HYPER-V で仮想マシンを作成します。Create a virtual machine in Hyper-V

適用対象: Windows 10、Windows Server 2016、Microsoft Hyper-V Server 2016、Windows Server 2019、Microsoft Hyper-V Server 2019Applies To: Windows 10, Windows Server 2016, Microsoft Hyper-V Server 2016, Windows Server 2019, Microsoft Hyper-V Server 2019

Hyper-v マネージャーと Windows PowerShell を使用して仮想マシンを作成する方法と、Hyper-v マネージャーで仮想マシンを作成するときのオプションについて説明します。Learn how to create a virtual machine by using Hyper-V Manager and Windows PowerShell and what options you have when you create a virtual machine in Hyper-V Manager.

Hyper-v マネージャーを使用して仮想マシンを作成するCreate a virtual machine by using Hyper-V Manager

  1. Hyper-v マネージャーを開きます。Open Hyper-V Manager.

  2. [ 操作 ] ウィンドウで [ 新規作成] をクリックし、[ 仮想マシン] をクリックします。From the Action pane, click New, and then click Virtual Machine.

  3. 仮想マシンの新規作成ウィザードで、[次へ] をクリックします。From the New Virtual Machine Wizard, click Next.

  4. 各ページで、仮想マシンに適切な選択を行います。Make the appropriate choices for your virtual machine on each of the pages. 詳細については、このトピックで後述する「 Hyper-v マネージャーでの新しい仮想マシンのオプションと既定値 」を参照してください。For more information, see New virtual machine options and defaults in Hyper-V Manager later in this topic.

  5. [ 概要 ] ページで選択内容を確認したら、[ 完了] をクリックします。After verifying your choices in the Summary page, click Finish.

  6. Hyper-v マネージャーで、仮想マシンを右クリックし、[ 接続] を選択します。In Hyper-V Manager, right-click the virtual machine and select connect.

  7. [仮想マシン接続] ウィンドウで、[アクションの開始] を選択し > Startます。In the Virtual Machine Connection window, select Action > Start.

Windows PowerShell を使用して仮想マシンを作成するCreate a virtual machine by using Windows PowerShell

  1. Windows デスクトップで [スタート] ボタンをクリックし、名前の一部を入力 Windows PowerShellします。On the Windows desktop, click the Start button and type any part of the name Windows PowerShell.

  2. [Windows PowerShell] を右クリックして [管理者として実行] を選択します。Right-click Windows PowerShell and select Run as administrator.

  3. Get VMSwitchを使用して、仮想マシンで使用する仮想スイッチの名前を取得します。Get the name of the virtual switch that you want the virtual machine to use by using Get-VMSwitch. たとえば、オブジェクトに適用されたFor example,

    Get-VMSwitch  * | Format-Table Name
    
  4. 仮想マシンを作成するには、 新しい VM コマンドレットを使用します。Use the New-VM cmdlet to create the virtual machine. 次の例を参照してください。See the following examples.

    注意

    この仮想マシンを Windows Server 2012 R2 を実行している Hyper-v ホストに移動する場合は、-Version パラメーターを New-VM と共に使用して、仮想マシンの構成バージョンを5に設定します。If you may move this virtual machine to a Hyper-V host that runs Windows Server 2012 R2, use the -Version parameter with New-VM to set the virtual machine configuration version to 5. Windows server 2016 の既定の仮想マシン構成バージョンは、Windows Server 2012 R2 以前のバージョンではサポートされていません。The default virtual machine configuration version for Windows Server 2016 isn't supported by Windows Server 2012 R2 or earlier versions. 仮想マシンの作成後に、仮想マシンの構成バージョンを変更することはできません。You can't change the virtual machine configuration version after the virtual machine is created. 詳細については、「 サポートされている仮想マシンの構成バージョン」を参照してください。For more information, see Supported virtual machine configuration versions.

    • 既存の仮想ハードディスク -既存の仮想ハードディスクを使用して仮想マシンを作成するには、次のコマンドを使用します。Existing virtual hard disk - To create a virtual machine with an existing virtual hard disk, you can use the following command where,

      • -Name は、作成する仮想マシンに対して指定する名前です。-Name is the name that you provide for the virtual machine that you're creating.

      • -MemoryStartupBytes は、起動時に仮想マシンが使用できるメモリの量です。-MemoryStartupBytes is the amount of memory that is available to the virtual machine at start up.

      • -BootDevice は、仮想マシンがネットワークアダプター (ネットワークアダプター) または仮想ハードディスク (VHD) のように起動したときに起動するデバイスです。-BootDevice is the device that the virtual machine boots to when it starts like the network adapter (NetworkAdapter) or virtual hard disk (VHD).

      • -VHDPath は、使用する仮想マシン ディスクへのパスです。-VHDPath is the path to the virtual machine disk that you want to use.

      • -Path は、仮想マシンの構成ファイルを格納しているパスです。-Path is the path to store the virtual machine configuration files.

      • -Generation は、仮想マシンの世代です。-Generation is the virtual machine generation. VHD の場合は第 1 世代、VHDX の場合は第 2 世代を使用します。Use generation 1 for VHD and generation 2 for VHDX. Hyper-v で第1世代または第2世代の仮想マシンを作成するには」を参照してください。See Should I create a generation 1 or 2 virtual machine in Hyper-V?.

      • -Switch は、他の仮想マシンやネットワークに接続するために仮想マシンで使用される仮想スイッチの名前です。-Switch is the name of the virtual switch that you want the virtual machine to use to connect to other virtual machines or the network. Hyper-v 仮想マシンの仮想スイッチを作成する」を参照してください。See Create a virtual switch for Hyper-V virtual machines.

        New-VM -Name <Name> -MemoryStartupBytes <Memory> -BootDevice <BootDevice> -VHDPath <VHDPath> -Path <Path> -Generation <Generation> -Switch <SwitchName>
        

        次に例を示します。For example:

        New-VM -Name Win10VM -MemoryStartupBytes 4GB -BootDevice VHD -VHDPath .\VMs\Win10.vhdx -Path .\VMData -Generation 2 -Switch ExternalSwitch
        

        これにより、4 GB のメモリを備えた Win10VM という名前の第2世代の仮想マシンが作成されます。This creates a generation 2 virtual machine named Win10VM with 4GB of memory. これは、現在のディレクトリの VMs\Win10.vhdx フォルダーから起動し、ExternalSwitch という名前の仮想スイッチを使用します。It boots from the folder VMs\Win10.vhdx in the current directory and uses the virtual switch named ExternalSwitch. 仮想マシンの構成ファイルは、VMData フォルダーに格納されます。The virtual machine configuration files are stored in the folder VMData.

    • 新しいバーチャルハードディスク -新しいバーチャルハードディスクを含むバーチャルマシンを作成するには、前の例の -VHDPath パラメーターを -NewVHDPath に置き換え、 -NewVHDSizeBytes パラメーターを追加します。New virtual hard disk - To create a virtual machine with a new virtual hard disk, replace the -VHDPath parameter from the example above with -NewVHDPath and add the -NewVHDSizeBytes parameter. たとえば、オブジェクトに適用されたFor example,

      New-VM -Name Win10VM -MemoryStartupBytes 4GB -BootDevice VHD -NewVHDPath .\VMs\Win10.vhdx -Path .\VMData -NewVHDSizeBytes 20GB -Generation 2 -Switch ExternalSwitch
      
    • オペレーティングシステムイメージを起動する新しい仮想ハードディスク -オペレーティングシステムイメージを起動する新しい仮想ディスクを使用して仮想マシンを作成するには、「 Windows 10 での hyper-v の仮想マシンの作成チュートリアル」の PowerShell の例を参照してください。New virtual hard disk that boots to operating system image - To create a virtual machine with a new virtual disk that boots to an operating system image, see the PowerShell example in Create virtual machine walkthrough for Hyper-V on Windows 10.

  5. VM の起動コマンドレットを使用して、仮想マシンを起動します。Start the virtual machine by using the Start-VM cmdlet. 次のコマンドレットを実行します。ここで、Name は、作成した仮想マシンの名前です。Run the following cmdlet where Name is the name of the virtual machine you created.

    Start-VM -Name <Name>
    

    次に例を示します。For example:

    Start-VM -Name Win10VM
    
  6. 仮想マシン接続 (VMConnect) を使用して仮想マシンに接続します。Connect to the virtual machine by using Virtual Machine Connection (VMConnect).

    VMConnect.exe
    

Hyper-v マネージャーの仮想マシンの新規作成ウィザードのオプションOptions in Hyper-V Manager New Virtual Machine Wizard

次の表に、Hyper-v マネージャーで仮想マシンを作成するときに選択できるオプションと、それぞれの既定値を示します。The following table lists the options you can pick when you create a virtual machine in Hyper-V Manager and the defaults for each.

PagePage Windows Server 2016 および Windows 10 の既定値Default for Windows Server 2016 and Windows 10 その他のオプションOther options
名前と場所の指定Specify Name and Location 名前: 新しい仮想マシン。Name: New Virtual Machine.

Location: **C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V \ **。Location: C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\.

また、独自の名前を入力し、仮想マシンの別の場所を選択することもできます。You can also enter your own name and choose another location for the virtual machine.

ここで、仮想マシンの構成ファイルが格納されます。This is where the virtual machine configuration files will be stored.

世代の指定Specify Generation 第 1 世代Generation 1 第2世代仮想マシンの作成を選択することもできます。You can also choose to create a Generation 2 virtual machine. 詳細については、「 hyper-v で第1世代または第2世代の仮想マシンを作成する必要がありますか? 」を参照してください。For more information, see Should I create a generation 1 or 2 virtual machine in Hyper-V?.
メモリの割り当てAssign Memory スタートアップメモリ: 1024 MBStartup memory: 1024 MB

動的メモリ: 選択されていませんDynamic memory: not selected

起動メモリを32MB から5902MB に設定できます。You can set the startup memory from 32MB to 5902MB.

動的メモリを使用するように選択することもできます。You can also choose to use Dynamic Memory. 詳細については、「 hyper-v 動的メモリの概要」を参照してください。For more information, see Hyper-V Dynamic Memory Overview.

ネットワークの構成Configure Networking [未接続]Not connected 既存の仮想スイッチの一覧から、使用する仮想マシンのネットワーク接続を選択できます。You can select a network connection for the virtual machine to use from a list of existing virtual switches. Hyper-v 仮想マシンの仮想スイッチを作成する」を参照してください。See Create a virtual switch for Hyper-V virtual machines.
仮想ハード ディスクの接続Connect Virtual Hard Disk 仮想ハード_ディスクを作成します。Create a virtual hard disk

名前: <vmname> .vhdxName: <vmname>.vhdx

場所: **C:\Users\Public\Documents\Hyper-V\Virtual ハードディスク \ **Location: C:\Users\Public\Documents\Hyper-V\Virtual Hard Disks\

サイズ: 127gbSize: 127GB

また、既存のバーチャルハードディスクを使用するか、後でバーチャルハードディスクを待機して接続するかを選択することもできます。You can also choose to use an existing virtual hard disk or wait and attach a virtual hard disk later.
インストール オプションInstallation Options 後でオペレーティングシステムをインストールするInstall an operating system later これらのオプションを使用すると、バーチャルマシンのブート順序が変更され、.iso ファイル、起動可能なフロッピーディスク、または Windows 展開サービス (WDS) などのネットワークインストールサービスからインストールできるようになります。These options change the boot order of the virtual machine so that you can install from an .iso file, bootable floppy disk or a network installation service, like Windows Deployment Services (WDS).
まとめSummary 選択したオプションが表示され、それらが正しいことを確認できます。Displays the options that you have chosen, so that you can verify they are correct.

- Name- Name
-生成- Generation
- メモリ- Memory
-ネットワーク- Network
-ハードディスク- Hard Disk
-オペレーティングシステム- Operating System

ヒント: ページから概要をコピーし、電子メールまたはその他の場所に貼り付けて、仮想マシンを追跡しやすくすることができます。Tip: You can copy the summary from the page and paste it into e-mail or somewhere else to help you keep track of your virtual machines.

その他の参照情報Additional References