Windows Server での Hyper-v の新機能What's new in Hyper-V on Windows Server

適用対象: Windows Server 2019、Microsoft Hyper-V Server 2016、Windows Server 2016Applies To: Windows Server 2019, Microsoft Hyper-V Server 2016, Windows Server 2016

この記事では、Windows Server 2019、Windows Server 2016、および Microsoft Hyper-V Server 2016 での Hyper-v の新機能と変更された機能について説明します。This article explains the new and changed functionality of Hyper-V on Windows Server 2019, Windows Server 2016, and Microsoft Hyper-V Server 2016. Windows Server 2012 R2 で作成され、Windows Server 2019 または Windows Server 2016 で Hyper-v を実行するサーバーに移動またはインポートされた仮想マシンで新機能を使用するには、仮想マシンの構成バージョンを手動でアップグレードする必要があります。To use new features on virtual machines created with Windows Server 2012 R2 and moved or imported to a server that runs Hyper-V on Windows Server 2019 or Windows Server 2016, you'll need to manually upgrade the virtual machine configuration version. 手順については、「 仮想マシンのバージョンのアップグレード」を参照してください。For instructions, see Upgrade virtual machine version.

この記事に記載されていることと、機能が新機能か更新されたものかを示します。Here's what's included in this article and whether the functionality is new or updated.

Windows Server バージョン 1903Windows Server, version 1903

Hyper-v マネージャーの Server Core インストールへの追加 (更新)Add Hyper-V Manager to Server Core installations (updated)

ご存じのとおり、運用環境で Windows Server の半期チャンネルを使用する場合、コア インストール オプションの使用をお勧めしています。As you might know, we recommend using the Server Core installation option when using Windows Server, Semi-Annual Channel in production. ただし、Server Core では多数の便利な管理ツールが既定で省かれています。However, Server Core by default omits a number of useful management tools. アプリ互換性機能をインストールすると、最もよく使用されているツールが多数追加されますが、それでもそこにはないツールがいくつかあります。You can add many of the most commonly used tools by installing the App Compatibility feature, but there have still been some missing tools.

そのため、お客様からのフィードバックに基づいて、このバージョンのアプリの互換性機能にもう1つツールを追加しました。 Hyper-v マネージャー (virtmgmt)。So, based on customer feedback, we added one more tools to the App Compatibility feature in this version: Hyper-V Manager (virtmgmt.msc).

詳細については、Server Core アプリ互換性機能に関するページを参照してください。For more info, see Server Core app compatibility feature.

Windows Server 2019Windows Server 2019

セキュリティ: シールドされた Virtual Machines の機能強化 (新機能)Security: Shielded Virtual Machines improvements (new)

  • ブランチ オフィスの機能強化Branch office improvements

    新しいフォールバック HGS 機能とオフライン モード 機能を利用することにより、ホスト ガーディアン サービスへの接続が断続的なコンピューターで、シールドされた仮想マシンを実行できるようになりました。You can now run shielded virtual machines on machines with intermittent connectivity to the Host Guardian Service by leveraging the new fallback HGS and offline mode features. フォールバック HGS を使用すると、プライマリ HGS サーバーにアクセスできない場合に試すことができるように、Hyper-V の URL のセカンダリ セットを構成できます。Fallback HGS allows you to configure a second set of URLs for Hyper-V to try if it can't reach your primary HGS server.

    オフライン モードでは、VM が一度正常に開始されたことがあり、ホストのセキュリティ構成が変更されていない限り、HGS にアクセスできない場合でも、シールドされた VM を継続的に起動できます。Offline mode allows you to continue to start up your shielded VMs, even if HGS can't be reached, as long as the VM has started successfully once, and the host's security configuration has not changed.

  • トラブルシューティングの機能強化Troubleshooting improvements

    VMConnect 拡張セッション モードと PowerShell ダイレクトのサポートが有効になり、シールドされた仮想マシンのトラブルシューティングも容易になりました。We've also made it easier to troubleshoot your shielded virtual machines by enabling support for VMConnect Enhanced Session Mode and PowerShell Direct. これらのツールは、VM へのネットワーク接続が失われたため構成を更新してアクセスを復元する必要がある場合に特に役立ちます。These tools are particularly useful if you've lost network connectivity to your VM and need to update its configuration to restore access.

    これらの機能は構成する必要がなく、Windows Server Version 1803 以降を実行している Hyper-V ホストにシールドされた VM が配置されると、自動的に利用可能になります。These features do not need to be configured, and they become available automatically when a shielded VM is placed on a Hyper-V host running Windows Server version 1803 or later.

  • Linux のサポートLinux support

    OS が混在する環境を使用している場合、Windows Server 2019 では、シールドされた仮想マシンでの Ubuntu、Red Hat Enterprise Linux、および SUSE Linux Enterprise Server の実行がサポートされるようになりました。If you run mixed-OS environments, Windows Server 2019 now supports running Ubuntu, Red Hat Enterprise Linux, and SUSE Linux Enterprise Server inside shielded virtual machines.

Windows Server 2016Windows Server 2016

コネクトスタンバイの新規接続との互換性 ()Compatible with Connected Standby (new)

Always On/Always Connected (ビデオ) 電源モデルを使用しているコンピューターに Hyper-v の役割がインストールされている場合、 コネクトスタンバイ 電源の状態が使用できるようになりました。When the Hyper-V role is installed on a computer that uses the Always On/Always Connected (AOAC) power model, the Connected Standby power state is now available.

個別のデバイスの割り当て- ( 新規)Discrete device assignment (new)

この機能を使用すると、仮想マシンにいくつかの PCIe ハードウェアデバイスへの直接の排他的アクセスを与えることができます。This feature lets you give a virtual machine direct and exclusive access to some PCIe hardware devices. この方法でデバイスを使用すると、Hyper-v 仮想化スタックがバイパスされるため、アクセスが高速になります。Using a device in this way bypasses the Hyper-V virtualization stack, which results in faster access. サポートされているハードウェアの詳細については、「 Windows Server 2016 の hyper-v のシステム要件」の「個別のデバイスの割り当て」を参照してください。For details on supported hardware, see "Discrete device assignment" in System requirements for Hyper-V on Windows Server 2016. この機能の使用方法や考慮事項などの詳細については、仮想化のブログの「個別のデバイスの割り当て-説明と背景」を参照してください。For details, including how to use this feature and considerations, see the post "Discrete Device Assignment — Description and background" in the Virtualization blog.

第1世代仮想マシンの新しいオペレーティングシステムディスクの暗号化サポート (Encryption support for the operating system disk in generation 1 virtual machines (new)

第1世代の仮想マシンで BitLocker ドライブ暗号化を使用して、オペレーティングシステムディスクを保護できるようになりました。You can now protect the operating system disk using BitLocker drive encryption in generation 1 virtual machines. 新しい機能であるキー記憶域によって、システムドライブの BitLocker キーを格納するための小型の専用ドライブが作成されます。A new feature, key storage, creates a small, dedicated drive to store the system drive's BitLocker key. これは、第2世代仮想マシンでのみ使用できる仮想トラステッドプラットフォームモジュール (TPM) を使用する代わりに実行されます。This is done instead of using a virtual Trusted Platform Module (TPM), which is available only in generation 2 virtual machines. ディスクの暗号化を解除し、バーチャルマシンを起動するには、Hyper-v ホストが承認された保護されたファブリックの一部であるか、またはいずれかの仮想マシンのガーディアンの秘密キーを持っている必要があります。To decrypt the disk and start the virtual machine, the Hyper-V host must either be part of an authorized guarded fabric or have the private key from one of the virtual machine's guardians. キーストレージには、バージョン8の仮想マシンが必要です。Key storage requires a version 8 virtual machine. 仮想マシンのバージョンの詳細については、「 windows 10 または Windows Server 2016 で hyper-v の仮想マシンのバージョンをアップグレードする」を参照してください。For information on virtual machine version, see Upgrade virtual machine version in Hyper-V on Windows 10 or Windows Server 2016.

ホストリソース保護の ( 新機能)Host resource protection (new)

この機能は、過剰なレベルのアクティビティを探すことで、仮想マシンがシステムリソースの共有を使用しないようにするために役立ちます。This feature helps prevent a virtual machine from using more than its share of system resources by looking for excessive levels of activity. これにより、仮想マシンの過剰なアクティビティによってホストまたは他の仮想マシンのパフォーマンスが低下するのを防ぐことができます。This can help prevent a virtual machine's excessive activity from degrading the performance of the host or other virtual machines. アクティビティが過剰になっている仮想マシンが監視によって検出されると、仮想マシンのリソースが減少します。When monitoring detects a virtual machine with excessive activity, the virtual machine is given fewer resources. この監視と強制は、既定ではオフになっています。This monitoring and enforcement is off by default. Windows PowerShell を使用して、オンまたはオフにします。Use Windows PowerShell to turn it on or off. 有効にするには、次のコマンドを実行します。To turn it on, run this command:

Set-VMProcessor TestVM -EnableHostResourceProtection $true

このコマンドレットの詳細については、「 Set-VMProcessor」を参照してください。For details about this cmdlet, see Set-VMProcessor.

ネットワークアダプターとメモリのホットアドと削除 ()Hot add and remove for network adapters and memory (new)

ダウンタイムを発生させることなく、仮想マシンの実行中にネットワークアダプターを追加または削除できるようになりました。You can now add or remove a network adapter while the virtual machine is running, without incurring downtime. これは、Windows または Linux オペレーティングシステムを実行する第2世代仮想マシンに対して機能します。This works for generation 2 virtual machines that run either Windows or Linux operating systems.

動的メモリを有効にしていない場合でも、実行中にバーチャルマシンに割り当てられたメモリの量を調整することもできます。You can also adjust the amount of memory assigned to a virtual machine while it's running, even if you haven't enabled Dynamic Memory. これは、Windows Server 2016 または Windows 10 を実行している第1世代と第2世代仮想マシンの両方に対して機能します。This works for both generation 1 and generation 2 virtual machines, running Windows Server 2016 or Windows 10.

Hyper-v マネージャーの機能強化の ( 更新)Hyper-V Manager improvements (updated)

  • 代替の資格情報のサポート -別の windows Server 2016 または windows 10 リモートホストに接続するときに、hyper-v マネージャーで別の資格情報のセットを使用できるようになりました。Alternate credentials support - You can now use a different set of credentials in Hyper-V Manager when you connect to another Windows Server 2016 or Windows 10 remote host. また、これらの資格情報を保存しておくと、もう一度ログオンしやすくなります。You can also save these credentials to make it easier to log on again.

  • 以前のバージョンを管理 する-windows server 2019、windows server 2016、および windows 10 の Hyper-v マネージャーを使用して、windows server 2012、windows 8、windows Server 2012 R2、および Windows 8.1 で hyper-v を実行しているコンピューターを管理できます。Manage earlier versions - With Hyper-V Manager in Windows Server 2019, Windows Server 2016, and Windows 10, you can manage computers running Hyper-V on Windows Server 2012, Windows 8, Windows Server 2012 R2 and Windows 8.1.

  • 更新された管理プロトコル -hyper-v マネージャーが、CredSSP、Kerberos、または NTLM 認証を許可する ws-i プロトコルを使用して、リモートの hyper-v ホストと通信できるようになりました。Updated management protocol - Hyper-V Manager now communicates with remote Hyper-V hosts using the WS-MAN protocol, which permits CredSSP, Kerberos or NTLM authentication. CredSSP を使用してリモート Hyper-v ホストに接続する場合は、Active Directory で制約付き委任を有効にせずにライブマイグレーションを実行できます。When you use CredSSP to connect to a remote Hyper-V host, you can do a live migration without enabling constrained delegation in Active Directory. また、WS MAN ベースのインフラストラクチャを使用すると、ホストをリモート管理用に簡単に有効にすることもできます。The WS-MAN-based infrastructure also makes it easier to enable a host for remote management. WS-MAN はポート 80 で接続します。このポートは既定で開かれています。WS-MAN connects over port 80, which is open by default.

Windows Update 更新を通じて配信 ( された統合サービス)Integration services delivered through Windows Update (updated)

Windows ゲストの統合サービスの更新プログラムは、Windows Update を通じて配布されます。Updates to integration services for Windows guests are distributed through Windows Update. サービスプロバイダーとプライベートクラウドのホスト側については、仮想マシンを所有するテナントに更新プログラムを適用する制御があります。For service providers and private cloud hosters, this puts the control of applying updates into the hands of the tenants who own the virtual machines. テナントは、1つの方法を使用して、統合サービスを含むすべての更新を使用して Windows 仮想マシンを更新できるようになりました。Tenants can now update their Windows virtual machines with all updates, including the integration services, using a single method. Linux ゲストの integration services の詳細については、「 hyper-v での linux および FreeBSD Virtual Machines」を参照してください。For details about integration services for Linux guests, see Linux and FreeBSD Virtual Machines on Hyper-V.

重要

Vmguest .iso イメージファイルは不要になったため、Windows Server 2016 の Hyper-v には含まれていません。The vmguest.iso image file is no longer needed, so it isn't included with Hyper-V on Windows Server 2016.

Linux セキュアブート ( 新規)Linux Secure Boot (new)

第2世代仮想マシンで実行されている Linux オペレーティングシステムは、セキュアブートオプションを有効にして起動できるようになりました。Linux operating systems running on generation 2 virtual machines can now boot with the Secure Boot option enabled. Ubuntu 14.04 以降、SUSE Linux Enterprise Server 12 以降、Red Hat Enterprise Linux 7.0 以降、および CentOS 7.0 以降では、Windows Server 2016 を実行するホストでセキュアブートが有効になっています。Ubuntu 14.04 and later, SUSE Linux Enterprise Server 12 and later, Red Hat Enterprise Linux 7.0 and later, and CentOS 7.0 and later are enabled for Secure Boot on hosts that run Windows Server 2016. 仮想マシンを初めて起動する前に、Microsoft UEFI 証明機関を使用するように仮想マシンを構成する必要があります。Before you boot the virtual machine for the first time, you must configure the virtual machine to use the Microsoft UEFI Certificate Authority. これは、Hyper-v マネージャー、Virtual Machine Manager、または管理者特権の Windows Powershell セッションから行うことができます。You can do this from Hyper-V Manager, Virtual Machine Manager, or an elevated Windows Powershell session. Windows PowerShell の場合は、次のコマンドを実行します。For Windows PowerShell, run this command:

Set-VMFirmware TestVM -SecureBootTemplate MicrosoftUEFICertificateAuthority

Hyper-v 上の Linux 仮想マシンの詳細については、「 hyper-v 上の linux および FreeBSD Virtual Machines」を参照してください。For more information about Linux virtual machines on Hyper-V, see Linux and FreeBSD Virtual Machines on Hyper-V. コマンドレットの詳細については、「 set-vmfirmware」を参照してください。For more information about the cmdlet, see Set-VMFirmware.

第2世代仮想マシンと Hyper-v ホストの ( 更新されたメモリとプロセッサの増加)More memory and processors for generation 2 virtual machines and Hyper-V hosts (updated)

バージョン8以降では、第2世代仮想マシンで、より多くのメモリと仮想プロセッサを使用できます。Starting with version 8, generation 2 virtual machines can use significantly more memory and virtual processors. ホストは、以前にサポートされていたものよりもはるかに多くのメモリおよび仮想プロセッサを使用して構成できます。Hosts also can be configured with significantly more memory and virtual processors than were previously supported. これらの変更は、オンライントランザクション処理 (OLTP) およびデータウェアハウス (DW) 用の e コマース大容量メモリ内データベースの実行など、新しいシナリオに対応しています。These changes support new scenarios such as running e-commerce large in-memory databases for online transaction processing (OLTP) and data warehousing (DW). Windows Server のブログと 5.5 数テラバイト メモリと 4 TB のメモリ内のデータベースを実行している 128 の仮想プロセッサの仮想マシンのパフォーマンスの結果が最近発行されました。The Windows Server blog recently published the performance results of a virtual machine with 5.5 terabytes of memory and 128 virtual processors running 4 TB in-memory database. 物理サーバーのパフォーマンスが95% を超えています。Performance was greater than 95% of the performance of a physical server. 詳細については、「 メモリ内のトランザクション処理が大規模な VM パフォーマンスを Windows Server 2016 HYPER-Vします。For details, see Windows Server 2016 Hyper-V large-scale VM performance for in-memory transaction processing. 仮想マシンのバージョンの詳細については、「 windows 10 または Windows Server 2016 で hyper-v の仮想マシンのバージョンをアップグレードする」を参照してください。For details about virtual machine versions, see Upgrade virtual machine version in Hyper-V on Windows 10 or Windows Server 2016. サポートされる最大構成の完全な一覧については、「 Windows Server 2016 での hyper-v のスケーラビリティの計画」を参照してください。For the full list of supported maximum configurations, see Plan for Hyper-V scalability in Windows Server 2016.

入れ子になった仮想化の ( 新規作成)Nested virtualization (new)

この機能を使用すると、仮想マシンを Hyper-v ホストとして使用し、仮想化されたホスト内に仮想マシンを作成することができます。This feature lets you use a virtual machine as a Hyper-V host and create virtual machines within that virtualized host. これは、開発およびテスト環境で特に便利です。This can be especially useful for development and test environments. 入れ子になった仮想化を使用するには、次のものが必要です。To use nested virtualization, you'll need:

  • 物理 Hyper-v ホストと仮想化ホストの両方で少なくとも Windows Server 2019、Windows Server 2016、または Windows 10 を実行する場合は。To run at least Windows Server 2019, Windows Server 2016 or Windows 10 on both the physical Hyper-V host and the virtualized host.

  • Intel VT-x のプロセッサ (入れ子になった仮想化は、現時点では Intel プロセッサでのみ使用できます)。A processor with Intel VT-x (nested virtualization is available only for Intel processors at this time).

詳細と手順については、「 入れ子になった仮想化を使用した仮想マシンでの hyper-v の実行」を参照してください。For details and instructions, see Run Hyper-V in a Virtual Machine with Nested Virtualization.

ネットワーク機能の ( 新機能)Networking features (new)

新しいネットワーク機能は次のとおりです。New networking features include:

  • リモートダイレクトメモリアクセス (RDMA) とスイッチ埋め込みチーミング (SET)Remote direct memory access (RDMA) and switch embedded teaming (SET). SET が使用されているかどうかに関係なく、Hyper-v 仮想スイッチにバインドされているネットワークアダプターで RDMA を設定できます。You can set up RDMA on network adapters bound to a Hyper-V virtual switch, regardless of whether SET is also used. SET には、NIC チーミングと同じ機能の一部を備えた仮想スイッチが用意されています。SET provides a virtual switch with some of same capabilities as NIC teaming. 詳細については、「 リモートダイレクトメモリアクセス (RDMA) とスイッチ埋め込みチーミング (SET)」を参照してください。For details, see Remote Direct Memory Access (RDMA) and Switch Embedded Teaming (SET).

  • 仮想マシンの複数のキュー (VMMQ)Virtual machine multi queues (VMMQ). は、仮想マシンごとに複数のハードウェアキューを割り当てることによって、VMQ スループットを向上させます。Improves on VMQ throughput by allocating multiple hardware queues per virtual machine. 既定のキューは、仮想マシンのキューのセットになり、キュー間にトラフィックが分散されます。The default queue becomes a set of queues for a virtual machine, and traffic is spread between the queues.

  • ソフトウェアで定義されたネットワークのサービス品質 (QoS)Quality of service (QoS) for software-defined networks. 既定のクラスの帯域幅内で仮想スイッチを経由するトラフィックの既定のクラスを管理します。Manages the default class of traffic through the virtual switch within the default class bandwidth.

新しいネットワーク機能の詳細については、「 ネットワークの新機能」を参照してください。For more about new networking features, see What's new in Networking.

運用チェックポイントの ( 新規作成)Production checkpoints (new)

運用チェックポイントは、仮想マシンの "特定の時点" イメージです。Production checkpoints are "point-in-time" images of a virtual machine. これらの方法を使用すると、仮想マシンが運用ワークロードを実行するときに、サポートポリシーに準拠するチェックポイントを適用できます。These give you a way to apply a checkpoint that complies with support policies when a virtual machine runs a production workload. 運用チェックポイントは、保存された状態ではなく、ゲスト内のバックアップテクノロジをベースにしています。Production checkpoints are based on backup technology inside the guest instead of a saved state. Windows 仮想マシンの場合、ボリュームスナップショットサービス (VSS) が使用されます。For Windows virtual machines, the Volume Snapshot Service (VSS) is used. Linux 仮想マシンの場合、ファイルシステムバッファーをフラッシュして、ファイルシステムと一貫性のあるチェックポイントを作成します。For Linux virtual machines, the file system buffers are flushed to create a checkpoint that's consistent with the file system. 保存された状態に基づいてチェックポイントを使用する場合は、代わりに標準チェックポイントを選択します。If you'd rather use checkpoints based on saved states, choose standard checkpoints instead. 詳細については、「 hyper-v で標準または運用チェックポイントを選択する」を参照してください。For details, see Choose between standard or production checkpoints in Hyper-V.

重要

新しい仮想マシンでは、既定として運用チェックポイントが使用されます。New virtual machines use production checkpoints as the default.

Hyper-v クラスターのローリングアップグレードの ( 新規作成)Rolling Hyper-V Cluster upgrade (new)

Windows server 2019 または Windows Server 2016 を実行しているノードを、Windows Server 2012 R2 を実行しているノードで Hyper-v クラスターに追加できるようになりました。You can now add a node running Windows Server 2019 or Windows Server 2016 to a Hyper-V Cluster with nodes running Windows Server 2012 R2. これにより、ダウンタイムなしでクラスターをアップグレードできます。This allows you to upgrade the cluster without downtime. クラスターは、クラスター内のすべてのノードをアップグレードし、Windows PowerShell コマンドレット ClusterFunctionalLevelを使用してクラスターの機能レベルを更新するまで、windows Server 2012 R2 の機能レベルで実行されます。The cluster runs at a Windows Server 2012 R2 feature level until you upgrade all nodes in the cluster and update the cluster functional level with the Windows PowerShell cmdlet, Update-ClusterFunctionalLevel.

重要

クラスターの機能レベルを更新しても、Windows Server 2012 R2 には返されません。After you update the cluster functional level, you can't return it to Windows Server 2012 R2.

Windows server 2012 R2 の機能レベルが windows server 2012 R2、Windows Server 2019、および Windows Server 2016 を実行している Hyper-v クラスターの場合は、次の点に注意してください。For a Hyper-V cluster with a functional level of Windows Server 2012 R2 with nodes running Windows Server 2012 R2, Windows Server 2019 and Windows Server 2016, note the following:

  • Windows Server 2016 または Windows 10 が実行されているノードからクラスター、Hyper-v、および仮想マシンを管理します。Manage the cluster, Hyper-V, and virtual machines from a node running Windows Server 2016 or Windows 10.

  • Hyper-v クラスター内のすべてのノード間で仮想マシンを移動できます。You can move virtual machines between all of the nodes in the Hyper-V cluster.

  • 新しい Hyper-v 機能を使用するには、すべてのノードが Windows Server 2016 を実行している必要があります。また、クラスターの機能レベルを更新する必要があります。To use new Hyper-V features, all nodes must run Windows Server 2016 or and the cluster functional level must be updated.

  • 既存のバーチャルマシンのバーチャルマシン構成のバージョンがアップグレードされていません。The virtual machine configuration version for existing virtual machines isn't upgraded. 構成バージョンは、クラスターの機能レベルをアップグレードした後にのみアップグレードできます。You can upgrade the configuration version only after you upgrade the cluster functional level.

  • 作成した仮想マシンは、Windows Server 2012 R2、仮想マシンの構成レベル5と互換性があります。Virtual machines that you create are compatible with Windows Server 2012 R2, virtual machine configuration level 5.

クラスターの機能レベルを更新すると、次のようになります。After you update the cluster functional level:

  • 新しい Hyper-v 機能を有効にすることができます。You can enable new Hyper-V features.

  • 新しいバーチャルマシン機能を使用できるようにするには、コマンドレットを使用して、 Update-vmVersion バーチャルマシンの構成レベルを手動で更新します。To make new virtual machine features available, use the Update-vmVersion cmdlet to manually update the virtual machine configuration level. 手順については、「 仮想マシンのバージョンのアップグレード」を参照してください。For instructions, see Upgrade virtual machine version.

  • Windows Server 2012 R2 を実行している Hyper-v クラスターにノードを追加することはできません。You can't add a node to the Hyper-V Cluster that runs Windows Server 2012 R2.

注意

Windows 10 の hyper-v では、フェールオーバークラスタリングはサポートされていません。Hyper-V on Windows 10 doesn't support failover clustering.

詳細と手順については、「 クラスターのオペレーティングシステムのローリングアップグレード」を参照してください。For details and instructions, see the Cluster Operating System Rolling Upgrade.

共有仮想ハードディスクが ( 更新されました)Shared virtual hard disks (updated)

ゲストクラスタリングに使用される共有仮想ハードディスク (.vhdx ファイル) のサイズをダウンタイムなしで変更できるようになりました。You can now resize shared virtual hard disks (.vhdx files) used for guest clustering, without downtime. 共有仮想ハードディスクは、仮想マシンがオンラインの間に拡張または圧縮できます。Shared virtual hard disks can be grown or shrunk while the virtual machine is online. ゲストクラスターでは、Hyper-v レプリカを使用して障害回復を行うことで、共有仮想ハードディスクを保護することもできます。Guest clusters can now also protect shared virtual hard disks by using Hyper-V Replica for disaster recovery.

コレクションでレプリケーションを有効にします。Enable replication on the collection. コレクションでのレプリケーションの有効化は 、WMI インターフェイスを介してのみ公開されます。Enabling replication on a collection is only exposed through the WMI interface. 詳細については、 Msvm_CollectionReplicationService クラス のドキュメントを参照してください。See the documentation for Msvm_CollectionReplicationService class for more details. PowerShell コマンドレットまたは UI を使用して、コレクションのレプリケーションを管理することはできません。You cannot manage replication of a collection through PowerShell cmdlet or UI. コレクションに固有の機能にアクセスするには、Hyper-v クラスターの一部であるホスト上に Vm を配置する必要があります。The VMs should be on hosts that are part of a Hyper-V cluster to access features that are specific to a collection. これには、Hyper-v レプリカでサポートされていないスタンドアロンホスト上の共有 VHD 共有 Vhd が含まれます。This includes Shared VHD - shared VHDs on stand-alone hosts are not supported by Hyper-V Replica.

「仮想ハードディスクの共有の概要」の共有 vhd のガイドラインに従って、共有 vhd がゲストクラスターの一部であることを確認します。Follow the guidelines for shared VHDs in Virtual Hard Disk Sharing Overview, and be sure that your shared VHDs are part of a guest cluster.

共有 VHD が関連付けられていないコレクションでは、共有 VHD が参照ポイントの作成に含まれるかどうかに関係なく、コレクションの参照ポイントを作成することはできません。A collection with a shared VHD but no associated guest cluster cannot create reference points for the collection (regardless of whether the shared VHD is included in the reference point creation or not).

仮想マシンのバックアップの ( 新規作成)Virtual machine backup(new)

(ホストがクラスター化されているかどうかに関係なく) 1 つの仮想マシンをバックアップする場合は、VM グループを使用しないでください。If you are backing up a single virtual machine (regardless of whether host is clustered or not), you should not use a VM group. また、スナップショットコレクションを使用する必要もありません。Nor should you use a snapshot collection. VM グループとスナップショットコレクションは、共有 vhdx を使用しているゲストクラスターのバックアップ専用に使用することを目的としています。VM groups and snapshot collection are meant to be used solely for backing up guest clusters that are using shared vhdx. 代わりに、 HYPER-V WMI v2 プロバイダーを使用してスナップショットを作成する必要があります。Instead, you should take a snapshot using the Hyper-V WMI v2 provider. 同様に、 フェールオーバークラスター WMI プロバイダーは使用しないでください。Likewise, do not use the Failover Cluster WMI provider.

シールドされた仮想マシンの ( 新規作成)Shielded virtual machines (new)

シールドされた仮想マシンはいくつかの機能を使用して、ホスト上の Hyper-v 管理者とマルウェアが、シールドされた仮想マシンの状態からデータを検査、改ざん、または盗むことを困難にします。Shielded virtual machines use several features to make it harder for Hyper-V administrators and malware on the host to inspect, tamper with, or steal data from the state of a shielded virtual machine. データと状態は暗号化されており、Hyper-v 管理者はビデオの出力とディスクを見ることができず、バーチャルマシンはホストガーディアンサーバーによって決定された既知の正常なホストでのみ実行されるように制限することができます。Data and state is encrypted, Hyper-V administrators can't see the video output and disks, and the virtual machines can be restricted to run only on known, healthy hosts, as determined by a Host Guardian Server. 詳細については、「保護された ファブリックとシールドされた vm」をご覧ください。For details, see Guarded Fabric and Shielded VMs.

注意

シールドされた仮想マシンは、Hyper-v レプリカと互換性があります。Shielded virtual machines are compatible with Hyper-V Replica. シールドされたバーチャルマシンをレプリケートするには、そのシールドされたバーチャルマシンの実行を承認する必要があります。To replicate a shielded virtual machine, the host you want to replicate to must be authorized to run that shielded virtual machine.

クラスター化された仮想マシンの開始順序の優先順位の ( 新規作成)Start order priority for clustered virtual machines (new)

この機能を使用すると、最初に起動または再起動するクラスター化された仮想マシンをより細かく制御できます。This feature gives you more control over which clustered virtual machines are started or restarted first. これにより、これらのサービスを使用する仮想マシンの前にサービスを提供する仮想マシンを簡単に起動できます。This makes it easier to start virtual machines that provide services before virtual machines that use those services. セットを定義し、仮想マシンをセットに配置して、依存関係を指定します。Define sets, place virtual machines in sets, and specify dependencies. Windows PowerShell コマンドレットを使用して、 新しい-ClusterGroupSetGet clustergroupset、および Add clustergroupsetdependencyなどのセットを管理します。Use Windows PowerShell cmdlets to manage the sets, such as New-ClusterGroupSet, Get-ClusterGroupSet, and Add-ClusterGroupSetDependency. ..

記憶域のサービスの品質 (QoS) が ( 更新されました)Storage quality of service (QoS) (updated)

スケールアウト ファイル サーバーで記憶域の QoS ポリシーを作成し、Hyper-V 仮想マシンの 1 つ以上の仮想ディスクにそのポリシーを割り当てることができるようになりました。You can now create storage QoS policies on a Scale-Out File Server and assign them to one or more virtual disks on Hyper-V virtual machines. 記憶域のパフォーマンスは、記憶域の負荷の変動に従って、ポリシーに合わせて自動的に再調整されます。Storage performance is automatically readjusted to meet policies as the storage load fluctuates. 詳細については、「 記憶域のサービスの品質」を参照してください。For details, see Storage Quality of Service.

仮想マシンの構成ファイルの形式が ( 更新されました)Virtual machine configuration file format (updated)

仮想マシンの構成ファイルでは、構成データの読み取りと書き込みをより効率的に行う新しい形式が使用されます。Virtual machine configuration files use a new format that makes reading and writing configuration data more efficient. また、この形式では、ストレージ障害が発生した場合にデータの破損が発生する可能性が低くなります。The format also makes data corruption less likely if a storage failure occurs. 仮想マシンの構成データファイルは、. vmcx ファイル名拡張子とランタイム状態データファイルを使用します。ファイル名拡張子は vmrs です。Virtual machine configuration data files use a .vmcx file name extension and runtime state data files use a .vmrs file name extension.

重要

Vmcx ファイル名拡張子は、バイナリファイルを示します。The .vmcx file name extension indicates a binary file. Vmcx または vmrs ファイルの編集はサポートされていません。Editing .vmcx or .vmrs files isn't supported.

仮想マシンの構成バージョンが ( 更新されました)Virtual machine configuration version (updated)

バージョンは、仮想マシンの構成、保存された状態、およびスナップショットファイルと Hyper-v のバージョンとの互換性を表します。The version represents the compatibility of the virtual machine's configuration, saved state, and snapshot files with the version of Hyper-V. バージョン5の仮想マシンは Windows Server 2012 R2 と互換性があり、Windows Server 2012 R2 と Windows Server 2016 の両方で実行できます。Virtual machines with version 5 are compatible with Windows Server 2012 R2 and can run on both Windows Server 2012 R2 and Windows Server 2016. Windows server 2016 および Windows Server 2019 で導入されたバージョンの仮想マシンは、Windows Server 2012 R2 の Hyper-v では実行されません。Virtual machines with versions introduced in Windows Server 2016 and Windows Server 2019 won't run in Hyper-V on Windows Server 2012 R2.

Windows server 2012 R2 の 2019 2016 Hyper-v を実行するサーバーに仮想マシンを移動またはインポートする場合、仮想マシンの構成は自動的に更新されません。If you move or import a virtual machine to a server that runs Hyper-V on Windows Server 2016 or Windows Server 2019 from Windows Server 2012 R2, the virtual machine's configuration isn't automatically updated. これは、Windows Server 2012 R2 を実行しているサーバーに仮想マシンを戻すことができることを意味します。This means you can move the virtual machine back to a server that runs Windows Server 2012 R2. ただし、これは、仮想マシンの構成のバージョンを手動で更新するまで、新しい仮想マシンの機能を使用できないことも意味します。But, this also means you can't use the new virtual machine features until you manually update the version of the virtual machine configuration.

バージョンの確認とアップグレードの手順については、「 仮想マシンバージョンのアップグレード」を参照してください。For instructions on checking and upgrading the version, see Upgrade virtual machine version. この記事では、一部の機能が導入されたバージョンも示します。This article also lists the version in which some features were introduced.

重要

  • バージョンを更新した後は、Windows Server 2012 R2 を実行しているサーバーに仮想マシンを移動することはできません。After you update the version, you can't move the virtual machine to a server that runs Windows Server 2012 R2.
  • 構成を以前のバージョンにダウングレードすることはできません。You can't downgrade the configuration to a previous version.
  • クラスターの機能レベルが Windows Server 2012 R2 の場合、Hyper-v クラスターで 更新プログラム VMVersion コマンドレットがブロックされます。The Update-VMVersion cmdlet is blocked on a Hyper-V Cluster when the cluster functional level is Windows Server 2012 R2.

第2世代仮想マシンの仮想化ベースのセキュリティ ( 新)Virtualization-based security for generation 2 virtual machines (new)

仮想化ベースのセキュリティでは、Device Guard や Credential Guard などの機能により、マルウェアからの悪用に対するオペレーティングシステムの保護が強化されています。Virtualization-based security powers features such as Device Guard and Credential Guard, offering increased protection of the operating system against exploits from malware. 仮想化ベースのセキュリティは、バージョン8以降の第2世代ゲスト仮想マシンで使用できます。Virtualization based-security is available in generation 2 guest virtual machines starting with version 8. 仮想マシンのバージョンの詳細については、「 windows 10 または Windows Server 2016 で hyper-v の仮想マシンのバージョンをアップグレードする」を参照してください。For information on virtual machine version, see Upgrade virtual machine version in Hyper-V on Windows 10 or Windows Server 2016.

Windows コンテナーの ( 新規作成)Windows Containers (new)

Windows コンテナーを使用すると、多くの分離アプリケーションを1つのコンピューターシステムで実行できます。Windows Containers allow many isolated applications to run on one computer system. これらは構築が高速で、高い拡張性と移植性を備えています。They're fast to build and are highly scalable and portable. 2種類のコンテナーランタイムを使用できます。それぞれ、アプリケーションの分離の度合いが異なります。Two types of container runtime are available, each with a different degree of application isolation. Windows Server コンテナーは、名前空間とプロセスの分離を使用します。Windows Server Containers use namespace and process isolation. Hyper-v コンテナーは、コンテナーごとに軽量の仮想マシンを使用します。Hyper-V Containers use a light-weight virtual machine for each container.

組み込まれている主な機能は次のとおりです。Key features include:

  • HTTPS を使用した web サイトとアプリケーションのサポートSupport for web sites and applications using HTTPS

  • Nano server は、Windows Server と Hyper-v の両方のコンテナーをホストできます。Nano server can host both Windows Server and Hyper-V Containers

  • コンテナーの共有フォルダーを使用してデータを管理する機能Ability to manage data through container shared folders

  • コンテナーリソースを制限する機能Ability to restrict container resources

クイックスタートガイドを含む詳細については、 Windows コンテナーのドキュメントを参照してください。For details, including quick start guides, see the Windows Containers Documentation.

Windows PowerShell Direct ( new)Windows PowerShell Direct (new)

これにより、ホストから仮想マシンで Windows PowerShell コマンドを実行できるようになります。This gives you a way to run Windows PowerShell commands in a virtual machine from the host. Windows PowerShell は、ホストと仮想マシンの間で直接実行されます。Windows PowerShell Direct runs between the host and the virtual machine. これは、ネットワークやファイアウォールの要件を必要としないことを意味し、リモート管理の構成に関係なく機能します。This means it doesn't require networking or firewall requirements, and it works regardless of your remote management configuration.

Windows PowerShell Direct は、hyper-v 管理者が Hyper-v ホスト上の仮想マシンに接続するために使用する既存のツールの代わりとなるものです。Windows PowerShell Direct is an alternative to the existing tools that Hyper-V administrators use to connect to a virtual machine on a Hyper-V host:

  • PowerShell またはリモート デスクトップなどのリモート管理ツールRemote management tools such as PowerShell or Remote Desktop

  • Hyper-v 仮想マシン接続 (VMConnect)Hyper-V Virtual Machine Connection (VMConnect)

これらのツールは適切に機能しますが、トレードオフがあります。 VMConnect は信頼できますが、自動化するのは困難です。Those tools work well, but have trade-offs: VMConnect is reliable, but can be hard to automate. リモート PowerShell は強力ですが、設定と保守が困難な場合があります。Remote PowerShell is powerful, but can be hard to set up and maintain. これらのトレードオフは、Hyper-v の展開の拡大に伴って重要になる可能性があります。These trade-offs may become more important as your Hyper-V deployment grows. Windows PowerShell Direct では、VMConnect を使用するのと同じように、強力なスクリプトと自動化のエクスペリエンスを提供することによって、このことに対処しています。Windows PowerShell Direct addresses this by providing a powerful scripting and automation experience that's as simple as using VMConnect.

要件と手順については、「 PowerShell ダイレクトを使用した Windows 仮想マシンの管理」を参照してください。For requirements and instructions, see Manage Windows virtual machines with PowerShell Direct.