Hyper-v Vm 用の永続メモリデバイスを構成するためのコマンドレットCmdlets for configuring persistent memory devices for Hyper-V VMs

適用対象: Windows Server 2019Applies To: Windows Server 2019

この記事では、システム管理者および IT プロフェッショナルに、永続メモリ (ストレージクラスメモリまたは NVDIMM) を使用した Hyper-v Vm の構成に関する情報を提供します。This article provides system administrators and IT Pros with information about configuring Hyper-V VMs with persistent memory (aka storage class memory or NVDIMM). JDEC に準拠している NVDIMM-N 永続メモリデバイスは、Windows Server 2016 と Windows 10 でサポートされており、非常に短い待機時間の少ない非揮発性デバイスへのバイトレベルのアクセスを提供します。JDEC-compliant NVDIMM-N persistent memory devices are supported in Windows Server 2016 and Windows 10 and provide byte-level access to very low latency non-volatile devices. VM 永続メモリデバイスは、Windows Server 2019 でサポートされています。VM persistent memory devices are supported in Windows Server 2019.

VM の永続メモリデバイスを作成するCreate a persistent memory device for a VM

VM の永続メモリデバイスを作成するには、 新しい VHD コマンドレットを使用します。Use the New-VHD cmdlet to create a persistent memory device for a VM. デバイスは、既存の NTFS DAX ボリューム上に作成する必要があります。The device must be created on an existing NTFS DAX volume. 新しいファイル名拡張子 (. vhdpmem) は、デバイスが永続的なメモリデバイスであることを指定するために使用されます。The new filename extension (.vhdpmem) is used to specify that the device is a persistent memory device. 固定の VHD ファイル形式のみがサポートされています。Only the fixed VHD file format is supported.

例: New-VHD d:\VMPMEMDevice1.vhdpmem -Fixed -SizeBytes 4GBExample: New-VHD d:\VMPMEMDevice1.vhdpmem -Fixed -SizeBytes 4GB

永続的なメモリコントローラーを備えた VM を作成するCreate a VM with a persistent memory controller

新しい vm コマンドレットを使用して、指定されたメモリサイズと VHDX イメージへのパスを持つ第2世代 vm を作成します。Use the New-VM cmdlet to create a Generation 2 VM with specified memory size and path to a VHDX image. 次に、 VMPmemControllerを使用して、永続的なメモリコントローラーを VM に追加します。Then, use Add-VMPmemController to add a persistent memory controller to a VM.

例:Example:

New-VM -Name "ProductionVM1" -MemoryStartupBytes 1GB -VHDPath c:\vhd\BaseImage.vhdx

Add-VMPmemController ProductionVM1x

永続メモリデバイスを VM に接続するAttach a persistent memory device to a VM

Add-vmharddiskdrive を使用して永続メモリデバイスを VM に接続するUse Add-VMHardDiskDrive to attach a persistent memory device to a VM

例: Add-VMHardDiskDrive ProductionVM1 PMEM -ControllerLocation 1 -Path D:\VPMEMDevice1.vhdpmemExample: Add-VMHardDiskDrive ProductionVM1 PMEM -ControllerLocation 1 -Path D:\VPMEMDevice1.vhdpmem

Hyper-v VM 内の永続メモリデバイスは、ゲストオペレーティングシステムによって使用および管理される永続的なメモリデバイスとして表示されます。Persistent memory devices within a Hyper-V VM appear as a persistent memory device to be consumed and managed by the guest operating system. ゲストオペレーティングシステムでは、デバイスをブロックまたは DAX ボリュームとして使用できます。Guest operating systems can use the device as a block or DAX volume. VM 内の永続的なメモリデバイスが DAX ボリュームとして使用されている場合、ホストデバイスの低待機時間のバイトレベルのアドレス機能 (コードパスに i/o 仮想化が存在しない) の恩恵を受けられます。When persistent memory devices within a VM are used as a DAX volume, they benefit from low latency byte-level address-ability of the host device (no I/O virtualization on the code path).

注意

永続メモリは、Hyper-v Gen2 Vm でのみサポートされます。Persistent memory is only supported for Hyper-V Gen2 VMs. ライブマイグレーションと記憶域の移行は、永続メモリを持つ Vm ではサポートされていません。Live Migration and Storage Migration are not supported for VMs with persistent memory. Vm の運用チェックポイントには、永続メモリの状態は含まれません。Production checkpoints of VMs do not include persistent memory state.