Windows アプリ用のコントロール

Windows アプリの開発では、"コントロール" は、コンテンツを表示したり、操作を有効にしたりする UI 要素です。 コントロールとは、ユーザー インターフェイスの構成要素です。 パターンとは、いくつかのコントロールを組み合わせて、新しいものを作成するためのレシピです。

単純なボタンから、グリッド ビューのような強力なデータ コントロールまで、ユーザーが使用できる 45 種類以上のコントロールが用意されています。 これらのコントロールは Fluent Design System の一部です。すべでのデバイスやあらゆる画面サイズで見栄えがよく、力強い、スケーラブルな UI を作成できます。

このセクションの記事では、Windows アプリにコントロールとパターンを追加するための設計ガイダンスとコーディングの手順を示します。

はじめに

XAML と C# でコントロールを追加し、スタイルを指定するための一般的な手順とコード例を示します。

コントロールを追加し、イベントを処理する
アプリにコントロールを追加するには、3 つの重要な手順があります。アプリの UI にコントロールを追加し、コントロールのプロパティを設定し、コントロールを動作させるためのコードをコントロールのイベント ハンドラーに追加します。

コントロールのスタイル指定
XAML フレームワークを使って、さまざまな方法でアプリの外観をカスタマイズできます。 スタイルを使うと、コントロールのプロパティに値を設定し、その設定を再利用することで、複数のコントロールの外観を統一できます。

Windows UI ライブラリを入手する

WinUI ロゴ

一部のコントロールは、Windows UI ライブラリ (WinUI) (新しいコントロールと UI 機能を含む NuGet パッケージ) でのみ入手可能です。 これを入手する場合は、Windows UI ライブラリの概要とインストール手順に関するページを参照してください。

アルファベット順インデックス

特定のコントロールとパターンに関する詳細情報を説明します。

Microsoft Store から XAML コントロール ギャラリー アプリを入手し、これらのコントロールおよび Fluent Design System の動作を確認します。 このアプリは、この Web サイトの対話型コンパニオンです。 このアプリがインストールされている場合、個々のコントロール ページのリンクを使用して、アプリを起動し、コントロールの動作を確認することができます。

XAML コントロール ギャラリー アプリを入手する (Microsoft Store)

ソース コード (GitHub) を入手する

XAML Controls Gallery screen

その他のコントロール

Windows 開発用の追加のコントロールは、TelerikSyncFusionDevExpressInfragisticsComponentOneActiPro などの企業から入手できます。 これらのコントロールは、カスタム コントロールおよびサービスによって標準システム コントロールを補うことにより、エンタープライズおよび .NET 開発者に追加のサポートを提供します。