Windows Server での Hyper-V スケーラビリティの計画

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016

この記事では、コンポーネントを追加し、HYPER-V ホストまたは仮想マシンは、仮想プロセッサなどのチェックポイントの削除の最大数の構成の詳細を示します。 展開を計画する際は、各仮想マシンだけでなく、Hyper-v ホストに適用されるものに適用される最大値を検討してください。 機械学習やデータ分析などの新しいシナリオをサポートする要求に応じて、Windows Server のバージョンでは最大値が引き続き増加します。

注意

System Center Virtual Machine Manager (VMM) についての情報を参照してください。 Virtual Machine Managerします。 VMM は仮想データ センターを管理するためのマイクロソフト製品であり、別途購入する必要があります。

仮想マシンの最大値

これらの最大値は、各仮想マシンに適用されます。 すべてのコンポーネントは、両方の世代の仮想マシンで使用できます。 世代の比較では、次を参照してください。 Hyper-v にジェネレーション 1 または 2 仮想マシンを作成する必要がありますか。

コンポーネント 最大値 メモ
チェックポイント 50 実際の数は、利用可能な記憶域に応じて少なくなる場合があります。 各チェックポイントは、物理記憶域を使用する .avhd ファイルとして保存されます。
メモリ ジェネレーション 2; 12 TB
第 1 世代の場合、1 TB
特定のオペレーティング システムの要件を確認して、最大値および推奨値を決定してください。
シリアル (COM) ポート 2 [なし] :
仮想マシンに直接接続された物理ディスクのサイズ 場合により異なる 最大サイズは、ゲスト オペレーティング システムに応じて決まります。
仮想ファイバー チャネル アダプター 4 ベスト プラクティスとして、各仮想ファイバー チャネル アダプターを異なる仮想 SAN に接続することをお勧めします。
仮想フロッピー デバイス 1 仮想フロッピー デバイス [なし] :
仮想ハード ディスクの容量 64 TB の VHDX 形式です。
VHD 形式の 2040 GB
各仮想ハード ディスクは、使用されている形式に応じて、.vhdx ファイルまたは .vhd ファイルとして物理メディア上に格納されます。
仮想 IDE ディスク 4 (ブート ディスクとも呼ばれます) 起動ディスクは、IDE デバイスのいずれかに接続する必要があります。 起動ディスクは、仮想マシンに直接接続されている仮想ハード ディスクまたは物理ディスクのいずれかです。
仮想プロセッサの数 ジェネレーション 2 の 240
ジェネレーション 1 の場合は 64
ホスト OS (ルート パーティション) で使用できる 320
ゲスト オペレーティング システムでサポートされる仮想プロセッサの数は、より少ない場合があります。 詳細については、特定のオペレーティング システムに対して発行された情報を参照してください。
仮想 SCSI ドメイン コントローラー 4 仮想 SCSI デバイスの使用には、integration services は、サポート対象のゲスト オペレーティング システムで利用可能である必要があります。 詳細についてはオペレーティング システムがサポートされている、次を参照してください。 サポートされている Linux および FreeBSD の仮想マシンサポートされている Windows ゲスト オペレーティング システムします。
仮想 SCSI ディスク数 256 各 SCSI コントローラーが最大 64 台のディスクをサポートします。つまり、各仮想マシンに最大 256 台の SCSI ディスクを構成できます (4 つのコントローラー×コントローラーごとに 64 台のディスク)。
仮想ネットワーク アダプター WindowsServer 2019 以降では、合計 68 件がサポートされています。
  • 64 Hyper-V 固有のネットワーク アダプター
  • 4 つのレガシ ネットワーク アダプター。
Windows Server 2016では、合計 12 件がサポートされます。
  • 8 Hyper-V 固有のネットワーク アダプター
  • 4 つのレガシ ネットワーク アダプター
HYPER-V の特定のネットワーク アダプターでは、パフォーマンスが向上と、統合サービスに含まれるドライバーが必要です。 詳細については、「 Plan for Hyper-V networking in Windows Server 」を参照してください

HYPER-V ホストの最大値

これらの最大値は、各 HYPER-V ホストに適用されます。

コンポーネント 最大値 メモ
論理プロセッサ 512 ファームウェアでは、これらの両方を有効にする必要があります。
  • ハードウェア補助による仮想化
  • ハードウェアによるデータ実行防止 (DEP)
ホスト OS (ルート パーティション) は、最大 320 の論理プロセッサにのみ表示されます。
メモリ 240 TB (Windows Server 2022 および Azure Stack HCI 21H2)。
24 TB (Windows Server 2016 および 2019)
[なし] :
ネットワーク アダプター チーム (NIC チーミング) Hyper-V による制限はありません。 詳細については、「 NIC チーミングします。
物理ネットワーク アダプター Hyper-V による制限はありません。 [なし] :
サーバーごとに実行される仮想マシン 1024 [なし] :
Storage による制限は、ホスト オペレーティング システムでサポートされています。 Hyper-V による制限はありません。 注: マイクロソフトは、SMB 3.0 を使用する場合、ネットワーク接続ストレージ (NAS) をサポートしています。 NFS ベースのストレージはサポートされません。
サーバーごとの仮想ネットワーク スイッチ ポート 状況によって異なり、Hyper-V による制限はありません。 実際の制限は、利用可能なコンピューティング リソースによって異なります。
論理プロセッサごとの仮想プロセッサ Hyper-V による比率はありません。 [なし] :
サーバーごとの仮想プロセッサ 2048 [なし] :
仮想記憶域ネットワーク (SAN) Hyper-V による制限はありません。 [なし] :
仮想スイッチ 状況によって異なり、Hyper-V による制限はありません。 実際の制限は、利用可能なコンピューティング リソースによって異なります。

フェールオーバー クラスターと Hyper-V

このテーブルは、HYPER-V とフェールオーバー クラスタ リングの使用時に適用する最大値を示します。 容量計画のすべての仮想マシンをクラスター化された環境で実行するのに十分なハードウェア リソースがあることを確認するために重要です。

仮想マシンについて、新機能を含むフェールオーバー クラスタ リングの更新の詳細についてを参照してください。 Windows Server 2016 のフェールオーバー クラスタ リングの新します。

コンポーネント 最大値 メモ
クラスターごとのノード 64 フェールオーバー用に予約するノード数と、更新の適用などの保守タスクを考慮してください。 1 つのノードをフェールオーバー用に予約するのに十分なリソースを計画することをお勧めします。別のノードからのフェールオーバーが実行されるまで、そのノードはアイドル状態になります。 (これはパッシブノードと呼ばれることもあります)。追加のノードを予約する場合は、この数を増やすことができます。 推奨される比率またはアクティブなノードの予約されたノードの乗数はありません。唯一の要件は、クラスター内のノードの合計数が最大 64 個を超えることはできません。
クラスターごと、およびノードごとに実行する仮想マシン クラスターごとに 8,000 いくつかの要因は、仮想マシンが終わったら、同時に 1 つのノードなどの実数に影響があります。
各仮想マシンで使用される物理メモリの量。
-ネットワークと記憶域の帯域幅。
-ディスク スピンドルの数、ディスク I/O パフォーマンスに影響します。