リモートダイレクトメモリアクセス ( RDMA ) およびスイッチ埋め込みチーミング ( セット)Remote Direct Memory Access (RDMA) and Switch Embedded Teaming (SET)

適用先:Windows Server (半期チャネル)、Windows Server 2016Applies To: Windows Server (Semi-Annual Channel), Windows Server 2016

このトピックでは ( ) 、スイッチ埋め込みチーミングセットに関する情報に加えて、Windows Server 2016 の hyper-v を使用したリモートダイレクトメモリアクセス RDMA インターフェイスの構成について説明 ( ) します。This topic provides information on configuring Remote Direct Memory Access (RDMA) interfaces with Hyper-V in Windows Server 2016, in addition to information about Switch Embedded Teaming (SET).

注意

このトピックに加えて、次のスイッチ埋め込みチーミングコンテンツを使用できます。In addition to this topic, the following Switch Embedded Teaming content is available.

Hyper V と RDMA インターフェイスを構成します。Configuring RDMA Interfaces with Hyper-V

Windows Server 2012 R2 では、RDMA サービスが HYPER-V 仮想スイッチにバインドされていないことができますを提供するネットワーク アダプターと同じコンピューターに RDMA と HYPER-V の両方を使用します。In Windows Server 2012 R2, using both RDMA and Hyper-V on the same computer as the network adapters that provide RDMA services can not be bound to a Hyper-V Virtual Switch. これにより、HYPER-V ホストにインストールするために必要な物理ネットワーク アダプターの数が増加します。This increases the number of physical network adapters that are required to be installed in the Hyper-V host.

ヒント

Windows Server 2016 より前の Windows Server のエディションでは、NIC チームまたは Hyper-v 仮想スイッチにバインドされているネットワークアダプターで RDMA を構成することはできません。In editions of Windows Server previous to Windows Server 2016, it is not possible to configure RDMA on network adapters that are bound to a NIC Team or to a Hyper-V Virtual Switch. Windows Server 2016 では、Hyper-v 仮想スイッチにバインドされているネットワークアダプターで RDMA を有効にすることができます (設定なし)。In Windows Server 2016, you can enable RDMA on network adapters that are bound to a Hyper-V Virtual Switch with or without SET.

Windows Server 2016 では、セットの有無、RDMA を使用しているときに以下のネットワーク アダプターを使用できます。In Windows Server 2016, you can use fewer network adapters while using RDMA with or without SET.

次の図は、Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2016 の間でのソフトウェア アーキテクチャの変更を示しています。The image below illustrates the software architecture changes between Windows Server 2012 R2 and Windows Server 2016.

アーキテクチャの変更

以下のセクションでは、Windows PowerShell コマンドを使用してデータセンターブリッジング (DCB) を有効にする方法、RDMA 仮想 NIC vNIC を使用して Hyper-v 仮想スイッチを作成する方法、 ( ) およびセットと RDMA vnics を使用して Hyper-v 仮想スイッチを作成する方法について説明します。The following sections provide instructions on how to use Windows PowerShell commands to enable Data Center Bridging (DCB), create a Hyper-V Virtual Switch with an RDMA virtual NIC (vNIC), and create a Hyper-V Virtual Switch with SET and RDMA vNICs.

データセンターブリッジング DCB を有効にする ()Enable Data Center Bridging (DCB)

Rdma の集約型イーサネット roce バージョンを使用する前に ( ) 、DCB を有効にする必要があります。Before using any RDMA over Converged Ethernet (RoCE) version of RDMA, you must enable DCB. インターネットワイドエリア RDMA プロトコルの iwarp ネットワークには必要ありません ( ) が、テストでは、イーサネットベースの rdma テクノロジがすべて DCB で動作しやすくなっていると判断しました。While not required for Internet Wide Area RDMA Protocol (iWARP) networks, testing has determined that all Ethernet-based RDMA technologies work better with DCB. このため、DCB を使用して、iWARP RDMA の展開についても検討してください。Because of this, you should consider using DCB even for iWARP RDMA deployments.

次の Windows PowerShell コマンド例では、SMB ダイレクト用に DCB を有効にして構成する方法を示します。The following Windows PowerShell example commands demonstrate how to enable and configure DCB for SMB Direct.

DCB を有効にするTurn on DCB

Install-WindowsFeature Data-Center-Bridging

SMB ダイレクトのポリシーを設定します。Set a policy for SMB-Direct:

New-NetQosPolicy "SMB" -NetDirectPortMatchCondition 445 -PriorityValue8021Action 3

SMB のフロー制御を有効にする:Turn on Flow Control for SMB:

Enable-NetQosFlowControl  -Priority 3

他のトラフィックのフロー制御が無効になっていることを確認します。Make sure flow control is off for other traffic:

Disable-NetQosFlowControl  -Priority 0,1,2,4,5,6,7

ターゲットアダプターにポリシーを適用します。Apply policy to the target adapters:

Enable-NetAdapterQos  -Name "SLOT 2"

SMB ダイレクトに帯域幅の最小30% を指定する:Give SMB Direct 30% of the bandwidth minimum:

New-NetQosTrafficClass "SMB"  -Priority 3  -BandwidthPercentage 30  -Algorithm ETS

カーネル デバッガーがシステムにインストールした場合は、QoS では、次のコマンドを実行して設定を許可するようにデバッガーを構成する必要があります。If you have a kernel debugger installed in the system, you must configure the debugger to allow QoS to be set by running the following command.

デバッガーのオーバーライド-既定では、デバッガーは NetQos をブロックします。Override the Debugger - by default the debugger blocks NetQos:

Set-ItemProperty HKLM:"\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NDIS\Parameters" AllowFlowControlUnderDebugger -type DWORD -Value 1 -Force

RDMA vNIC での HYPER-V 仮想スイッチの作成します。Create a Hyper-V Virtual Switch with an RDMA vNIC

設定が展開に必要ない場合は、次の Windows PowerShell コマンドを使用して、RDMA vNIC で Hyper-v 仮想スイッチを作成できます。If SET is not required for your deployment, you can use the following Windows PowerShell commands to create a Hyper-V Virtual Switch with an RDMA vNIC.

注意

チームのセットを使用して、RDMA 対応の物理 Nic を持つ消費 Vnic の他の RDMA リソースを提供します。Using SET teams with RDMA-capable physical NICs provides more RDMA resources for the vNICs to consume.

New-VMSwitch -Name RDMAswitch -NetAdapterName "SLOT 2"

ホスト vNICs を追加し、RDMA 対応にします。Add host vNICs and make them RDMA capable:

Add-VMNetworkAdapter -SwitchName RDMAswitch -Name SMB_1
Enable-NetAdapterRDMA "vEthernet (SMB_1)" "SLOT 2"

RDMA 機能を確認します。Verify RDMA capabilities:

Get-NetAdapterRdma

セットと RDMA Vnic で HYPER-V 仮想スイッチを作成します。Create a Hyper-V Virtual Switch with SET and RDMA vNICs

RDMA チーミングをサポートする Hyper-v 仮想スイッチ上の Hyper-v ホスト仮想ネットワークアダプター vnics で RDMA クローラーを使用するに ( ) は、次の例の Windows PowerShell コマンドを使用できます。To make use of RDMA capabilies on Hyper-V host virtual network adapters (vNICs) on a Hyper-V Virtual Switch that supports RDMA teaming, you can use these example Windows PowerShell commands.

New-VMSwitch -Name SETswitch -NetAdapterName "SLOT 2","SLOT 3" -EnableEmbeddedTeaming $true

ホスト vNICs の追加:Add host vNICs:

Add-VMNetworkAdapter -SwitchName SETswitch -Name SMB_1 -managementOS
Add-VMNetworkAdapter -SwitchName SETswitch -Name SMB_2 -managementOS

多くのスイッチでは、タグなしの VLAN トラフィックにトラフィッククラスの情報が渡されないため、RDMA のホストアダプターが Vlan 上にあることを確認してください。Many switches won't pass traffic class information on untagged VLAN traffic, so make sure that the host adapters for RDMA are on VLANs. この例では、2つの SMB_ * ホスト仮想アダプターを VLAN 42 に割り当てます。This example assigns the two SMB_* host virtual adapters to VLAN 42.

Set-VMNetworkAdapterIsolation -ManagementOS -VMNetworkAdapterName SMB_1  -IsolationMode VLAN -DefaultIsolationID 42
Set-VMNetworkAdapterIsolation -ManagementOS -VMNetworkAdapterName SMB_2  -IsolationMode VLAN -DefaultIsolationID 42

ホスト vNICs で RDMA を有効にする:Enable RDMA on Host vNICs:

Enable-NetAdapterRDMA "vEthernet (SMB_1)","vEthernet (SMB_2)" "SLOT 2", "SLOT 3"

RDMA 機能を確認します。機能が0以外であることを確認します。Verify RDMA capabilities; ensure that the capabilities are non-zero:

Get-NetAdapterRdma | fl *

スイッチが埋め込まれたチーミング (設定)Switch Embedded Teaming (SET)

このセクションでは、Windows Server 2016 のスイッチ埋め込みチーミング (SET) の概要について説明します。次のセクションが含まれています。This section provides an overview of Switch Embedded Teaming (SET) in Windows Server 2016, and contains the following sections.

セットの概要SET Overview

SET は、Hyper-v を含む環境で使用できる代替 NIC チーミングソリューションであり、 ( Windows Server 2016 でソフトウェアによって定義されたネットワーク SDN スタックを使用でき ) ます。SET is an alternative NIC Teaming solution that you can use in environments that include Hyper-V and the Software Defined Networking (SDN) stack in Windows Server 2016. セットは、HYPER-V 仮想スイッチにいくつかの NIC チーミング機能を統合します。SET integrates some NIC Teaming functionality into the Hyper-V Virtual Switch.

セットには、1 つまたは 8 物理イーサネット ネットワーク アダプター間で 1 つまたは複数のソフトウェア ベースの仮想ネットワーク アダプターにグループ化することができます。SET allows you to group between one and eight physical Ethernet network adapters into one or more software-based virtual network adapters. これらの仮想ネットワーク アダプターでは、高速なパフォーマンスとネットワーク アダプターに障害が発生した場合のフォールト トレランスを提供します。These virtual network adapters provide fast performance and fault tolerance in the event of a network adapter failure.

チームに配置する同じ物理的な HYPER-V ホスト上で、セットのメンバーのネットワーク アダプターをすべてにインストールする必要があります。SET member network adapters must all be installed in the same physical Hyper-V host to be placed in a team.

注意

セットの使用は Windows Server 2016 で HYPER-V 仮想スイッチでのみサポートされます。The use of SET is only supported in Hyper-V Virtual Switch in Windows Server 2016. Windows Server 2012 R2 のセットを展開することはできません。You cannot deploy SET in Windows Server 2012 R2 .

チーム化された Nic を同じ物理スイッチまたは異なる物理スイッチに接続できます。You can connect your teamed NICs to the same physical switch or to different physical switches. Nic を別々 のスイッチに接続する場合、同じサブネットに両方のスイッチを引き起こすことがあります。If you connect NICs to different switches, both switches must be on the same subnet.

次の図は、一連のアーキテクチャを示しています。The following illustration depicts SET architecture.

セット アーキテクチャ

セットは、HYPER-V 仮想スイッチに統合されているので、仮想マシン (VM) の内部セットを使用することはできません。Because SET is integrated into the Hyper-V Virtual Switch, you cannot use SET inside of a virtual machine (VM). Vm 内の NIC チーミングを使用すること、ただしします。You can, however use NIC Teaming within VMs.

詳細については、次を参照してください。 仮想マシン (Vm) での NIC チーミングします。For more information, see NIC Teaming in Virtual Machines (VMs).

さらに、一連のアーキテクチャは、チームのインターフェイスを公開しません。In addition, SET architecture does not expose team interfaces. 代わりに、HYPER-V 仮想スイッチ ポートを構成する必要があります。Instead, you must configure Hyper-V Virtual Switch ports.

セットの可用性SET Availability

セットは、Hyper-v ホストと SDN スタックを含む Windows Server 2016 のすべてのバージョンで使用できます。SET is available in all versions of Windows Server 2016 that include Hyper-V and the SDN stack. さらに、ツールがサポートされているクライアントのオペレーティング システムを実行しているリモート コンピューターからセットを管理するのに Windows PowerShell コマンドとリモート デスクトップ接続を使用することができます。In addition, you can use Windows PowerShell commands and Remote Desktop connections to manage SET from remote computers that are running a client operating system upon which the tools are supported.

セットのサポートされている NicSupported NICs for SET

Windows ( ) Server 2016 のセットチームで、Windows ハードウェア認定およびロゴの WHQL テストに合格したイーサネット NIC を使用できます。You can use any Ethernet NIC that has passed the Windows Hardware Qualification and Logo (WHQL) test in a SET team in Windows Server 2016. セットチームのメンバーであるすべてのネットワークアダプターが同一である必要があり ( ます。つまり、同じ製造元、同じモデル、同じファームウェア、およびドライバーである必要があり ) ます。SET requires that all network adapters that are members of a SET team must be identical (i.e., same manufacturer, same model, same firmware and driver). セットは、チーム内の 1 つまたは 8 のネットワーク アダプター間でサポートします。SET supports between one and eight network adapters in a team.

Windows Server ネットワーク テクノロジとの互換性を設定します。SET Compatibility with Windows Server Networking Technologies

セットは、Windows Server 2016 では、次のネットワーク テクノロジとの互換性です。SET is compatible with the following networking technologies in Windows Server 2016.

  • データセンターブリッジング ( DCB)Datacenter bridging (DCB)

  • Windows Server 2016 では HYPER-V ネットワーク仮想化 - NV GRE と VxLAN がサポートされます。Hyper-V Network Virtualization - NV-GRE and VxLAN are both supported in Windows Server 2016.

  • 受信側チェックサムのオフロード ( IPv4、IPv6、TCP ) -これらは、SET チームのメンバーがサポートしている場合にサポートされます。Receive-side Checksum offloads (IPv4, IPv6, TCP) - These are supported if any of the SET team members support them.

  • リモートダイレクトメモリアクセス ( RDMA)Remote Direct Memory Access (RDMA)

  • シングルルート i/o 仮想化 ( sr-iov)Single root I/O virtualization (SR-IOV)

  • 送信側のチェックサム ( は、IPv4、IPv6、TCP のオフロード ) に対応しています。これらは、すべての SET チームメンバーがサポートしている場合にサポートされます。Transmit-side Checksum offloads (IPv4, IPv6, TCP) - These are supported if all of the SET team members support them.

  • 仮想マシンキュー ( VMQ)Virtual Machine Queues (VMQ)

  • 仮想 Receive Side Scaling ( RSS)Virtual Receive Side Scaling (RSS)

SET は、Windows Server 2016 の次のネットワークテクノロジと互換性がありません。SET is not compatible with the following networking technologies in Windows Server 2016.

  • 802.1 x 認証。802.1X authentication. 802.1 x 拡張認証プロトコル ( EAP ) パケットは、セットのシナリオでは、Hyper-v 仮想スイッチによって自動的に削除され - ます。802.1X Extensible Authentication Protocol (EAP) packets are automatically dropped by Hyper-V Virtual Switch in SET scenarios.

  • IPsec タスクオフロード ( ipsecto ) 。IPsec Task Offload (IPsecTO). これは、ほとんどのネットワークアダプターではサポートされていないレガシテクノロジであり、存在する場合は既定で無効になっています。This is a legacy technology that is not supported by most network adapters, and where it does exist, it is disabled by default.

  • ( ) ホストまたはネイティブオペレーティングシステムでの QoSpacer.exeの使用。Using QoS (pacer.exe) in host or native operating systems. これらの QoS シナリオは Hyper-v のシナリオではないため、これら - のテクノロジは交差しません。These QoS scenarios are not Hyper-V scenarios, so the technologies do not intersect. また、QoS は使用できますが、既定では有効になっていません。 QoS を意図的に有効にする必要があります。In addition, QoS is available but not enabled by default - you must intentionally enable QoS.

  • 側合体 ( RSC ) を受信します。Receive side coalescing (RSC). RSC は、Hyper-v 仮想スイッチによって自動的に無効にされ - ます。RSC is automatically disabled by Hyper-V Virtual Switch.

  • Receive side scaling ( RSS ) 。Receive side scaling (RSS). Hyper-v では VMQ と VMMQ のキューが使用されるため、仮想スイッチを作成すると RSS は常に無効になります。Because Hyper-V uses the queues for VMQ and VMMQ, RSS is always disabled when you create a virtual switch.

  • TCP Chimney オフロード。TCP Chimney Offload. 既定では、このテクノロジは無効になっています。This technology is disabled by default.

  • 仮想マシン ( の qos VM-qos ) 。Virtual Machine QoS (VM-QoS). VM QoS は使用できますが、既定では無効になっています。VM QoS is available but disabled by default. SET 環境で VM の QoS を構成すると、QoS の設定によって予期しない結果が発生します。If you configure VM QoS in a SET environment, the QoS settings will cause unpredictable results.

セットのモードと設定SET Modes and Settings

NIC チーミングとは異なり、セット チームを作成するときに、チーム名インストールを構成することはできません。Unlike NIC Teaming, when you create a SET team, you cannot configure a team name. さらに、NIC チーミングでサポートされてスタンバイ アダプターを使用してはセットではサポートされていません。In addition, using a standby adapter is supported in NIC Teaming, but it is not supported in SET. セットを展開するときに、すべてのネットワーク アダプターがアクティブとスタンバイ モードでは [なし] です。When you deploy SET, all network adapters are active and none are in standby mode.

NIC チーミングとセットのもう 1 つ重要な違いは、NIC チーミングが提供する 3 つの異なるチーミング モードの選択のみセットをサポートしている スイッチに依存しない モードです。Another key difference between NIC Teaming and SET is that NIC Teaming provides the choice of three different teaming modes, while SET supports only Switch Independent mode. 独立したスイッチのモードでは、スイッチまたはスイッチの設定のチーム メンバーが接続されているセット チームの存在に対応していないし、チーム メンバーを設定するネットワーク トラフィックを分散する方法を特定できません - セット チームが一連のチーム メンバー間で受信ネットワーク トラフィックを分散する代わりに、します。With Switch Independent mode, the switch or switches to which the SET Team members are connected are unaware of the presence of the SET team and do not determine how to distribute network traffic to SET team members - instead, the SET team distributes inbound network traffic across the SET team members.

新しいセット チームを作成するときに、次のチームのプロパティを構成する必要があります。When you create a new SET team, you must configure the following team properties.

  • メンバーのアダプターMember adapters

  • 負荷分散モードLoad balancing mode

メンバーのアダプターMember adapters

セットのチームを作成する場合は、一連のチーム メンバーのアダプターとして、HYPER-V 仮想スイッチにバインドされている最大 8 つの同一のネットワーク アダプターを指定する必要があります。When you create a SET team, you must specify up to eight identical network adapters that are bound to the Hyper-V Virtual Switch as SET team member adapters.

負荷分散モードLoad Balancing mode

オプション セットをチームの負荷分散の分散モードは HYPER-V ポート動的 します。The options for SET team Load Balancing distribution mode are Hyper-V Port and Dynamic.

Hyper-v ポートHyper-V Port

Vm は、HYPER-V 仮想スイッチのポートに接続されます。VMs are connected to a port on the Hyper-V Virtual Switch. セット チームの HYPER-V ポートのモードを使用している場合、HYPER-V 仮想スイッチ ポートと関連付けられている MAC アドレスは、チーム メンバーのセット間のネットワーク トラフィックを分割に使用されます。When using Hyper-V Port mode for SET teams, the Hyper-V Virtual Switch port and the associated MAC address are used to divide network traffic between SET team members.

注意

パケット ダイレクトでは、チーミング モードと組み合わせてセットを使用すると スイッチに依存しない と負荷分散モード HYPER-V ポート が必要です。When you use SET in conjunction with Packet Direct, the teaming mode Switch Independent and the load balancing mode Hyper-V Port are required.

隣接するスイッチは、指定したポートで、特定の MAC アドレスを常には、あるため、スイッチは、MAC アドレスのポートに受信負荷 (ホストのスイッチのトラフィック) を配布します。Because the adjacent switch always sees a particular MAC address on a given port, the switch distributes the ingress load (the traffic from the switch to the host) to the port where the MAC address is located. これは特に便利ですバーチャル マシン キュー (VMQs) を使用している場合、キューは、トラフィックが到着する期待される場所で特定の NIC で配置できるためです。This is particularly useful when Virtual Machine Queues (VMQs) are used, because a queue can be placed on the specific NIC where the traffic is expected to arrive.

ただし、ホストにいくつかの Vm がある場合は、このモードはありませんな負荷分散を実現するために必要なレベルです。However, if the host has only a few VMs, this mode might not be granular enough to achieve a well-balanced distribution. このモードは、単一のインターフェイスで利用できる帯域幅を 1 つの VM (つまり、1 つのスイッチ ポートからのトラフィック) を常にも制限されます。This mode will also always limit a single VM (i.e., the traffic from a single switch port) to the bandwidth that is available on a single interface.

動的Dynamic

この負荷分散モードでは、次の利点を提供します。This load balancing mode provides the following advantages.

  • TCP ポートと IP アドレスのハッシュに基づいて、送信の負荷が分散されます。Outbound loads are distributed based on a hash of the TCP Ports and IP addresses. 動的モードもバランスが再調整負荷をリアルタイムに特定の送信フローは、チーム メンバーのセット間で双方向に移動できるようにします。Dynamic mode also re-balances loads in real time so that a given outbound flow can move back and forth between SET team members.

  • HYPER-V ポートのモードと同じ方法では、着信負荷が分散されます。Inbound loads are distributed in the same manner as the Hyper-V port mode.

このモードでの送信の負荷が flowlets の概念に基づいて動的に分散します。The outbound loads in this mode are dynamically balanced based on the concept of flowlets. 人間の音声認識に単語や文の末尾にある自然な改行がある場合と同様 TCP フロー (TCP 通信ストリーム) が自然に発生した中断もあります。Just as human speech has natural breaks at the ends of words and sentences, TCP flows (TCP communication streams) also have naturally occurring breaks. このような 2 つの区切りの間の TCP フローの一部を flowlet と呼びます。The portion of a TCP flow between two such breaks is referred to as a flowlet.

動的モード アルゴリズムは、十分な長さの中断が TCP フロー - で発生した場合などに flowlet 境界が検出されたことを検出すると、アルゴリズムで該当する場合は、別のチーム メンバーへの流れが自動的に再分散します。When the dynamic mode algorithm detects that a flowlet boundary has been encountered - for example when a break of sufficient length has occurred in the TCP flow - the algorithm automatically rebalances the flow to another team member if appropriate. 一般的でない状況によっては、アルゴリズム可能性があります、flowlets が含まれていないフローを再調整も定期的にします。In some uncommon circumstances, the algorithm might also periodically rebalance flows that do not contain any flowlets. このため、TCP フローとチーム メンバー間のアフィニティは動的な分散アルゴリズムは、チーム メンバーの作業負荷のバランスを取る動作いつでも変更できます。Because of this, the affinity between TCP flow and team member can change at any time as the dynamic balancing algorithm works to balance the workload of the team members.

セットと仮想マシン キュー (VMQs)SET and Virtual Machine Queues (VMQs)

VMQ と SET は連携して機能します。 Hyper-v を使用してを設定するときは常に VMQ を有効にする必要があります。VMQ and SET work well together, and you should enable VMQ whenever you are using Hyper-V and SET.

注意

チーム メンバーには、すべての設定で使用するキューの合計数は常に設定します。SET always presents the total number of queues that are available across all SET team members. NIC チーミングには、キューの合計モードこの呼び出されます。In NIC Teaming, this is called Sum-of-Queues mode.

ほとんどのネットワークアダプターには、Receive Side Scaling RSS または VMQ のいずれかに使用できるキューがありますが、両方を同時に使用することはでき ( ) ません。Most network adapters have queues that can be used for either Receive Side Scaling (RSS) or VMQ, but not both at the same time.

VMQ 設定の一部では、RSS のキューの設定に見えますが、どの機能によって RSS および VMQ の両方の使用は現在使用されている一般的なキューの設定で、実際には。Some VMQ settings appear to be settings for RSS queues but are really settings on the generic queues that both RSS and VMQ use depending on which feature is presently in use. 各 NIC の詳細プロパティには、との値が含ま *RssBaseProcNumber *MaxRssProcessors れます。Each NIC has, in its advanced properties, values for *RssBaseProcNumber and *MaxRssProcessors.

次に、システムパフォーマンスを向上させる VMQ 設定をいくつか示します。Following are a few VMQ settings that provide better system performance.

  • 各 NIC は2以上の偶数に設定するのが理想的です *RssBaseProcNumberIdeally each NIC should have the *RssBaseProcNumber set to an even number greater than or equal to two (2). これは、最初の物理プロセッサ (コア 0 ( 論理プロセッサ0および 1 ) ) が、通常はシステム処理のほとんどを行い、ネットワーク処理がこの物理プロセッサから切り離されているためです。This is because the first physical processor, Core 0 (logical processors 0 and 1), typically does most of the system processing so the network processing should be steered away from this physical processor.

注意

コンピューターのアーキテクチャによっては、物理プロセッサごとに2つの論理プロセッサが搭載されていないため、このようなコンピューターでは、ベースプロセッサは1以上にする必要があります。Some machine architectures don't have two logical processors per physical processor, so for such machines the base processor should be greater than or equal to 1. 確信が持てない場合は、ホストが物理プロセッサアーキテクチャごとに2つの論理プロセッサを使用していると仮定します。If in doubt, assume your host is using a 2 logical processor per physical processor architecture.

  • チームメンバーのプロセッサは、実用的で、重複していない程度にする必要があります。The team members' processors should be, to the extent that it's practical, non-overlapping. たとえば、 ( 2 10Gbps nic のチームを持つ4コアホスト8論理プロセッサでは、1つ目は ) 基本プロセッサ2を使用し、4コアを使用するように設定できます。2つ目は基本プロセッサ6を使用し、2つのコアを使用するように設定されます。For example, in a 4-core host (8 logical processors) with a team of 2 10Gbps NICs, you could set the first one to use base processor of 2 and to use 4 cores; the second would be set to use base processor 6 and use 2 cores.

SET と Hyper-v ネットワーク仮想化 ( hnv)SET and Hyper-V Network Virtualization (HNV)

セットは、Windows Server 2016 で HYPER-V ネットワーク仮想化の完全な互換性です。SET is fully compatible with Hyper-V Network Virtualization in Windows Server 2016. HNV の管理システムでは、HNV トラフィック用に最適化された方法でネットワーク トラフィックの負荷を配布する設定は、セットのドライバーに情報を提供します。The HNV management system provides information to the SET driver that allows SET to distribute the network traffic load in a manner that is optimized for the HNV traffic.

設定とライブ移行SET and Live Migration

ライブマイグレーションは、Windows Server 2016 でサポートされています。Live Migration is supported in Windows Server 2016.

転送されたパケットの MAC アドレスの使用MAC Address Use on Transmitted Packets

動的な負荷分散を使用してセットチームを構成すると、1つの VM などの1つのソースからのパケット ( ) は、同時に複数のチームメンバーに分散されます。When you configure a SET team with dynamic load distribution, the packets from a single source (such as a single VM) are simultaneously distributed across multiple team members.

スイッチが混同されないようにし、MAC フラッピングアラームを防止するために、を設定すると、ソースの MAC アドレスが、関連付けられたチームメンバー以外のチームメンバーで送信されるフレームの別の MAC アドレスに置き換えられます。To prevent the switches from getting confused and to prevent MAC flapping alarms, SET replaces the source MAC address with a different MAC address on the frames that are transmitted on team members other than the affinitized team member. このため、各チーム メンバーが別の MAC アドレスを使用して、MAC アドレスの競合はしない限り、エラーが発生したためにできませんでした。Because of this, each team member uses a different MAC address, and MAC address conflicts are prevented unless and until failure occurs.

プライマリ NIC で障害が検出されると、セットチーミングソフトウェアは、一時的な関連チームメンバーとして機能するように選択されたチームメンバー ( (vm のインターフェイスとしてスイッチに表示される) の vm の MAC アドレスを使用して開始 ) します。When a failure is detected on the primary NIC, the SET teaming software starts using the VM's MAC address on the team member that is chosen to serve as the temporary affinitized team member (i.e., the one that will now appear to the switch as the VM's interface).

この変更は、MAC アドレスをソースとして VM の MAC アドレスを持つ VM のアフィニティを設定したチーム メンバーに送信するとしたトラフィックのみに適用されます。This change only applies to traffic that was going to be sent on the VM's affinitized team member with the VM's own MAC address as its source MAC address. その他のトラフィックは、どのようなソースは、障害発生前に使用した MAC アドレスと送信されます。Other traffic continues to be sent with whatever source MAC address it would have used prior to the failure.

チームの構成方法に基づいて MAC アドレスの置き換え動作のチーム化のセットを記述する一覧を以下にします。Following are lists that describe SET teaming MAC address replacement behavior, based on how the team is configured:

  • HYPER-V ポート分布でスイッチに依存しないモードでIn Switch Independent mode with Hyper-V Port distribution

    • 各 vmSwitch ポートが、チーム メンバーに関連付けられますEvery vmSwitch port is affinitized to a team member

    • ポートが関連付けられ、そのチーム メンバーにすべてのパケットを送信します。Every packet is sent on the team member to which the port is affinitized

    • ソース MAC の置換は行われませんNo source MAC replacement is done

  • スイッチに依存しないモード動的配布とIn Switch Independent mode with Dynamic distribution

    • 各 vmSwitch ポートが、チーム メンバーに関連付けられますEvery vmSwitch port is affinitized to a team member

    • ARP/NS のすべてのパケットが、ポートが関連付けられ、そのチーム メンバーに送信されます。All ARP/NS packets are sent on the team member to which the port is affinitized

    • アフィニティを設定したチーム メンバーは、チーム メンバーに送信されるパケットがソース MAC アドレスの置き換えが行われますを持っていませんPackets sent on the team member that is the affinitized team member have no source MAC address replacement done

    • アフィニティを設定したチーム メンバー以外のチーム メンバーに送信されるパケットがソース MAC アドレスの置換が完了にはPackets sent on a team member other than the affinitized team member will have source MAC address replacement done

セット チームを管理します。Managing a SET team

System Center Virtual Machine Manager VMM を使用してセットチームを管理することをお勧めし ( ) ますが、Windows PowerShell を使用して設定を管理することもできます。It is recommended that you use System Center Virtual Machine Manager (VMM) to manage SET teams, however you can also use Windows PowerShell to manage SET. 次のセクションでは、Windows PowerShell コマンド セットの管理に使用できるを提供します。The following sections provide the Windows PowerShell commands that you can use to manage SET.

VMM を使用してセットチームを作成する方法の詳細については、「System Center VMM ライブラリ」トピックの「 論理スイッチのセットアップ」セクションを参照してください。For information on how to create a SET team using VMM, see the section "Set up a logical switch" in the System Center VMM library topic Create logical switches.

セットチームを作成するCreate a SET team

新しい-VMSwitch Windows PowerShell コマンドを使用して、Hyper-v 仮想スイッチを作成するときに、セットチームを作成する必要があります。You must create a SET team at the same time that you create the Hyper-V Virtual Switch by using the New-VMSwitch Windows PowerShell command.

Hyper-v 仮想スイッチを作成する場合は、コマンド構文に新しい EnableEmbeddedTeaming パラメーターを含める必要があります。When you create the Hyper-V Virtual Switch, you must include the new EnableEmbeddedTeaming parameter in your command syntax. 次の例では、埋め込みチーミングと2つの初期チームメンバーを含む Teamedvswitch という名前の hyper-v スイッチが作成されています。In the following example, a Hyper-V switch named TeamedvSwitch with embedded teaming and two initial team members is created.

New-VMSwitch -Name TeamedvSwitch -NetAdapterName "NIC 1","NIC 2" -EnableEmbeddedTeaming $true

EnableEmbeddedTeaming パラメーターは、 NetAdapterName の引数が1つの Nic ではなく nic の配列である場合に、Windows PowerShell によって想定されます。The EnableEmbeddedTeaming parameter is assumed by Windows PowerShell when the argument to NetAdapterName is an array of NICs instead of a single NIC. その結果、次のように前のコマンドを変更する可能性があります。As a result, you could revise the previous command in the following way.

New-VMSwitch -Name TeamedvSwitch -NetAdapterName "NIC 1","NIC 2"

作成する場合は、セットに対応したスイッチと 1 つのチーム メンバーは後で、チーム メンバーを追加できるように EnableEmbeddedTeaming パラメーターを使用する必要があります。If you want to create a SET-capable switch with a single team member so that you can add a team member at a later time, then you must use the EnableEmbeddedTeaming parameter.

New-VMSwitch -Name TeamedvSwitch -NetAdapterName "NIC 1" -EnableEmbeddedTeaming $true

追加または SET チーム メンバーを削除します。Adding or removing a SET team member

VMSwitchTeam コマンドには、 NetAdapterName オプションが含まれています。The Set-VMSwitchTeam command includes the NetAdapterName option. セットチーム内のチームメンバーを変更するには、 NetAdapterName オプションの後にチームメンバーの必要な一覧を入力します。To change the team members in a SET team, enter the desired list of team members after the NetAdapterName option. Teamedvswitch が最初に nic 1 と nic 2 で作成された場合、次のコマンド例では、set チームメンバー "nic 2" を削除し、新しいセットチームメンバー "nic 3" を追加します。If TeamedvSwitch was originally created with NIC 1 and NIC 2, then the following example command deletes SET team member "NIC 2" and adds new SET team member "NIC 3".

Set-VMSwitchTeam -Name TeamedvSwitch -NetAdapterName "NIC 1","NIC 3"

セットのチームを削除します。Removing a SET team

セットチームを削除できるのは、セットチームを含む Hyper-v 仮想スイッチを削除することだけです。You can remove a SET team only by removing the Hyper-V Virtual Switch that contains the SET team. Hyper-v 仮想スイッチを削除する方法については、「 remove-VMSwitch 」を参照してください。Use the topic Remove-VMSwitch for information on how to remove the Hyper-V Virtual Switch. 次の例では、 Setvswitch という名前の仮想スイッチを削除します。The following example removes a Virtual Switch named SETvSwitch.

Remove-VMSwitch "SETvSwitch"

セット チームの負荷分散アルゴリズムを変更します。Changing the load distribution algorithm for a SET team

VMSwitchTeam コマンドレットには、 LoadBalancingAlgorithm オプションがあります。The Set-VMSwitchTeam cmdlet has a LoadBalancingAlgorithm option. このオプションは、 Hypervport または Dynamic の2つの値のいずれかを使用します。This option takes one of two possible values: HyperVPort or Dynamic. を設定またはスイッチに組み込まれたチームの負荷分散アルゴリズムを変更するには、このオプションを使用します。To set or change the load distribution algorithm for a switch-embedded team, use this option.

次の例では、 Teamedvswitch という名前の VMSwitchTeam は、 動的 負荷分散アルゴリズムを使用しています。In the following example, the VMSwitchTeam named TeamedvSwitch uses the Dynamic load balancing algorithm.

Set-VMSwitchTeam -Name TeamedvSwitch -LoadBalancingAlgorithm Dynamic

物理チームメンバーへの仮想インターフェイスの関連付けAffinitizing virtual interfaces to physical team members

セットを使用すると、仮想インターフェイス ( (Hyper-v 仮想スイッチポート ) と、チーム内の物理 nic の1つ) の間にアフィニティを作成できます。SET allows you to create an affinity between a virtual interface (i.e., Hyper-V Virtual Switch port) and one of the physical NICs in the team.

たとえば、SMB ダイレクト用に2つのホスト vNICs を作成する場合、 - 「 SET と RDMA vnics を使用して Hyper-v 仮想スイッチを作成する」のセクションで、2つの vnics が異なるチームメンバーを使用するようにすることができます。For example, if you create two host vNICs for SMB-Direct, as in the section Create a Hyper-V Virtual Switch with SET and RDMA vNICs, you can ensure that the two vNICs use different team members.

このセクションのスクリプトにを追加すると、次の Windows PowerShell コマンドを使用できます。Adding to the script in that section, you can use the following Windows PowerShell commands.

Set-VMNetworkAdapterTeamMapping -VMNetworkAdapterName SMB_1 –ManagementOS –PhysicalNetAdapterName “SLOT 2”
Set-VMNetworkAdapterTeamMapping -VMNetworkAdapterName SMB_2 –ManagementOS –PhysicalNetAdapterName “SLOT 3”

このトピックの詳細については、「 Windows Server 2016 NIC And Switch Embedded チーミングユーザーガイド」の「4.2.5」セクションを参照してください。This topic is examined in more depth in section 4.2.5 of the Windows Server 2016 NIC and Switch Embedded Teaming User Guide.