Hyper-v 上の Linux および FreeBSD 仮想マシンの機能の説明Feature Descriptions for Linux and FreeBSD virtual machines on Hyper-V

適用対象: Windows Server 2016、Hyper-v Server 2016、Windows Server 2012 R2、Hyper-v Server 2012 R2、Windows Server 2012、Hyper-v Server 2012、Windows Server 2008 R2、Windows 10、Windows 8.1、windows 8、Windows 7.1、Windows 7。Applies To: Windows Server 2016, Hyper-V Server 2016, Windows Server 2012 R2, Hyper-V Server 2012 R2, Windows Server 2012, Hyper-V Server 2012, Windows Server 2008 R2, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7.1, Windows 7

この記事では、仮想マシンで Linux と FreeBSD を使用するときに、コア、ネットワーク、ストレージ、メモリなどのコンポーネントで使用できる機能について説明します。This article describes features available in components such as core, networking, storage, and memory when using Linux and FreeBSD on a virtual machine.

CoreCore

機能Feature 説明Description
統合シャットダウンIntegrated shutdown この機能を使用すると、管理者は Hyper-v マネージャーから仮想マシンをシャットダウンできます。With this feature, an administrator can shut down virtual machines from the Hyper-V Manager. 詳細については、「オペレーティングシステムのシャットダウン」を参照してください。For more information, see Operating system shutdown.
時刻の同期Time synchronization この機能により、仮想マシン内の保持されている時間は、ホストの維持される時間と同期された状態に保たれます。This feature ensures that the maintained time inside a virtual machine is kept synchronized with the maintained time on the host. 詳細については、「時刻の同期」を参照してください。For more information, see Time synchronization.
Windows Server 2016 の正確な時刻Windows Server 2016 Accurate Time この機能により、ゲストは Windows Server 2016 の正確な時刻機能を使用できるようになります。これにより、ホストとの時間の同期が1ミリ秒精度で向上します。This feature allows the guest to use the Windows Server 2016 Accurate Time capability, which improves time synchronization with the host to 1ms accuracy. 詳細については、「 Windows Server 2016 の正確な時間」を参照してください。For more information, see Windows Server 2016 Accurate Time
マルチプロセッシングのサポートMultiprocessing support この機能を使用すると、仮想マシンは複数の仮想 Cpu を構成することによって、ホスト上の複数のプロセッサを使用できます。With this feature, a virtual machine can use multiple processors on the host by configuring multiple virtual CPUs.
ハートビートHeartbeat この機能を使用すると、ホストは仮想マシンの状態を追跡できます。With this feature, the host to can track the state of the virtual machine. 詳細については、「ハートビート」を参照してください。For more information, see Heartbeat.
統合マウスサポートIntegrated mouse support この機能を使用すると、仮想マシンのデスクトップ上でマウスを使用し、Windows Server デスクトップと仮想マシンの Hyper-v コンソールの間でマウスをシームレスに使用することもできます。With this feature, you can use a mouse on a virtual machine's desktop and also use the mouse seamlessly between the Windows Server desktop and the Hyper-V console for the virtual machine.
Hyper-v 固有のストレージデバイスHyper-V specific Storage device この機能により、仮想マシンに接続されている記憶装置に高パフォーマンスのアクセスが許可されます。This feature grants high-performance access to storage devices that are attached to a virtual machine.
Hyper-v 固有のネットワークデバイスHyper-V specific Network device この機能により、仮想マシンに接続されているネットワークアダプターへの高パフォーマンスのアクセスが許可されます。This feature grants high-performance access to network adapters that are attached to a virtual machine.

ネットワークNetworking

機能Feature 説明Description
Jumbo FrameJumbo frames この機能を使用すると、管理者は1500バイトを超えてネットワークフレームのサイズを増やすことができ、ネットワークのパフォーマンスが大幅に向上します。With this feature, an administrator can increase the size of network frames beyond 1500 bytes, which leads to a significant increase in network performance.
VLAN のタグ付けとトランキングVLAN tagging and trunking この機能を使用すると、仮想マシンの仮想 LAN (VLAN) トラフィックを構成できます。This feature allows you to configure virtual LAN (VLAN) traffic for virtual machines.
ライブ マイグレーションLive Migration この機能を使用すると、1つのホストから別のホストにバーチャルマシンを移行できます。With this feature, you can migrate a virtual machine from one host to another host. 詳細については、「仮想マシンライブマイグレーションの概要」を参照してください。For more information, see Virtual Machine Live Migration Overview.
静的 IP インジェクションStatic IP Injection この機能を使用すると、別のホスト上のレプリカにフェールオーバーした後に、仮想マシンの静的 IP アドレスをレプリケートできます。With this feature, you can replicate the static IP address of a virtual machine after it has been failed over to its replica on a different host. このような IP レプリケーションでは、フェールオーバーイベントの後も、ネットワークワークロードがシームレスに動作し続けることが保証されます。Such IP replication ensures that network workloads continue to work seamlessly after a failover event.
vRSS (仮想 Receive Side Scaling)vRSS (Virtual Receive Side Scaling) 仮想ネットワークアダプターから仮想マシン内の複数の仮想プロセッサに負荷を分散します。詳細については、「 Windows Server 2012 R2 の仮想受信側のスケーリング」を参照してください。Spreads the load from a virtual network adapter across multiple virtual processors in a virtual machine.For more information, see Virtual Receive-side Scaling in Windows Server 2012 R2.
TCP セグメント化とチェックサムのオフロードTCP Segmentation and Checksum Offloads ネットワークデータ転送中に、ゲスト CPU からホスト仮想スイッチまたはネットワークアダプターに、セグメント化とチェックサム処理を転送します。Transfers segmentation and checksum work from the guest CPU to the host virtual switch or network adapter during network data transfers.
大規模なオフロード (LRO) が表示されます。Large Receive Offload (LRO) 複数のパケットを大きなバッファーに集約することで、高帯域幅接続の受信スループットを向上させることにより、CPU オーバーヘッドを削減します。Increases inbound throughput of high-bandwidth connections by aggregating multiple packets into a larger buffer, decreasing CPU overhead.
SR-IOVSR-IOV シングルルート i/o デバイスでは、DDA を使用して、ゲストが特定の NIC カードの一部にアクセスできるようにし、待機時間を短縮し、スループットを向上させることができます。Single Root I/O devices use DDA to allow guests access to portions of specific NIC cards allowing for reduced latency and increased throughput. Sr-iov には、ゲスト上のホストおよび仮想機能 (VF) ドライバーに最新の物理機能 (PF) ドライバーが必要です。SR-IOV requires up to date physical function (PF) drivers on the host and virtual function (VF) drivers on the guest.

ストレージStorage

機能Feature 説明Description
VHDX のサイズ変更VHDX resize この機能を使用すると、管理者は仮想マシンに接続されている固定サイズの .vhdx ファイルのサイズを変更できます。With this feature, an administrator can resize a fixed-size .vhdx file that is attached to a virtual machine. 詳細については、「オンライン仮想ハードディスクのサイズ変更の概要」を参照してください。For more information, see Online Virtual Hard Disk Resizing Overview.
仮想ファイバー チャネルVirtual Fibre Channel この機能により、仮想マシンはファイバーチャネルデバイスを認識し、ネイティブにマウントすることができます。With this feature, virtual machines can recognize a fiber channel device and mount it natively. 詳細については、「 Hyper-V 仮想ファイバー チャネルの概要」を参照してください。For more information, see Hyper-V Virtual Fibre Channel Overview.
仮想マシンのライブバックアップLive virtual machine backup この機能により、ライブ仮想マシンのバックアップをゼロダウンタイムで簡単に実行できます。This feature facilitates zero down time backup of live virtual machines.

仮想マシンに、サーバーメッセージブロック (SMB) 共有や iSCSI ボリュームなどのリモート記憶域でホストされている仮想ハードディスク (Vhd) がある場合、バックアップ操作が失敗することに注意してください。Note that the backup operation does not succeed if the virtual machine has virtual hard disks (VHDs) that are hosted on remote storage such as a Server Message Block (SMB) share or an iSCSI volume. また、バックアップ対象がバックアップするボリュームと同じボリューム上にないことを確認してください。Additionally, ensure that the backup target does not reside on the same volume as the volume that you back up.
トリムのサポートTRIM support TRIM ヒントは、以前に割り当てられた特定のセクターがアプリで不要になったため、削除できることをドライブに通知します。TRIM hints notify the drive that certain sectors that were previously allocated are no longer required by the app and can be purged. このプロセスは、通常、アプリがファイルを介して大きな領域を割り当てようとし、ファイルへの割り当てを (たとえば、仮想ハードディスクファイルに) 自己管理する場合に使用されます。This process is typically used when an app makes large space allocations via a file and then self-manages the allocations to the file, for example, to virtual hard disk files.
SCSI WWNSCSI WWN Storvsc ドライバーは、仮想マシンに接続されているデバイスのポートとノードからワールドワイド名 (WWN) 情報を抽出し、適切な sysfs ファイルを作成します。The storvsc driver extracts World Wide Name (WWN) information from the port and node of devices attached to the virtual machine and creates the appropriate sysfs files.

メモリMemory

機能Feature 説明Description
PAE カーネルサポートPAE Kernel Support 物理アドレス拡張 (PAE) テクノロジでは、32ビットカーネルが 4 GB を超える物理アドレス空間にアクセスできます。Physical Address Extension (PAE) technology allows a 32-bit kernel to access a physical address space that is larger than 4GB. RHEL 5.x などの古い Linux ディストリビューションでは、PAE が有効になっている別のカーネルを出荷するために使用されていました。Older Linux distributions such as RHEL 5.x used to ship a separate kernel that was PAE enabled. RHEL 6.x などの新しいディストリビューションには、事前に構築された PAE サポートがあります。Newer distributions such as RHEL 6.x have pre-built PAE support.
MMIO ギャップの構成Configuration of MMIO gap この機能を使用すると、アプライアンスの製造元は、メモリマップ i/o (MMIO) のギャップの場所を構成できます。With this feature, appliance manufacturers can configure the location of the Memory Mapped I/O (MMIO) gap. MMIO ギャップは通常、アプライアンスを十分な数のオペレーティングシステム (JeOS) と、アプライアンスを電源にする実際のソフトウェアインフラストラクチャの間で使用可能な物理メモリを分割するために使用されます。The MMIO gap is typically used to divide the available physical memory between an appliance's Just Enough Operating Systems (JeOS) and the actual software infrastructure that powers the appliance.
動的メモリでホット アドDynamic Memory - Hot-Add ホストは、操作中にバーチャルマシンが使用できるメモリの量を動的に増減できます。The host can dynamically increase or decrease the amount of memory available to a virtual machine while it is in operation. プロビジョニング前に、管理者は仮想マシンの [設定] パネルで動的メモリを有効にし、仮想マシンの起動メモリ、最小メモリ、最大メモリを指定します。Before provisioning, the Administrator enables Dynamic Memory in the Virtual Machine Settings panel and specify the Startup Memory, Minimum Memory, and Maximum Memory for the virtual machine. バーチャルマシンが動作中の場合動的メモリを無効にすることはできません。また、最小および最大の設定のみを変更できます。When the virtual machine is in operation Dynamic Memory cannot be disabled and only the Minimum and Maximum settings can be changed. (これらのメモリサイズは 128 MB の倍数として指定することをお勧めします)。(It is a best practice to specify these memory sizes as multiples of 128MB.)

仮想マシンが最初に起動されたときに、使用可能なメモリが起動メモリと同じになります。When the virtual machine is first started available memory is equal to the Startup Memory. アプリケーションのワークロードによってメモリの需要が増加するにつれて、Hyper-v では、そのバージョンのカーネルでサポートされている場合に、ホットアドのメカニズムを使用して仮想マシンにより多くのメモリを動的に割り当てることができます。As Memory Demand increases due to application workloads Hyper-V may dynamically allocate more memory to the virtual machine via the Hot-Add mechanism, if supported by that version of the kernel. 割り当てられるメモリの最大量は、最大メモリパラメーターの値によって制限されます。The maximum amount of memory allocated is capped by the value of the Maximum Memory parameter.

Hyper-v マネージャーの [メモリ] タブには、仮想マシンに割り当てられているメモリの量が表示されますが、仮想マシン内のメモリ統計には割り当てられたメモリの量が表示されます。The Memory tab of Hyper-V manager will display the amount of memory assigned to the virtual machine, but memory statistics within the virtual machine will show the highest amount of memory allocated.

詳細については、「 hyper-v 動的メモリの概要」を参照してください。For more information, see Hyper-V Dynamic Memory Overview.

動的メモリ - バルーニングDynamic Memory - Ballooning ホストは、操作中にバーチャルマシンが使用できるメモリの量を動的に増減できます。The host can dynamically increase or decrease the amount of memory available to a virtual machine while it is in operation. プロビジョニング前に、管理者は仮想マシンの [設定] パネルで動的メモリを有効にし、仮想マシンの起動メモリ、最小メモリ、最大メモリを指定します。Before provisioning, the Administrator enables Dynamic Memory in the Virtual Machine Settings panel and specify the Startup Memory, Minimum Memory, and Maximum Memory for the virtual machine. バーチャルマシンが動作中の場合動的メモリを無効にすることはできません。また、最小および最大の設定のみを変更できます。When the virtual machine is in operation Dynamic Memory cannot be disabled and only the Minimum and Maximum settings can be changed. (これらのメモリサイズは 128 MB の倍数として指定することをお勧めします)。(It is a best practice to specify these memory sizes as multiples of 128MB.)

仮想マシンが最初に起動されたときに、使用可能なメモリが起動メモリと同じになります。When the virtual machine is first started available memory is equal to the Startup Memory. アプリケーションのワークロードによってメモリの需要が増加するにつれて、Hyper-v はホットアドメカニズム (上記) を使用して、より多くのメモリを仮想マシンに動的に割り当てます。As Memory Demand increases due to application workloads Hyper-V may dynamically allocate more memory to the virtual machine via the Hot-Add mechanism (above). メモリの需要に応じて、Hyper-v はバルーンメカニズムを使用して仮想マシンからメモリを自動的にプロビジョニング解除する場合があります。As Memory Demand decreases Hyper-V may automatically deprovision memory from the virtual machine via the Balloon mechanism. Hyper-v は、最小メモリパラメーターの下にメモリをプロビジョニング解除しません。Hyper-V will not deprovision memory below the Minimum Memory parameter.

Hyper-v マネージャーの [メモリ] タブには、仮想マシンに割り当てられているメモリの量が表示されますが、仮想マシン内のメモリ統計には割り当てられたメモリの量が表示されます。The Memory tab of Hyper-V manager will display the amount of memory assigned to the virtual machine, but memory statistics within the virtual machine will show the highest amount of memory allocated.

詳細については、「 hyper-v 動的メモリの概要」を参照してください。For more information, see Hyper-V Dynamic Memory Overview.

ランタイムのメモリのサイズ変更Runtime Memory Resize 管理者は、バーチャルマシンの操作中に使用可能なメモリの量を設定できます。これには、メモリ ("ホットアド") を増やすか、メモリを小さくします ("ホット削除")。An administrator can set the amount of memory available to a virtual machine while it is in operation, either increasing memory ("Hot Add") or decreasing it ("Hot Remove"). メモリは、バルーンドライバーを使用して Hyper-v に返されます (動的メモリ「バルーニング」を参照してください)。Memory is returned to Hyper-V via the balloon driver (see "Dynamic Memory - Ballooning"). バルーンドライバーは、"floor" と呼ばれるバルーニングの後に最小の空きメモリ容量を保持します。したがって、割り当てられたメモリは、現在の需要とこのフロア金額の下に縮小することはできません。The balloon driver maintains a minimum amount of free memory after ballooning, called the "floor", so assigned memory cannot be reduced below the current demand plus this floor amount. Hyper-v マネージャーの [メモリ] タブには、仮想マシンに割り当てられているメモリの量が表示されますが、仮想マシン内のメモリ統計には割り当てられたメモリの量が表示されます。The Memory tab of Hyper-V manager will display the amount of memory assigned to the virtual machine, but memory statistics within the virtual machine will show the highest amount of memory allocated. (メモリ値は 128 MB の倍数として指定することをお勧めします)。(It is a best practice to specify memory values as multiples of 128MB.)

VideoVideo

機能Feature 説明Description
Hyper-v 固有のビデオデバイスHyper-V-specific video device この機能は、高パフォーマンスのグラフィックスと仮想マシンの優れた解像度を提供します。This feature provides high-performance graphics and superior resolution for virtual machines. このデバイスは、拡張セッションモードまたは RemoteFX 機能を提供していません。This device does not provide Enhanced Session Mode or RemoteFX capabilities.

その他Miscellaneous

機能Feature 説明Description
KVP (キーと値のペア) exchangeKVP (Key-Value pair) exchange この機能は、仮想マシンのキー/値ペア (KVP) exchange サービスを提供します。This feature provides a key/value pair (KVP) exchange service for virtual machines. 通常、管理者は KVP メカニズムを使用して、仮想マシンでのカスタムデータ操作の読み取りと書き込みを実行します。Typically administrators use the KVP mechanism to perform read and write custom data operations on a virtual machine. 詳細については、「データ交換: キーと値のペアを使用した hyper-v のホストとゲストの間での情報の共有」を参照してください。For more information, see Data Exchange: Using key-value pairs to share information between the host and guest on Hyper-V.
マスクなしの割り込みNon-Maskable Interrupt この機能を使用すると、管理者は非マスク割り込み (NMI) を仮想マシンに発行できます。With this feature, an administrator can issue Non-Maskable Interrupts (NMI) to a virtual machine. NMIs は、アプリケーションのバグによって応答しなくなったオペレーティングシステムのクラッシュダンプを取得する場合に役立ちます。NMIs are useful in obtaining crash dumps of operating systems that have become unresponsive due to application bugs. これらのクラッシュダンプは、再起動後に診断できます。These crash dumps can be diagnosed after you restart.
ホストからゲストへのファイルのコピーFile copy from host to guest この機能を使用すると、ネットワークアダプターを使用せずに、ホストの物理コンピューターからゲスト仮想マシンにファイルをコピーできます。This feature allows files to be copied from the host physical computer to the guest virtual machines without using the network adaptor. 詳細については、「ゲストサービス」を参照してください。For more information, see Guest services.
lsvmbus コマンドlsvmbus command このコマンドは、lspci などの情報コマンドと同様に、Hyper-v 仮想マシンバス (VMBus) 上のデバイスに関する情報を取得します。This command gets information about devices on the Hyper-V virtual machine bus (VMBus) similiar to information commands like lspci.
Hyper V ソケットHyper-V Sockets これは、ホストとゲストオペレーティングシステム間の追加の通信チャネルです。This is an additional communication channel between the host and guest operating system. Hyper-v ソケットカーネルモジュールを読み込んで使用するには、「独自の統合サービスを作成する」を参照してください。To load and use the Hyper-V Sockets kernel module, see Make your own integration services.
PCI パススルー/DDAPCI Passthrough/DDA Windows Server 2016 では、管理者は個別のデバイス割り当てメカニズムを使用して PCI Express デバイスを通過できます。With Windows Server 2016 administrators can pass through PCI Express devices via the Discrete Device Assignment mechanism. 一般的なデバイスは、ネットワークカード、グラフィックスカード、および特殊な記憶装置です。Common devices are network cards, graphics cards, and special storage devices. バーチャルマシンは、公開されたハードウェアを使用するために適切なドライバーを必要とします。The virtual machine will require the appropriate driver to use the exposed hardware. 使用するには、ハードウェアを仮想マシンに割り当てる必要があります。The hardware must be assigned to the virtual machine for it to be used.

詳細については、「個別のデバイスの割り当て-説明と背景」を参照してください。For more information, see Discrete Device Assignment - Description and Background.

DDA は、sr-iov ネットワークの前提条件です。DDA is a pre-requisite for SR-IOV networking. 仮想ポートは仮想マシンに割り当てる必要があり、仮想マシンはデバイスの多重化に適切な仮想機能 (VF) ドライバーを使用する必要があります。Virtual ports will need to be assigned to the virtual machine and the virtual machine must use the correct Virtual Function (VF) drivers for device multiplexing.

第 2 世代仮想マシンGeneration 2 virtual machines

機能Feature 説明Description
UEFI を使用したブートBoot using UEFI この機能により、Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) を使用して仮想マシンを起動できます。This feature allows virtual machines to boot using Unified Extensible Firmware Interface (UEFI).

詳細については、「 Generation 2 Virtual Machine Overview」を参照してください。For more information, see Generation 2 Virtual Machine Overview.
セキュアブートSecure boot この機能により、バーチャルマシンで UEFI ベースのセキュアブートモードを使用できるようになります。This feature allows virtual machines to use UEFI based secure boot mode. 仮想マシンを保護モードで起動すると、UEFI データストアに存在する署名を使用して、さまざまなオペレーティングシステムコンポーネントが検証されます。When a virtual machine is booted in secure mode, various operating system components are verified using signatures present in the UEFI data store.

詳細については、次を参照してください。 セキュア ブートします。For more information, see Secure Boot.

参照See Also