Windows アプリの操作性

少しの配慮で細かい点に注意するだけで、単に優れたユーザー エクスペリエンスから、世界中のユーザーのニーズを満たす真に包括的なユーザー エクスペリエンスに変えることができます。

このセクションに示す設計とコーディングの手順に従って、アクセシビリティ機能の追加、グローバリゼーションとローカライズの有効化、ユーザーによるエクスペリエンスのカスタマイズの有効化、必要に応じたヘルプの提供を行うと、Windows アプリをより包括的なアプリにすることができます。

アクセシビリティ

アクセシビリティの目的は、従来のユーザー インターフェイスの使用に支障があるユーザーにとってアプリを使いやすいものにすることです。 状況によってはアクセシビリティの要件が法律で定められているものもありますが、 できるだけ多くの人にアプリを使ってもらえるように、法的要件に関係なくアクセシビリティの問題に対処することをお勧めします。

アクセシビリティ ポータル

アプリの設定

アプリの設定を利用することで、ユーザーがアプリをカスタマイズしたり、個人のニーズや好みに合わせてアプリを最適化したりすることができます。 適切な設定を提供し、適切に保存することで、優れたユーザー エクスペリエンスをさらに向上させることができます。

ガイドライン

アプリ設定を作成し表示する際のベスト プラクティス。

アプリ データの保存と取得

ローカル アプリ データ、ローミング アプリ データ、一時アプリ データの保存方法と取得方法。

グローバリゼーションとローカライズ

Windows は世界中で利用されており、言語、地域、文化の異なる多様なユーザーを対象としています。 アプリはさまざまな言語を使用するユーザーによって、さまざまな国や地域で使用されます。 中には複数の言語を話すユーザーもいます。 そのため、アプリが実行される構成には、さまざまな言語、地域、文化システムの組み合わせが関係します。 グローバリゼーションローカライズ によってアプリの適応性を高めることにより、潜在的な市場を拡大することができます

グローバリゼーションとローカライズ ポータル

アプリ内ヘルプ

アプリの設計がどれほど優れていても、ユーザーはヘルプを必要とする場合があります。

アプリのヘルプのガイドライン

アプリケーションが複雑な場合には、ユーザーに効果的なヘルプを提供することにより、ユーザー エクスペリエンスを大幅に改善できます。

説明 UI

特定のタッチ操作など、ユーザーにわかりにくいアプリの機能をユーザーに伝えると便利な場合があります。 このような場合は、わかりにくいと思われる機能をユーザーが検出し使用できるように、UI を使ってユーザーに指示を示す必要があります。

アプリ内ヘルプ

多くの場合、アプリケーション内でユーザーがヘルプの表示を選んだときに、ヘルプが表示されるのが適切な方法です。 アプリ内ヘルプを作成するときは、次のガイドラインを考慮してください。

外部のヘルプ

多くの場合、アプリケーション内でユーザーがヘルプの表示を選んだときに、ヘルプが表示されるのが適切な方法です。 アプリ内ヘルプを作成するときは、次のガイドラインを考慮してください。