HYPER-V でジェネレーション 1 または 2 の仮想マシンを作成するか。

適用対象: Windows Server 2022、Windows 10、Windows Server 2016、Microsoft Hyper-V Server 2016、Windows Server 2019、Microsoft Hyper-V Server 2019

注意

Windows 仮想マシン (VM) をオンプレミスから Microsoft Azure にアップロードする予定の場合は、第 1 世代と第 2 世代の VM を VHD ファイル形式でアップロードし、固定サイズのディスクを使用できます。 Azure でサポートされている第 2 世代の機能の詳細については、Azure の第 2 世代 VM に関するページを参照してください。 VHD または VHDX のWindowsの詳細については、「Azure にアップロードする Windows VHD または VHDX を準備する」を参照してください

第 1 世代または第 2 世代バーチャル マシンを作成するために選択を選んでいるゲスト オペレーティング システムのインストールと仮想マシンを展開に使用するブート方法です。 次のステートメントのいずれかが true でない限り、セキュア ブートのような機能を活用する第 2 世代仮想マシンを作成することをお勧めします。

  • ブートする VHD が存在しない UEFI と互換性のあるです。
  • 第 2 世代仮想マシンで実行するオペレーティング システムをサポートしていません。
  • 第 2 世代は、使用するブート方法をサポートしていません。

第 2 世代仮想マシンで使用できる機能の詳細については、「世代別およびゲスト別 の Hyper-V機能の互換性」を参照してください。

作成後、仮想マシンの世代を変更することはできません。 そのため、ここでは考慮事項を確認し、世代を選択する前に使用するオペレーティング システム、ブート方法、および機能を選択することをお勧めします。

ゲスト オペレーティング システムがサポートされますか。

第 1 世代仮想マシンは、ほとんどのゲスト オペレーティング システムをサポートします。 第 2 世代仮想マシンは、最も 64 ビット バージョンの Windows および Linux および FreeBSD オペレーティング システムの最新のバージョンをサポートします。 次のセクションを使用して、仮想マシンのサポートをインストールするゲスト オペレーティング システムを参照してください。

Windows ゲスト オペレーティング システムのサポート

次の表では、Windows の 64 ビット バージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。

64 ビット バージョンの Windows 第 1 世代 第 2 世代
Windows Server 2019
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2008
Windows 10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7

次の表では、Windows の 32 ビット バージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。

32 ビット バージョンの Windows 第 1 世代 第 2 世代
Windows 10
Windows 8.1
Windows 8
Windows 7

CentOS、Red Hat Enterprise Linux ゲスト オペレーティング システムのサポート

次の表は、第 1 世代および第 2 世代仮想マシンのゲスト オペレーティング システムとして使用できる Red Hat Enterprise Linux RHEL および CentOS のバージョンを ( ) 示しています。

オペレーティング システムのバージョン 第 1 世代 第 2 世代
RHEL/CentOS 7.x シリーズ
RHEL/CentOS 6.x シリーズ
注: Windows Server 2016以上でのみサポートされます。
RHEL/CentOS 5.x シリーズ

詳細については、次を参照してください。 CentOS、Red Hat Enterprise Linux 仮想マシンを Hyper-vします。

Debian ゲスト オペレーティング システムのサポート

Debian のバージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを次の表に示します。

オペレーティング システムのバージョン 第 1 世代 第 2 世代
Debian 7.x シリーズ
Debian 8. x シリーズ

詳細については、次を参照してください。 Debian の仮想マシンを Hyper-vします。

FreeBSD ゲスト オペレーティング システムのサポート

次の表では、FreeBSD のバージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。

オペレーティング システムのバージョン 第 1 世代 第 2 世代
FreeBSD 10 と 10.1
FreeBSD 9.1 および 9.3
FreeBSD 8.4

詳細については、次を参照してください。 Hyper-v 上の仮想マシンを FreeBSDします。

Oracle Linux ゲスト オペレーティング システムのサポート

次の表では、Red Hat 互換カーネル シリーズのバージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。

Red Hat 互換カーネル シリーズのバージョン 第 1 世代 第 2 世代
Oracle Linux 7.x シリーズ
Oracle Linux 6.x シリーズ

次の表では、Unbreakable Enterprise Kernel のバージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。

Unbreakable Enterprise カーネル (UEK) バージョン 第 1 世代 第 2 世代
Oracle Linux UEK R3 QU3
Oracle Linux UEK R3 QU2
Oracle Linux UEK R3 QU1

詳細については、次を参照してください。 Hyper-v 上の Oracle Linux 仮想マシンします。

SUSE のゲスト オペレーティング システムのサポート

次の表は、第1世代および第2世代仮想マシンのゲストオペレーティングシステムとして使用できる SUSE のバージョンを示しています。

オペレーティング システムのバージョン 第 1 世代 第 2 世代
SUSE Linux Enterprise Server 12 シリーズ
SUSE Linux Enterprise Server 11 シリーズ
Open SUSE 12.3

詳細については、次を参照してください。 Hyper-v 上の仮想マシンを SUSEします。

Ubuntu のゲスト オペレーティング システムのサポート

次の表では、Ubuntu のバージョンとして使用できます、ゲスト オペレーティング システムの第 1 世代と第 2 世代仮想マシンを示します。

オペレーティング システムのバージョン 第 1 世代 第 2 世代
Ubuntu 14.04 およびそれ以降のバージョン
Ubuntu 12.04

詳細については、次を参照してください。 Ubuntu 仮想マシンを Hyper-v でします。

仮想マシンを起動する方法は?

次の表は、メソッドは第 1 世代と第 2 世代仮想マシンでサポートされているブートを示します。

起動方法 第 1 世代 第 2 世代
標準のネットワーク アダプターを使用した PXE ブート
レガシ ネットワーク アダプターを使用して PXE ブート
SCSI バーチャル ハード_ディスクからブート (します。VHDX) またはバーチャル DVD (します。ISO)
IDE コント ローラーのバーチャル ハード_ディスクからブート (します。VHD) またはバーチャル DVD (します。ISO)
フロッピーからの起動 (します。VFD)

第 2 世代仮想マシンを使用する利点とは

第 2 世代仮想マシンを使用する場合のメリットの一部を次に示します。

  • セキュアブート これは、承認されていないファームウェア、オペレーティングシステム、または UEFI ドライバーが起動時に実行されないようにするために、ブートローダーが UEFI データベース内の信頼された機関によって署名されていることを確認する機能です。 セキュア ブートは、第 2 世代仮想マシンでは既定で有効になります。 セキュア ブートでサポートされていないゲスト オペレーティング システムを実行する必要がある場合に、仮想マシンの作成後に無効にできます。 詳細については、「セキュア ブート」を参照してください。

    セキュア ブートの第 2 世代の Linux 仮想マシン、仮想マシンを作成するときに、UEFI CA セキュア ブート テンプレートを選択する必要があります。

  • 大きなブートボリューム 第2世代仮想マシンの最大ブートボリュームは、64 TB です。 これは、最大ディスク サイズでサポートされているのです。VHDX します。 第 1 世代仮想マシンの最大のブート ボリュームは用に 2 TB をします。VHDX と 2040 gb 以上、します。VHD です。 詳細については、次を参照してください。 Hyper-v 仮想ハード ディスク フォーマットに関するテクニカル プレビューします。

    第 2 世代仮想マシンで仮想マシンのブートとインストール時間にわずかな改善を表示することもあります。

デバイスのサポートの違いは何ですか。

次の表では、第 1 世代と第 2 世代仮想マシン間で使用可能なデバイスを比較します。

第 1 世代デバイス 第 2 世代置換 第 2 世代拡張
IDE コントローラー 仮想 SCSI コントローラー .vhdx から起動 (最大サイズ 64 TB、オンライン サイズ変更機能)
IDE CD-ROM 仮想 SCSI CD-ROM SCSI コントローラーあたり最大 64 台の SCSI DVD デバイスをサポート
従来の BIOS UEFI ファームウェア セキュア ブート
レガシ ネットワーク アダプター 合成ネットワーク アダプター IPv4 および IPv6 でのネットワーク ブート
フロッピー コントローラーおよび DMA コントローラー フロッピー コントローラーのサポートはなし なし
COM ポートに対する Universal Asynchronous Receiver/Transmitter (UART) デバッグ用のオプション UART より高速で高信頼性
i8042 キーボード コントローラー ソフトウェア ベースの入力 エミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。 また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。
PS/2 キーボード ソフトウェア ベースのキーボード エミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。 また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。
PS/2 マウス ソフトウェア ベースのマウス エミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。 また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。
S3 ビデオ ソフトウェア ベースのビデオ エミュレーションがないため、使用するリソースが減ります。 また、ゲスト オペレーティング システムから攻撃を受ける機会が減少します。
PCI バス 必要ありません なし
Programmable Interrupt Controller (PIC) 必要ありません なし
Programmable Interval Timer (PIT) 必要ありません なし
スーパー I/O デバイス 必要ありません なし

第 2 世代仮想マシンの詳細について

第 2 世代仮想マシンの使用に関するその他のヒントを次に示します。

DVD ドライブをアタッチまたは追加する

  • 物理 CD または DVD ドライブは、第 2 世代仮想マシンに接続できません。 第 2 世代仮想マシンの仮想 DVD ドライブは、ISO イメージ ファイルだけをサポートします。 Windows 環境の ISO イメージ ファイルは、Oscdimg コマンド ライン ツールを使用して作成できます。 詳細については、「Oscdimg のコマンド ライン オプション」を参照してください。
  • NEW-VM Windows PowerShell コマンドレットで新しいバーチャル マシンを作成するときに、第 2 世代仮想マシンに DVD ドライブはありません。 仮想マシンの実行中には、DVD ドライブを追加できます。

UEFI ファームウェアを使用する

  • セキュア ブートまたは UEFI ファームウェアは、物理的な HYPER-V ホスト上必要ではありません。 HYPER-V では、HYPER-V ホスト上にあるものとは無関係の仮想マシンに仮想のファームウェアを提供します。
  • 第 2 世代仮想マシンでの UEFI ファームウェアでは、セキュア ブートのセットアップ モードをサポートしていません。
  • 第 2 世代仮想マシンで UEFI シェルまたは他の UEFI アプリケーションを実行しているサポートされていません。 マイクロソフト以外の UEFI シェルまたは UEFI アプリケーションの使用は、それらがソースから直接コンパイルされている場合であれば、技術的には可能です。 これらのアプリケーションが適切にデジタル署名されていない場合、仮想マシンのセキュア ブートを無効にする必要があります。

VHDX ファイルの使用

  • 仮想マシンの実行中には、第 2 世代バーチャル マシンのブート ボリュームを含む VHDX ファイルのサイズを変更することができます。
  • サポートまたは推奨第 1 世代と第 2 世代仮想マシンの両方を起動可能な VHDX ファイルを作成することはしないでください。
  • 仮想マシンの世代は、仮想マシンのプロパティであり、仮想ハード ディスクのプロパティではありません。 したがって、第 1 世代または第 2 世代仮想マシンで VHDX ファイルが作成されていないかを判断できません。
  • IDE コント ローラーまたは第 1 世代バーチャル マシンの SCSI コント ローラーに接続できる 2 つの仮想マシンの世代で作成された VHDX ファイル。 ただし、起動可能な VHDX ファイルの場合は、第 1 世代仮想マシンは起動しません。

IPv4 の代わりに IPv6 を使用する

既定では、第 2 世代仮想マシンは IPv4 を使用します。 代わりに IPv6 を使用するには、Set-VMFirmware Windows PowerShellします。 たとえば、次のコマンドは、TestVM という名前の仮想マシンの IPv6 に優先プロトコルを設定します。

Set-VMFirmware -VMName TestVM -IPProtocolPreference IPv6

カーネル デバッグ用の COM ポートを追加する

COM ポートは、追加するまで、第 2 世代仮想マシンでは使用できません。 これは、管理インストルメンテーション (WMI Windows PowerShellまたはWindowsを使用して行います。 次の手順では、次の手順でこれを行う方法Windows PowerShell。

COM ポートを追加するには:

  1. セキュア ブートを無効にします。 カーネル デバッグはセキュア ブートと互換性がありません。 仮想マシンが [オフ] 状態である場合は 、Set-VMFirmware コマンドレットを使用 します。 たとえば、次のコマンドでは、仮想マシン TestVM でセキュア ブートを無効にします。

    Set-VMFirmware -Vmname TestVM -EnableSecureBoot Off
    
  2. COM ポートを追加します。 これを行 うには、Set-VMComPort コマンドレットを使用します。 たとえば、次のコマンドは、仮想マシンの名前付きパイプ TestPipe、ローカル コンピューター上に接続するための TestVM で最初の COM ポートを構成します。

    Set-VMComPort -VMName TestVM 1 \\.\pipe\TestPipe
    

注意

構成済みの COM ポートは、Hyper-V マネージャーの仮想マシンの設定に表示されません。

関連項目