Windows UI ライブラリ NuGet パッケージ

NuGet は、Visual Studio に組み込まれている .Net アプリケーション用の標準パッケージ マネージャーです。 開いているソリューションから、 [ツール] メニュー、 [NuGet パッケージ マネージャー][ソリューションの NuGet パッケージの管理...] を選択して UI を開きます。 次のいずれかのパッケージ名を入力して、オンラインで検索します。

NuGet パッケージ名 説明
Microsoft.UI.Xaml UWP アプリのコントロール。 次の名前空間の API が含まれています。Microsoft.UI.XamlMicrosoft.UI.Xaml.Automation.PeersMicrosoft.Ui.Xaml.ControlsMicrosoft.UI.Xaml.Controls.PrimitivesMicrosoft.UI.Xaml.CustomAttributesMicrosoft.UI.Xaml.MediaMicrosoft.Ui.Xaml.XamlTypeInfo
Microsoft.UI.Xaml.Core.Direct 以前のバージョンの Windows 10 で XamlDirect API を使用でき、複数のターゲット Windows 10 バージョンを処理する特別なコードを記述する必要はありません。

Visual Studio 内での検索

Visual Studio パッケージ マネージャー内で検索すると、このような一覧が表示されます (バージョン番号は異なる可能性がありますが、名前は同じです)。

NuGet パッケージ マネージャー

NuGet パッケージの更新

Windows UI ライブラリは、新しいコントロール、サービス、API で定期的に更新され、さらに重要なバグ修正も行われています。 最新バージョンであることを確認するには、Visual Studio 内でプロジェクトを開き、 [ツール] メニューの [NuGet パッケージ マネージャー] -> [ソリューションの NuGet パッケージの管理...] を選択し、 [更新] タブを選択します。更新するパッケージを選択し、[インストール] をクリックして最新バージョンに更新します。

はじめに

独自のプロジェクトでこれらの NuGet パッケージを使用する方法について詳しくは、「Windows UI ライブラリの概要」を参照してください。