CentOS をサポートし、HYPER-V 上の Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンSupported CentOS and Red Hat Enterprise Linux virtual machines on Hyper-V

適用先:Windows Server 2016、Hyper-v Server 2016、Windows Server 2012 R2、Hyper-v Server 2012 R2、Windows Server 2012、Hyper-v Server の2012、Windows Server 2008 R2、Windows 10、Windows 8.1、windows 8、Windows 7.1、Windows 7Applies To: Windows Server 2016, Hyper-V Server 2016, Windows Server 2012 R2, Hyper-V Server 2012 R2, Windows Server 2012, Hyper-V Server 2012, Windows Server 2008 R2, Windows 10, Windows 8.1, Windows 8, Windows 7.1, Windows 7

次の機能の配布マップでは、Linux Integration Services の組み込みおよびダウンロード可能なバージョンに存在する機能を指定します。The following feature distribution maps indicate the features that are present in built-in and downloadable versions of Linux Integration Services. 既知の問題と各配布の回避策は、テーブルの後に一覧表示されます。The known issues and workarounds for each distribution are listed after the tables.

Hyper-v 用の組み込みの Red Hat Enterprise Linux Integration Services ドライバー (Red Hat Enterprise Linux 6.4 以降で使用可能) では、Hyper-v ホスト上の高パフォーマンスの統合デバイスを使用してゲストを実行する Red Hat Enterprise Linux のに十分な機能を備えています。これらの組み込みドライバーは、この用途で Red Hat によって認定されています。The built-in Red Hat Enterprise Linux Integration Services drivers for Hyper-V (available since Red Hat Enterprise Linux 6.4) are sufficient for Red Hat Enterprise Linux guests to run using the high performance synthetic devices on Hyper-V hosts.These built-in drivers are certified by Red Hat for this use. 認定された構成は、この Red Hat web ページで見ることができます。Red Hat 認定カタログCertified configurations can be viewed on this Red Hat web page: Red Hat Certification Catalog. Linux Integration Services パッケージを Microsoft ダウンロードセンターからダウンロードしてインストールする必要はありません。そのため、red Hat サポート技術情報の記事1067で説明されているように、Red Hat サポートが制限される可能性があります。Red Hatのサポート技術情報1067。It isn't necessary to download and install Linux Integration Services packages from the Microsoft Download Center, and doing so may limit your Red Hat support as described in Red Hat Knowledgebase article 1067: Red Hat Knowledgebase 1067.

組み込みの LIS サポートとダウンロード可能な LIS サポートの間の潜在的な競合が原因カーネルをアップグレードするときに自動更新を無効にする、LIS のダウンロード可能なパッケージをアンインストール、更新、カーネルの再起動と、最新の LIS を離すと、インストールや再起動再度します。Because of potential conflicts between the built-in LIS support and the downloadable LIS support when you upgrade the kernel, disable automatic updates, uninstall the LIS downloadable packages, update the kernel, reboot, and then install the latest LIS release, and reboot again.

注意

公式の Red Hat Enterprise Linux 認定情報は、 Red Hat カスタマーポータルから入手できます。Official Red Hat Enterprise Linux certification information is available through the Red Hat Customer Portal.

このセクションの内容In this section:

表の凡例Table legend

  • 組み込まれている に LIS がこの Linux ディストリビューションの一部として含まれています。Built in - LIS are included as part of this Linux distribution. 組み込みの LIS のカーネル モジュールのバージョン番号 (に示すように lsmod, 、たとえば) マイクロソフト提供の LIS のダウンロード パッケージにバージョン番号とは異なります。The kernel module version numbers for the built in LIS (as shown by lsmod, for example) are different from the version number on the Microsoft-provided LIS download package. 不一致では、組み込みの LIS の項目が古いことは示されません。A mismatch does not indicate that the built in LIS is out of date.

  • &#10004 です。の機能使用✔ - Feature available

  • (空白) の機能は使用できません(blank) - Feature not available

RHEL/CentOS 8. x シリーズRHEL/CentOS 8.x Series

機能Feature Windows Server のバージョンWindows Server version 8.08.0
可用性Availability
CoreCore 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Windows Server 2016 の正確な時刻Windows Server 2016 Accurate Time 2019、20162019, 2016
機能Networking
Jumbo FrameJumbo frames 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
VLAN のタグ付けとトランキングVLAN tagging and trunking 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
ライブ マイグレーションLive Migration 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
静的 IP インジェクションStatic IP Injection 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012 &#10004 です。注 2✔ Note 2
vRSSvRSS 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
TCP セグメント化とチェックサムのオフロードTCP Segmentation and Checksum Offloads 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
SR-IOVSR-IOV 2019、20162019, 2016
Storage
VHDX のサイズ変更VHDX resize 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
仮想ファイバー チャネルVirtual Fibre Channel 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2 &#10004 です。注 3✔ Note 3
仮想マシンのライブバックアップLive virtual machine backup 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2 &#10004 です。注 5✔ Note 5
トリムのサポートTRIM support 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
SCSI WWNSCSI WWN 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
Memory
PAE カーネルサポートPAE Kernel Support 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2 なしN/A
MMIO ギャップの構成Configuration of MMIO gap 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
動的メモリでホット アドDynamic Memory - Hot-Add 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012 &#10004 です。8、9、10 に注意してください。✔ Note 8, 9, 10
動的メモリ - バルーニングDynamic Memory - Ballooning 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012 &#10004 です。8、9、10 に注意してください。✔ Note 8, 9, 10
ランタイムのメモリのサイズ変更Runtime Memory Resize 2019、20162019, 2016
VideoVideo
Hyper-v 固有のビデオデバイスHyper-V-specific video device 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Miscellaneous
キーと値のペアKey-Value Pair 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
マスクなしの割り込みNon-Maskable Interrupt 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
ホストからゲストへのファイルのコピーFile copy from host to guest 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
lsvmbus コマンドlsvmbus command 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Hyper V ソケットHyper-V Sockets 2019、20162019, 2016
PCI パススルー/DDAPCI Passthrough/DDA 2019、20162019, 2016
第2世代仮想マシンGeneration 2 virtual machines
UEFI を使用したブートBoot using UEFI 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2 &#10004 です。注 14✔ Note 14
セキュアブートSecure boot 2019、20162019, 2016

RHEL/CentOS 7.x シリーズRHEL/CentOS 7.x Series

このシリーズでは、64 ビットのカーネルのみができます。This series only has 64-bit kernels.

機能Feature Windows Server のバージョンWindows Server version 7.5-7.67.5-7.6 7.3-7.47.3-7.4 7.0-7.27.0-7.2 7.5-7.67.5-7.6 7.47.4 7.37.3 7.27.2 7.17.1 7.07.0
可用性Availability LIS 4.3LIS 4.3 LIS 4.3LIS 4.3 LIS 4.3LIS 4.3 組み込まれています。Built in 組み込まれています。Built in 組み込まれています。Built in 組み込まれています。Built in 組み込まれています。Built in 組み込まれています。Built in
CoreCore 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Windows Server 2016 の正確な時刻Windows Server 2016 Accurate Time 2019、20162019, 2016
機能Networking
Jumbo FrameJumbo frames 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
VLAN のタグ付けとトランキングVLAN tagging and trunking 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
ライブ マイグレーションLive Migration 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
静的 IP インジェクションStatic IP Injection 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2
vRSSvRSS 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
TCP セグメント化とチェックサムのオフロードTCP Segmentation and Checksum Offloads 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
SR-IOVSR-IOV 2019、20162019, 2016
Storage
VHDX のサイズ変更VHDX resize 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
仮想ファイバー チャネルVirtual Fibre Channel 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3
仮想マシンのライブバックアップLive virtual machine backup 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2 &#10004 です。注 5✔ Note 5 &#10004 です。注 5✔ Note 5 &#10004 です。注 5✔ Note 5 &#10004 です。注 4、5✔ Note 4,5 &#10004 です。注 4、5✔ Note 4, 5 &#10004 です。注 4、5✔ Note 4, 5 &#10004 です。注 4、5✔ Note 4, 5 &#10004 です。注 4、5✔ Note 4, 5 &#10004 です。注 4、5✔ Note 4, 5
トリムのサポートTRIM support 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
SCSI WWNSCSI WWN 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
Memory
PAE カーネルサポートPAE Kernel Support 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2 なしN/A なしN/A なしN/A なしN/A なしN/A なしN/A なしN/A なしN/A なしN/A
MMIO ギャップの構成Configuration of MMIO gap 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
動的メモリでホット アドDynamic Memory - Hot-Add 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012 &#10004 です。8、9、10 に注意してください。✔ Note 8, 9, 10 &#10004 です。8、9、10 に注意してください。✔ Note 8, 9, 10 &#10004 です。8、9、10 に注意してください。✔ Note 8, 9, 10 &#10004 です。注 9、10✔ Note 9, 10 &#10004 です。注 9、10✔ Note 9, 10 &#10004 です。注 9、10✔ Note 9, 10 &#10004 です。注 9、10✔ Note 9, 10 &#10004 です。注 9、10✔ Note 9, 10 &#10004 です。8、9、10 に注意してください。✔ Note 8, 9, 10
動的メモリ - バルーニングDynamic Memory - Ballooning 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012 &#10004 です。8、9、10 に注意してください。✔ Note 8, 9, 10 &#10004 です。8、9、10 に注意してください。✔ Note 8, 9, 10 &#10004 です。8、9、10 に注意してください。✔ Note 8, 9, 10 &#10004 です。注 9、10✔ Note 9, 10 &#10004 です。注 9、10✔ Note 9, 10 &#10004 です。注 9、10✔ Note 9, 10 &#10004 です。注 9、10✔ Note 9, 10 &#10004 です。注 9、10✔ Note 9, 10 &#10004 です。8、9、10 に注意してください。✔ Note 8, 9, 10
ランタイムのメモリのサイズ変更Runtime Memory Resize 2019、20162019, 2016
VideoVideo
Hyper-v 固有のビデオデバイスHyper-V-specific video device 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Miscellaneous
キーと値のペアKey-Value Pair 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
マスクなしの割り込みNon-Maskable Interrupt 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
ホストからゲストへのファイルのコピーFile copy from host to guest 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
lsvmbus コマンドlsvmbus command 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Hyper V ソケットHyper-V Sockets 2019、20162019, 2016
PCI パススルー/DDAPCI Passthrough/DDA 2019、20162019, 2016
第2世代仮想マシンGeneration 2 virtual machines
UEFI を使用したブートBoot using UEFI 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2 &#10004 です。注 14✔ Note 14 &#10004 です。注 14✔ Note 14 &#10004 です。注 14✔ Note 14 &#10004 です。注 14✔ Note 14 &#10004 です。注 14✔ Note 14 &#10004 です。注 14✔ Note 14 &#10004 です。注 14✔ Note 14 &#10004 です。注 14✔ Note 14 &#10004 です。注 14✔ Note 14
セキュアブートSecure boot 2019、20162019, 2016

RHEL/CentOS 6.x シリーズRHEL/CentOS 6.x Series

この系列の 32 ビットのカーネルは、PAE を有効にします。The 32-bit kernel for this series is PAE enabled. RHEL/centos 6.0-6.3 LIS サポートされていません。There is no built-in LIS support for RHEL/CentOS 6.0-6.3.

機能Feature Windows Server のバージョンWindows Server version 6.7-6.106.7-6.10 6.4 ~ 6.66.4-6.6 6.0-6.36.0-6.3 6.10、6.9、6.86.10, 6.9, 6.8 6.6、6.76.6, 6.7 6.56.5 6.46.4
可用性Availability LIS 4.3LIS 4.3 LIS 4.3LIS 4.3 LIS 4.3LIS 4.3 組み込まれています。Built in 組み込まれています。Built in 組み込まれています。Built in 組み込まれています。Built in
CoreCore 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Windows Server 2016 の正確な時刻Windows Server 2016 Accurate Time 2019、20162019, 2016
機能Networking
Jumbo FrameJumbo frames 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
VLAN のタグ付けとトランキングVLAN tagging and trunking 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2 &#10004 です。注 1✔ Note 1 &#10004 です。注 1✔ Note 1 &#10004 です。注 1✔ Note 1 &#10004 です。注 1✔ Note 1 &#10004 です。注 1✔ Note 1 &#10004 です。注 1✔ Note 1 &#10004 です。注 1✔ Note 1
ライブ マイグレーションLive Migration 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
静的 IP インジェクションStatic IP Injection 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2
vRSSvRSS 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
TCP セグメント化とチェックサムのオフロードTCP Segmentation and Checksum Offloads 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
SR-IOVSR-IOV 2019、20162019, 2016
Storage
VHDX のサイズ変更VHDX resize 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
仮想ファイバー チャネルVirtual Fibre Channel 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3
仮想マシンのライブバックアップLive virtual machine backup 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2 &#10004 です。注 5✔ Note 5 &#10004 です。注 5✔ Note 5 &#10004 です。注 5✔ Note 5 &#10004 です。注 4、5✔ Note 4, 5 &#10004 です。注 4、5✔ Note 4, 5 &#10004 です。4, 5, 6 に注意してください。✔ Note 4, 5, 6 &#10004 です。4, 5, 6 に注意してください。✔ Note 4, 5, 6
トリムのサポートTRIM support 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
SCSI WWNSCSI WWN 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
Memory
PAE カーネルサポートPAE Kernel Support 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
MMIO ギャップの構成Configuration of MMIO gap 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
動的メモリでホット アドDynamic Memory - Hot-Add 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012 &#10004 です。7、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10 &#10004 です。7、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10 &#10004 です。7、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10 &#10004 です。7、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10 &#10004 です。7、8、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 8, 9, 10 &#10004 です。7、8、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 8, 9, 10
動的メモリ - バルーニングDynamic Memory - Ballooning 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012 &#10004 です。7、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10 &#10004 です。7、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10 &#10004 です。7、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10 &#10004 です。7、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10 &#10004 です。7、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10 &#10004 です。7、9、10 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10 &#10004 です。7、9、10、11 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10, 11
ランタイムのメモリのサイズ変更Runtime Memory Resize 2019、20162019, 2016
VideoVideo
Hyper-v 固有のビデオデバイスHyper-V-specific video device 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Miscellaneous
キーと値のペアKey-Value Pair 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2 &#10004 です。注 12✔ Note 12 &#10004 です。注 12✔ Note 12 &#10004 です。注 12、13✔ Note 12, 13 &#10004 です。注 12、13✔ Note 12, 13
マスクなしの割り込みNon-Maskable Interrupt 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
ホストからゲストへのファイルのコピーFile copy from host to guest 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
lsvmbus コマンドlsvmbus command 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Hyper V ソケットHyper-V Sockets 2019、20162019, 2016
PCI パススルー/DDAPCI Passthrough/DDA 2019、20162019, 2016
第2世代仮想マシンGeneration 2 virtual machines
UEFI を使用したブートBoot using UEFI 2012 R22012 R2
2019、20162019, 2016 &#10004 です。注 14✔ Note 14 &#10004 です。注 14✔ Note 14 &#10004 です。注 14✔ Note 14 &#10004 です。注 14✔ Note 14
セキュアブートSecure boot 2019、20162019, 2016

RHEL/CentOS 5.x シリーズRHEL/CentOS 5.x Series

この系列では、使用可能なサポートされている 32 ビット PAE カーネルを持っています。This series has a supported 32-bit PAE kernel available. 5.9 の前に、RHEL/CentOS 用 LIS サポートされていません。There is no built-in LIS support for RHEL/CentOS before 5.9.

機能Feature Windows Server のバージョンWindows Server version 5.2 ~ 5.115.2 -5.11 5.2 ~ 5.115.2-5.11 5.9 ~ 5.115.9 - 5.11
可用性Availability LIS 4.3LIS 4.3 LIS 4.1LIS 4.1 組み込まれています。Built in
CoreCore 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Windows Server 2016 の正確な時刻Windows Server 2016 Accurate Time 2019、20162019, 2016
機能Networking
Jumbo FrameJumbo frames 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
VLAN のタグ付けとトランキングVLAN tagging and trunking 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2 &#10004 です。注 1✔ Note 1 &#10004 です。注 1✔ Note 1 &#10004 です。注 1✔ Note 1
ライブ マイグレーションLive Migration 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
静的 IP インジェクションStatic IP Injection 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2 &#10004 です。注 2✔ Note 2
vRSSvRSS 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
TCP セグメント化とチェックサムのオフロードTCP Segmentation and Checksum Offloads 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
SR-IOVSR-IOV 2019、20162019, 2016
Storage
VHDX のサイズ変更VHDX resize 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
仮想ファイバー チャネルVirtual Fibre Channel 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2 &#10004 です。注 3✔ Note 3 &#10004 です。注 3✔ Note 3
仮想マシンのライブバックアップLive virtual machine backup 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2 ✔注 5、15✔ Note 5, 15 &#10004 です。注 5✔ Note 5 &#10004 です。4, 5, 6 に注意してください。✔ Note 4, 5, 6
トリムのサポートTRIM support 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
SCSI WWNSCSI WWN 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
Memory
PAE カーネルサポートPAE Kernel Support 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
MMIO ギャップの構成Configuration of MMIO gap 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
動的メモリでホット アドDynamic Memory - Hot-Add 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012
動的メモリ - バルーニングDynamic Memory - Ballooning 2019、2016、2012 R2、20122019, 2016, 2012 R2, 2012 &#10004 です。7、9、10、11 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10, 11 &#10004 です。7、9、10、11 に注意してください。✔ Note 7, 9, 10, 11
ランタイムのメモリのサイズ変更Runtime Memory Resize 2019、20162019, 2016
VideoVideo
Hyper-v 固有のビデオデバイスHyper-V-specific video device 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Miscellaneous
キーと値のペアKey-Value Pair 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
マスクなしの割り込みNon-Maskable Interrupt 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
ホストからゲストへのファイルのコピーFile copy from host to guest 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
lsvmbus コマンドlsvmbus command 2019、2016、2012 R2、2012、2008 R22019, 2016, 2012 R2, 2012, 2008 R2
Hyper V ソケットHyper-V Sockets 2019、20162019, 2016
PCI パススルー/DDAPCI Passthrough/DDA 2019、20162019, 2016
第2世代仮想マシンGeneration 2 virtual machines
UEFI を使用したブートBoot using UEFI 2019、2016、2012 R22019, 2016, 2012 R2
セキュアブートSecure boot 2019、20162019, 2016

メモNotes

  1. この RHEL/CentOS を離すと、動作をタグ付け VLAN が、VLAN トランクは使用できません。For this RHEL/CentOS release, VLAN tagging works but VLAN trunking does not.

  2. ネットワーク マネージャーは、仮想マシン上の特定の統合ネットワーク アダプターに対して構成されている場合、静的 IP インジェクションは機能しません。Static IP injection may not work if Network Manager has been configured for a given synthetic network adapter on the virtual machine. 静的 IP インジェクションの円滑に機能のことを確認して、ネットワーク マネージャーが入っていないか、完全にオフになっている特定のネットワーク アダプターの ifcfg ethX ファイルを使用してください。For smooth functioning of static IP injection please make sure that either Network Manager is either turned off completely or has been turned off for a specific network adapter through its ifcfg-ethX file.

  3. Windows Server 2012 R2 で仮想ファイバーチャネルデバイスを使用している場合は、論理ユニット番号 0 (LUN 0) が設定されていることを確認してください。On Windows Server 2012 R2 while using virtual fibre channel devices, make sure that logical unit number 0 (LUN 0) has been populated. LUN 0 が設定されていません Linux 仮想マシンは、ファイバー チャネル デバイスをネイティブにマウントすることができません。If LUN 0 has not been populated, a Linux virtual machine might not be able to mount fibre channel devices natively.

  4. ビルトイン LIS の場合、この機能のために "hyperv デーモン" パッケージをインストールする必要があります。For built-in LIS, the "hyperv-daemons" package must be installed for this functionality.

  5. バーチャル マシンのバックアップ操作中に、いくつかのコーナー ケースで開いているファイル ハンドルがある場合、バックアップされる Vhd は、ファイル システムの整合性チェック (fsck) を復元する必要があります。If there are open file handles during a live virtual machine backup operation, then in some corner cases, the backed-up VHDs might have to undergo a file system consistency check (fsck) on restore. ライブ バックアップ操作がエラーに何も行わずに、仮想マシンに接続された iSCSI デバイスまたは直接接続ストレージ (パススルー ディスクとも呼ばれます) がある場合。Live backup operations can fail silently if the virtual machine has an attached iSCSI device or direct-attached storage (also known as a pass-through disk).

  6. Linux Integration Services ダウンロードをお勧め、RHEL/CentOS 5.9 のバックアップのサポートをライブでを介して利用 5.11/6.4/6.5 も Linux 用の HYPER-V バックアップ Essentialsします。While the Linux Integration Services download is preferred, live backup support for RHEL/CentOS 5.9 - 5.11/6.4/6.5 is also available through Hyper-V Backup Essentials for Linux.

  7. 動的メモリのサポートは、64 ビット仮想マシンで使用できるのみです。Dynamic memory support is only available on 64-bit virtual machines.

  8. ホット アド サポートは、この配布に既定では無効です。Hot-Add support is not enabled by default in this distribution. ホット アド サポートを有効にするには、/etc/udev/rules.d/ 下にある udev ルールを次のように追加する必要があります。To enable Hot-Add support you need to add a udev rule under /etc/udev/rules.d/ as follows:

    1. ファイルを作成する /etc/udev/rules.d/100-balloon.rulesします。Create a file /etc/udev/rules.d/100-balloon.rules. ファイルの他の目的の名前を使用することがあります。You may use any other desired name for the file.

    2. 次の内容をファイルに追加します。 SUBSYSTEM=="memory", ACTION=="add", ATTR{state}="online"Add the following content to the file: SUBSYSTEM=="memory", ACTION=="add", ATTR{state}="online"

    3. ホット アド サポートを有効にするシステムを再起動します。Reboot the system to enable Hot-Add support.

    Linux Integration Services ダウンロードは、インストールでこのルールを作成するときに、ルールが削除されます LIS がアンインストールされると、ため、アンインストールの後に動的メモリが必要な場合は、ルールを再作成される必要があります。While the Linux Integration Services download creates this rule on installation, the rule is also removed when LIS is uninstalled, so the rule must be recreated if dynamic memory is needed after uninstallation.

  9. 動的メモリの操作は、ゲスト オペレーティング システムが不足している場合もメモリに失敗することができます。Dynamic memory operations can fail if the guest operating system is running too low on memory. ベスト プラクティスを次に示します。The following are some best practices:

    • 起動メモリと最小限のメモリは、ディストリビューションのベンダーが推奨されているメモリ量以上にする必要があります。Startup memory and minimal memory should be equal to or greater than the amount of memory that the distribution vendor recommends.

    • システム全体の利用可能なメモリを消費する傾向があるアプリケーションは、使用可能なメモリの最大 80% を消費してに制限されます。Applications that tend to consume the entire available memory on a system are limited to consuming up to 80 percent of available RAM.

  10. Windows Server 2016 または Windows Server 2012 R2 のオペレーティング システムを動的メモリを使用している場合は、指定 起動メモリ, 、最小メモリ, 、および 最大メモリ 128 mb の倍数でのパラメーターです。If you are using Dynamic Memory on a Windows Server 2016 or Windows Server 2012 R2 operating system, specify Startup memory, Minimum memory, and Maximum memory parameters in multiples of 128 megabytes (MB). そのためにはエラーがホット アドの障害につながるし、ゲスト オペレーティング システムのメモリが表示されない場合があります。Failure to do so can lead to hot-add failures, and you may not see any memory increase in a guest operating system.

  11. LIS 4.0 および 4.1 を使用しても含め、特定のディストリビューションはのみバルーニング サポートを提供し、ホット アド サポートを指定しません。Certain distributions, including those using LIS 4.0 and 4.1, only provide Ballooning support and do not provide Hot-Add support. このようなシナリオでは、スタートアップ メモリ パラメーターは、最大メモリ パラメーターと等しい値を設定して動的メモリ機能を使用できます。In such a scenario, the dynamic memory feature can be used by setting the Startup memory parameter to a value which is equal to the Maximum memory parameter. この結果、ホストのメモリ要件に応じて後で、ブート時に仮想マシンにホット追加をされているすべての必要なメモリとしてでは、HYPER-V 自由に割り当てるしたりバルーニングを使用してゲストのメモリの割り当てを解除できます。This results in all the requisite memory being Hot-Added to the virtual machine at boot time and then later depending upon the memory requirements of the host, Hyper-V can freely allocate or deallocate memory from the guest using Ballooning. 構成してください 起動メモリ最小メモリ 分布の推奨値以上にします。Please configure Startup Memory and Minimum Memory at or above the recommended value for the distribution.

  12. キー/値ペア (KVP) インフラストラクチャを有効にするには、RHEL ISO から hypervkvpd または hyperv デーモンの rpm パッケージをインストールします。To enable key/value pair (KVP) infrastructure, install the hypervkvpd or hyperv-daemons rpm package from your RHEL ISO. また、パッケージは、RHEL リポジトリから直接インストールできます。Alternatively the package can be installed directly from RHEL repositories.

  13. Linux ソフトウェア更新プログラムがないは、キー/値ペア (KVP) インフラストラクチャが正しく機能しない可能性があります。The key/value pair (KVP) infrastructure might not function correctly without a Linux software update. この機能の問題が確認された場合に、ソフトウェア更新プログラムを取得するディストリビューションのベンダーに問い合わせてください。Contact your distribution vendor to obtain the software update in case you see problems with this feature.

  14. Windows Server 2012 R2 第2世代仮想マシンでは、セキュアブートオプションが無効になっていない限り、既定でセキュアブートが有効になっており、一部の Linux 仮想マシンは起動しません。On Windows Server 2012 R2 Generation 2 virtual machines have secure boot enabled by default and some Linux virtual machines will not boot unless the secure boot option is disabled. セキュア ブートを無効にすることができます、 ファームウェア でバーチャル マシンの設定のセクション HYPER-V マネージャーで または Powershell を使用して無効にすることができます。You can disable secure boot in the Firmware section of the settings for the virtual machine in Hyper-V Manager or you can disable it using Powershell:

    Set-VMFirmware -VMName "VMname" -EnableSecureBoot Off
    

    Linux Integration Services ダウンロードは、世代 2 の既存の Vm に適用することができますが、第 2 世代の機能には影響しません。The Linux Integration Services download can be applied to existing Generation 2 VMs but does not impart Generation 2 capability.

  15. Red Hat Enterprise Linux または CentOS 5.2、5.3、5.4、filesystem 固定機能は使用できません、ためライブ仮想マシンのバックアップも使用できませんに。In Red Hat Enterprise Linux or CentOS 5.2, 5.3, and 5.4 the filesystem freeze functionality is not available, so Live Virtual Machine Backup is also not available.

関連項目See Also