work files はいYes はいYes はいYes いいえNo
クラウド サービスCloud service なしNone なしNone Microsoft 365Microsoft 365 Microsoft OneDriveMicrosoft OneDrive
社内ネットワーク サーバーInternal network servers Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、および Windows Server 2019 を実行するファイルサーバーFile servers running Windows Server 2012 R2, Windows Server 2016, and Windows Server 2019 ファイル サーバーFile servers SharePoint サーバー (オプション)SharePoint server (optional) なしNone
サポートされているクライアントSupported clients PC、iOS、AndroidPCs, iOS, Android 企業ネットワーク内の PC、または DirectAccess、VPN、またはその他のリモート アクセス テクノロジを介して接続されている PCPCs in a corporate network or connected through DirectAccess, VPNs, or other remote access technologies Pc、iOS、Android、Windows PhonePCs, iOS, Android, Windows Phone Pc、Mac コンピューター、Windows Phone、iOS、AndroidPCs, Mac computers, Windows Phone, iOS, Android

注意

前の表に記載された同期テクノロジ以外にも、Microsoft は他のレプリケーション テクノロジを提供しています。たとえば、サーバー間のレプリケーション向けに設計された DFSレプリケーション、支社 WAN アクセラレーション テクノロジとして設計されている BranchCacheなどがあります。In addition to the sync technologies listed in the previous table, Microsoft offers other replication technologies, including DFS Replication, which is designed for server-to-server replication, and BranchCache, which is designed as a branch office WAN acceleration technology. 詳しくは、「DFS 名前空間と DFS レプリケーション」および「BranchCache の概要」をご覧ください。For more information, see DFS Namespaces and DFS Replication and BranchCache Overview

サーバー マネージャー情報Server Manager information

ワーク フォルダーは、ファイル サービスと記憶域サービスの役割の一部です。Work Folders is part of the File and Storage Services role. [役割と機能の追加] ウィザードまたは Install-WindowsFeature コマンドレットを使用して、ワーク フォルダーをインストールできます。You can install Work Folders by using the Add Roles and Features Wizard or the Install-WindowsFeature cmdlet. いずれの方法でも、下記を行うことができます。Both methods accomplish the following:

  • [サーバー マネージャー] の [ファイル サービスと記憶域サービス][ワーク フォルダー] ページを追加するAdds the Work Folders page to File and Storage Services in Server Manager

  • 同期共有をホストする Windows Server が使用する、Windows 同期共有サービスをインストールするInstalls the Windows Sync Shares service, which is used by Windows Server to host sync shares

  • サーバー上のワーク フォルダーを管理する、Windows PowerShell モジュール SyncShare をインストールするInstalls the SyncShare Windows PowerShell module to manage Work Folders on the server

Windows Azure Virtual Machines との相互運用性Interoperability with Windows Azure virtual machines

この Windows Server ロール サービスは、Windows Azure の仮想マシンで実行できます。You can run this Windows Server role service on a virtual machine in Windows Azure. このシナリオは、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、および Windows Server 2019 でテストされています。This scenario has been tested with Windows Server 2012 R2, Windows Server 2016, and Windows Server 2019.

Windows Azure 仮想マシンを使い始める方法については、Windows Azure の Web サイトを参照してください。To learn about how to get started with Windows Azure virtual machines, visit the Windows Azure web site.

関連項目See also

コンテンツ タイプContent type 参考資料References
製品評価Product evaluation - Android のワークフォルダー – リリース済み (ブログ記事)- Work Folders for Android – Released (blog post)
- IOS 用ワークフォルダー– IPad アプリリリース (ブログの投稿)- Work Folders for iOS – iPad App Release (blog post)
- Windows Server 2012 R2 のワーク フォルダーの導入 (ブログ記事)- Introducing Work Folders on Windows Server 2012 R2 (blog post)
- ワーク フォルダーの概要 (Channel 9 ビデオ)- Introduction to Work Folders (Channel 9 Video)
- ワークフォルダーのテストラボの展開 (ブログの投稿)- Work Folders Test Lab Deployment (blog post)
- Windows 7 のワークフォルダー (ブログの投稿)- Work Folders for Windows 7 (blog post)
配置Deployment - ワークフォルダーの実装の設計- Designing a Work Folders Implementation
- ワークフォルダーの展開- Deploying Work Folders
- AD FS と Web アプリケーションプロキシ (WAP) を使用したワークフォルダーの展開- Deploying Work Folders with AD FS and Web Application Proxy (WAP)
- Azure AD アプリケーション プロキシを使ったワーク フォルダーの展開- Deploying Work Folders with Azure AD Application Proxy
- オフラインファイル (CSC) からワークフォルダーへの移行ガイド- Offline Files (CSC) to Work Folders Migration Guide
- ワークフォルダーの展開のパフォーマンスに関する考慮事項- Performance Considerations for Work Folders Deployments
- Windows 7 のワークフォルダー (64 ビットダウンロード)- Work Folders for Windows 7 (64 bit download)
- Windows 7 のワークフォルダー (32 ビットダウンロード)- Work Folders for Windows 7 (32 bit download)
操作Operations - ワークフォルダー iPad アプリ: FAQ (ユーザー向け)- Work Folders iPad app: FAQ (for users)
- ワークフォルダーの証明書の管理 (ブログの投稿)- Work Folders Certificate Management (blog post)
- Windows Server 2012 R2 ワークフォルダーの展開の監視 (ブログの投稿)- Monitoring Windows Server 2012 R2 Work Folders Deployments (blog post)
- Windows PowerShell の SyncShare コマンドレット (ワーク フォルダー)- SyncShare (Work Folders) Cmdlets in Windows PowerShell
- Windows Server 2012 R2 Preview Edition のストレージとファイルサービスの PowerShell コマンドレットのクイックリファレンスカード- Storage and File Services PowerShell Cmdlets Quick Reference Card For Windows Server 2012 R2 Preview Edition
トラブルシューティングTroubleshooting - Windows Server 2012 R2 – IIS Web サイトとワーク フォルダーのポート競合の解決 (ブログ記事)- Windows Server 2012 R2 – Resolving Port Conflict with IIS Websites and Work Folders (blog post)
- ワークフォルダー内の一般的なエラー- Common Errors in Work Folders
コミュニティ リソースCommunity resources - ファイルサービスとストレージフォーラム- File Services and Storage Forum
- マイクロソフトのストレージ チーム - ファイル キャビネット ブログ- The Storage Team at Microsoft - File Cabinet Blog
- ディレクトリサービスチームのブログを確認する- Ask the Directory Services Team Blog
関連テクノロジRelated technologies - Windows Server 2016 の記憶域- Storage in Windows Server 2016
- ファイルサービスおよび記憶域サービス- File and Storage Services
- ファイルサーバーリソースマネージャー- File Server Resource Manager
- フォルダーリダイレクト、オフラインファイル、移動ユーザープロファイル- Folder Redirection, Offline Files, and Roaming User Profiles
- BranchCache- BranchCache
- DFS 名前空間と DFS レプリケーション- DFS Namespaces and DFS Replication