HYPER-V 仮想マシン用の仮想スイッチを作成します。Create a virtual switch for Hyper-V virtual machines

適用対象: Windows 10、Windows Server 2016、Microsoft Hyper-V Server 2016、Windows Server 2019、Microsoft Hyper-V Server 2019Applies To: Windows 10, Windows Server 2016, Microsoft Hyper-V Server 2016, Windows Server 2019, Microsoft Hyper-V Server 2019

仮想スイッチを使用すると、Hyper-v ホスト上で作成された仮想マシンが他のコンピューターと通信できるようになります。A virtual switch allows virtual machines created on Hyper-V hosts to communicate with other computers. Windows Server に Hyper-v の役割を初めてインストールするときに、仮想スイッチを作成できます。You can create a virtual switch when you first install the Hyper-V role on Windows Server. 追加の仮想スイッチを作成するには、Hyper-v マネージャーまたは Windows PowerShell を使用します。To create additional virtual switches, use Hyper-V Manager or Windows PowerShell. 仮想スイッチの詳細については、「Hyper-V 仮想スイッチ」を参照してください。To learn more about virtual switches, see Hyper-V Virtual Switch.

仮想マシンネットワークは複雑なサブジェクトになることがあります。Virtual machine networking can be a complex subject. また、 スイッチ埋め込みチーミング (SET)と同様に、いくつかの新しい仮想スイッチ機能を使用することもできます。And there are several new virtual switch features that you may want to use like Switch Embedded Teaming (SET). しかし、基本的なネットワークはとても簡単です。But basic networking is fairly easy to do. このトピックでは、Hyper-v でネットワーク化された仮想マシンを作成できるように、十分に説明します。This topic covers just enough so that you can create networked virtual machines in Hyper-V. ネットワークインフラストラクチャをセットアップする方法の詳細については、 ネットワーク のドキュメントを参照してください。To learn more about how you can set up your networking infrastructure, review the Networking documentation.

Hyper-v マネージャーを使用して仮想スイッチを作成するCreate a virtual switch by using Hyper-V Manager

  1. Hyper-v マネージャーを開き、Hyper-v ホストコンピューター名を選択します。Open Hyper-V Manager, select the Hyper-V host computer name.

  2. [アクション] [ > 仮想スイッチマネージャー] を選択します。Select Action > Virtual Switch Manager.

    仮想スイッチマネージャー > メニューオプションアクションを示すスクリーンショット

  3. 目的の仮想スイッチの種類を選択します。Choose the type of virtual switch you want.

    接続の種類Connection type 説明Description
    外部External 外部ネットワーク上のサーバーおよびクライアントと通信するために、仮想マシンに物理ネットワークへのアクセスを提供します。Gives virtual machines access to a physical network to communicate with servers and clients on an external network. 同じ Hyper-v サーバー上の仮想マシンが相互に通信できるようにします。Allows virtual machines on the same Hyper-V server to communicate with each other.
    内部Internal 同じ Hyper-v サーバー上の仮想マシン間、および仮想マシンと管理ホストオペレーティングシステムの間の通信を許可します。Allows communication between virtual machines on the same Hyper-V server, and between the virtual machines and the management host operating system.
    PrivatePrivate では、同じ Hyper-v サーバー上の仮想マシン間の通信のみが許可されます。Only allows communication between virtual machines on the same Hyper-V server. プライベートネットワークは、Hyper-v サーバー上のすべての外部ネットワークトラフィックから分離されます。A private network is isolated from all external network traffic on the Hyper-V server. この種類のネットワークは、分離されたテストドメインのように、分離されたネットワーク環境を作成する必要がある場合に便利です。This type of network is useful when you must create an isolated networking environment, like an isolated test domain.
  4. [ 仮想スイッチの作成] を選択します。Select Create Virtual Switch.

  5. 仮想スイッチの名前を追加します。Add a name for the virtual switch.

  6. [外部] を選択した場合は、使用するネットワークアダプター (NIC) と、次の表に記載されているその他のオプションを選択します。If you select External, choose the network adapter (NIC) that you want to use and any other options described in the following table.

    外部ネットワークオプションを示すスクリーンショット

    設定の名前Setting name 説明Description
    管理オペレーティング システムにこのネットワーク アダプターの共有を許可するAllow management operating system to share this network adapter 仮想スイッチ、NIC、または NIC チームの使用を Hyper-v ホストが仮想マシンと共有できるようにする場合は、このオプションを選択します。Select this option if you want to allow the Hyper-V host to share the use of the virtual switch and NIC or NIC team with the virtual machine. これを有効にすると、ホストは、サービスの品質 (QoS) 設定、セキュリティ設定、または Hyper-v 仮想スイッチのその他の機能など、仮想スイッチに構成した設定のいずれかを使用できます。With this enabled, the host can use any of the settings that you configure for the virtual switch like Quality of Service (QoS) settings, security settings, or other features of the Hyper-V virtual switch.
    シングル ルート I/O 仮想化 (SR-IOV) を有効にするEnable single-root I/O virtualization (SR-IOV) このオプションは、仮想マシンのトラフィックが仮想マシンのスイッチをバイパスして物理 NIC に直接移動できるようにする場合にのみ選択します。Select this option only if you want to allow virtual machine traffic to bypass the virtual machine switch and go directly to the physical NIC. 詳細については、「ポスターネットワーク」の「ポスターの I/o 仮想化 」を参照してください。For more information, see Single-Root I/O Virtualization in the Poster Companion Reference: Hyper-V Networking.
  7. 管理 Hyper-v ホストオペレーティングシステムまたは同じ仮想スイッチを共有する他の仮想マシンからネットワークトラフィックを分離する場合は、[ 管理オペレーティングシステムの仮想 LAN id を有効にする] を選択します。If you want to isolate network traffic from the management Hyper-V host operating system or other virtual machines that share the same virtual switch, select Enable virtual LAN identification for management operating system. VLAN ID は任意の数に変更することも、既定のままにすることもできます。You can change the VLAN ID to any number or leave the default. これは、管理オペレーティングシステムがこの仮想スイッチ経由のすべてのネットワーク通信に使用する仮想 LAN 識別番号です。This is the virtual LAN identification number that the management operating system will use for all network communication through this virtual switch.

    VLAN ID オプションを示すスクリーンショット

  8. [OK] をクリックします。Click OK.

  9. [はい] をクリックします。Click Yes.

    "保留中の変更によりネットワーク接続が中断される可能性がある" というメッセージを示すスクリーンショット

Windows PowerShell を使用して仮想スイッチを作成するCreate a virtual switch by using Windows PowerShell

  1. Windows デスクトップで [スタート] ボタンをクリックし、名前の一部を入力 Windows PowerShellします。On the Windows desktop, click the Start button and type any part of the name Windows PowerShell.

  2. [Windows PowerShell] を右クリックし、[ 管理者として実行] を選択します。Right-click Windows PowerShell and select Run as Administrator.

  3. Get NetAdapterコマンドレットを実行して、既存のネットワークアダプターを検索します。Find existing network adapters by running the Get-NetAdapter cmdlet. 仮想スイッチに使用するネットワークアダプターの名前をメモしておきます。Make a note of the network adapter name that you want to use for the virtual switch.

    Get-NetAdapter
    
  4. 新しい-VMSwitchコマンドレットを使用して仮想スイッチを作成します。Create a virtual switch by using the New-VMSwitch cmdlet. たとえば、ExternalSwitch という名前の外部仮想スイッチを作成し、イーサネットネットワークアダプターを使用して、[ 管理オペレーティングシステムによるこのネットワークアダプターの共有を許可する ] がオンになっている場合は、次のコマンドを実行します。For example, to create an external virtual switch named ExternalSwitch, using the ethernet network adapter, and with Allow management operating system to share this network adapter turned on, run the following command.

    New-VMSwitch -name ExternalSwitch  -NetAdapterName Ethernet -AllowManagementOS $true
    

    内部スイッチを作成するには、次のコマンドを実行します。To create an internal switch, run the following command.

    New-VMSwitch -name InternalSwitch -SwitchType Internal
    

    プライベートスイッチを作成するには、次のコマンドを実行します。To create an private switch, run the following command.

    New-VMSwitch -name PrivateSwitch -SwitchType Private
    

Windows Server 2016 の強化されたまたは新しい仮想スイッチ機能をカバーする、より高度な Windows PowerShell スクリプトについては、「 リモートダイレクトメモリアクセスとスイッチ埋め込みチーミング」を参照してください。For more advanced Windows PowerShell scripts that cover improved or new virtual switch features in Windows Server 2016, see Remote Direct Memory Access and Switch Embedded Teaming.

次の手順Next step

HYPER-V で仮想マシンを作成します。Create a virtual machine in Hyper-V