Hyper-v ハイパーバイザーのスケジューラの種類の管理Managing Hyper-V hypervisor scheduler types

適用対象: Windows 10、Windows Server 2016、Windows Server、バージョン1709、Windows Server、バージョン1803、Windows Server 2019Applies To: Windows 10, Windows Server 2016, Windows Server, version 1709, Windows Server, version 1803, Windows Server 2019

この記事では、Windows Server 2016 で初めて導入された仮想プロセッサスケジューリングロジックの新しいモードについて説明します。This article describes new modes of virtual processor scheduling logic first introduced in Windows Server 2016. これらのモードまたはスケジューラの種類によって、Hyper-v ハイパーバイザーがゲスト仮想プロセッサ間での作業の割り当てと管理を行う方法が決まります。These modes, or scheduler types, determine how the Hyper-V hypervisor allocates and manages work across guest virtual processors. Hyper-v ホスト管理者は、ゲスト仮想マシン (Vm) に最適なハイパーバイザースケジューラの種類を選択し、スケジュールロジックを利用するように Vm を構成できます。A Hyper-V host administrator can select hypervisor scheduler types that are best suited for the guest virtual machines (VMs) and configure the VMs to take advantage of the scheduling logic.

注意

このドキュメントで説明されているハイパーバイザースケジューラ機能を使用するには、更新プログラムが必要です。Updates are required to use the hypervisor scheduler features described in this document. 詳細については、「 必須の更新プログラム」を参照してください。For details, see Required updates.

バックグラウンドBackground

Hyper-v 仮想プロセッサスケジュールの背後にあるロジックと制御について説明する前に、この記事で説明されている基本的な概念を確認することをお勧めします。Before discussing the logic and controls behind Hyper-V virtual processor scheduling, it's helpful to review the basic concepts covered in this article.

SMT についてUnderstanding SMT

同時マルチスレッド (SMT) は、プロセッサのリソースを個別の独立した実行スレッドで共有できるようにする、最新のプロセッサ設計で使用される手法です。Simultaneous multithreading, or SMT, is a technique utilized in modern processor designs that allows the processor's resources to be shared by separate, independent execution threads. SMT は、一般に、可能な場合に計算を並列化することで、ほとんどのワークロードに対して適度なパフォーマンスを実現します。また、命令のスループットは向上しますが、共有プロセッサリソースのスレッド間の競合が発生した場合にパフォーマンスがわずかに低下する可能性があります。SMT generally offers a modest performance boost to most workloads by parallelizing computations when possible, increasing instruction throughput, though no performance gain or even a slight loss in performance may occur when contention between threads for shared processor resources occurs. SMT をサポートするプロセッサは、Intel と AMD の両方から使用できます。Processors supporting SMT are available from both Intel and AMD. Intel は、Intel ハイパースレッディングテクノロジ (intel HT) として、SMT 製品を指します。Intel refers to their SMT offerings as Intel Hyper Threading Technology, or Intel HT.

この記事では、SMT の説明と Hyper-v での使用方法について、Intel と AMD の両方のシステムに均等に適用します。For the purposes of this article, the descriptions of SMT and how it is utilized by Hyper-V apply equally to both Intel and AMD systems.

Hyper-v がプロセッサを仮想化するしくみについてUnderstanding how Hyper-V virtualizes processors

ハイパーバイザースケジューラの種類を検討する前に、Hyper-v アーキテクチャについて理解しておくことも役立ちます。Before considering hypervisor scheduler types, it's also helpful to understand the Hyper-V architecture. 一般的な概要については、 「Hyper-v テクノロジの概要」を参照してください。You can find a general summary in Hyper-V Technology Overview. この記事の重要な概念は次のとおりです。These are important concepts for this article:

  • Hyper-v は、ハイパーバイザーの制御下で、コンピューティングリソースが割り当てられ共有される仮想マシンパーティションを作成して管理します。Hyper-V creates and manages virtual machine partitions, across which compute resources are allocated and shared, under control of the hypervisor. パーティションは、すべてのゲスト仮想マシン間、およびゲスト Vm とルートパーティションの間に強力な分離境界を提供します。Partitions provide strong isolation boundaries between all guest virtual machines, and between guest VMs and the root partition.

  • ルートパーティション自体は仮想マシンパーティションですが、一意のプロパティと、ゲスト仮想マシンよりもはるかに高い特権があります。The root partition is itself a virtual machine partition, although it has unique properties and much greater privileges than guest virtual machines. ルートパーティションは、すべてのゲスト仮想マシンを制御し、ゲストの仮想デバイスのサポートを提供し、ゲスト仮想マシンのすべてのデバイス i/o を管理する管理サービスを提供します。The root partition provides the management services that control all guest virtual machines, provides virtual device support for guests, and manages all device I/O for guest virtual machines. ルートパーティションでは、アプリケーションのワークロードを実行しないことを強くお勧めします。Microsoft strongly recommends not running any application workloads in the root partition.

  • ルートパーティションの各仮想プロセッサ (VP) は、1:1 を基になる論理プロセッサ (LP) にマップされます。Each virtual processor (VP) of the root partition is mapped 1:1 to an underlying logical processor (LP). ホスト VP は、常に同じ基になる LP で実行されます。ルートパーティションの VPs は移行されません。A host VP always runs on the same underlying LP – there is no migration of the root partition's VPs.

  • 既定では、ホスト VPs を実行する LPs でも、ゲスト VPs を実行できます。By default, the LPs on which host VPs run can also run guest VPs.

  • ゲスト副社長は、使用可能な任意の論理プロセッサ上で実行するようにハイパーバイザーによってスケジュールされる場合があります。A guest VP may be scheduled by the hypervisor to run on any available logical processor. ハイパーバイザースケジューラは、テンポラルキャッシュの局所性、NUMA トポロジ、およびゲスト VP をスケジュールする際のその他の多くの要因を考慮する必要がありますが、最終的には、どのホスト LP でも VP をスケジュールすることができます。While the hypervisor scheduler takes care to consider temporal cache locality, NUMA topology, and many other factors when scheduling a guest VP, ultimately the VP could be scheduled on any host LP.

ハイパーバイザースケジューラの種類Hypervisor scheduler types

Windows Server 2016 以降では、Hyper-v ハイパーバイザーは、ハイパーバイザーが基になる論理プロセッサの仮想プロセッサをスケジュールする方法を決定する、スケジューラロジックのいくつかのモードをサポートしています。Starting with Windows Server 2016, the Hyper-V hypervisor supports several modes of scheduler logic, which determine how the hypervisor schedules virtual processors on the underlying logical processors. これらのスケジューラの種類は次のとおりです。These scheduler types are:

クラシックスケジューラThe classic scheduler

クラシックスケジューラは、windows Server 2016 Hyper-v を含む、Windows Hyper-v ハイパーバイザーの開始以降のすべてのバージョンに対して既定の設定になっています。The classic scheduler has been the default for all versions of the Windows Hyper-V hypervisor since its inception, including Windows Server 2016 Hyper-V. クラシックスケジューラは、ゲスト仮想プロセッサに対してフェアシェアのプリエンプティブなラウンドロビンスケジューリングモデルを提供します。The classic scheduler provides a fair share, preemptive round- robin scheduling model for guest virtual processors.

従来のスケジューラの種類は、プライベートクラウドやホスティングプロバイダーなどに使用される従来の Hyper-v の大部分に最も適しています。The classic scheduler type is the most appropriate for the vast majority of traditional Hyper-V uses – for private clouds, hosting providers, and so on. パフォーマンス特性はよく理解されており、VPs から LPs へのクロスサブスクリプション、多数の異種 Vm とワークロードを同時に実行する、大規模な高パフォーマンス Vm を実行する、制限のない Hyper-v の完全な機能セットをサポートするなど、さまざまな仮想化シナリオをサポートするために最適に最適化されています。The performance characteristics are well understood and are best optimized to support a wide range of virtualization scenarios, such as over-subscription of VPs to LPs, running many heterogeneous VMs and workloads simultaneously, running larger scale high performance VMs, supporting the full feature set of Hyper-V without restrictions, and more.

コアスケジューラThe core scheduler

ハイパーバイザーコアスケジューラは、Windows Server 2016 および Windows 10 バージョン1607で導入された従来のスケジューラロジックに代わる新しい手段です。The hypervisor core scheduler is a new alternative to the classic scheduler logic, introduced in Windows Server 2016 and Windows 10 version 1607. コアスケジューラは、ゲストワークロードの分離に強力なセキュリティ境界を提供し、SMT が有効な仮想化ホスト上で実行されている Vm 内のワークロードのパフォーマンスの変動を軽減します。The core scheduler offers a strong security boundary for guest workload isolation, and reduced performance variability for workloads inside of VMs that are running on an SMT-enabled virtualization host. コアスケジューラを使用すると、smt と SMT 以外の仮想マシンの両方を同じ SMT 対応仮想化ホスト上で同時に実行できます。The core scheduler allows running both SMT and non-SMT virtual machines simultaneously on the same SMT-enabled virtualization host.

コアスケジューラは、仮想化ホストの SMT トポロジを利用し、必要に応じて、ゲスト仮想マシンに対して SMT ペアを公開し、同じバーチャルマシンのゲスト仮想プロセッサのグループを SMT 論理プロセッサのグループにスケジュールします。The core scheduler utilizes the virtualization host's SMT topology, and optionally exposes SMT pairs to guest virtual machines, and schedules groups of guest virtual processors from the same virtual machine onto groups of SMT logical processors. これは、LPs が2のグループに含まれている場合、VPs が2つのグループにスケジュールされ、コアが Vm 間で共有されないようにするために、対称的に実行されます。This is done symmetrically so that if LPs are in groups of two, VPs are scheduled in groups of two, and a core is never shared between VMs. SMT が有効になっていない仮想マシンに対して VP がスケジュールされている場合、その VP は実行時にコア全体を消費します。When the VP is scheduled for a virtual machine without SMT enabled, that VP consumes the entire core when it runs.

コアスケジューラの全体的な結果は次のようになります。The overall result of the core scheduler is that:

  • ゲスト VPs は、基盤となる物理コアペアで実行するように制約されているため、VM をプロセッサコアの境界に分離することにより、悪意のある Vm からのサイドチャネルのスヌーピング攻撃に対する脆弱性を軽減できます。Guest VPs are constrained to run on underlying physical core pairs, isolating a VM to processor core boundaries, thus reducing vulnerability to side-channel snooping attacks from malicious VMs.

  • スループットの変動が大幅に減少します。Variability in throughput is significantly reduced.

  • パフォーマンスが低下する可能性があります。これは、VPs のグループのいずれか1つしか実行できない場合、コア内の1つの命令ストリームだけがアイドル状態のままになるためです。Performance is potentially reduced, because if only one of a group of VPs can run, only one of the instruction streams in the core executes while the other is left idle.

  • ゲスト仮想マシンで実行されている OS とアプリケーションは、SMT の動作とプログラミングインターフェイス (Api) を使用して、非仮想化を実行する場合と同様に、SMT スレッド間で作業を制御および分散できます。The OS and applications running in the guest virtual machine can utilize SMT behavior and programming interfaces (APIs) to control and distribute work across SMT threads, just as they would when run non-virtualized.

  • ゲストワークロードの分離のための強力なセキュリティ境界-ゲスト VPs は、基盤となる物理コアペアで実行するように制約されているため、サイドチャネルの覗き見攻撃に対する脆弱性が軽減されます。A strong security boundary for guest workload isolation - Guest VPs are constrained to run on underlying physical core pairs, reducing vulnerability to side-channel snooping attacks.

コアスケジューラは、既定では Windows Server 2019 以降で使用されます。The core scheduler is used by default starting in Windows Server 2019. Windows Server 2016 では、コアスケジューラはオプションであり、Hyper-v ホスト管理者が明示的に有効にする必要があります。また、クラシックスケジューラが既定値です。On Windows Server 2016, the core scheduler is optional and must be explicitly enabled by the Hyper-V host administrator, and the classic scheduler is the default.

ホストの SMT が無効になっているコアスケジューラの動作Core scheduler behavior with host SMT disabled

ハイパーバイザーがコアスケジューラの種類を使用するように構成されているにもかかわらず、SMT 機能が無効になっているか、仮想化ホスト上に存在しない場合、ハイパーバイザーは、ハイパーバイザースケジューラの種類の設定に関係なく、従来のスケジューラの動作を使用します。If the hypervisor is configured to use the core scheduler type but the SMT capability is disabled or not present on the virtualization host, then the hypervisor uses the classic scheduler behavior, regardless of the hypervisor scheduler type setting.

ルートスケジューラThe root scheduler

ルートスケジューラは、Windows 10 バージョン1803で導入されました。The root scheduler was introduced with Windows 10 version 1803. ルートスケジューラの種類が有効になっている場合、ハイパーバイザー渡しは、ルートパーティションに対する作業スケジュールを制御します。When the root scheduler type is enabled, the hypervisor cedes control of work scheduling to the root partition. ルートパーティションの OS インスタンスの NT スケジューラは、システム LPs に対する作業のスケジューリングのすべての側面を管理します。The NT scheduler in the root partition's OS instance manages all aspects of scheduling work to system LPs.

ルートスケジューラは、Windows Defender Application Guard (WDAG) で使用される強力なワークロードの分離を実現するために、ユーティリティパーティションのサポートに固有の固有の要件に対応します。The root scheduler addresses the unique requirements inherent with supporting a utility partition to provide strong workload isolation, as used with Windows Defender Application Guard (WDAG). このシナリオでは、ルート OS に対してスケジュール責任を残しておくと、いくつかの利点があります。In this scenario, leaving scheduling responsibilities to the root OS offers several advantages. たとえば、コンテナーシナリオに適用される CPU リソース制御をユーティリティパーティションと共に使用して、管理と展開を簡略化することができます。For example, CPU resource controls applicable to container scenarios may be used with the utility partition, simplifying management and deployment. さらに、ルート OS スケジューラは、コンテナー内のワークロードの CPU 使用率に関するメトリックを簡単に収集し、このデータをシステム内の他のすべてのワークロードに適用される同じスケジューリングポリシーへの入力として使用します。In addition, the root OS scheduler can readily gather metrics about workload CPU utilization inside the container and use this data as input to the same scheduling policy applicable to all other workloads in the system. これらの同じメトリックは、ホストシステムに対してアプリケーションコンテナーで実行される処理を明確にするのにも役立ちます。These same metrics also help clearly attribute work done in an application container to the host system. 従来の仮想マシンのワークロードでは、これらのメトリックの追跡がより困難になります。これは、実行中のすべての VM に対して何らかの作業がルートパーティションで行われる場合です。Tracking these metrics is more difficult with traditional virtual machine workloads, where some work on all running VM's behalf takes place in the root partition.

クライアントシステムでのルートスケジューラの使用Root scheduler use on client systems

Windows 10 バージョン1803以降では、ルートスケジューラは、既定ではクライアントシステムでのみ使用されます。この場合、仮想化ベースのセキュリティと WDAG ワークロードの分離のサポートでハイパーバイザーが有効になり、異種コアアーキテクチャを使用する将来のシステムを適切に操作できるようになります。Starting with Windows 10 version 1803, the root scheduler is used by default on client systems only, where the hypervisor may be enabled in support of virtualization-based security and WDAG workload isolation, and for proper operation of future systems with heterogeneous core architectures. これは、クライアントシステムでサポートされている唯一のハイパーバイザースケジューラ構成です。This is the only supported hypervisor scheduler configuration for client systems. 管理者は、Windows 10 クライアントシステムで既定のハイパーバイザースケジューラの種類を上書きしないようにする必要があります。Administrators should not attempt to override the default hypervisor scheduler type on Windows 10 client systems.

仮想マシンの CPU リソース制御とルートスケジューラVirtual Machine CPU resource controls and the root scheduler

Hyper-v によって提供される仮想マシンのプロセッサリソースコントロールは、ハイパーバイザールートスケジューラが有効になっている場合はサポートされません。これは、ルートオペレーティングシステムのスケジューラロジックがグローバルベースでホストリソースを管理し、VM 固有の構成設定についての知識がないためです。The virtual machine processor resource controls provided by Hyper-V are not supported when the hypervisor root scheduler is enabled as the root operating system's scheduler logic is managing host resources on a global basis and does not have knowledge of a VM's specific configuration settings. Cap、重み、予約など、Hyper-v の VM ごとのプロセッサリソース制御は、ハイパーバイザーが、たとえば、クラシックおよびコアスケジューラの種類のように VP スケジュールを直接制御する場合にのみ適用できます。The Hyper-V per-VM processor resource controls, such as caps, weights, and reserves, are only applicable where the hypervisor directly controls VP scheduling, such as with the classic and core scheduler types.

サーバーシステムでのルートスケジューラの使用Root scheduler use on server systems

現時点では、サーバー上の Hyper-v ではルートスケジューラを使用しないことをお勧めします。これは、多くのサーバー仮想化展開で一般的なさまざまなワークロードに対応するために、パフォーマンス特性がまだ完全に特徴付けられていないためです。The root scheduler is not recommended for use with Hyper-V on servers at this time, as its performance characteristics have not yet been fully characterized and tuned to accommodate the wide range of workloads typical of many server virtualization deployments.

ゲスト仮想マシンでの SMT の有効化Enabling SMT in guest virtual machines

コアスケジューラの種類を使用するように仮想化ホストのハイパーバイザーが構成されたら、必要に応じて、SMT を利用するようにゲスト仮想マシンを構成できます。Once the virtualization host's hypervisor is configured to use the core scheduler type, guest virtual machines may be configured to utilize SMT if desired. VPs がハイパースレッドとしてゲスト仮想マシンに対応しているという事実を公開すると、ゲストオペレーティングシステムのスケジューラと VM で実行されているワークロードが、独自の作業スケジュールで SMT トポロジを検出して使用できるようになります。Exposing the fact that VPs are hyperthreaded to a guest virtual machine allows the scheduler in the guest operating system and workloads running in the VM to detect and utilize the SMT topology in their own work scheduling. Windows Server 2016 では、ゲスト SMT は既定では構成されていないため、Hyper-v ホスト管理者が明示的に有効にする必要があります。On Windows Server 2016, guest SMT is not configured by default and must be explicitly enabled by the Hyper-V host administrator. Windows Server 2019 以降では、ホスト上に作成された新しい Vm は、既定でホストの SMT トポロジを継承します。Starting with Windows Server 2019, new VMs created on the host inherits the host's SMT topology by default. つまり、コアあたり2つの SMT スレッドを使用してホスト上に作成されたバージョン9.0 の VM も、コアあたり2つの SMT スレッドになります。That is, a version 9.0 VM created on a host with 2 SMT threads per core would also see 2 SMT threads per core.

ゲスト仮想マシンで SMT を有効にするには、PowerShell を使用する必要があります。Hyper-v マネージャーでは、ユーザーインターフェイスは提供されていません。PowerShell must be used to enable SMT in a guest virtual machine; there is no user interface provided in Hyper-V Manager. ゲスト仮想マシンで SMT を有効にするには、十分なアクセス許可を持つ PowerShell ウィンドウを開き、次のように入力します。To enable SMT in a guest virtual machine, open a PowerShell window with sufficient permissions, and type:

Set-VMProcessor -VMName <VMName> -HwThreadCountPerCore <n>

ここ で、は、ゲスト VM が認識する、コアあたりの SMT スレッド数です。Where is the number of SMT threads per core the guest VM sees. = 0 は、コア値あたりのホストの SMT スレッド数に一致するように HwThreadCountPerCore 値を設定することに注意してください。Note that = 0 sets the HwThreadCountPerCore value to match the host's SMT thread count per core value.

注意

HwThreadCountPerCore = 0 の設定は、Windows Server 2019 以降でサポートされています。Setting HwThreadCountPerCore = 0 is supported beginning with Windows Server 2019.

2つの仮想プロセッサと SMT が有効になっている仮想マシンで実行されているゲストオペレーティングシステムから取得したシステム情報の例を次に示します。Below is an example of System Information taken from the guest operating system running in a virtual machine with 2 virtual processors and SMT enabled. ゲストオペレーティングシステムが、同じコアに属する2つの論理プロセッサを検出しています。The guest operating system is detecting 2 logical processors belonging to the same core.

SMT が有効になっているゲスト VM の msinfo32 を示すスクリーンショット

Windows Server 2016 Hyper-v でのハイパーバイザースケジューラの種類の構成Configuring the hypervisor scheduler type on Windows Server 2016 Hyper-V

Windows Server 2016 Hyper-v では、従来のハイパーバイザースケジューラモデルが既定で使用されます。Windows Server 2016 Hyper-V uses the classic hypervisor scheduler model by default. ハイパーバイザーは、必要に応じて、コアスケジューラを使用するように構成できます。これにより、ゲスト VPs が対応する物理的な SMT ペアで実行されるように制限し、ゲスト VPs に対して SMT スケジューリング付きの仮想マシンの使用をサポートすることで、セキュリティを強化することができます。The hypervisor can be optionally configured to use the core scheduler, to increase security by restricting guest VPs to run on corresponding physical SMT pairs, and to support the use of virtual machines with SMT scheduling for their guest VPs.

注意

Windows Server 2016 Hyper-v を実行するすべてのお客様は、仮想化ホストが悪意のある可能性のあるゲスト Vm から確実に保護されるように、コアスケジューラを選択することをお勧めします。Microsoft recommends that all customers running Windows Server 2016 Hyper-V select the core scheduler to ensure their virtualization hosts are optimally protected against potentially malicious guest VMs.

Windows Server 2019 Hyper-v は、既定でコアスケジューラを使用するWindows Server 2019 Hyper-V defaults to using the core scheduler

最適なセキュリティ構成で Hyper-v ホストを確実に展開できるように、Windows Server 2019 Hyper-v では、既定でコアハイパーバイザースケジューラモデルが使用されるようになりました。To help ensure Hyper-V hosts are deployed in the optimal security configuration, Windows Server 2019 Hyper-V now uses the core hypervisor scheduler model by default. ホスト管理者は、必要に応じて、従来のクラシックスケジューラを使用するようにホストを構成することができます。The host administrator may optionally configure the host to use the legacy classic scheduler. 管理者は、スケジューラの種類の既定の設定を上書きする前に、各スケジューラの種類が仮想化ホストのセキュリティとパフォーマンスに与える影響を慎重に確認し、理解し、考慮する必要があります。Administrators should carefully read, understand and consider the impacts each scheduler type has on the security and performance of virtualization hosts prior to overriding the scheduler type default settings. 詳細については 、「hyper-v ハイパーバイザースケジューラの種類の選択につい て」を参照してください。See About Hyper-V hypervisor scheduler type selection for more information.

必要な更新プログラムRequired updates

注意

このドキュメントで説明されているハイパーバイザースケジューラ機能を使用するには、次の更新プログラムが必要です。The following updates are required to use the hypervisor scheduler features described in this document. これらの更新プログラムには、 hypervisorschedulertype ホストの構成に必要な新しい BCD オプションをサポートするための変更が含まれています。These updates include changes to support the new hypervisorschedulertype BCD option, which is necessary for host configuration.

VersionVersion ReleaseRelease 更新が必要Update Required KB ArticleKB Article
Windows Server 2016Windows Server 2016 16071607 2018.07 C2018.07 C KB4338822KB4338822
Windows Server 2016Windows Server 2016 17031703 2018.07 C2018.07 C KB4338827KB4338827
Windows Server 2016Windows Server 2016 17091709 2018.07 C2018.07 C KB4338817KB4338817
Windows Server 2019Windows Server 2019 18041804 なしNone なしNone

Windows Server でのハイパーバイザースケジューラの種類の選択Selecting the hypervisor scheduler type on Windows Server

ハイパーバイザースケジューラの構成は、hypervisorscheduler type BCD エントリを介して制御されます。The hypervisor scheduler configuration is controlled via the hypervisorschedulertype BCD entry.

スケジューラの種類を選択するには、管理者特権でコマンドプロンプトを開きます。To select a scheduler type, open a command prompt with administrator privileges:

bcdedit /set hypervisorschedulertype type

typeは次のいずれかです。Where type is one of:

  • クラシックClassic
  • コアCore
  • RootRoot

ハイパーバイザースケジューラの種類に対する変更を有効にするには、システムを再起動する必要があります。The system must be rebooted for any changes to the hypervisor scheduler type to take effect.

注意

現時点では、Windows Server Hyper-v ではハイパーバイザールートスケジューラはサポートされていません。The hypervisor root scheduler is not supported on Windows Server Hyper-V at this time. Hyper-v 管理者は、サーバー仮想化シナリオで使用するためのルートスケジューラの構成を試行しないでください。Hyper-V administrators should not attempt to configure the root scheduler for use with server virtualization scenarios.

現在のスケジューラの種類の決定Determining the current scheduler type

現在使用されているハイパーバイザースケジューラの種類を確認するには、最新のハイパーバイザー起動イベント ID 2 のシステムログイベントビューアーを調べます。これは、ハイパーバイザーの起動時に構成されたハイパーバイザースケジューラの種類を報告します。You can determine the current hypervisor scheduler type in use by examining the System log in Event Viewer for the most recent hypervisor launch event ID 2, which reports the hypervisor scheduler type configured at hypervisor launch. ハイパーバイザー起動イベントは、Windows イベントビューアーから、または PowerShell を使用して取得できます。Hypervisor launch events can be obtained from the Windows Event Viewer, or via PowerShell.

ハイパーバイザー起動イベント ID 2 は、次のようなハイパーバイザースケジューラの種類を表します。Hypervisor launch event ID 2 denotes the hypervisor scheduler type, where:

  • 1 = クラシックスケジューラ、SMT disabled1 = Classic scheduler, SMT disabled

  • 2 = クラシックスケジューラ2 = Classic scheduler

  • 3 = コアスケジューラ3 = Core scheduler

  • 4 = ルートスケジューラ4 = Root scheduler

ハイパーバイザー起動イベント ID 2 の詳細を示すスクリーンショット

ハイパーバイザー起動イベント ID 2 を表示するイベントビューアーを示すスクリーンショット

PowerShell を使用して Hyper-v ハイパーバイザースケジューラの種類の起動イベントを照会するQuerying the Hyper-V hypervisor scheduler type launch event using PowerShell

PowerShell を使用してハイパーバイザーイベント ID 2 を照会するには、PowerShell プロンプトから次のコマンドを入力します。To query for hypervisor event ID 2 using PowerShell, enter the following commands from a PowerShell prompt.

Get-WinEvent -FilterHashTable @{ProviderName="Microsoft-Windows-Hyper-V-Hypervisor"; ID=2} -MaxEvents 1

ハイパーバイザー起動イベント ID 2 の PowerShell クエリと結果を示すスクリーンショット