生成とゲストでの HYPER-V 機能の互換性

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016

この記事の表では、ジェネレーションといくつかのカテゴリごとにグループ化、HYPER-V の機能と互換性があるオペレーティング システムを説明します。 一般に、最も新しいオペレーティング システムを実行している第 2 世代仮想マシンの機能の最高レベルの可用性が得られます。

一部の機能は、ハードウェアやその他のインフラストラクチャに依存することに留意してください。 ハードウェアの詳細については、「Hyper-V on Windows Server 2016」を参照してください。 場合によっては、そのサポート対象のゲスト オペレーティング システム搭載の機能を使用できます。 詳細についてはオペレーティング システムがサポートされているを参照してください。

可用性とバックアップ

機能 Generation ゲスト オペレーティング システム
チェックポイント 1 と 2 任意のサポートされているゲスト
ゲスト クラスタ リング 1 と 2 クラスター対応アプリケーションを実行し、iSCSI ターゲット ソフトウェアがインストールされているゲスト
レプリケーション 1 と 2 任意のサポートされているゲスト
ドメイン コントローラー 1 と 2 実稼働チェックポイントWindows使用して、サーバー ゲストでサポートされている場合。 「Supported Windows Server ゲスト オペレーティング システム」を参照してください。

Compute

機能 Generation ゲスト オペレーティング システム
動的メモリ 1 と 2 サポートされているゲストの特定のバージョン。 参照してください HYPER-V 動的メモリの概要 の Windows Server 2016 および Windows 10 より前のバージョン。
ホット追加/削除のメモリ 1 と 2 Windows Server 2016 の場合は Windows 10
仮想 NUMA 1 と 2 任意のサポートされているゲスト

開発およびテスト

機能 Generation ゲスト オペレーティング システム
COM/シリアル ポート 1 と 2
注: ジェネレーション 2 の場合は、Windows PowerShell を使用して構成します。 詳細については、「カーネル デバッグ 用の COM ポートを追加する」を参照してください
任意のサポートされているゲスト

可動性

機能 Generation ゲスト オペレーティング システム
ライブ マイグレーション 1 と 2 任意のサポートされているゲスト
インポート/エクスポート 1 と 2 任意のサポートされているゲスト

ネットワーク

機能 Generation ゲスト オペレーティング システム
ホット追加/削除の仮想ネットワーク アダプター 2 任意のサポートされているゲスト
従来の仮想ネットワーク アダプター 1 任意のサポートされているゲスト
単一ルート入出力仮想化 (SR-IOV) 1 と 2 64 ビット Windows ゲストを Windows Server 2012 および Windows 8 で開始します。
バーチャル マシンの複数のキュー (VMMQ) 1 と 2 任意のサポートされているゲスト

リモート接続エクスペリエンス

機能 Generation ゲスト オペレーティング システム
個別のデバイスの割り当て (DDA) 1 と 2 Windows Server 2016 では、Windows Server 2012 R2 Update 3133690 でのみのインストール、Windows 10
注: 3133690 の更新プログラムの詳細については、「 この サポートの記事です。
拡張セッション モード 1 と 2 Windows Server 2016 R2、Windows Server 2012、Windows 10、Windows 8.1を有効リモート デスクトップ サービス
: も、ホストを構成する必要があります。 詳細については、「 VMConnect を使って HYPER-V 仮想マシンに使用するローカル リソースします。
RemoteFx 1 と 2 32 ビットおよび 64 ビット バージョンの Windows で Windows 8 以降では 1 を生成します。
64 ビットの Windows 10 バージョンに第 2 世代

セキュリティ

機能 Generation ゲスト オペレーティング システム
セキュア ブート 2 Linux: Ubuntu 14.04 およびそれ以降、SUSE Linux Enterprise Server 12 と以降では、Red Hat Enterprise Linux 7.0 およびその後、および CentOS 7.0 以降
Windows: サポートされているすべての第 2 世代仮想マシンで実行できるバージョン
シールドされた仮想マシン 2 Windows: サポートされているすべての第 2 世代仮想マシンで実行できるバージョン

記憶域

機能 Generation ゲスト オペレーティング システム
共有仮想ハード_ディスク (VHDX のみ) 1 と 2 Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012
SMB3 1 と 2 SMB3 をサポートするものすべて
記憶域スペース ダイレクト 2 Windows Server 2016
仮想ファイバー チャネル 1 と 2 Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012
VHDX 形式 1 と 2 任意のサポートされているゲスト