Windows 11 でアプリをすぐれたものにするためにできることトップ 11

Windows 11 によって、Windows オペレーティング システムの外観が進化します。 Windows の進化につれて、お客様がアプリのエクスペリエンスに対して期待する水準も高くなり続けています。 このようなお客様の期待は、"アプリの基礎" と "ユーザー エクスペリエンス" という 2 つの領域に現れています。

  • アプリの基礎 - 低価格でモバイル性の高いデバイスのフォーム ファクターで優れたパフォーマンスを発揮し、アプリのライフサイクルと状態のリハイドレーションとローミングに手間がかからないこと。
  • ユーザー エクスペリエンス - あらゆる種類の入力を自然に処理する能力、現在と将来のデバイスに馴染む外観のデザインと相互作用パターン、最新のウィンドウ ワークフローとシェル統合ポイントのサポート。

全体的に新しくなったビジュアル シグナリングの変化、Windows と Microsoft の組み合わせの最高の効果が得られる特徴的なエクスペリエンス、アプリがさらに増えて一新されたストアなど、Windows 11 は "次は何か" を見据えた Windows です。

Windows 上のすぐれたアプリとは、アプリの基礎と最新のユーザー エクスペリエンスに対するこうしたお客様の期待に応えるものであり、 WinUI、 MSIXWindows App SDK (Project Reunion) ファミリの API を使用して優れたアプリをより簡単に作成できるように、Microsoft では Windows のネイティブ プラットフォームに投資しています。 このドキュメントでは、アプリが Windows 11 用に作られたとユーザーに感じてもらえるように、アプリの外観と動作を向上させるために必要な作業の概要について説明します。

Windows 11 でアプリをすぐれたものにするためにできることトップ 10 を次に示します。

1. アプリに Windows 11 と互換性があることをテストする

ユーザーは、デバイスにインストールするアプリに対して確固とした基礎を期待しています。 アプリをアップグレードしたとき、または新しいバージョンのオペレーティング システムに移行したときには、アプリが正常に動作することを期待しています。 互換性テストを行うことで、アップグレード後にアプリの機能が変わらないことを確認できます。また、製品が十分にテストされていれば、お客様の満足度を高めることができます。

アプリに Windows 11 と互換性があることをテストする

Microsoft は、最新バージョンの Microsoft 製ソフトウェア上でアプリが動作するように取り組んでおり、互換性を考慮して Windows 11 を構築しています。 Windows 7、8.1、10 上で動作したアプリは、Windows 11 でも動作することをお約束します。 アプリに問題が発生した場合は、ご自身で問題を修正できるように、Microsoft が無償で問題の特定を支援します。  App Assure  ページにアクセスしてサインインし、専任の App Assure マネージャーにサポートを依頼してください。

App Assure に加えて、最新バージョンのソフトウェア上でアプリを確実に動作させる取り組みの一環として、Test Base 上での Windows 11 のテストと検証を可能にしました。 Test Base は、インテリジェント アプリケーション検証サービスであり、ソフトウェア ベンダーと法人のお客様は、Microsoft が管理する Azure 環境で、更新プログラムと環境のマトリックスを使用してアプリケーションをテストすることができます。 Test Base を使用すると、アプリケーションを事前にテストし、エンド ユーザーに影響を及ぼす前に Microsoft と協力して問題を修正できます。

サインアップするには、Test Base のページを参照してください。

2. 発見しやすく、わかりやすいプライバシー ポリシーを用意する

プライバシーに関する声明を発見しやすく、わかりやすくすることで、アプリケーションに対するユーザーの信頼と信用が高まります。

次の条件を満たすプライバシー ポリシーにします。

  • 製品によってアクセス、収集、または送信される個人情報をユーザーに通知する。
    • その情報がどのように使用され、格納され、保護されるかを示す。
    • その情報が開示される当事者の種類を示す。
  • ユーザーが自分の情報の使用と共有に対して持つコントロールと、ユーザーが自分の情報にアクセスする方法を説明する。
  • 適用される法律と規制に準拠する。
  • 製品に新機能を追加するたびに最新の状態に維持する。

Microsoft プライバシーに関する声明

3. アクセシビリティと包括性を備えたアプリにする

包括性を備えた設計を行うことで、すべてのユーザーにとってより良い製品を創り出すことができます。 アクセシビリティと包括性を備えたアプリにするには、以下の点について、機能性と使いやすさの向上が何を意味するかを検討します。

  • 障がいを持つユーザー (一時的なものと永続的なものの両方)。
  • 個人設定。
  • 特定の作業スタイル。
  • 状況的な制約 (共有の作業場、運転、料理、まぶしさなど)。

一般的なソリューションとしては、ビデオの字幕などの代替形式で情報を提供することや、スクリーン リーダーなどのユーザー補助テクノロジの使用を有効化することなどがあります。

アクセシビリティを考慮してアプリケーションを設計すると、メンテナンス、更新、再設計が容易になります。 アクセシビリティを考慮することで、障がいを持つユーザーが使いやすいアプリになるだけでなく、アプリのメンテナンス コストを削減することができます。

Windows のアクセシビリティ

4. 最新の共通コントロールを使用する

Windows 11 では、Windows オペレーティング システムの UI が美しく一新されました。これをアプリでもご利用いただけます。 共通コントロールは、こうした更新をすぐに利用できる方法の 1 つです。 最新の共通コントロールをできるだけ使用することで、互換性とアクセシビリティの利点を無料で得ることができます。 また、メンテナンスとテストのコストを考慮すると、これらの共通コントロールは、独自のカスタム コントロールを構築するよりもコスト効率が高くなります。

共通 UI コントロールの画像

Windows UI ライブラリ (WinUI)

  • UWP XAML または WinUI を使用しているアプリの場合は、WinUI 2.6 以降を使用するように更新してください。 WinUI には、UWP XAML と WinUI の両方のコントロールに新しいスタイルが用意されています。また、既定のスタイルは、ビジュアルとアニメーションが刷新され、"無料で" 更新されています。
  • サポートされているコントロール一覧のドキュメントを参照してください。
  • コントロールの評価には XAML コントロール ギャラリーを使用してください。

デスクトップ アプリ (Win32)

  • UXTheme を使用している Win32 コントロールの場合、一部の新しいコントロールのビジュアルに合わせた淡色テーマの "再描画" が自動的に取得されます。 問題が発生した場合は、必ずテストしてください。 サーフェスが自動的に更新されない場合は、可能であれば手動でビジュアルを更新して、他の更新部分との一貫性を持たせてください。

WebView と他のプラットフォーム

  • 個々の WebView サーフェスは、手動でスタイルを採用するために作業が必要です。 一元化されたスタイルは用意されていませんが、設計ツールキットと XAML コントロール ギャラリーを使用してスタイルをコピーすることができます。

5. 最新のデザイン素材 (アクリル、マイカ) の使用

"マイカ" という新しい素材を導入します。これを使用すると、ユーザーのデスクトップの背景をアプリに透過させることができます。 マイカは非常にパフォーマンスの高い素材であり、アプリがアクティブか非アクティブかの状態を伝えるために、TitleBar のような長時間表示される UI サーフェスに使用することを想定しています。 マイカは、バッテリの消費を抑えながら、視覚的な楽しみもあるテクスチャです。

デザイン素材を使用した 2 つのアプリ ウィンドウの画像。

  • マイカは、アプリのアクティブな状態を伝えるためにアプリの UI のベース レイヤーに使用され、アプリにフォーカスがないときには単色にフォールバックされます。 そのため、TitleBar の背景にマイカを使用することをお勧めします。
  • NavigationView などの一部のコントロールは、既に既定の動作が組み込まれています。
  • マイカを使用するアプリが Windows 10 以前の環境で動作する場合は、問題なくデグレードされます (マイカは単色にフォールバックされます)。
  • マイカは長時間表示されるサーフェスに使用するものであり、一時的なサーフェスに使用するアクリルとは異なります。
  • アクリル素材を使用する場合は、より鮮やかな色に更新されたので、既存のアクリルのガイダンスに従ってください。

マイカのガイダンスアクリルのガイダンス

6. ウィンドウに丸い角を使用し、スナップ レイアウトをサポートする

アプリのウィンドウには、丸い角やスナップ レイアウトのメニューなどの新機能があり、ほとんどの場合、アプリに自動的に反映されます。 ウィンドウやタイトル バーをカスタマイズしている場合は、必要に応じて、これらの新機能がサポートされているかどうかを確認してください。

Windows 11 では、ウィンドウの境界線の角が丸くなりました。 Microsoft のユーザー調査チームは、角を丸い形状にすると、心理的に安心感を覚え、アプリの UI をはるかに把握しやすくなることを発見しました。 これにより、ユーザーは威圧感を覚えず、アプリをより魅力的に感じられるようになります。 丸みの量も慎重に選択しました。 企業とユーザーの調査結果を踏まえて、プロフェッショナルな印象と、よりソフトで魅力的な印象とのバランスを検討しました。

角を丸くしたアプリ ウィンドウの画像。

スナップ レイアウトは、ウィンドウ スナップの機能をユーザーに紹介するための Windows 11 の新機能です。 スナップ レイアウトは、ウィンドウの最大化ボタンの上にマウスを置くか、Win + Z キーを押すことで簡単に使用できます。使用できるレイアウトを表示するメニューを呼び出した後、レイアウト内のゾーンをクリックしてウィンドウをその特定のゾーンにスナップし、さらにスナップ アシストを使用してウィンドウのレイアウト全体の構築を完了することができます。 スナップ レイアウトは、現在の画面サイズと向きに合わせて調整され、横長の大画面に 3 つのウィンドウを横に並べて表示したり、縦長の画面には上下に重ねて表示したりすることができます。

  • ほとんどのアプリには、丸い角とスナップ レイアウトを使用するメニューのサポートが自動的に反映されますが、少し作業が必要になる場合もあります。
  • UWP を使用している場合、または Windows App SDK のウィンドウ機能を採用している場合は、これらの機能が自動的に取得されます。
    • 事前に定義されたテンプレートを使用して、ウィンドウのスタイルを構成します。
    • ウィンドウのタイトル バーをカスタマイズします。

7. 濃色テーマと淡色テーマをサポートする

Microsoft では、淡色テーマと濃色テーマをサポートしています。これは、ユーザーの個性を表現するために適した方法です。 純色の白と黒を避けて目に優しい色調に更新しており、より楽しい色使いになっています。 濃色テーマのサポートは、さまざまな種類のユーザーにとってより使いやすく、魅力的なアプリにするためにも最適です。

左が淡色テーマ、右が濃色テーマのアプリの分割画像。

  • WinUI のカラー パレットが更新され、より軽く感じられるようになりました (WinUI 2.6 以降を使用)。 アプリにカスタム カラーがハードコーディングされている場合は、テクノロジに関係なく、状況に応じて全体的な色の理論に合わせて更新する必要があります。
  • UXTheme ベースの Win32 サーフェスを使用している場合、淡色テーマには刷新されたコントロールが適用されます (たとえば、丸いボタンなど)。 アプリをテストして、更新されたグローバルの既定値がローカルのスタイル設定によって上書きされないことを確認する必要があります。

8. アプリのコンテキスト メニューの拡張機能と [共有] のターゲットを最適化する

Windows 11 では、エクスプローラーの右クリック コンテキスト メニューと [共有] ダイアログのコンテキスト ファイル操作の動作が向上しています。 アプリによってコンテキスト メニューが作成される場合、または共有のターゲットが定義される場合は、Windows 11 で適切に機能するように、必要に応じて変更を加えます。

コンテキスト メニュー

Windows 11 では、エクスプローラーのコンテキスト メニューの動作がいくつかの点で向上しました。

  • [切り取り][コピー][貼り付け][削除] などの一般的なコマンドは、メニューの一番上に移動されました。
  • [開く][プログラムから開く] はグループ化されました。
  • アプリの拡張機能は、シェルの動詞の下にグループ化されました。 複数の動詞を持つアプリは、アプリの属性と共にポップアップにまとめられました。
  • クラウド ファイル プロバイダー アプリは、ファイルをハイドレードまたは退避するシェル コマンドの横に配置されました。
  • Windows 10 からある以前のコンテキスト メニュー (と以前のコンテキスト メニューのあまり使われていないコマンド) は、メニューの下部にある [その他のオプションの表示] 項目から引き続き使用できます。 Shift + F10 キーまたはキーボード メニュー キーを使用して Windows 10 のコンテキスト メニューを読み込むことができます。

Windows 11 のコンテキスト メニューの画像

アプリにコンテキスト メニュー拡張機能を定義している場合、その拡張機能を Windows 11 の新しいコンテキスト メニューに表示するには、次の要件を満たす必要があります。 そうでない場合は、アプリのコンテキスト メニュー拡張機能は、 [その他のオプションの表示] 項目から使用できる以前のコンテキスト メニューに表示されます。

  • コンテキスト メニュー拡張機能は、IExplorerCommand インターフェイスを使用して実装する必要があります。 IContextMenu を実装したコンテキスト メニュー拡張機能の場合は、以前のコンテキスト メニューに表示されます。
  • アプリにはパッケージ ID が必要です。 これを実現するには、アプリを MSIX パッケージでパッケージ化するか、アプリに ID を付与するスパース パッケージを作成します。

[共有] ダイアログ

Windows 11 では、[共有] ダイアログの動作をいくつかの点で向上しました。

  • 近くの共有に関する検出可能性設定がダイアログの上部に表示され、下部にはその他の設定が表示されます。
  • パッケージ化されていないデスクトップ アプリや Microsoft Edge 経由でインストールされた PWA など、すべてのアプリがターゲットとして [共有] ダイアログに表示されるようになりました。
    • パッケージ化されていないデスクトップ アプリは、スパース パッケージを使用することで、[共有] ダイアログのターゲットとして表示されます。 この方法を示すサンプルについては、SparsePackages サンプルを参照してください。
    • PWA は、Web 共有ターゲット API を実装していれば、[共有] ダイアログに表示されます。

Windows 11 の [共有] ダイアログの画像

9. 美しいアイコンとタイポグラフィを使用する

アイコンが更新され、"Segoe UI Variable" という新しい UI フォントが導入されました。 Windows 11 上の一貫性を保つために、すべてのアプリがこの新しいアイコンとフォントを使用するように切り替えることをお勧めします。 この新しいフォントは、よりソフトな形状を実現し、テキストの読みやすさが格段に向上しています。

一部の Windows アイコンの画像。

  • モノライン アイコンには "Segoe Fluent Icons" という新しいアイコンが導入されました。 WinUI 2.6 以降のコントロールには、新しいアイコンとタイポグラフィが自動的に使用されます。
  • ファイルの種類のアイコンが更新されました。 imageres.dll または shell32.dll でアイコンを使用しているアプリの場合、アイコンは自動的に更新されます。 それ以外の場合は、スタイルの手動更新が必要になることがあります。
  • アプリ アイコン - [スタート] と TaskBar のランチャーなどで使用されるアプリのアイコンについては、最新のデザイン ガイダンスに従ってください。
  • アニメーション アイコン - WinUI に Lottie アニメーションのサポートが追加されました。AnimatedIcon 機能を使用してアイコンを意味のある方法でアニメーション化することをお勧めします。 他のスタイルの変更と同様に、WinUI 2.6 以降が必要です。
  • コードに Segoe UI を指定する XAML で書かれたカスタム エクスペリエンスの場合は、代わりに Segoe UI Variable を指定してください。

注意

新しいフォントを使用するアプリが Windows 10 以前のレベルで実行された場合、以前のフォントを使用するようにフォールバックされ、適切にデグレードされます。

10. Windows の革新的な機能を利用する

Windows は、従来のデバイスだけでなく、ますます多様化する最新のデバイスでも実行されています。 現在のデバイスは、x86 または x64 ベースだけでなく、ARM ベースのアーキテクチャも搭載され、マウスとキーボードに加えてタッチ スクリーン、タッチパッド、ペンを備え、カメラ、GPS、ジャイロスコープなどのセンサーが搭載され、すばらしいビジュアルだけでなくハードウェア アクセラレーションによる人工知能 (AI) も可能にするグラフィック チップセットが搭載されています。 お客様は、(お金を払って購入した) ハードウェアがアプリによって活用され、デバイスのフォーム ファクターが認識され、適切に最適化されたエクスペリエンスが提供されることを期待しています。

11. アプリケーションのパッケージ化と配布に MSIX と Windows ストアを使用する

ビジネスに適した任意の場所でアプリを配布できます。 Windows では、既存の Web サイト、アプリ管理システム、または Windows ストアから配布できます。

  • ストアには、ネイティブ Windows アプリでもプログレッシブ Web アプリ (PWA) でも、すべての Windows アプリを変更せずに掲載できます。 既存の Windows アプリをストアに掲載することで、アプリを見つけやすくすることができます。 ストアの商用およびアプリ配布システムを使用するか、ご自身の既存のシステムを使用することができます。 いずれにしても、アプリは Windows ストアで見つけやすくなります。

    Windows ストアの詳細

  • アプリが自動更新をサポートしていること、インストールが効率的であること、MSIX で管理できることを確認します。

    アプリケーションの最新バージョンをお客様に提供することは、お客様の維持と評価の鍵になります。 MSIX を使用すると、アプリの更新プロセスを個別に実行することなく、アプリをシームレスにインストールして最新の状態に保つことができます。 その方法とスケジュールは完全に制御できます。

    MSIX とは