Windows 11 の設計原則

Windows 11 のさまざまな設計要素

Windows 11 によって、オペレーティング システムの外観が進化します。 Microsoft は、設計言語を Fluent と共に進化させ、人間的でユニバーサルな、心から Windows だと感じるような設計を作成しました。

下の設計原則で、Windows を Fluent の最高クラスの実装とするための取り組みをガイドします。

簡単

Windows 11 は、より高速で、より直感的です。 フォーカスと正確さを保ちながら、必要な操作を簡単に行うことができます。

穏やか

Windows 11 は、優しく、簡潔です。ユーザーが落ち着いて集中できるよう、背景がフェードインされます。 これは、暖かくて軽い、親しみやすいエクスペリエンスです。

個人用

Windows 11 は、デバイスの使用方法にシームレスに適応します。 個人のニーズと好みに合わせるため、ユーザーは本当の意味で自分自身を表現することができます。

親しみ

Windows 11 では、今まで慣れ親しんだ Windows の感覚と、新しく更新された外観のバランスが保たれています。 学習曲線はありません。選択して、実行できます。

完全で一貫

Windows 11 では、プラットフォーム全体にわたって視覚的にシームレスなエクスペリエンスが提供されます。 一貫した Windows エクスペリエンスを保ったまま、多くのプラットフォームで作業できます。