実行中の数や、構成された仮想マシンがサポートされている制限内になければなりません

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016

ベスト プラクティスおよびスキャンの詳細については、「ベスト プラクティス アナライザー スキャンの実行とスキャン結果の管理」を参照してください。

プロパティ 詳細
オペレーティング システム Windows Server 2016
製品/機能 Hyper-V
Severity エラー
カテゴリ 構成

次のセクションでは、斜体は、この問題のためのベスト プラクティス アナライザー ツールで表示されるテキストを示します。

問題

多くの仮想マシンには、実行中またはサポートされているよりも構成されているです。

影響

Microsoft は、仮想マシンを実行しているか、このサーバーに構成の現在の数をサポートしていません。

解決方法

1 つまたは複数の仮想マシンを別のサーバーに移動します。

実行中の仮想マシンの数など、HYPER-V の最大のサポートされる構成の詳細については「 Windows Server 2016 での HYPER-V のスケーラビリティの計画します。

仮想マシンを別のサーバーに移動するには、次のことができます。

仮想マシンをエクスポートするには

重要

エクスポートする HYPER-V ホストをドメインに属している、リモートの場所にエクスポートされたファイルを格納する場合は、制約付き委任用 HYPER-V ホストを構成する必要があります。 リモートの場所は、共有ネットワーク フォルダーまたはにインポートしているホスト上のフォルダーにあります。 制約付き委任には、委任された資格情報でリモート コンピューターに共通インターネット ファイル システム (CIFS) サービスは、HYPER-V ホストのコンピューター アカウントことができます。 制約付き委任を構成する手順についてには、次のエクスポートを参照してくださいし、下手順についてをインポートします。

  1. Hyper-V マネージャーを開きます。 [スタート] ボタンをクリックし、[管理ツール] をポイントして [Hyper-V マネージャー] をクリックします。

  2. 結果ウィンドウで [ 仮想マシン, 、仮想マシンを右クリックし、 エクスポートします。

  3. 仮想マシンをエクスポート ダイアログ ボックスで、型、または仮想マシンのリソースのすべてを保存するための十分な空き容量がある場所を指定します。 仮想マシンをエクスポートする場合は、すべてのバーチャル ハード_ディスク (.vhd ファイルまたは .vhdx ファイル)、チェックポイント (.avhd ファイル)、および仮想マシンに関連付けられている保存された状態ファイルが、指定したフォルダーにコピーされます。

  4. [エクスポート] をクリックします。

仮想マシンをエクスポートした後は、他のサーバーに仮想マシンをインポートします。

仮想マシンを別のサーバーにインポートするには

  1. HYPER-V を実行しているサーバーに接続し、HYPER-V マネージャーを開きます。

  2. アクション ] ウィンドウで、をクリックして 仮想マシンのインポートします。

  3. 仮想マシンのインポート ] ダイアログ ボックスで、仮想マシンをエクスポートした場所を指定します。 この仮想マシンを再インポートする場合を除きはそのままインポート設定します。

  4. [インポート] をクリックします。

制約付き委任を構成するには

メンバーシップ、 Domain Administrators グループは、この手順を実行するために必要なです。

  1. Active Directory ドメイン サービス ツール機能がインストールになっているコンピューターで 管理ツール, 、開かれている Active Directory ユーザーとコンピューター, 、し、HYPER-V を実行しているコンピューターのコンピューター アカウントに移動します。

    注意

    [Active Directory ユーザーとコンピューター] がない場合は、Active Directory Domain Services ツール機能をインストールします。 手順については、AD DS 用のリモート サーバー管理ツールのインストール () に関するページを参照してください。

  2. HYPER-V を実行しているコンピューターのコンピューター アカウントを右クリックし、をクリックし、 プロパティします。

  3. [委任] タブで、[指定されたサービスへの委任でのみこのコンピューターを選択する] を選択してから、[認証プロトコルを使う] を選択します。

  4. HYPER-V コンピューター アカウントは、リモート コンピューターに委任された資格情報を表示するためには。

    1. [追加] をクリックします。

    2. サービスの追加 ダイアログ ボックスで、をクリックして ユーザーまたはコンピューター, をリモート コンピューターを選択してクリックして [ok]します。

    3. 利用可能なサービス ボックスの一覧で、 cifs プロトコル (サーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルとも呼ばれます) をクリックして 追加します。